ままちゃん さん プロフィール

  •  
ままちゃんさん: 気弱親父の喘息日記
ハンドル名ままちゃん さん
ブログタイトル気弱親父の喘息日記
ブログURLhttp://zensokujitensha.seesaa.net/
サイト紹介文大人になってから喘息になり、自転車と体質改善で完治を目指す試行錯誤の日記
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供364回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2014/02/07 16:40

ままちゃん さんのブログ記事

  • 痰の再来
  • 今日は朝から快調だったが、午後から痰が出始めた。昼食後は職場の2階でテレビ。エアコンで少し冷えたかもしれない。3時前にソイプロテインとBACCを水で溶いて飲んだ。乳製品は入っていないはず・・・。添加物に「乳化剤」とあるが、まさか乳ではないだろう。プロテインを飲むのは久しぶりだ。変わったことは止めよう。今日は息苦しさがなかったので安心していた・・・。「痰」と「咳」ほど怖いものはない。息苦しさが遠のい [続きを読む]
  • 連休の過ごし方
  • 仕事柄、連休が取れない。今回は政府公認の連休だ。「海の日」というらしい。でも、この連休が最近は苦痛だ・・・。決まって孫たちが来る。今回はジイジの体調が良くないので、あまり遊んでやれないとメールで伝えてある。それでも、やっぱり孫がかわいい。午後2時頃に着いて翌日の朝9時には帰っていった。申し訳ないの一言だ・・・。あちこち連れていってやりたかったが・・・。庭でプール遊びをやらせた。楽しそうだった。よか [続きを読む]
  • 波のように押し寄せる息苦しさ
  • 今日は一日中息苦しい。だが、食後はそれが遠のく。息苦しさに慣れっこになっていて、感覚が飛んでいるのだろうか?トイレで大をすると息苦しさが一時的に改善する。これは、お腹の中のものが減って、その分息が楽になるのだろう。でも、食後にも改善するのは何故???喘息の診断を受ける前には、空腹時には咳が出て、満腹すると咳が止んだ。これも今となっては藪の中だ・・・。2009年に始めたステロイド吸入。その頃は、ゼコ [続きを読む]
  • 土を食べる
  • アメリカには珪藻土というものを食べるらしい。NASAが開発したらしいが・・・。かなり高価だが、アマゾンでも売っている。日本にも土をメインにしたフランス料理を出す店が東京にある。土にはミネラルが一杯だから、動物は本能的に土を食べる。僕の腸内細菌の威力が発揮できないならば、外から細菌を入れるしかない。土をフィルターリングして食べてみようか・・・。土の料理は過熱して滅菌状態だからいいのだろう。でも、加熱 [続きを読む]
  • 息苦しさが続く
  • 昨夜は発作を起こさずに済んだ。この喘息発作というものは、自己流に解釈しているが・・・。「息苦しい」というのは既に、「小発作」というらしい。僕が夜中に起こす発作はその程度からすると、「中発作」らしい。つまりは、小発作が続いていることになる。これは危険だろう・・・。痰も咳もなくただ息苦しいだけでも、確実に僕の気管支の炎症は悪化している?この症状を抑えるのにステロイド吸入と抗アレルギー剤を2年半使ってい [続きを読む]
  • また発作
  • 二日前から、僕は3階の空き部屋で寝ている。妻はいつものベッドでは眠れなくなって、2階の空き部屋で寝ている。3階は昼間の暑さが篭っていて、エアコンで28度まで下げていた。10時頃にその部屋で本を読んで、10時40分頃に眠剤を半錠飲んで寝始めた。ラジオは早くに切った。夜中に突然だった。気がついたら、右下横向き寝で、痰が絡んで飛び起きた。絡んだ痰は出ない。何度もガーガーとやっては出そうとするが、そのうち [続きを読む]
  • 口呼吸と鼻呼吸の謎
  • 5ヶ月ほど前にアマゾンで買った本で、それまで以上に鼻呼吸になった。そのせいか、喉の口狭部の両側の赤みがほとんど良くなった。でも、息苦しさが続いている。この持続する息苦しさは一体何だろう?無理に鼻呼吸をするからだろうか?口呼吸に戻してみれば息苦しさが改善するのだろうか?そもそもリモデリングで狭くなった気管支はもう元の広さには戻らない・・・。鼻呼吸で咽頭部の一酸化窒素が100倍にも増えるらしい。一酸化 [続きを読む]
  • ピロリ菌・抗生物質・胸焼け・喘息
  • 胃の中にいるピロリ菌は発見されてまだ日が浅い。ヘリコバクターなんて菌種も新しい。強酸性の胃の中に細菌が棲息しているとは誰も信じなかった。研究が進んで、このピロリ菌が胃潰瘍や胃癌の原因だとう特定された。それ以降は、どの医者もピロリ菌を超悪者扱い・・・。胃癌は怖いから医者の言う通りに除菌する。抗生物質で簡単に除菌できる。除菌だ除菌だと騒ぎ始めた。昔から日本人の胃の中にはピロリ菌は必ずいたらしい。母親か [続きを読む]
  • ジョコビッチの口呼吸
  • 昨夜はウインブルドン覇者のジョコビッチのテニスを観た。彼はグルテンフリーで覇者に返り咲いた。結局、この試合で錦織に勝ったのだが、一つ気になることがあった。試合中、ジョコビッチの顔を観ていたら、口呼吸だ・・・。ボールをポンポンコートに叩くときも、サーブの時も、打ち返す時も・・・。口をあんぐりあけているわけではないが、1センチくらい常に開いている。実家がピザ屋であったことから、子供の頃からグルテン生活 [続きを読む]
  • 息苦しさには勝てない
  • 昨夜は就寝前1時間くらいで、ホクナリンテープを胸に貼る。このテープの気管支拡張効果は3時間くらいで発揮し始めるらしい。でも、僕の場合は直後から効いてくる。忘れず、タピゾールも1錠。これは心理的な面もあるだろう。発作が起きて息が吸えないときでも貼ることから始まる。貼ってしばらくすると、もう胃酸が食道の下辺りで上がってこようとする。結局、頭を昨日よりも高くして左横向きで寝た。ここ1週間ほどは耳鳴りやら [続きを読む]
  • 息苦しさとは?
