守田矩子(のり子) さん プロフィール

  •  
守田矩子(のり子)さん: 守田矩子のタロットで知る「禍福一如」
ハンドル名守田矩子(のり子) さん
ブログタイトル守田矩子のタロットで知る「禍福一如」
ブログURLhttps://ameblo.jp/flower-tarot/
サイト紹介文占い師を引退して、専業主婦になった私の日常をお伝えしています。 50代の今が、一番楽しいぞ!
自由文こんにちは、大阪・心斎橋のタロット占い師・守田矩子(のり子)です。
金ナシ・運ナシ・男ナシだった私が、46歳でタロットと出会い、その後16歳年下の素敵なダーリンと結婚。
占い師としての年収も、会社員時代の数倍となりました。
私みたいに、タロットを使って豊かな幸せを掴んでもらえたら嬉しいです。
日々の選択を変える事で、人生は変えられます。
ブログで、その方法をお伝えしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供287回 / 365日(平均5.5回/週) - 参加 2014/01/31 21:19

守田矩子(のり子) さんのブログ記事

  • 仲人さんが死ぬ気で考えた、相談所に入らずに結婚できる方法
  • こんばんは、守田矩子(のり子)です。タロットプロコース1期生の川本あつ子さん(あっちゃん)が、11月末に、無事長男君をご出産されましたヽ(^o^)丿う、嬉しい〜〜〜〜!!! 今年1月、長崎ハウステンボスで一緒に開催した『地球にありがとうが言える日』を終えて、すぐに妊娠したあっちゃん。このイベントが、まだ今年のことだったというのが信じられないくらい、ずいぶん前の事のように感じますが。。。大変やったなぁ〜〜〜 [続きを読む]
  • 咳が止まらない時
  • こんばんは、守田矩子(のり子)です。今日は、セラピスト仲間と太陽の塔の内部見学へ↓(左から、南かおるさん・植松幸子さん・エンモトアイさん・私、そして、黒い太陽) こちらは、太陽の塔・正面↓太陽の塔の内部見学、私は3回目ですが、毎回、めちゃめちゃ感動します!一度、内部に入られることをお勧めします。要予約です! 4人でめちゃめちゃ楽しく、かつ、学びのある時間を過ごしました。しかし、今日、行けるかどう [続きを読む]
  • ”これが男性の本音です”
  • こんばんは、守田矩子(のり子)です。昨日は、大人気男性セラピスト・龍輝さんの結婚披露パーティにお呼ばれしてきました。龍輝さん、遂に結婚か〜〜〜(≧▽≦) 龍輝さんとは、2016年に一緒にセミナーをさせて頂いてからのご縁です↓・「龍輝さんとのコラボセミナー終了(前編)」・「龍輝さんとのコラボセミナー終了(後編)」 このセミナーをDVD化して、一緒に販売もさせて頂きました↓【クライアント様が女性メインの起 [続きを読む]
  • 「結婚」と言う名の修行(最終回)
  • こんにちは、守田矩子(のり子)です。一昨日の続きです↓「「結婚」と言う名の修行(6)」 ダーリンから差し出されているカップの中味が、自分の『陰』=見たくない部分だと分かってから、私は自分の弱点と向き合い始めました。・出来なくてもOK・甘えてもOK・未熟でもOK・怠けてもOK・否定・批判されてもOKなどなど。 こういった態度を自分に許していないと、ダーリンが・出来ない姿・甘える姿・未熟な姿・怠けている姿・否 [続きを読む]
  • 「結婚」と言う名の修行(6)
  • こんばんは、守田矩子(のり子)です。昨日の続きです↓「「結婚」と言う名の修行(5)」 ダーリンが差しだしているカップの中味。それは、私が今まで目を背けてきた『私の陰』でした。 『陰』=見ないようにしてきた部分、ないことにしてきた部分です。 私の場合は、・出来ない私・甘える私・未熟な私など、私にとって、『存在してはいけない部分』です。人に頼ったり甘えたりするのは、本当に苦手でした。そして、ええカッコ [続きを読む]
  • 「結婚」と言う名の修行(5)
  • こんばんは、守田矩子(のり子)です。昨日の続きです↓「「結婚」と言う名の修行(4)」 8年前の、同棲し始めた頃のお話です。 タロットで見てみると、ダーリンと私の未来には、不穏な空気が流れていました。このままいくと、せっせと『砂の城づくり』をしてしまいそうです。。。そこで出た、対策とアドバイスは、「カップの4」↓ 木の下で座る男性の目の前にカップが3個、きちんと並んで立っています。しかし、4個目の新しい [続きを読む]
