godman さん プロフィール

  •  
godmanさん: ルアーでやってみっか!
ハンドル名godman さん
ブログタイトルルアーでやってみっか!
ブログURLhttp://karinka.naturum.ne.jp/
サイト紹介文Naughty by nature ♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供25回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2014/01/28 16:09

godman さんのブログ記事

  • 五月になりました。
  • さてさて、前回更新後こつこつと釣行を重ねていたおかげで、昨年よりは数的には伸びています。沢のような小渓流で朝練してみたり。この流れは5月上旬くらいまでがやりやすい時期でして、それ以降はひどい藪と蛇の多さから私はやりませんが、ゲーム性が高い(キャストの難易度、サイトゲームの成立、スレ易さ)ので意外に面白い流れです。(フキノトウ、クサソテツ、エゾニュウ、ワラビ、ミヤマイラクサ、ホンナ等余禄も期待できる [続きを読む]
  • まだまだ、だねぇ
  • 今期は既に二桁以上の釣行数を重ねています。30オーバーの虹鱒にスプーン持って行かれたり、50オーバーの虹鱒と真っ向から渡り合って最後にミノー持って行かれたり...結構やらかしてばかりの2018シーズンとなっていますがま、淡々とフィールドに通うしかないですね渓流釣りを始めたきっかけとなった河川へ。この狭い川でルアーで釣るのは多分、俺しかいないんじゃないかな?だーれも入渓した跡は無くてホントにのんびり流れに向 [続きを読む]
  • 2018年、2回目の渓流行
  • 解禁日は解禁日で楽しんできましたが、始まったならすぐにギアを上げたがる自分早速2回目行ってきましたまずはいつもの堰堤。前日、終日降雨があったのでいくらかの濁りと、渡渉は無理なくらいの増水。『今日はスプーンやメタル系メインでしょう〜』と判断。アデイリバー6gゴールドから探りを入れて行きます。ロストやら何やらでなんだかしっくりしないながらも、自棄にならないように気持ちを落ち着けてキャスト。先ずは1尾目、 [続きを読む]
  • 34回目の秋田渓流解禁日
  • 進学しようが、入院しようが欠かさなかった解禁詣で(笑)今年も渓流シーズン始まりです。なんやかやと寝たのは日付が変わってからでしたが、しっかりと予定通りの4:45に起床して準備し渓へ向かいます。先行者居ないかな〜?とちょっと心配していましたが、誰もおらず、一番乗り確定外気温はマイナスでしたので車内で準備を整えます。「さて、明るくなってきたしそろそろ始めましょうか」と車外に出て入渓します。「まずはFミノー [続きを読む]
  • 惨敗にも危機感薄く
  • 【アルガルベカップ 2018  グループリーグ  なでしこ 2 (前半 1−5 ) 6 オランダ女子代表】一言でいえば、「なんだこのチームは!?」ってだけ。国を代表して試合に臨むという強い決意が、現なでしこジャパンというチームには欠如していると言わざるを得ない結果でしたね。ベストメンバーを組んでいない相手に、まさに惨敗というものでした。心技体、全てにおいて相手に劣っていたし、とにかく粘り強さとか丁寧さが全 [続きを読む]
  • 高校サッカー選手権 男女 決勝
  • 感動のシーンに彩られた高校サッカー選手権、ついに決勝となり今年の集大成となった。1月7日(日)高校女子決勝 【藤枝順心 2 (前半 2−0 ) 0 作陽】『攻撃は最大の防御』を初戦から全く崩さず、決勝では最後の最後まで局面のデュエルに負けず、かつ、「千葉玲海菜」という違いを生み出せる絶対的なプレーヤーを有した藤枝順心が順当に勝ちを収めたということであろう。作陽は、フォーメーションも5−3−2というやや守備 [続きを読む]
  • 13年連続初戦敗退〜それがどうした?〜
  • 高校サッカー一回戦・・・・・強豪、鹿児島県代表 神村学園 に対し我が県代表の秋田商業はどれだけ挑めるかという視点で観戦してみた。秋田商業 0 (前半0−1) 1 神村学園結果として負けはしたが、我が県高校サッカーの現在地を確認し、方向性がおぼろげながら見えた意味で良いゲームであった。特に今年の秋商はここ数年の県代表に比して格段に運動量が多く、かつ勤勉なプレイを最後までやり通していて、根本がしっかりと [続きを読む]
  • さらば、酉年っ!
