STREET・F さん プロフィール

  •  
STREET・Fさん: STREET・Fの世界に出よう!season2
ハンドル名STREET・F さん
ブログタイトルSTREET・Fの世界に出よう!season2
ブログURLhttp://sekainideyou2.seesaa.net/
サイト紹介文旅行者。Cカードも取得したダイバー。 ナイト情報 海外女性のコスプレ写真も大量にあり。
自由文メインは観光の旅行記です。ツアーではなく、個人旅行派です。

個人的主観で書いてますので、勘違いしているところもありますけど、基本ノンフィクションで、事実を書いています。

ナイトライフ情報は掲示板へ、女の子の写真(コスプレ含む)もあります。

インドの売春地帯等の写真を見れるのはこのブログだけ!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供127回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2014/01/28 17:59

STREET・F さんのブログ記事

  • サンドアート
  • 砂浜を歩くといろんな店がある。ダイブショップも多いがそれ以外のレストランなども。ちょっと歩いてみると面白いものがあった。土台もしっかりしたものでもあるので、有名なアーティストが作ったものだろうか?砂浜で砂をつかて塩水などで固めてこんなアートを作る人もいる。残念ながら高い日差しで木の葉っぱの影ができてよく見えないが作品としてはしっかりしたもの。アメリカなどで日とそっくりの物を作るような精巧なものでは [続きを読む]
  • ナマの魚にやられる
  • ブログはセブ島旅行の途中ですが。今週木曜の夜、寝ていたら急に体調が悪くなり。ベットから起き上がるとすぐに嘔吐。さらに下痢も取らず。テーブルの上に食べ終わった御飯の茶碗があったからどうにかなったものの、そうでなければかなり部屋がひどいことになるほど嘔吐が続いた。既に起き上がることさえ困難だったので、救急車を呼び。そのまま病院に搬送。とはいえ救急の医者がいるわけではなく、看護婦が二人といった具合。胃腸 [続きを読む]
  • ダイビング予約
  • 浜辺近くのダイブショップはタンクがいっぱい置いてある。多すぎるほどタンクが置いてあり。ダイブショップもいくつかあるようだ。バリカサグという良いポイントでのダイビングを期待していたが、そこにはいけないとどこのダイブショップでも言われた。4日後ならそこへ行けるが、次の日のダイビングしか自分には時間がなく4日後は既にここを離れてしまう。チャーターなら行けるがそれはとんでもなく値段が高い。バングラオのバリガ [続きを読む]
  • 地元の人とのふれあい
  • ATMでまとまった金額を手にしてアロナビーチへ行く手前に店があった。そのお店ではらたいている子が顔立ちがはっきりして可愛かった。夜に出会っていたらホテルに連れ帰りたいレベルだが、普通の店で働いているのでそれはないだろう。買い物する予定はないがSIMのリロードがまだ済んでいないのでその店でお願いするが、結局できなかった。しかし自分がミラーレスで女の子を撮っていると店の人が気に入ったらしく、いろんな人 [続きを読む]
  • バングラオのホテルに到着
  • ボホールの港に着き、船から降りる。港で待っていると荷物が一つのリヤカーのようなものにまとめて送られてきた。これでキャリーを受け取ったが、ネットで前情報の通り、タクシーの客待ちはいなく、サイドカーの客待ちが多い。バングラオのホテルの名前を告げると、有名なのかドライバーは知っていると言って、そこに連れて行ってくれた。値段は事前交渉。そう高くもないのであまりぼったくりはないのか、それとも自分が旅行慣れし [続きを読む]
  • 港で待ち時間
  • 頻繁に船が出ると言うことは、当然前から順に出発する、その間は空港で待つしか方法がない。水や食べ物も売店がたくさんあり、そこで食べたり飲んだりもできる。他にもそういう人がいた。自分も水を飲んだりしていたがそこでフィリピンSIMのリロードもできるらしいが、どうやら番号が必要らしい。自分は番号を覚えてないし、以前無くしたスマホのメモ帳には入っていたが無くしたので当然そのデータも無い。アンヘレスは道の携帯 [続きを読む]
  • セブ一日目
  • 昨日は夜中に着いたため翌朝まで爆睡。翌日気持ちよく目が覚め、とりあえずシャワーを浴びてから10時位にホテルをチェックアウト、お願いしていたタクシーはホテルが呼んでくれたようなのでそれに乗り込み、行き先は「pear1」。港にあったpear1の表示。セブの東側の海にある港はたくさんあり。ボホール島にある二つの港の内、タグビラランいう港に着く便に乗るためだ。ボホールと陸続きになっているバングラオに行くにはこのフェリ [続きを読む]