  • 「結婚」と言う名の修行(4)
  • こんばんは、守田矩子(のり子)です。先日の続きです↓「「結婚」と言う名の修行(3)」 ダーリンの不可解な反応に、ふたりの方向性を見失ってしまった私。けれど、ダーリンとは、これからも仲良く暮らしたいと思っていました。 だから、前回のブログで書いたような食い違いがあっても、気にしないようにして、すぐに普段どおりの楽しい生活に戻っていました。 まるで、何事も無かったかのように。。。 しかし、『ネガティブ [続きを読む]
  • 主婦の皆さまに、今、見て欲しい映画「カンタ!ティモール」
  • 「主婦って何だろう?」と日々考えている守田矩子(のり子)です。今のところ、主婦の使命って、『家族の生命を守ること』なのかな〜と感じます。家族のメンバーが、健康であったり、心身共に健やかでいられるように家庭をメンテナンスしているのが主婦なのかも。 そんな主婦の皆さまに、今、見ておいて頂きたいドキュメンタリー映画があります。何度か紹介させて頂いている『カンタ!ティモール』です。 この映画に描かれ [続きを読む]
  • 「結婚」と言う名の修行(3)
  • こんばんは、守田矩子(のり子)です。昨日の続きです↓「「結婚」と言う名の修行(2)」 昨日の記事をFBにシェアすると、・「うちの旦那様も同じです!」・「あるあるです!」・「自分もネガティブ・ストロークが苦手です」というコメントをいくつか頂きました。同じようなお悩みや弱点をお持ちの方が結構いらっしゃっるのですね。『ネガティブ・ストローク』については、後日、もいちょっと掘り下げてみたいと思います。 さ [続きを読む]
  • 「結婚」と言う名の修行(2)
  • こんばんは、守田矩子(のり子)です。今日は、こちらの講演会で、「かみさまとのやくそく」の池川明先生とヒーラー・大田篤さんのお話を聴いてきました↓池川先生が、夫婦関係のお話にも言及されたのですが、たとえ話がとても面白かったです。池川先生曰く、「旦那様は『犬』なんです。奥様は『猫』なんです。犬は命令されないときちんと出来ないし、猫はきちんと命令出来ません」「ご主人に、『お醤油を買って来て』と頼んだら [続きを読む]
  • 「結婚」と言う名の修行(1)
  • こんばんは、守田矩子(のり子)です。 知り合って1ヶ月でプロポーズされ、3ヶ月目で同棲を始めたダーリンと私。一緒に暮らすようになって、だんだんと分かってきた『結婚する意味』。これから、結婚についての私の体験や考えを、書いていきたいと思います。(8年前位の記事を加筆修正しています)私とダーリンは、とてもよく似ています。人生に対する考え方や、ものの見方が。ちなみに、顔も似ているとよく言われます(≧▽≦) [続きを読む]
  • 諦めることに意味はない(テンダーさんのセミナーより)
  • こんばんは、守田矩子(のり子)です。11月25日(日)に、私の最後のお仕事である「テンダーさんの『わがや電力』セミナー」を無事に終えることが出来ました。これは、「電気を、自分のおうちで、自分で作ってしまおう!」という主旨のセミナーです。自分の家で発電が出来たら、自然災害等で停電した際にも困りません。この日は、3連休の最終日でした。楽しいイベントもたくさんあっただろうに、わざわざ、このセミナーに足 [続きを読む]
  • なぜ、私が47歳で結婚出来たのか(11)
  • こんばんは、守田矩子(のりこ)です。昨日は、私が主催する最後のイベント「テンダーさんの『わがや電力』セミナー」でした。(左から、ダーリン・テンダーさん・私)今まで企画したどのイベントより、準備が大変だったので、無事に終了してホッとしています。SNSに、ご感想も沢山アップして頂いていますので、後日、詳しくレポさせて頂きます♪ さて、先に一昨日の続きです↓「なぜ、私が47歳で結婚できたのか?(10)」 年 [続きを読む]
  • なぜ、私が47歳で結婚出来たのか(10)
  • こんばんは、守田矩子(のりこ)です。今日は、大阪高槻市で開催された、中田敦彦さんの講演会に行ってきました。 2時間笑いっぱなしの、爆笑講演会でした。さすが、芸人さん!面白いだけではなく、学びも沢山あったので、また後日、シェアさせて頂きますね。さて、先に一昨日の続きです↓「なぜ、私が47歳で結婚できたのか?(9)」 ダーリンと出逢った47歳の時点では、私の人生に、『子どもを持つ』という選択肢はありませ [続きを読む]
  • 「テンダーさんの『わがや電力』セミナー」は満席です!
