村夏至 さん プロフィール

  •  
村夏至さん: MIジャーナル
ハンドル名村夏至 さん
ブログタイトルMIジャーナル
ブログURLhttp://blog.canpan.info/nougeiraku
サイト紹介文岩国を中心(広島〜周防大島)に、趣味のはたけや文化情報(読書メモ、地域活動や広島の映画情報)など。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供344回 / 365日(平均6.6回/週) - 参加 2014/01/29 21:29

村夏至 さんのブログ記事

  • 2017わくわく科学クラブ<30倍の世界>5回目171021
  • 3年ぶりに講師を行っている、月1回ペースで土曜の朝に仮説実験授業を体験してもらうわくわく科学クラブ。5回目が終了。今回は、前回の振り返りをしたあと、今回は台所にある砂糖や塩、味の素、小麦粉などをどのようにみえるか予想を立てながら見てもらったり、火打石を使って火の粉を見た後に、ちょっと意外なものを見てもらったりしました。少しずつ、予想を立てながら順番に見ていくのは楽しい。手当たり次第ではなく、順序だ [続きを読む]
  • 「休校マルシェ@奥岩国ほんごう」171118
  • 先日、10月15日に岩国駅前で行われた岩国祭に、軽トラ新鮮組も開催されるとのことだったので、久々に寄ってみました。当日はあいにくの天気だったのですが、軽トラ新鮮組は中通り商店街のアーケードの中なので盛況でした。顔見知りの人と話したりしながら、回っていたら、本郷のブースに地域おこし協力隊の人がいたので、はじめて少しだけお話をしました。全国的に取り組まれている地域おこし協力隊。中山間地域の多い岩国でも、何 [続きを読む]
  • 「島のむらマルシェ オーガニックな生活をここから。」171104
  • 2017年11月4日(土)10時〜15時周防大島「八幡生涯学習のむら」にて2014年からはじまって、毎月第1・3土曜の「島のあさマルシェ」と年1回の秋の「島のむらマルシェ」の2つのマルシェの開催になっている「島のむらマルシェ」「オーガニックな生活をここから」という副題のとおり、安全・安心にこだわって、農薬や化学肥料、添加物などをできるだけ使わないこだわりの農産物や加工品の販売や、こだわりの雑貨や体験教室など楽し [続きを読む]
  • 109『セザンヌと過ごした時間』 八丁座にて71
  • 『セザンヌと過ごした時間』(監督:ダニエル・トンプソン、出演:ギヨーム・カネ、ギヨーム・ガリエンヌ、アリス・ポル、デボラ・フランソワ、サビーヌ・アゼマ、114分、2016年、フランス映画)2017年、映画鑑賞109作品目にして、劇場での鑑賞71作品目。少年時代に出会った、画家のポール・セザンヌさんと小説家のエミール・ゾラさん。その2人の芸術家ならではの複雑な交流を、2人の決別のきっかけとなった、ゾラさんのある画家 [続きを読む]
  • くが青空マルシェvol.4 171028
  • 岩国市の玖珂総合公園で行われているハンドメイドイベント。子ども向けのワークショップがいろいろあって、家族連れで楽しめるような工夫があるのが特徴です。周りに長い滑り台などの遊具のある芝生広場もあります。個人的には、チョコレートの原料であるカカオ豆を発酵させたあとに焙煎したカカオ・ニブを売っていた「広島カカオ」も出店するようなので行ってみたいと思っています(カカオ・ニブも買いたいのですが、前回の5月に [続きを読む]
  • 『日本の覚醒のために ―内田樹講演集』
  • 『日本の覚醒のために ―内田樹講演集』(内田樹著、2017年、晶文社)ここ数年の内田さんの講演の中から、「日本の覚醒のために」というテーマに沿って拾って、再編集した講演集。日本について考えるヒントに満ちていて読みやすくかつ興味深い。納められている6つの講演のタイトルをあげてみると、「資本主義末期の国民国家のかたち」「これからの時代に僧侶やお寺が担うべき役割とは」「伊丹十三と「戦後精神」」「ことばの教育 [続きを読む]
