花・野菜技術センター場長 さん プロフィール

  •  
花・野菜技術センター場長さん: 花・野菜技術センター場長の独り言
ハンドル名花・野菜技術センター場長 さん
ブログタイトル花・野菜技術センター場長の独り言
ブログURLhttp://hanayasaitop.blog.shinobi.jp/
サイト紹介文(地独)道総研 花・野菜技術センターの今をお知らせします!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供30回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2014/02/03 13:32

花・野菜技術センター場長 さんのブログ記事

  • 旅立ちのとき
  • 春の足音が近づいてきています。近くの土手にも福寿草が顔を出しています。  3月27日、滝川市が開設している「滝川農業塾の第4期生の修了式及び報告会」が開催されましたので出席して参りました。 同塾の熟生は2年間にわたり農業の知識や技術、更には流通・加工の現場での勉強など多くのことを学んだとの報告がありました。発表するその姿や言葉には充実感と自信が感じられました。多くの若者が担っていく [続きを読む]
  • アイスプランツに将来性あり
  • 春の日差しがどんどん力強さを増しています。それもそのはず、あと3日で春のお彼岸の入り(3月17日)です。 でも晴れ間の多い分、放射冷却現象によって夜明けの寒さは真冬並です。 ここ滝川でも最低気温が氷点下10℃以下という日が続いています。 車の窓にも霜の華が咲いています。      車の窓には「霜の華」       雪原もキラキラと輝く  ハウスの中でも「作物の葉にも氷が・・・・」。というのは真 [続きを読む]
  • お花がいっぱい
  • 先日、結婚式に出席しました。 結婚したのは、一昨年の花・野菜技術センターで総合技術研修(花きコース)を受講されたT君とYさん。お二人は、高校時代からのお付き合いですが、T君は大学で農学を学んだ後、北広島市内の実家の農場で新規に花き生産を始めたいとお二人そろって受講されました。 当然のことながら、お二人は楽しそうにかつ真剣に研修に励み知識と技術を修得されました。さらに昨年、二世が誕生とまさに農業・農 [続きを読む]
  • 新たなスタート!
  • 花・野菜センターがH8年に東滝川の地に開設され、今年で20年目を迎えました。 そこで2月21日に記念イベント「花・野菜技術センター開設20周年記念新技術セミナー」を開催しました。       多くの参加いただいた皆さま!ありがとうございました。 記念誌とプログラム この日は、会場のホテルスエヒロ(滝川市内)のホール が、ほぼ満員となる盛況となりました。H28年度の試験研究成果の報告などを行うと [続きを読む]
  • 新顔野菜
  •  節分で鬼を追い払い立春も過ぎました。いよいよ春の到来と言いたいところですが、ここ滝川はまだ深い雪の中です。花・野菜技術センター内の様子 それでも、春は着実に近づいてきています。その証拠が日長の長さです。 冬至(12月22日)の頃の日の出は7時過ぎでしたが、今は6時半と30分以上早くなっています。一方、冬至の日の入りが16時でしたが、今は17時過ぎと1時間以上も遅くなっています。やはり、「ひかりの [続きを読む]
  • 小さく、スリムにな〜れ!