  • こんばんは、守田矩子(のり子)です。明日25日(日)に開催の「テンダーさんの『わがや電力』セミナー 〜電気は自分で作れる〜」は、満席となっております。先着60名様の申し込みで、すでにご入金済みの方のみ受講して頂けます。(ご入金済みの方には、昨日、最終ご案内メールを送らせて頂きました)先行案内に登録されただけでフォームより申込みをされていない方、受講料の入金がお済みでない方は、ご入場頂けませんので [続きを読む]
  • なぜ、私が47歳で結婚できたのか?(9)
  • こんばんは、守田矩子(のり子)です。 昨日の続きです↓「なぜ、私が47歳で結婚できたのか?(8)」 私にとって、結婚に関して最大の難関は、『母』でした。しかし、母への対処法は、タロットによってスルっと導き出されました。これね↓ 「何も考えない」ことが、こんなに効果的だとは思ってもみませんでした。しかしよく考えると、余計な思考を働かせ、ごちゃごちゃ考えることで、なかなか行動できなかったり、ものごとが [続きを読む]
  • なぜ、私が47歳で結婚できたのか?(8)
  • こんばんは、守田矩子(のり子)です。 昨日の続きです↓「なぜ、私が47歳で結婚できたのか?(7)」 ダーリンからプロポーズされたものの、ダーリンのご両親も、うちの母も、年齢差16歳の結婚に賛成してくれるとは到底思えませんでした。私が3歳の時に父が居なくなってから、うちは母子家庭でした。母は再婚することもなく、父が残した借金を返しながら、私と弟を育ててくれました。弟は結婚して家庭を持ち独立しました。私は [続きを読む]
  • なぜ、私が47歳で結婚できたのか?(7)
  • こんばんは、守田矩子(のり子)です。 昨日の続きです↓「なぜ、私が47歳で結婚できたのか?(6)」 16歳年下彼氏とのラブラブ交際を、のんびり楽しもうと期待していた私に、またもや危機が。。。付き合い始めた直後から、ダーリンは時々、冗談めかして ・「僕の奥さんになりませんか〜?」とか・「婿にもらってくれませんか〜?」とか・「責任とって下さいね〜」とか言い始めたのです。 んんん?これって、もしかしてプロポー [続きを読む]
  • なぜ、私が47歳で結婚できたのか?(6)
  • こんばんは、守田矩子(のり子)です。 今日は、生まれて初めて、味噌作りに挑戦してきました。 2日前から大豆を水に浸し、前日は吸水させた大豆を4時間煮込み、今日は、その大豆を潰して、米麹と塩をよくよく混ぜてきました。結構、体力が必要ですね。最後は、ヘトヘトでした〜〜〜(≧▽≦)自分で味噌を作るって、専業主婦っぽい!半年後の完成が楽しみです。では、昨日の続きです↓「なぜ、私が47歳で結婚できたのか?( [続きを読む]
  • なぜ、私が47歳で結婚できたのか?(5)
  • こんばんは、守田矩子(のり子)です。昨日の続きです↓「なぜ、私が47歳で結婚できたのか?(4)」 うふふ。ダーリンの妹・ゆきえちゃんの長男君は、私の誕生日と、同じ日に生まれたのでした 。私の『予言』が当たって、ダーリンはビックリ! この日は、本当に、ダーリンにとって「忘れることが出来ない日」となってしまったのです(*^^)vそのため、ダーリンの家族が車を使うことになり、『ゆにわ』へは、私の車で行くことになり [続きを読む]
  • なぜ、私が47歳で結婚できたのか?(4)
  • こんばんは、守田矩子(のり子)です。『OFFICE YourDesign』代表であるデザイナーの正木啓さん主催・白鳥哲監督の『祈り』の上映会に行ってきました。祈りの力や瞑想や魂を、科学的に分析しようとする試みがとても面白いと感じました。主催の啓さんが、ダーリンと私のために、『曼荼羅アート』を描いてプレゼントしてくださいました↓(右から、啓さん・私・ダーリン)啓さん、無心に曼荼羅を描いている時、「あれ?これ、ダーリ [続きを読む]
  • なぜ、私が47歳で結婚できたのか?(3)
  • こんばんは、守田矩子(のり子)です。専業主婦になって、外食をする時、「めっちゃありがたいな〜」と感じるようになりました♪自分で稼いでいる時は、全くそんな風には感じなかったのに。さて、一昨日の続きです↓「なぜ、私が47歳で結婚できたのか?(2)」後日、ダーリンに確認したのですが、初めてタロット占いに来た時、ダーリンは、私の鑑定は「凄い」と思ったけど、私に、『異性としての魅力』は感じなかったそうです( 一 [続きを読む]
  • なぜ、私が47歳で結婚できたのか?(2)
  • 全国の専業主婦の皆さま、こんばんは、守田矩子(のり子)です。専業主婦って、まずは結婚出来ている訳だし、その上、自分が働かなくても生活出来ているのだから、「専業主婦、凄い!」って思います?さて、昨日の続きです↓「なぜ、私が47歳で結婚できたのか?(1)」・自分が結婚出来るわけがない・結婚したいとも思わないと信じていた私が結婚したのは、47歳の時です。 相手は、占いに来たお客様でした。占い仲間だった、手相 [続きを読む]
  • なぜ、私が47歳で結婚できたのか?(1)
  • こんばんは。まさか自分が、専業主婦になるとは夢にも思っていなかった守田矩子(のり子)です。私が結婚したのは、47歳の時です。 それまで、自分が結婚できるとは思っていませんでした。マジで!タロットと出逢うまでの私は、「『容姿』と『性格』と『運』が良くないと結婚できない」と思っていたのです( 一一)マジで!今では、たまに、綺麗と言って頂けることもありますが、以前の私は、本当にブサイクでした。 小学校1年の時か [続きを読む]