せんり さん プロフィール

  •  
せんりさん: リストラ上等 しーずん6 クモの糸
ハンドル名せんり さん
ブログタイトルリストラ上等 しーずん6 クモの糸
ブログURLhttp://narikiti.blog.fc2.com/
サイト紹介文30代でリストラを経験。底辺から ようやと復活しました。 家族を守る為に日々奮闘中です。
自由文リストラを経験した人はどのような変化を辿るのか。家族を守る事は出来るのか。同じような境遇の方のお役に立てればと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供38回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2014/02/02 09:37

せんり さんのブログ記事

  • ついに下流から抜け出す事が出来ました。
  • 私がクモの糸を掴んでから約半年が経過しました。決して大きな会社ではありませんが、人間関係も非常に良い会社ですし仕事も順調ですし本当に良い会社に入る事が出来て本当に感謝しています。先日、更に嬉しい出来事がありました。それは、妻も正社員として働く事が決まったのです。彼女は私と結婚してから子育てをしながら臨時職員等をしていましたが、なんと短大を卒業してから初めて勤めた会社に再度就職をするという離れ業を見 [続きを読む]
  • 最近の状況
  • 今の会社に入り約半年が経過し仕事にも馴れ他の社員の方とも仲良くなる事が出来、いたって順調です。社長をはじめ全ての社員の方に感謝です。仕事はそれなりに大変ですし月末月初は特に忙しかったりしますが、ほぼ残業もなく私が今まで働いてきた全ての会社に比べても本当に良い会社だと思います。この半年の間で、3回くらいは飲みに連れていって頂いてますし会社に届いたお客さんからのお中元も分けて頂きました。メロンにジュー [続きを読む]
  • 這い上がる事ができたわけ その④
  • その④・複数の経営者の方と知り合い仲良くなる事ができた。思いをもって行動しても残念ながら簡単にうまくいくものではありません。理由は簡単。同じ気持ちで一生懸命頑張っている人は沢山いるのだから。つまり人と同じじゃダメで人と違う発想をもたないといけない。本人のスペックが高ければ引く手あまたかも知れませんが低いなら圧倒的な努力が必須です。例えば彼女、彼氏が欲しければ身だしなみを変えたり出会いがある所へ顔を [続きを読む]
  • 這い上がる事ができたわけ その③
  • 強い思いを持ち行動する。大事な事ではあるのですがそれだけでは中々結果に結びつける事ができません。何しろ若い人とは違い中高年に求められるのは即戦力であり即結果を出すという事が必須だからです。雇用する側から考えると当然の事だと思います。人間年を重ねると色々な知識や経験がついてくると同時にどうしても頭が固くなりがちで長く会社に勤めていると不満をもらしたり態度も変わってくるものです。実際私もリストラを受け [続きを読む]
  • 這い上がる事ができたわけ その②
  • 強い思いを持てば実現する為にどうするか考えるようになります。当然と言えば当然の話です。ただ考えただけでは何もおこりません。じゃあどうするのかという事ですが…。その②とにかく行動した。ハローワークへ毎日通った時期もありました。魅力のある求人は掲載と同時に即日募集停止なんてことはよくあります。そうかと思えばいつまでも募集している求人や以前募集していた求人が又、出ている事もあります。毎日通うと色々な事が [続きを読む]
  • 這い上がる事が出来たわけ その①
  • 私は約7年という年月はかかりましたが底辺から無事脱出する事が出来ました。特にスキルもないただの中年が何故、再浮上できたのかをお伝えしたいと思います。その① 家族の為にどうしても復活しなければならなかった正確に言うと諦める訳にはいかなかったという事になりますが、とにかく諦めなかったというのが一番ですね。強く願えば叶うとはいいますが非常に大事な事だと思います。つい先日まで派遣で働いていましたが、私と同 [続きを読む]
  • リストラから7年…。やっとの事浮上する事が出来ました。
  • その数日後、履歴書を持ち面接に向かいました。社長との面接です。履歴書に目を通しながら専務からおおよその話は聞いている。最初の第一声は、で、いくら欲しいんだ?でした。ちょっと面食らいました。専務から条件の話は聞いていましたし、私としてはお金の交渉などするつもりは更々考えていませんでしたし使っていただけるなら条件の下方修正でも受け入れる覚悟でいましたから。そもそも面接したからと言って即採用とならない可 [続きを読む]
  • クモの糸を握り締めた瞬間