  • 今日は2月3日「節分」です。 「鬼は外!福は内!」と元気に豆まきをする子供達の声が聞こえそうです。 豆まきの由来は、鬼の目を打ちつぶし災厄を逃れたという故事があったり、「豆には生命力や魔除けの力が備わっている」とか、また、語呂合わせで「魔滅」に通ずるのでとか、諸説があるようですが、いずれにしても小さな豆粒のパワーに期待してのようです。      こんな鬼なら許すますよねぇ        落花生 [続きを読む]
  • 冬に輝く
  • 今週は当センターで「平成28年度花・野菜ベーシックセミナー」を開講しています。全道から農業を志す若者が集まり、研修寮に宿泊しながら5日間にわたり農業と作物栽培の基礎をしっかりと学びます。 29名の若人の目は初日からキラキラと輝いています。     開講前には少し緊張も       まずは場長の話から? ここから「輝く」にちなんだ話題を2つ。 まずここ東滝川で2月4 [続きを読む]
  • 小さな事でもコツコツと
  •  皆さまこれが一体何にかお分かりになりますか?「むかご(零余子)」と言います。 左がむかご、右はむかごご飯ナガイモや自然薯(じねんじょ)などのヤマノイモ属の蔓(つる)になる「肉芽」という実のことです。 むかごはほかの植物と同様に種としても利用できますが、大きなイモに育てるには少々時間を要しますことか、栽培農家さんではイモを切り分けてたものを種芋として使い栽培することが一般的です。 一方、むかごは食 [続きを読む]
  • 1月15日は「いちごの日」
  • 来週の日曜日1月15日は「いちごの日」です。 そして翌週1月22日は「ショートケーキの日」なのだそうです。 なぜ1月22日が「ショートケーキの日」なのかと言うと、 答えはカレンダーを見て頂きますと分かります。   1月のカレンダー     2月のカレンダー カレンダーの中で1月22日の上に15日「いちごの日」がのっているのです。そうなんです。美味しいイ [続きを読む]
  • 銭の花
  •  新年明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。 大雪に見舞われ、路面はガタガタだった年末には、買い出しなどお正月の準備が思うにまかせずヤキモキされた方も多いかと思いますが、その分新年には正月飾りを眺めながらお屠蘇を楽しまれた方も多いかと思います。 正月飾りを選ぼうにも、種類がいっぱいあるし、いやに赤いタマタマがあるけど何を基準に選べば良いのかと迷われた方も多いと思います。お [続きを読む]
  • 美しさで金、食べても金
  •  今月12日に「2016年を表す漢字(本漢字能力検定協会)」は、募集の結果、第1位が「金」になったそうです。 「金」が選ばれたのは、2000年と2012年に続き3度目だそうですが、いずれの年もオリンピックが開催されましたが、今年はオリンピックのほかに「政治と金の問題」、「ドナルド・トランプ氏の金髪」、「ピコ太郎の衣装」などの要素もあったのでないかとのことですが、人々の「金」に対する憧れの深さ [続きを読む]
  • シクラメンのかほり
  •  12月15日と16日に新十津川農業高校で生徒たちが丹精し育てた花々などを販売する「クリスマス販売会」が開催されましたので行ってきました。 当日の会場は、大盛況で特に野菜やヨーグルトなどはあっという間に完売状態でした。 また、ポインセチアやシクラメンなどの鉢花も売れ行きは好調でしたが、こちらは品数も十分に用意されていたせいか、じっくり品定めをしているお客さんも見られました。 私もあれこれとシ [続きを読む]
  • スリップ注意!
  •  最近、テレビの天気予報で「明日のつるつる予報は、レベ.ル3です」と言うようなアナウンスをよく耳にします。今年は雪と寒さの到来が早かったので特に気になります。 国道275号線の様子 車を運転する際には、スリップ事故の防止には十分気を付けたいと思いますし、我がセンターの道路も除雪後はツルツル状態になってしまいますので転倒事故の防止に努めたいと思います。万一、この路面でコケてしまうと間違いなく2回 [続きを読む]
  • 何事もスマートにネ!
  •  11月30日と12月1日にアクセス札幌で開催された「北海道スマート農業フェア」を見学してきました。 スマート農業とは、超省力生産や高品質の作物生産の実現をめざし、ロボット技術やICT技術を活用する最先端の農業です。 道内でも農業の担い手の減少や高齢化が進行しており、将来の農業を支える新たな力として大きな注目が集まっています。とりわけ人手を多く必要とする園芸農業では一日も早い活用が期待されています [続きを読む]
  • 北海道花き品評会(鉢花の部)
  • 2週間のご無沙汰でした。出張が続き暫く留守にしておりました。 その出張の一つで、11月24日に札幌で開催された「北海道花き品評会(鉢花の部)」に審査員として出席しました。 この品評会は、全道の鉢花生産者がその技を競うもので36回目を迎えました。 出品された作品は、シクラメン、洋ラン、ポインセチア、その他の各部門に分けられ審査されました。 色とりどりのポインセチアの審査 全体を通じて感じたのは、品質 [続きを読む]
