小谷由果 さん プロフィール

  •  
小谷由果さん: 小谷由果
ハンドル名小谷由果 さん
ブログタイトル小谷由果
ブログURLhttps://ameblo.jp/tokyokominkashodokai/
サイト紹介文書道師範/デザイン書道家/東京古民家書道会主宰
自由文3歳から大東文化大学書道研究所「大東書道」で書道を始める。
桜蔭中学・高校、上智大学卒業。
現在、田中節山先生に師事。
書象会、有象会、桜筆会会員。
こどものお名前デザイン書、筆文字ロゴ、イベントフライヤー、撮影用手紙代筆、結婚式ウェルカムのれん、アーティストサイン手本、その他筆耕等で活動中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供71回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2014/02/05 12:50

小谷由果 さんのブログ記事

  • 真言宗僧侶の芳聖さまの印を彫らせていただきました
  • 真言宗僧侶の芳聖さまの印を彫らせていただきました。如意宝珠のかたちの中に、芳聖さまの二字を。如意宝珠、とオーダーをいただき、如意宝珠について調べていたところ、先日印をオーダーいただいた雲林寺の住職の方が、偶然宝珠について投稿されているのを発見!「大法輪」の昭和15年(!)の記事によると、宝珠は梵字でできているそうで、その由来に則りデザインしました。 [続きを読む]
  • 7/24(火)・7/28(土)篆刻ワークショップ開催!
  • 7/24(火)と7/28(土)に篆刻ワークショップを開催します。どちらも13:00〜16:00。両日とも、すでにご予約いただいているのは全員海外の方(アメリカ、ドイツ)なので、英語しばらく話してなくてウズウズしてる方もぜひ!笑※7/24のみ、場所は高円寺になります。7/28は川崎です。 ↓詳細は「Airbnb 篆刻」で検索!https://abnb.me/Eqm3lhGdkO [続きを読む]
  • 山口県萩市のネコ寺「雲林寺」様の印を彫らせていただきました!
  • 山口県萩市にある、ネコ寺として有名な雲林寺様より、雲の字をネコに(!)とオーダーいただき、彫らせていただきました。最初、雲の字をネコの顔にしていたのですが、ラフ案をお送りしたときに、後ろ姿にも見える…!と仰られ、それもいいですね!ということでこのかたちに。印本体は白い直方体だったのですが、本体も後ろ姿にしてなでなでしたくなって、磨いてみました。そしてやはりなでなでしてしまいました。この印は早速雲林 [続きを読む]
  • 6/16篆刻ワークショップを川崎ロックヒルズガーデンで開催!
  • 【自分だけの篆刻印(石のハンコ)を作ろう!】「印」といえば、実印としての印鑑や認印のシャチハタなどを思い浮かべる方も多いと思いますが、印鑑やシャチハタはある程度決まった字体で作られます。でも「篆刻」は、もっと自由に、お名前の字に好きなモチーフを入れてデザインしたり、お名前に限らず好きな形や言葉で印面を作り、集中して石を彫り上げて自分で作る印(ハンコ)です!3時間で1つの印を彫り上げます。デザインの [続きを読む]
  • メロン篆刻からデザインした「めろん箋」販売スタート!
  • いちご箋につづき、「めろん箋」できました!メロンソーダのようなグリーン。メロンのカタカナを、メロンひと玉とカットメロンで表したデザイン篆刻の遊印。簀の目入り和紙でレトロです。スイーツ雑貨のセレクトショップ「EARL'S FAVOURITE(アールスフェボリット)浅草店」でもお取り扱いいただいております!小谷由果篆刻書工房オンラインショップでも販売中です。 [続きを読む]
  • 法福さんの篆刻印を作らせていただきました