  • 思わぬ所から出現した一筋の光ですが私は手放しで喜んだわけではありません。理由は、以前に同じ仕事をした事がありますが、それが原因で親友と決別し又、自らも殆どうつ病寸前になるという経験をしたからです。同じ事を繰り返すのはイヤですし自信がないと言うのが正直な所でした。ですので、少し考えさせてくださいと返答をしました。とは言ったものの現状を考えれば考えるほど家族の為にも何とかしないといけないという答えにし [続きを読む]
  • クモの糸
  • 派遣社員として働き始めるとその環境にも馴染んでくると共に周りの人とも交流を図るようになりましたが、コールセンター勤務なのかはわかりませんが、あまり人付き合いが得意ではない方が多かったような気がします。食事の後はみんな同じようにスマホゲームに没頭していました。ある意味ちょっと異様な空間だった感じでしたね。私はひたすらニュースを見ていました。今までの仕事は昼の休憩をゆっくりとる事が出来ないような仕事も [続きを読む]
  • 全容を把握して途方にくれる。
  • 最近沢山の方が訪問して頂いております。雑誌の取材を受けたことの影響が大きいようです。ありがとうございます。私が歩んで来た事を淡々と綴った面白くもなんともない内容ではありますが、もう少しで少しは皆さんのお役に立てたり面白くなる予定です。さて、やっとの思いで派遣社員となりそれなりに成果を挙げる事が出来た訳ですが、インセンを入れても収入の少ない日々は続きます。リストラされた時の最高年収から約40%ダウン [続きを読む]
  • 派遣社員の仕事がやっと軌道に乗り始める。
  • やっとの事で派遣社員としてデビューを果たす事が出来た私ですが、当初はなかなか思うように成約へ結びつける事は出来ませんでした。一連の成約へのスクリプトはあるのですが知識が少ない為に、お客からちょっとでも細かい話をされるとその都度、確認を取る為に会話が中断されてしまうからです。お客さんも初めて購入する商品ですので操作の不安やら使いこなせないから無理だというお客さんも多く不安を取り除いて成約に繋げるのが [続きを読む]
  • 新しい職場でやっと派遣社員デビュー
  • 新しい職場での研修が始まりました。担当者は私と同年代の男性でした。研修期間はそう長くないとの事でしたのでした。最初は携帯電話の誕生から現在に至るまでのストーリー的な内容から始まり実際の仕事についての説明等々。今までの所に比べるとかなり薄い冊子でしたので覚える内容もやはり大きく違っていました。座学的な内容は一週間程度。次の週には現場で実際に応対している先輩たちの内容を聞かせて頂くという感じでした。既 [続きを読む]
  • 新しい仕事を決めてその日のうちに今までの仕事を辞める。
  • さてまたしても戦力外通告を受けた私でありますが、ショックだとか言っている暇などありませんので登録をかけた派遣会社で次々と話を聞いていました。多少時給が低くても覚える内容が少ない仕事で、交通の便もそれなりに良くて…。まあその程度の要望ではありましたが。色々と話を聞くと比較的簡単そうな仕事がありました。大手通信会社のコールセンター業務なのですがガラケーを利用している顧客に機種変更を促す業務との事。これ [続きを読む]
  • 若いときに流さなかった汗は老いてから涙となって返ってくる
  • 最近知った言葉です。まさに私にぴったりの言葉。しーずん1の最初の頃に若い頃に苦労をしなかったし苦労の仕方すら知らなかったというような事を書いたような気がしますが、まさにその通りです。若いときに苦労しなかったが故に特に資格や技能もなく底辺をさまよい続けているわけです。全て己が選んできた道なんですよね。クモの糸を掴むまで本当に大変でした。ちなみにこの言葉、鍵山秀三郎氏の人間を磨く言葉という本に記載され [続きを読む]
  • 研修は日程通り進んで行く
  • 研修は決して順調ではありませんでしたがカリキュラムは進み実際に現場で働いている人のやり取りを聞かせて頂く段階になりました。実際に応対している人の内容を初めから聞いてみると…。基本的に電話口のお客さんが怒っているような内容での入電が多く驚きました。そこで初めて講師の方からどうしてそのような内容で入電するのかという話がありました。どうやらお客さんは受付時にまとめてお金を払う契約については了承しているら [続きを読む]
  • 雑誌の取材を受けました。
  • 実は先日、とある雑誌記者の方から連絡を受けました。リストラについての特集を組むらしく実際にリストラを受けた事がある私に電話インタビューしたいとの内容でした。考えた事などなかったお申し入れでしたし、何かの間違いかもしくは冷やかしなのかとも思いましたが記者さんの名前も記載されていましたし雑誌は私も何度も拝見させて頂いた事のある雑誌でした。若干の迷いはありましたがブログでリストラを受けてからの道のりを綴 [続きを読む]
  • 不穏な空気が漂いはじめる。
