Floating 2 さん プロフィール

  •  
Floating 2さん: Floating on water 2
ハンドル名Floating 2 さん
ブログタイトルFloating on water 2
ブログURLhttp://floatingonwatermeditate.blogspot.co.uk/
サイト紹介文ミャンマー人の相方と二人、第3国に暮らして早や数年。流れにまかせてりゃ、どっかに辿り着くだろう。
自由文Floating on water から引っ越してきました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供54回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2014/02/06 01:03

Floating 2 さんのブログ記事

  • 野菜たっぷり具沢山のお味噌汁教
  • ワタクシ最近思うのですが、日本には、「野菜たっぷり具沢山のお味噌汁教」という宗教が存在するのではないでしょうか?この宗教は、「やっぱり自炊が一番教」の一派であり信者の属性としては、ー 料理上手(もしくは自称料理上手)ー 女性(専業主婦、兼業主婦、独身問わず)ー 「やっぱり自炊が一番教」の信者ー 食べるものが身体を作ると、外食しないのに食費は高めー 冷え性(ワタクシの想像)ー さつま芋が好き ー お [続きを読む]
  • 関西空港が大変な事になってます
  • 25年に1度の台風と言われる台風21号。ちなみに、英語のニュースでは、Jebi と呼ばれています。この、25年に1度の台風によって、50年に1度の高潮よりも高い高潮が引き起こされ、関西国際空港(関空)の滑走路に海水が流れ込み、またまた運悪く、近くに停泊していたタンカーが流されて、関空と本州をつなぐ連絡橋に衝突。連絡橋まで破損してしまいました。関空、踏まれたり蹴られたりです。本当は踏んだり蹴ったりと言う日本語が正 [続きを読む]
  • Rule the World
  • イラストレーター、ナカニシマナティーさんの自主制作キャラクターであるピータン。今月のテーマは天体観測です。ちょっと目がレンズにあたってますが、ピータンだから大丈夫。Yeah, you and me, we can ride on a starIf you stay with me, girlWe can rule the world古い歌ですが、Take That の Rule the World の歌詞を思い出しました。ベタなんですが、結構、好きなんです。Take That というか、Robbie Williams が好き。そう [続きを読む]
  • 女子力という言葉とサラダ取り分け女について。
  • 女子力という言葉、誰が作ったんでしょうか。不思議な言葉ですね。用法としては、お料理が上手だったり、さりげなくオシャレだったりすると、女子力が「高い」らしい。強い弱いではなく、高い低いで計るのですね。そこら辺りは、学力と似た感じで使われていますねでは、どのような意味で使われているのか見てみると、文脈からは、「女子力高い」というのは、女性らしかったり、可愛らしかったり、といった意味で使われているような [続きを読む]
  • ミリオネアとビリオネア
  • 近頃(2018年夏現在)、インターネット上で、ZOZOTOWNの社長、前澤友作氏のお名前を頻繁に見かけるようになりました。日本を離れて早や17年。ZOZOTOWNが何かも知らない私ですが、あまりにも話題になっているので、ついついググッてしまいました。そしたら出てくる出てくる。色んな情報が。SNSでも有名人で、Instagram や Twitter でも色々話題を振りまいていらっしゃいますね。私、Instagram はやってないので、Twitter でフォロー [続きを読む]
  • ヤンゴンタクシー事情 2018
  • 2018年は、2月と6月と2回もミャンマーに行きました。2月はチャイニーズニューイヤー6月は夫がマルコメ君になるためです。ヤンゴンでは、公共の交通機関があまり便利でないため、どうしても移動はタクシーに頼りがちになります。新政権になってから、ヤンゴン内ではYBS (Yangon Bus System) という新しいバスサービスが始まって、以前に比べたら格段に使いやすくなりましたが、それでも、行きたい所になるべく早く到着する為には、 [続きを読む]
  • 住宅ローンについて考え中