  • 私の知る中で最も「西郷どん」な男、法福さんの篆刻印を作らせていただきました。法福さんという姓は、全国で100人ほどの珍しい姓だそう!鹿児島ご出身ということで、鹿児島の象徴として桜島のモチーフと、福の字には幸福モチーフのひょうたん、そして法福さんのお仕事は特に人とのつながり、結ぶということが大事なので、人と結びのモチーフを入れてデザインしました。この印を押すごとに幸福が増えるイメージ。名刺とかお礼状と [続きを読む]
  • 「いちご箋」販売スタート!
  • 苺の遊印を和紙に押したデザインの一筆箋、「いちご箋」をつくりました。苺の果実と花で、「苺」の漢字を表したデザイン篆刻。少しクリームがかった色あいの和紙は簀の目入り、罫線も直線でなく、レトロな表情。プレゼントや借り物のお礼に、会社での伝言メモに、俳句の句作に、いちご好きな方に…「いちご箋」でちょっと和みを添えてみませんか。スイーツ雑貨のセレクトショップ「EARL'S FAVOURITE(アールスフェボリット)浅草 [続きを読む]
  • 千暁くんのお名前デザイン書を書かせていただきました
  • 千暁くんのお名前デザイン書を書かせていただきました。お名前の由来が素敵すぎて、それをそのまま表現したくて、作品として仕上げるのに実はけっこうお時間をいただいてしまいました。ご夫婦が入籍されたその足で富士登山をして、危険な目に遭いながらも力を合わせて登りきったその様子を、空から3人で見ていたと、まだ小さい頃に千暁くんのお兄ちゃんが突然言い出したことがあったそうです。たくさんの夜明けを最後まで一人で [続きを読む]
  • 絃巴ちゃんのお名前デザイン書
  • 絃巴(いとは)ちゃんのお名前を書かせていただきました。「絃」は楽器の糸、「巴」は日本古来の渦巻き模様。音を奏でるように周りと協調しながら人生を楽しんでほしい。そして糸のように一本貫く強さと、渦のように溶け込む柔軟さを持ってほしい、という想いで名付けられたそう。それを伺って、一本貫く糸、溶け込む渦、音符などをイメージして書きました。 [続きを読む]
  • 玲秀さんの雅号印を彫らせていただきました
  • 水墨画の先生をされている、古川玲秀さんの雅号印を彫らせていただきました。尊敬されている作庭家の重森三玲氏から玲の字を、秀は本名からつけられた雅号だそう。秀は稲穂が秀でるという意から「ホ」と読むと伺ってイメージしました。琳派の花がお好きで、花をよく描かれるそうなので、メインの花を引き立てつつ、植物どうしで馴染むようなデザインに。作品にお使いいただけたら、ぜひ拝見したいです! [続きを読む]
  • 風彦さんの俳号印を彫らせていただきました
  • 句友、風彦さんの俳号印を彫らせていただきました。風彦さんが初めての句会で出された句が、「木の芽風」の季題だったとお伺いして、そこからイメージしました。風彦さんは、俳人の堀本裕樹先生主宰のもと、この度俳句結社の「蒼海俳句会」を立ち上げられました。堀本裕樹先生は、NHK俳句の選者や、ピース又吉直樹さんとの共著「芸人と俳人」などの実績ある俳人で、風彦さんとわたしの俳句の師です。俳句にご興味のある方、ぜひ蒼 [続きを読む]
  • 5月から吉祥寺教室スタートします
  • 【5月から吉祥寺で毎週定期教室はじめます】字を美しく書けることも目指しつつ、字そのものを楽しむことを大切にした教室をはじめます。段級位取得のための競書誌課題や、篆刻、デザイン書も選択できます。入会受付中なので、ご興味のある方はぜひ!まわりの方にもすすめていただけたら嬉しいです。詳細は下記のサイトをご確認ください。https://www.cotaniyuca.com/lessons/吉祥寺は毎週木曜午後の月謝制ですが、毎月第3土曜日に [続きを読む]
  • 耀心さんの雅号印を彫らせていただきました
  • 水墨画をされている、耀心さんの雅号印を2種オーダーで彫らせていただきました。耀心というのは、ハワイ語のmalama(月光)に意味をあてて付けられた雅号とお伺いしたので、デザイン篆刻の方は、月と光をイメージして、耀の一字と、これから満ちていく月のかたちをデザインしました。正式雅号印の篆書の方は、心の字が篆書だと本当に心臓みたい。印も作品の採点に影響するそうなので責任重大です…?? [続きを読む]