  • 小さなことから一つずつ
  • 小さくてもいいので目標を立てそれにすこしずつ近づいていくことはいいことだ。目標=夢ともいう。とりあえず自分の目の前の目的。近年中に成し遂げることはTOEICで600点を超えること。今までTOEICを受けたこともなかったが、タダだったので事ウィの春受けてみると。まったく勉強も何もしてないのに320点。目標には半分も届かないが、これからす少しずつ点を挙げていこうと思ってる。もちろん通信教育や個人的に自習をやるつもり。 [続きを読む]
  • セブ到着
  • セブに到着するとイミグレは大混雑、おそらく300人ほど並んでいたと思う。前の便で来た客もまだはけてないような混雑ぶり。なのに窓口が2つ。セブの空港を利用するのは初めてだったが、非常に利便性が悪い。もっと窓口を増やしてさっさと客を履けないと、次から次から夜中にセブに着く飛行機はやってくるのだ。マニラから経由した方がフィリピンの国内線なので早かったかも。そうなるとそうなるでマニラのターミナル移動が大変そう [続きを読む]
  • セブ旅行への準備
  • 年始にタイから帰国してから、次のGWの旅行の予定を考えた。一月が始まり4月の末まで。このスパンの期間が一番長いが、冬は自分がもっとも体が動く季節。なにせ日本ではこの時期にしかスノーボードは出来ない。毎週のように土曜・日曜はゲレンデへ向かい早朝から滑り。昼には帰宅するようにしていた。自分はスキー場の年間フリーパスを持っているので時間はもっと遅く、長く取れるのだが、時間がたてばたつほど駐車場はスキー場 [続きを読む]
  • 美系なドジな子
  • 最後の夜になりました。12時過ぎ、日付が変わりこの日の朝9時の便で飛行機に乗って日本に帰る。ということでホテルは一泊余分に抑えていた。昼12時にチェックアウトして翌朝早朝の6:30のMRTに乗るとなると、その長時間に部屋はないし、エアコンが効かない熱帯に放り出されることになる。疲れるし、ゆっくりもできない。なので深夜すぎても新たなモデルを探すことが可能。そんななかテルメへ行く道の途中の右側の暗い所に白い顔 [続きを読む]
  • 喘息で死にそうだった
  • ここ3日ほど喘息の発作で呼吸困難、眠ることもできないほど苦痛だった。どうにか今夜は持ち直したがまだ仕事場でたまにゲホゲホ言っている。月曜は朝に出社したがそのまま帰宅、病院まで直行。薬をもらったが、火曜日は咳がひどく、昼に食べた物を吐いてしまうぐらい。今日は吐くことはなかったが、まだ咳がひどく、たまにトイレに行って洗面台で咳をし続ける。明日も明後日も仕事だがそうそう休めないので、無理して出社するつも [続きを読む]
  • タイ最終日
  • 深夜のフライトなので、いつものようにホテルは一泊余分に抑えている。本日が今回のバンコクだけの滞在5日間の最後の日なのだ。いつものように初日であったオバサンを呼んで、彼女と長く話をした。よく言われることだが「次にタイに来たらすぐに電話して」といわれる。自分も優しい彼女が気にいたのでオバサンとは言え、次にタイに来ても彼女を呼ぶだろう。お互い時間を惜しんで別れた。今回は短いが、ぜひともタイに長期滞在した [続きを読む]
  • 大柄なladyboy
  • スクンビットの路上をウロウロ。自分の毎回のやり方だが、あれだけテルメが高慢かつ高額。路上の女の子もナナ前では数が少ないとなると自分はスクンビット路上になってしまう。マック前にあったladyboyが客引きするオープンバーが撤去されたのがちょっと痛い。あれがあると休むにはちょうどいい場所で。道行くアフリカンやタイ女性を見ることも可能だからだ。まあそこで売り上げが上がるとマックが売れなくて困るので、マックの方 [続きを読む]
  • フェイクカーペット
  • スクンビットの路上で面白いものを見つけた。こんなもの↓カーペットのように見えたが、実は頭上から青いLEDライトで照らしたもので店の入り口のようにしている。スクンビットの路上はそれこそ多くの人が通り、店としてはカーペットなどでアピールをしたいが、当然、多くの雑踏でそれは汚れてしまう。しかし頭上からこのようなライトで表記すれば踏み荒らされること汚れることもないのだ。頭を使った試行を凝らしたものだと思う。 [続きを読む]
  • アラビアンナイト
  • アラビアンもバンコクにはやってくる。もちろん夜に立つのでその手の商売をするためのアラブ系の女性達。夜10時を過ぎるぐらいにグレースホテル前に立っていたりする。5人ぐらいの塊のこともあれば一人で立つ人もいる。そんな女性たちは皆、顔の彫が深く、肌の色は白く、目がキツイぐらいのアイライン、長いまつげをしている、そしてほとんどが太っている。服装はベールで髪を隠しているが顔は全部出している。イスラム教の宗派の [続きを読む]