  • 今月(2018年8月)、英中銀(Bank of England) は政策金利を0.25%引き上げ、0.75%としました。2009年3月に1% から0.5%に引き下げられて以来、0.5%を上回るのは9年5ヶ月ぶりとなります。(その間、さらに引き下げられて0.25%だった時期もありました。)私がイギリスに渡った2001年当時、イギリスの政策金利は、大体3〜4%あたりをうろうろしていました。ところが、2005年から2007年ぐらいにかけて不動産価格が急騰し、金利もジリジリ [続きを読む]
  • 沈没
  • バックパッカーなどの長期旅行者が、観光や移動の毎日に疲れ、一つの街に長期滞在してダラダラすることを沈没というそうですね。私はバックパッカーでもないし長期旅行者でもありませんが、ここ3日ほど、沈没状態です。本当に、何にもやる気がおきません。趣味も、家事も、スマホゲームさえやる気にならず、最低限、ご飯食べて寝るだけという感じ。ご飯も超手抜き。完全に沈んでいます。深海魚の方が、今の私より活動的。海底に沈 [続きを読む]
  • 老後の資金計画 (2018年7月現在) - 2
  • 老後の資金計画 (2018年7月現在) - 1の続き。当初、老後資金として100万ポンドを目標としていたのですが、二馬力フル稼働で貯金して、それを結構良い利率で運用できたとしてもしても金融資産が100万ポンドに到達する頃には、私は60歳を超えているだろう、というシミュレーションの結果に愕然とし、方向転換いたしました。公的年金(満額出た場合、二人分で約1400ポンド/月)で、生活費をすべてまかなえるように、生活スタイルを [続きを読む]
  • 老後の資金計画 (2018年7月現在) - 1
  • 我が家は、子供のいない40代夫婦です。子供がいない事もあって、けっこう以前から、老後資金の事は頭の隅において生活してきました。巷では、老後資金は3000万必要とか、いやいや5000万はあった方がよい。はたまた、安心できる金額は1億円、などなど様々な情報が飛び交っております。そりゃあ、一億円あったら安心です。英国ですと、100万ポンド(1.5億円)が大体、日本での1億円のイメージでしょうか。以前も私は、安心できる金額 [続きを読む]
  • 働く時間を減らしてよかったと思う事 - 2
  • セミリタイア生活に入ってそろそろ半年。この辺りで、備忘録をかねて、働く時間を減らして良かったと思うことをメモしております。働く時間を減らしてよかったと思う事 - 1 では、1:身体が楽。2:精神的に楽。と、ここまでで結構長くなってしまい、二つに分ける事にしました。文章を簡潔にまとめる能力に欠けるようです。私。さて、3番目です。これが最後です。そして、一番重要です。3:休肝日を増やせた。元々、かなりお酒 [続きを読む]
  • 働く時間を減らしてよかったと思う事 - 1
  • 今年に入って、フルタイムからパートタイムに変更してもらい、労働時間が従来の半分以下に減少しました。もちろん、お給料も半分以下になりましたが、収入が減った事により、英国のエゲツナイ個人所得税がそんなにエゲツナイものではなくなった為、税引前収入の減少から考えたら、手取り額はまあまあ許せる感じです。まあまあ許せる額とはいえ、以前に比べたら半減しているので、家計簿を前に頭をかかえておりますが、それでも、や [続きを読む]
  • マルコメくん
  • プチ出家のために頭を丸めた夫。。。。マルコメくんだ!うちの夫はミャンマー人ですが、人種は中国人です。つまり、中国系ミャンマー人というか、ビルマ華僑というか。そんな感じです。一緒にプチ出家した夫の友人(多分、民族としてビルマ人)は、頭を丸めてもマルコメくんにはならないの。いきなり、カッコいいミャンマーの修行僧なのですよ。でも、夫はマルコメくんやなあ。頭の剃り跡の色が違う。ここら辺で、民族の違いが出るの [続きを読む]
  • 夫(ミャンマー人)、只今ミャンマーでプチ出家中。
  • 野暮用でヤンゴンにやってきました。夫が、頭を丸める事になったのです。悪い事をやった訳ではありません。プチ出家をする事になったのです。プチ出家。実際ミャンマーではそんなふざけた呼び方はされてませんが、日本人の私には、プチ出家が一番わかりやすい。一週間とか、テンポラリーに出家する事です。でも、テンポラリーとは言え、出家中は修行僧。ミャンマーの僧侶の装束を身につけ、僧院で生活します。托鉢したり、瞑想した [続きを読む]
  • 試験は逃げずに受けました。
  • もう、逃げようかと思ったのですが、とりあえず受けてきました。試験。ACCAの試験は3ヶ月ごとにあるから、落ちてもまた受けたら良いし。模擬試験のような心づもりで受けてきました。受ける前から、次に受ける試験の日程を確認したりして。逃げなかっただけ、褒めて〜。と言う気分です。試験が終わったらしばらくは自由の身。ちょっくら野暮用があって、ミャンマーに行ってきます。 [続きを読む]
  • 試験をギブアップしたい