  • バイトが慌しくなってきたその頃、本業はどうだったかといいますと…。最初は講義というか仕事の内容の説明も簡単ではあったのですが段々難しくなってきました。5人いた中で私の理解力は3番目程度だってと記憶しています。以前に旅行の受付コールセンターで勤務経験のある誰からみても1番目に理解していた50代の女性が、この内容はこの時給でやるようなものではないと言って急に辞めてしまいました。架電業務ならば、ある程度 [続きを読む]
  • 本業も副業も残念すぎて苦笑するしかない。
  • アルバイトの方ですが、居酒屋の調理補助スタッフとして採用となりました。居酒屋なので当然夜がメインとなるのですがランチ営業も行っているとの事ですし会社からも近いのでこちらに決めました。新店なのでスタッフのやりくりも難しいようで私のように仕事が休みの時しか働けない人間でも使って頂ける環境にありました。ありがたい事です。バイトは朝の9時から15時まで入れました。私の勝手な想像では、朝は仕込みの準備をして [続きを読む]
  • お金がないのでバイトも始めました。
  • 先日、鍵コメントで応援を頂きました。コメント頂いた方もご苦労されていらっしゃるようでしたが私にも頑張って下さいとの事でした。本当にありがとうございます。もしご覧頂いてましたらお互いに頑張りましょう。研修が始まりましたが、この会社の研修は、通信業界の始まりからスタートでして丁寧に業界の世界観から自分たちのやる仕事までの落とし込みから始まりました。私にとっては初めての経験なので興味深く話を聞いていまし [続きを読む]
  • 派遣社員チャレンジ パート2
  • 新たな派遣先での研修が始まりました。集まった人数は30名程度でしょうか。随分と沢山の人を採用したものだと思っていましたが、簡単な自己紹介の後に二つの班?に振り分けられました。私の方は約5名程が電話業務、残りは事務方の業務との事でした。今回の職場は男性が異常に少ない。私を含めて3名ほどでした。今回の仕事の内容ですが、通信費を今まで別々に支払っていたものを一つにまとめて支払う為の手続きをする業務との事 [続きを読む]
  • 世の中の仕組みについて勉強を開始する。
  • 正社員と派遣社員からも戦力外通告を宣告された私ですが、この頃からひそかに世の中の仕組みについて独自に勉強を始めました。勉強を始めたといっても入りは素朴な疑問からです。例えば、金持ちは何故金持ちで貧乏人はどうして金持ちにはなれないのかといった所からです。友人や知人には比較的苦労していてお金があまりない人も多いのですが、中には成功をしている人もいます。色々と話を聞いてみると這い上がれない人は、基本的に [続きを読む]
  • もっとも底辺だった時期
  • はじめての派遣社員で研修期間終了と同時に終了してしまった私ですが次に紹介を受けた所は、大手通信会社の請求業務を行うコールセンターです。派遣会社の担当の方いわく、私と同じようにテクニカルのコールセンターでうまくいかなかった人も働いているので今度は大丈夫。簡単に働ける所だから心配しないでとの事でした。今回の勤務先は前回の場所と比べると若干質素なイメージではありましたがJRの駅とほぼ直結しているような場所 [続きを読む]
  • 負の連鎖
  • 先日ネットで40代4人家族の平均世帯年収なるものを調べてみました。あるサイトによると686万円にもなるのだとか。正直びっくりしました。ちなみに我が家の昨年の世帯年収はとても公表できるような内容ではなく…。贅沢はとうの昔に忘れましたがハングリー精神は培われました。正直な所、平均値は500万円くらいと思っていましたし、我が家の収入もリストラ勧告を受ける前のマックス収入4百数十万円程を目標としています。 [続きを読む]
  • りすとらあげいん
  • 結果は研修最終日の前日に発表と決まっていました。合格した者は最終日に最後の研修とお偉いさんからの話を聞くとの事でした。私の試験の結果はというと残念ながら不合格でした。リストラを受けてから、この時で丸5年が経っていましたが正社員どころか派遣社員からも戦力外通告を受けるというあまりにも残念な現実がそこにはありました。当然ショックでしたが、ふさぎ込んでいる暇などなかったものですから派遣会社の担当者に結果 [続きを読む]
  • やっと学んできた事が繋がりはじめる。
  • 後半戦がスタートすると新たに学ぶ事の他に今までの復習を兼ねたテストのようなものも行われはじめました。まわりのみんなは普通に8割がた正解しているのにたいして私は3割〜4割程度の正解率でした。今まで学んだ事が点と点の状態で線になっていない。繋がっていないわけです。後半戦も始まったばかりなので実戦デビュー前の筆記と実技の試験までには間に合うだろうと思ってはいました。思いとは裏腹になかなか成績は伸びず苦戦 [続きを読む]