  • 毎年言ってる感じがするけど、やっぱり1年なんてあっという間だ(笑)ここ数年は年間のルーティンも随分と安定してきて、釣りのほか、山菜採りに果実酒造り、きのこ採りから家庭菜園活動、野山の有用植物の移植、レシピ収集や燻製造りなどなど、まあこれだけあれやこれやとやってたら一年なんてすぐに過ぎるのは当然だわな〜。今年は年男ということもあり、ドラマチックな展開に期待もしていたけれど、まあ普通の展開でした〜それ [続きを読む]
  • なでしこ完敗 〜高倉監督の力量〜
  • なでしこ 0 (前半0−0) 2 北朝鮮やっぱり実力差が明白だったE-1女子優勝決定戦。つまるところ、前半に仕留められなかったのが全て。得点の気配が高まった場面でのシュート精度が相手DFを上回れなかったと言うのに尽きる。しっかりと得点するには、ゴール前の密集エリアであってもしっかりと打ち切れるよう、ワンステップやダイレクトでシュートを決めきるフィジカル&テクニックを体得するのが切実な課題ではないか?( [続きを読む]
  • E-1 第2戦 〜しぶとく勝つ〜
  • 初戦の出来の悪さから、どうやって修正してくるか?という【監督の力量】が問われた第2戦。相手云々よりも、まずはこのチームおよびメンバーのストロングポイントをどうやって表現し、結果を出すか?という点で振り返ってみる。なでしこ 1 (前半1−0) 0 中国このメンバーでの精一杯の仕事をして勝ったのと、岩渕の復調が見えてきたのが成果。隅田・阪口・猶本の守備的な(というか守備もできる)3人を中盤に配してルーズボー [続きを読む]
  • E-1 初戦〜不甲斐なさ〜
  • 年内最後の代表戦ですね。招集できる選手も限定的な上に、東アジア勢としかやれない大会ではあるが、女子はW杯予選へ向けての方向性をしっかりと固める意味、男子はロシアW杯代表候補をふるいに掛ける意味では面白い機会。賞金もしっかりいただいて、協会の実績を積み上げたいというのが本音だろう。なでしこ 3 (前半 1−1 ) 2 韓国まずはなでしこ。率直に言って、韓国女子代表にあれだけやられてしまうと、残り2チーム( [続きを読む]
  • 調理活動の季節
  • 連日、天気悪いぜ釣りの方は、どうせやれても【港内フィネスメバル】くらいしかないんだが、山歩きできるぜって感じにならないのがストレス。(まあ、やる気になれば防寒・雨具着て向かえばいいだけですがねぇ)でも、調理のレパートリーを少しづつ増やしたいなあとも考えていたのでコツコツと調理活動〜まずは『蒜泥白肉』(豚肉のニンニクソース掛け)を。辛さといい、手軽さといい、酒の肴にはぴったり『じゃがとろ』(マッシュ [続きを読む]
  • 冬目前
  • なんという悪天候連発の秋だったのだろう。狙ったように10月後半から今までの毎週末、ほぼ毎回悪天候直撃でしたが、山活動はその中でも一生懸命やっていました。私の【渓流HGその①】では、山葡萄の新たな群生地を見つけて山葡萄造りもなんとかサマになりました。きのこ採りの方はナメコが不作気味でしたが、ムキタケやらその他雑きのこをコツコツと集めたりは出来ました。ま、ムキタケは雪が降っても何とか狙えるようですし、あと [続きを読む]
  • 国際親善試合 ハリルJ vs ブラジル代表
  • 11月10日(金) 国際親善試合 日本代表 1−3 (前半 0−3) ブラジル代表年内の代表強化の機会として貴重な欧州遠征。その相手はブラジル・ベルギーと、強豪と対戦できるという願っても無いカードである。戦前の予想は、0−6くらいのコテンパンにやられる惨敗であった。日韓大会前のフランスに0−5で敗れた『サンドニの悲劇』を思い起こさせるような手も足も出ないというような敗戦を喫し、そこから世界基準へ目覚める?とい [続きを読む]
  • 釣る→採る、へ
  • 渓流は終了しましたが、野外で汗を流すことほど気持ちのいいことはないですね。ほぼ独学できのこの世界に足を踏み入れて3シーズン目、今年もいっぱい新たな経験が出来るかしらん?早速行ってきました。まずはサルナシ採り。果実酒用ですが、今年もあんまり...まあもっと探し歩かないとイカンのでしょうけどねヌメリスギタケモドキやスギヒラダケははしりですねぇ。スギヒラダケは今は毒キノコ扱いですが、私は関係なく食べちゃ [続きを読む]
  • 仕上げ釣行
  • 今年の渓流最終日。何かドラマがあるかな〜?と向かいましたが、まあ、ね。今日の夕方は仕事関係の懇親会ですので夕マヅメのラストチャンスはやれませんので、今朝の釣行で締めです。先週末で239尾まで釣れていました。んでまずは昨日の朝。雨による増水・濁りから、やれそうなポイントを判断します。通常は水量が乏しくてイマイチな場所ですが、雨のおかげで反応はまずまず。ただし、サイズは全然で木っ端山女を6尾で累計245尾に [続きを読む]
  • これで最後かな?