  • 北国の秋は「PPAP」
  • 「霜月」を迎えましたが、皆様、如何お過ごしでありましょうか。 11月とは言え、二十四節気で言えば「立冬」(今年は11月6日)を過ぎたばかり、本来であればまだまだ秋の情緒に浸かっているばずの頃のはずなのですが、今年は11月の初旬からの大雪。初霜(ハツシモ)や初氷の話題などはろくすっぽしていないうちから、もはや冬景色となってしまいました。11月10日撮影 さぞ皆様も驚かれたことでしょ [続きを読む]
  • クリスマスツリーと新技術
  • 先日、サッポロファクトリーのクリスマスツリーの点灯式が行われました。 札幌市内ではこれから大通公園や駅前通のイルミネーションなどにも次々に灯がともされるようであります。クリスマス気分も次第に盛り上がってきます。ファクトリーのクリスマスツリーポインセチアも綺麗に飾り付け クリスマスツリーに電飾のイルミネーションを飾った最初の人は誰なのかお分かりになりますでしょうか? 答えはあの発明王トーマス・エジソ [続きを読む]
  • めざせ日本一
  • 今日は11月1日で「すしの日」です。ファイターズも日本一になったことだし、すしのことを話題にとは思いましたが、「野球」ではなく「野菜」を担当している当センターで語れることが少ないので、スシのことはレアード選手に任せることにしたいと思います。 ところで、今年のファイターズの活躍は多くの方が言っているように、栗山監督の「適材適所」の判断と「選手を育てる」ことの成果が優勝を招いたのではない [続きを読む]
  • 色とりどり
  • 今日の午前中は穏やかな天候でありましたが、昼頃から急に雲が立ち込め、稲光とともに降雨と突風が吹き荒れる天候となりました。しかしその後一転、午後3時頃からは青空も見えるという目まぐるしく変わるい天気の一日となりました。     10月26日午後1時頃           午後3時頃 例えて言うなら、「女心と秋の空」とでも言うのかなと [続きを読む]
  • 燃える秋。燃やさない秋。
  •  今年のプロ野球も最終盤。セリーグの広島東洋カープに続き、パリーグの北海道日本ハムファイターズが見事に日本シリーズ進出を決めました。  お見事。栗が爆ぜました!10月22日からの日本シリーズでは、赤ヘル軍団カープが真っ赤に燃えて日本一になるのか、はたまた青いユニフォームのファイターズが炎を燃え上がらせて勝のか、いずれにしても熱い戦いを期待したいと思います。 真っ赤な木の葉と青い空。競ってい [続きを読む]
  • 2016年"稔りの秋"
  • 木々が色づき、山には初雪の便りも届きました。田や畑では春からの汗と涙が豊かな稔りをもたらしています。そして、ここ花・野菜技術センターにも”稔りの秋”到来であります。      抜けるような秋空         木立に飾ってみました 秋は「花き・野菜総合技術研修生」の半年間にわたる研修の総仕上げの季節。 10月5日、研修生自らがそれぞれ作物を選択し課題を設けた取り組ん [続きを読む]
  • 全道いけ花美術展
  • 10月1日、第54回全道いけ花美術展(会場:丸井今井札幌本店)を見学に行ってまいりました。  会場の入口に到着しまず目を引からたのは、北海道花き振興協議会の協力による北海道産の草花を使った公開展示コーナーであります。 道内の各産地の代表的な花きや珍しい草花などを巧みに使った作品が展示されており北海道産の花きの魅力が存分にアピールされていました。          入口横に展示された北海道産花きに [続きを読む]
  • 自然の証
  • リオのオリンピックやパラリンピックにつづき、ファイターズやコンサドーレの熱く戦う姿を見ているせいか、今年の夏はまだまだ続きそうな気もしますが季節はもう秋。 センター内を見回してもクリやナナカマドの実がなり、地面にはドングリやトチの実が落ちています。       クリの実です         ナナカマドの実です ふと林を見ると、自生の「ホップ」を発見。 ホップは皆さんご存じのとおり、ビールの苦み [続きを読む]
  • 農業は動物との戦い
  •  今年は相次ぐ台風の来襲により農業が大きな打撃を受けました。また、今週に入り台風16号が九州や四国、本州で猛威を振るい大きな被害を発生させました。災害に遭われた皆様に心よりお見舞いを申し上げます。 そんな中、長沢農園では幸いにも台風被害は免れましたものの、野生動物による食害が発生しており、今回はその状況についてご報告をさせていただきます。 まずは、アライグマによる被害です。 大事に大事に育てそ [続きを読む]
  • 今宵は「中秋の名月」
  •  前回に続き”豆”のお話をさせていただきます。 まず、「インゲン豆」です。原産地の中南米から南北アメリカへ広がり、ヨーロッパなどを経た後、日本へは17世紀の中ごろに中国から隠元禅師によってもたらされたとされています。 今ではその名とともに日本国内に広く普及し、地域特産作物としてブランド化されているものもあるなどしっかりと定着しています。           今 [続きを読む]