  • 私、40歳代も半ばになって、というか、もう次の誕生日で46歳、アラフィフになると言うのに、今更ACCA (英国勅許公認会計士)の資格取得を目指して勉強中です。とはいえ、今年からパートタイムではたらくようになった私。パートタイムになった時点で、自分の会社員人生は打ち止めと考えていて、資格をとっても、それを使って出世しようとか転職しようとかいう気持ちはありません。なのに何故、こんなに辛い思いをしてまで、資格を [続きを読む]
  • 移民と生活保護
  • 日本では、生活保護の外国人最多4.7万世帯 に上ったという記事をインターネットで発見しました。この記事に関して、皆さん厳しいコメントを書き込んでいらっしゃいますが、そもそも日本における生活保護の支給かかる滞在資格の要件というのはどうなっているのか、興味があって調べてみました。ちなみに、イギリスの場合、観光ビザ学生ビザ労働許可証によるビザ配偶者ビザ・パートナービザと、ここまでは、生活保護や失業手当、 [続きを読む]
  • 日本企業における転勤と賃金の関係性について思う事。
  • インターネットで、地域限定社員が感じる「ガラスの天井」とモヤモヤ感についての記事を読みました。その記事の中では、「転勤=成長」という論理に疑問を投げかけ、転勤可能な社員の賃金が高い(転勤プレミアム)は『いつでもどこでも行けますよ』というスタンバイ状態に対するご褒美のようなものと書かれています。そして、「まずは賃金テーブルを一緒にしなければ、不公平感はなくならないのでは」と続け、「いま、ワークライフ [続きを読む]
  • 小銭貯金
  • 我が家の夫は、瞑想好きです。家でもほぼ毎日瞑想しているのですが、どうやら、瞑想するたびに小銭貯金をしているようです。多分、一時間瞑想したら1ポンドとか、そんな感じで。「じゃあ、それが貯まったら、パブに行こう!」と言ったならば、あっさりと却下。瞑想貯金が貯まったら、僧院に寄付するつもりみたいです。まあ、それは良いのですが。。。本日、夫が机の上に小銭を貯めているのを発見。これは、もしかして、、、とピン [続きを読む]
  • 髪の毛
  • 掃除をしていると思うのですが、家の中のごみって、ほぼ半分くらい髪の毛のような気がするんです。後半分は、ホコリとか食べかすとか。。もし、お坊さんのように髪の毛を剃ってみたならば、剃ったら剃ったなりに、超短い髪の毛が、それこそホコリのように落ちるのか、もしくは、剃った頭を保つには、毎日とは言わずともけっこう頻繁に剃らないといけないと思うので、その際に抜け毛も一緒に処理されてしまうのか、、、お坊さんが髪 [続きを読む]
  • 瞑想ごっこ(3)−アプローチ変更を試みる。
  • ゆるゆると、瞑想ごっこを続けております。現在の私がやっているのは、瞑想とはとても呼べたものではないので、瞑想ごっこと呼んでおりますが、無限の雑念ループに迷い込んでおります。瞑想ごっこ(2)ー 無限の雑念ループ近頃の悩みは、瞑想ごっこをした後に、やたらと眠くなることです。そんなこんなを夫と話していて、別の角度からのアプローチを提案されました。まず、私が教えてもらった瞑想の方法の基本は、こんな感じです [続きを読む]
  • アラフォー・クライシスに思う事
  • アラフォークライシスなる言葉をインターネットで見つけました。色々なニュースや掲示板で話題にのぼっていたので、ふと気になってググッてみたら、NHKのクローズアップ現代で取り上げられていたのですね。私、現在45歳。厳密にはアラフォーではないと思うのですが、いわゆるこの「アラフォークライシス」に該当する年代だと思います。私が大学卒業して就職したのは、確か1995年。バブルがはじけて、就職が難しくなり始めた2年目く [続きを読む]
  • 時間を浪費するという事
  • 特に休日など。やりたい事や、やらなければならない事はたくさんあるのに、ついついダラダラしてしまい、一日の終わりに振り返った際に「結局、今日は何もしてない!」なんて事は、多かれ少なかれ誰にでもあると思います。そんな日は、「一日無駄にしてしまったなあ」と自己嫌悪に陥るわけです。フルタイムの仕事からパートタイムに換わって、仕事がない平日はやりたい事や、やらなければならない事を片付けるチャンスなのですが、 [続きを読む]
  • Happy Easter!
  • 世間はすっかりイースターホリデーですね。イースター(復活祭)とは、ジーザスが処刑されて3日後に復活した事をお祝いするキリスト教のお祝いです。キリスト教にとっては、ある意味、クリスマスより大切な日です。なぜなら、「復活」は、ジーザスが行った数ある奇跡の中でももっとも重要なものであるからです。もし、この「奇跡」をジーザスが行っていなかったら、キリスト教は今のような形では存在していないでしょう。イースター [続きを読む]