  • 何気に増えるマスキングテープ
  • 私がマスキングテープを好きなことは身近には知られているので、時々珍しいオリジナルマスキングテープをもらえたりしてうれしい。というか、ありがたい。この2ヶ月くらいで5種類、計8本が手に入りました。まずは、平安時代の僧侶、源信さんの1000年忌特別展のマステと、幕末から明治にかけて活躍した浮世絵師、河鍋暁斎(かわなべ きょうさい)さんの絵を使ったマステ。そして、関西の阪急電車のオリジナルマステ。次に、広島 [続きを読む]
  • 『食と農の映画祭 2017inひろしま』
  • 2017年10月21日(土)〜27日(金)広島の東急ハンズ8Fにある「サロンシネマ」にて今年で9年目を迎える、食と農に関わる映画を上映する映画祭。監督や出演者のゲストトークや、「キネマルシェ」と銘打った、安心安全の食材の販売やお弁当の販売もある行事です。上映作品は、『しんじん〜其の二』『ごはん』『僕らのごはんは明日で待っている』『カレーライスを一から作る』『Tomorrow パーマネントライフを探して』『花蓮―かれ [続きを読む]
  • 108『エルネスト もう一人のゲバラ』 サロンシネマにて70
  • 『エルネスト もう一人のゲバラ』(監督:坂本順治、出演:オダギリジョー、永山絢斗、ホワン・ミゲル・バレロ・アコスタ、アレクシス・ディアス・デ・ビジェガス、124分、2017年、日本・キューバ合作映画)2017年、映画鑑賞108作品目にして、劇場での鑑賞70作品目。チェ・ゲバラさんの没後50年となる2017年、日本とキューバの合作映画としてつくられた作品。キューバ革命の英雄、エルネスト・チェ・ゲバラさんにの戦士名を授けら [続きを読む]
  • MIジャーナルの月別記事数に見る私の気持ちの浮き沈み
  • 2008年6月にはじめたこのブログ。10年目に入ったので、月別の記事数を単純な棒グラフにしてみました(2017年9月まで)。ブログの右のほうに、月ごとの記事件数が書いてあるので、エクセルを使えばすぐです。見てわかるとおり、書いているときと書いていないときがはっきりしています。また、書いているときには1日1件以上書いていることもわかります(極端なときには月90件)。以前にも若干書いたと思いますが、私は躁鬱症の傾 [続きを読む]
  • 107『裁き』 横川シネマにて69
  • 『裁き』(監督:チャイタニヤ・タームハネー、出演:ヴィラー・サーティダル、ヴィヴェーク・ゴーンバル、ギータンジャリ・クルカルニー、プラディープ・ジョーシー、116分、2014年、インド映画)2017年、映画鑑賞107作品目にして、劇場での鑑賞69作品目。下水清掃人の死体が発見され、民謡歌手のカンブレさんが、扇動的な歌によって、下水清掃人を自殺に追いやったとして、理不尽にも逮捕される。そこからの法廷での、裁判官、弁 [続きを読む]
  • 106『きらめく拍手の音』 横川シネマにて68
  • 『きらめく拍手の音』(監督:イギル・ボラ、出演:イ・サングク、キル・ギョンヒ、イ・ギョンヒ、イギル・ボラ、80分、2014年、韓国ドキュメンタリー映画)2017年、映画鑑賞106作品目にして、劇場での鑑賞68作品目。聴覚障がい者である両親のもと育ち、韓国国立芸術大学でドキュメンタリーを学んだ監督が、その両親と(自分のことも含んで)子どもたちのことを記録した映画。音のない手話の世界では、拍手は、両手を高く上げてひ [続きを読む]
  • 「岩国ビエンナーレ2017 錦の宴」に行ってみた 20171007
  • かねてより告知をしてた「錦の宴」に行ってみました。酒をテーマにした、平面作品(絵)と立体作品(酒器)を公募し、1次選考に入賞した作品の展示とともに、お酒と料理や大筆による揮ごうやジャズの演奏を楽しもうというもの。前日までは、天気は大丈夫だろうという予想だったのに、当日開会のあいさつをする直前に激しい雨が。オープニングのほら貝演奏。雨でステージイベントがはじまるまで時間があったので、入選作品を見て回 [続きを読む]