  • 今朝は便秘だった。職場でインスタント味噌汁に卵を入れて食べる。中の麩は捨てる。インスタントコーヒーをブラックで。息苦しさは去らず、昼食後になんだか良くなった。妻が持ってきてくれた弁当のオカズは長女が来ていた昨夜の残り物。シチューとカレーは止めて、卵焼きとお肉とチキンの煮たもの。ご飯はしっかり食べる。でも、この息苦しさは一体何だろう?喘息からくるものならば、食後は一層悪化するだろうし・・・。一日で悪 [続きを読む]
  • SIBO
  • 江田証さんの本でいいものがあった。アマゾンで注文して今朝届いた。SIBOには以前にアメリカの人のブログで読んだ経験がある。「小腸内細菌異常繁殖」というもの。この先生の他の本には、他にも「FODMAP」という耳慣れない言葉もあった。ある種の糖質の摂取で、小腸内のあるはずのない細菌が異常に増えるというもの。本来は大腸内にあるはずの細菌が不思議にも小腸内で増える。これでリーキーガットが説明できる。今日、届いた [続きを読む]
  • 息苦しいだけの喘息とは?
  • 昨夜から息苦しい。今朝も昼食を食べた今でも苦しい・・・。咳も痰も出ないのに???昨年の10月にダイソンを買ってからは寝室の床の掃除を続けて9ヶ月。職場のレーザープリンターもインクジェットに換えたのが5月12日だから、かれこれ2ヶ月。発作のトリガーが除去されても、肝心の僕の身体の喘息体質が改善されていない。そのせいで、咳と痰がなくて息苦しさだけが続くのだろうか?次にやるべきことは、食品からカゼインと [続きを読む]
  • 小腸を忘れるな
  • 腸内細菌は身体の免疫機能にとって一番大事。このことはメディアで連日のように報道・発信されている。それはいいとして、僕は胃に重点を置きたい。胃で充分消化されなければ、それ以降の腸は意味がない。中でも、食物繊維のことが99%論じれられている。腸内細菌と食物繊維との関係はすでに皆が知っている事実以上のものはない。だが、それは大腸の話。便秘やら大腸癌については万人の興味をそそる。小腸の話は誰も触れない・・ [続きを読む]
  • 息苦しさとアレルギー
  • 昨日は一日中が息苦しくて困った。夕食後も身体を洗って鼻テープを貼るが鼻が通る快感はない。ビタミンDをしばらく忘れていたので、今朝からは10000単位を飲んでいる。就寝前にも5000単位飲む。牛乳とパンを止めてみてはどうかという本がある。僕はアレルギー検査では食べ物には出ていない。ハウスダストやシラカバやハンノキには2から3の反応が出た。でも、これはIgEという速攻型の免疫反応。IgGという遅延型の免疫反 [続きを読む]
  • 喘息の症状とは?