  • 台風、いいかげんにしやがれってもんですな。この影響で海の釣りなんかままならず、家庭菜園もえらいことに...チッ、自然には逆らえんということか.....さて、金曜・土曜と渓流のラストスパートに行ってきました。まず最初は金曜日編。いつもの堰堤から、今回はその下流に入ってみました。春先には結構オイシイ思いをする、殆ど人が入らない区間ですが、水量がある状況だと良いサイズの虹鱒や山女が釣れる意外性のあるポイ [続きを読む]
  • 閉幕まであと少し
  • 今期の渓通いも残すところあと2回ほど。すでに累計200尾を超え(202尾)、目標は一区切りなんですが、どこまで伸ばせるかチャレンジです。先ずはサルナシやヤマブドウのオガリ具合をチェックがてらHG河川の上流域に。高活性の岩魚達がガンガンヒットしてくる!実釣時間2時間あまりで11尾キャッチのバラシも5つほど。ヤマブドウはまだまだ若い(笑)今年は昨年の倍は採ろうと目論んでいるので、下旬くらいから張り切って山篭りし [続きを読む]
  • 真剣勝負の結果
  • ロシアW杯アジア最終予選B組、ハリルJの最終戦はアウェーのサウジアラビア戦。すでに本大会出場は決まっているとはいえ、本番までに更に強化しなくてはブラジル大会の二の舞になると思うので貴重な真剣勝負の場でもある。サウジアラビア代表 1−0 (前半 0−0) ハリルJ勝たなければW杯出場はないサウジアラビア。それこそ国を挙げての必勝態勢で日本を迎え撃つ。直前のオーストラリアVSタイが2−1という僅差でのオース [続きを読む]
  • 目標達成〜!!!
  • ここ数年来、届いていなかった目標 『地元の流れだけでの渓流魚200尾キャッチ』 を久しぶりに達成できました。先月末でトータル184尾にはなっていたんですが、9月は20日しか期間が無いですし、天候不順も考えられるうえに今年に限ってはイベントも多い事から【行けるときにしっかり釣っとく】べしと考えていました。結果的にこの戦略が正解だったんですけどね。先ずは大物の可能性が期待できる区間。やや減水気味ですが、水色は [続きを読む]
  • おめでとう!ハリルJ!!
  • 《最終予選の初戦を落としたケースで予選突破したことはない》というふざけたジンクスを打ち破って、ロシアW杯出場を決めた日本代表。だいたい、フランス大会以前は、最終予選そのものにそう何回も出ていないだろうし、そのやり方も今とは違うだろうから比べること自体ナンセンスなんですけどね。とにもかくにもおめでとう ハリルJ 2−0(前半1−0) オーストラリア代表スターティングメンバーを見て、「しっかり守備から入り [続きを読む]
  • 雨に祟られる
  • 今年は今までに増して【極端な天候】が頻発しておりますなぁ特に先般の豪雨なんてその際たる例。他県ではずーーーーーーーーーーっと降り続く雨に被害を受けている農家の方も居ると云うし今回のオトナリ釣行も集中豪雨による増水に足を引っ張られました。兎に角、やれる流域が少ないまさに濁流と化した本流筋は最初からアウト出来そうな支流筋をサーチして歩いてやっとこさ何とか出来るエリアを発見、入渓します。透明度はまあまあ [続きを読む]
  • 更新サボり休
  • しばらくの間、更新をサボっておりましたその間、定期的に釣行してはいましたが、うちの職場は夏場に様々なイベントが目白押しなもので、リフレッシュ的な意味合いが強かった。でも、それはサボる口実にしかならないですし、キチンとブログも更新してゆかねばなるまい...と思い直した訳です。んで早速、昨日の釣行を。今年は「反応を見ながら掛ける」というのをいつもの年以上に意識しています。ルアーの優位性というか、醍醐味 [続きを読む]
  • 今後に期待したいね。
  • 釣果はともかく、内容はわりと濃い感じの2017渓流行。毎回テーマをある程度定めてから釣行しているのと、いい感じで土産確保が出来ているからかな?地元の岩魚オンリー河川に出向き、山の恵みプラス岩魚を釣り、熊の足跡を見つけて喜ぶ変人岩魚の数は大したことなかったけど、新たなウド場見つけつつの、ネマガリタケ少々拝借の「手ぶらでは帰らん!」モード全開です(爆)隣県に遊びにいったら、ギョウジャニンニクポイントは工事 [続きを読む]