  • 『ベビー・ピーの旅芝居2017「風あこがれ」』を観てきた20171006
  • 横川シネマでたまたまチラシを見かけて、日程的にはいけるな、ということで行ってみました。『風あこがれ』っていうタイトルが素敵じゃないですか。演じられたのは、次の3演目。・イミテーション・ゴールド〜歴史劇〜150年前にゴールドラッシュでにぎわった、とある新大陸の西海岸の港町で、知性を持った好物が発見されて・・・・鼻ことば〜恋愛劇〜海辺の田舎町に療治にやってきた青年と旅館の娘の物語。・かめくん〜SF人形劇 [続きを読む]
  • 『美女と野獣』のBD入手
  • 2017年に観た数少ないメジャーな(シネコンでやってて、テレビでも宣伝しているような映画全体でみればごく一部の)映画の中で、個人的に好きな『美女と野獣』のBDとDVD(と3Dブルーレイ)のセットが届きました(数か月前に予約)。3Dに関しては、いまだに、コンテンポラリーダンスのピナ・バウシュさんのドキュメンタリー映画『Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』が最も適している映画だと思っていますが、『美女 [続きを読む]
  • 『能 650年続いた仕掛けとは』
  • 『能 650年続いた仕掛けとは』(安田登著、新潮新書、2017年)ずっと関心を持っていながらなかなか勉強していない「能楽」。2017年2月23日にも、ヒマールであった読むロバの会(読書会)での課題図書『ガダラの豚』(中島らも著)を読んで、能について思いついたことをこのブログに書いたりもしているのですが、入門によさそうな本が出たので読んでみました。最初の部分で、著者は、「能」の効能として次の5つをあげています。 [続きを読む]
  • 105『ドリーム』 八丁座にて67
  • 『ドリーム』(監督:セオドア・メルフィ、出演:タラジ・P・ヘンソン、オクタヴィア・スペンサー、ジャモネール・モネイ、127分、2016年、アメリカ映画)2017年、映画鑑賞105作品目にして、劇場での鑑賞67作品目。痛快な映画です。1960年代初頭、米ソ冷戦時代に宇宙開発競争が行われた時代(同時に黒人の公民権運動も盛んであったことが映画でも若干触れられている)に、黒人であり女性であると言うハンディを抱えながらも、自分 [続きを読む]
  • 中秋の名月の夜に思い出したこと171004
  • 例年9月なのに、今年は閏月で5月が2回あったので、旧暦の8月15日がずれこんで、10月4日になった中秋の名月。仕事帰りの途中、写真に撮ってみました。月の明るさにあわせると、周りが真っ暗になってしまうので、背景がわかるようにすると月は明るすぎてぼやけてしまっています。満月なのに、ちょっと欠けているなあと思ったら、暦と実際の月齢がずれたりするので、必ずしも満月の日とは限らないのですね。明るい月を見ていると [続きを読む]
  • 104『ハイヒール こだわりが生んだおとぎ話』 横川シネマにて66
  • 『ハイヒール こだわりが生んだおとぎ話』(監督:イ・インチョル、出演:菊池凛子、小島藤子、玄理、谷口蘭、30分、2017年、日本映画)2017年、映画鑑賞104作品目にして、劇場での鑑賞66作品目。上映時間30分と短いながら、こだわりを込めた作品。人間の果てしない欲望によって世界が滅ぼうとしていた近未来、人々は欲望を捨てて世界を救うため自らアンドロイドになることを選んだ。しかし、そのうち、一部のアンドロイドにエラ [続きを読む]
  • 531_薩摩芋(サツマイモ)ばたけのツル返し
  • 6月10日に芋ヅルを植えた薩摩芋が収穫の時期を迎えつつあります。今年は本当に怠慢で、これまで草取り1回、草取りとツル返しを1回しかしてなかったので、手をかけるのは3回目(通常はもう1、2回は手を入れます)。しかも、2、3週間かけて、少しずつ。ツルが繁茂する時期になると、土が葉っぱとツルで覆われるので、さすがに雑草は生えにくくなるので、こんな状態になります。大きい雑草がちらほら。ここのはたけはもともと [続きを読む]