  • 僕が夜中に呼吸がしづらくなったのは2005年の秋が最初だった。その日は分煙が出来ていなかった自動車免許センターでしこたまタバコの煙を吸わされた結果だった。夜中に咳き込んのが始まりだった。その後も1年に1度か2度はあった。2009年の秋の夜中に発作があって、総合病院でステロイド吸入を始めた。2013年の秋までは、そのステロイド吸入をやったり止めたりだった。つまり、ステロイド吸入を止めても、発作時以外 [続きを読む]
  • 「日本人には塩が足りない」 村上譲顕著
  • 減塩が叫ばれて久しい。でも、高血圧の人は増え続けている・・・?信用できる医者のほとんどが塩の必要性を言う。この著者は医者ではないが、自身の経験から塩の大切さを実感して世間に啓蒙する。自ら製塩も始めた。世間では有名だったらしい。メディアにも多数出ているらしい。僕は今までこの人の存在を知らなかった。この本は2009年に上梓されている。この年には「久米宏のラジオなんです」にもゲストで出ていたらしい。僕が [続きを読む]
  • 歯周病と糖質制限
  • 下の歯のブリッジの1本の歯茎が痛い。去年、セラミックのブリッジを入れた食後から酷く腫れた。そん時は歯茎を切開して治った。また痛み出した。今日、診てもらったら、歯と顎の骨との間の隙間が酷く空いている・・・。歯周病が進行していた。溶けた骨はもう元には戻らないというが・・・。昨年は糖質制限で歯磨きなんてしなかった。今年になって糖質を食べ始めた。やっぱり、歯周病菌は糖質が大好きらしい。長尾先生の持論では、 [続きを読む]
  • 玄米菜食と肉食
  • 森下先生の本を読むと、肉と卵と牛乳がイカンらしい。肉を食べると人間の体内で一旦は炭水化物に置き換わるらしい???アミノ酸の窒素が炭素に変換されるという???ますますわからない・・・。長寿村での主食は炭水化物だという。そこで、僕なりにこんな結論に達した。要するに、何を食べるかではなく、どれだけ食べるかであると・・・。質の問題ではなく、量に問題あり。少食に勝るものなしか・・・。お肉は身体を温めるから、 [続きを読む]
  • 横になるということ
  • 「横になる」とは休むことの代名詞。眠る時も人は横になる。日中は二足歩行で、就寝中は横になる。動物は歩行も就寝も身体が横向き。喘息の発作も、喉のゼコゼコも夜中や明け方に集中する。昨夜は寝苦しくてエアコンを切って窓を全開で扇風機。2時間ほどして目がさめた。悪夢。もう連日の悪夢。多分、息苦しいので悪夢を観るのだろう。この喉のゼコゼコが食道から上がってくるように思う。頭を高くして寝ているが、まだ傾斜が足り [続きを読む]
  • 卵と牛乳
  • 高度経済成長時代の労働者の健康を支えたものに、卵と牛乳がある。卵は未だに価格の優等生と言われるくらいの安さ。子供の頃には各家庭の玄関には牛乳箱が置いてあった。牛乳配達が早朝に牛乳瓶に一杯入った牛乳を置いていく。空瓶を同時に回収する。1瓶が200CCくらいだったか・・・。お父さんは駅の弘済会(キオスク)で1瓶を飲み干す。子供の頃、卵は近くの養鶏場へ買いに行く。和歌山住んでいた小学生の頃、卵を買いに手 [続きを読む]
  • 肉食の功罪
  • 糖質制限に近い食事できた。完全な糖質制限は難しい。糖質制限で逆流性食道炎や花粉症が軽減したとなると信じてしまう自分がいる。でも、これで喘息が治ったとする事実はなかった。森下敬一先生の本を読み返してみる。肉も卵も牛乳も食べてはいけないとある。穀物や玄米でいいらしい。動物性タンパク質は人間のタンパク質に近いから良くないらしい。人のタンパク質に近いから消化吸収もいいと考えていたが・・・。むしろ、豆の方が [続きを読む]
  • 足の臭い
  • 最近、僕の足の臭いが気になる。こんなに足が臭いのは何年ぶりだろうか?小学校の頃に体育館で映画の上映があったときに、靴を脱いでいるので、臭い足の臭いが体育館に充満していた。それから、何十年間も足の臭いのを忘れていた。これは足の発汗によるものだろう。しかし、何十年も何故に臭わなかったのだろう?そのほうが気になる。最近は努めて塩を摂るようにしている。塩の10%は汗とともに出るらしい。ただ、この足の臭いと [続きを読む]
  • 痰と咳の再来
  • 今朝はやけに咳が出る。痰も少し・・・。咳が出続けるので仕事にならないので、仕方なくフスコデを半錠と抗ヒスタミン剤を4分の1錠。しばらくすると、咳も治まった。それと同時に、痰が切れ始めた。それがごく少量でも苦い・・・。この苦い痰が発作の原因だから、恐怖でもあった。何故に発作に繋がる痰が苦いのだろうか?この苦味が胆汁から来るものではないかと疑う。昨夜はうつ伏せ寝で下腹に枕を置いて寝た。胸を圧迫しないで [続きを読む]
  • 塩分と糖分
  • 塩分、つまりは「塩」これが僕たちの身体にはとても重要。減塩なんて騒がれて久しいが、石原先生によれば、減塩が叫ばれても一向に高血圧は減らない。それよりも、減塩で病気が増えているという。糖尿病で糖分が嫌われるのは理解できる。この糖分は砂糖だけではなく、炭水化物も含む。糖質制限がそれだ。砂糖や糖分がなくても人間は生きていける。血糖値を下げるホルモンは一つしかないが、上げるホルモンは3つもある。下がりすぎ [続きを読む]