  • アフリカン二人と part03
  • 二人にコスチュームを着させると、二人をベッドに上がらせた。今回のホテルは部屋が狭いために二人を撮影するとなると、一番広いスペースが取れるのはベッドの上しかないからだ。ちょっと下着が見えているので隠しました。彼女たち二人の顔などが移っている写真はいつものように写真館で見れます。二人並んで下着を見せたりするポーズを取って面白くふざけ合っている。その状態でも撮影をねだるので撮ってあげた。二人は今日は二人 [続きを読む]
  • アフリカン二人と part02
  • 連れてきた友達も、違う服を着てコスプレして撮影するなどあまりないことなのだろう。コス着た服でも笑顔で撮影に応じる。この二人が明るくてコスを着たり園状態で撮影させたりさせてくれるのは女の子二人が友達同士なので安心するからだろうか?こんなこともあって女の子の素の姿が見れるので友達二人を連れ帰ったり姉妹二人を連れ帰ったりはよくする。バンコクだったり、アンヘレスだったりプエルトガレラだったり。女の子も姉妹 [続きを読む]
  • エコノミー症候群
  • 久々にエコノミー症候群になりました。理由は10時間以上に及ぶ車移動。新車に乗り換えて新しいナビで自宅から目的地まで行くと。行く場合は大都市などを通過して帰る時は辺に多周りをさせられた。やはり目的地、経由地はしっかりとこちらで指定されないと、どんな場所でも高速に乗せよう勝手にカーナビが作動する。よってとんでもない山道を遠回りさせられた。普段通らないような車一台しか通れない道。幸い、誰も通らないので。す [続きを読む]
  • 発ドライブ
  • 6月に新車を購入した。今の今までチョイ乗りしかしてなかったけど、本日3時から所用で県外まで長距離ドライブします。初めての長距離だからちょっと楽しみ。高速使えば2時間で行けるんだけど。高速には乗らないので5時間以上はかかる。行って帰って移動だけで10時間か。高速料金(これがかなり高い!)がかかるのと、あとは下道通った方が、あちこちの場所にコンビニとか食事できる場所も開いてるので。高速のSAにもコンビニある [続きを読む]
  • アフリカン二人と part01
  • 先日サンタコスをさせたアフリカン女性からメールが来た。『どこにいるの?何をしているの?』という内容。ホテルにいると答えると次は電話が来た。女「この前行ったこと覚えてる?」俺「ええと、なんだっけ?」女「友達と一緒に部屋に行ってもいい?」俺「いいよ、おいで。」よく考えもせずOKした、彼女が友達というのはどんな人か見たこともないのでわからないが、アフリカン女性が友達ということは同じアフリカンだろう。さら [続きを読む]
  • ヒーローズ
  • 夜、熱帯夜のバンコクをブラブラ。ナナ前から駐車場方面は歩いていくと、何かの建物の前にアメリカンアニメのヒーロー二人の像があった。マーブルとか言う名前で、最近CGの技術が上がり、頻繁に実写化されていて、映像でも見たことがある。キャプテンアメリカ。さらにアイアンマン。アイアンマンにはサンタ帽子をかぶせられているのが笑える。こんなものを見て笑っていた。やはりバンコクはバンコクだけでも楽しめる。タイの物価 [続きを読む]
  • 寂れたマッサージ街で美女を発見
  • soi11から北の方に行けばディスコがあるが園途中の道に右側に大きな道がある。その先はマッサージ街があると言う紹介だった、YouTube上では。ただし行ってみると、もとはマッサージがいだったのであろう、既に寂れてほとんどの店が看板さえ無いようなコンクリートの建物の集合のようなもの相手いるい店もたった2件。soi11から見える店が一つと奥へ入ったところに一件。仕方なくsoi11から見える店とその奥へ進んでみると。一人の女 [続きを読む]
  • 帰国しました
  • もう日が明けましたが、昨日の昼過ぎに自宅へ無事到着。台北で急なゲート変更で大変な思いもしましたが、無事帰宅しました。本日連休最終日なので家でゆっくりします。明日から出勤なので。され、次の旅行の予算と行き先思案しながら日常を過ごすことになります。旅行は旅行だけではなくその旅程を考えたりすることも楽しみの一つです。日本に縛り付けられている間は、せめてその考える楽しさで乗り切っているのが旅行者でもありま [続きを読む]
  • 出発前
  • 明日の昼ごろに家を出ます。で、半年ぶりのバンコク旅行。出発が1日遅れたのは、1日ずらすだけでかなり航空券が安かったから。というわけで1週間ほどネットはブログ、写真館も含め放置させていただきます。帰国後、また年末年始の旅行記の続きに入ります。では、行ってきます。 [続きを読む]