ままちゃん さん プロフィール

  •  
ままちゃんさん: 気弱親父の喘息日記
ハンドル名ままちゃん さん
ブログタイトル気弱親父の喘息日記
ブログURLhttp://zensokujitensha.seesaa.net/
サイト紹介文大人になってから喘息になり、自転車と体質改善で完治を目指す試行錯誤の日記
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供424回 / 365日(平均8.1回/週) - 参加 2014/02/07 16:40

ままちゃん さんのブログ記事

  • 後鼻漏
  • 今、アマゾンで買った後鼻漏の本を読んでいる。結構分厚い本で読み応えがある。後鼻漏だけでこれだけのことが書けるとはすばらしいと思う。「あとがき」の中に著者が書いている。医学生の頃に読んだ解剖の本に「子供の鼻腔は成長とともに変化する」と書かれてあった。大人になると後鼻腔の形状が変わってくるというのだ・・・。子供の時は鼻水が鼻から垂れるのに、大人になると後鼻腔から垂れるという。なるほど、子供が痰を吐くこ [続きを読む]
  • 糖尿病患者に喘息はいない?
  • 糖尿病を糖質制限で治したという50人の症例が本になった。惜しくも、同じような経験で糖尿病を克服した著者は突然死している。このことで色んな憶測が流れているが・・・。この本を読んで気がついたことがある。50人のどの人も喘息を併発していない。糖尿病と喘息は一緒には起こらないということ・・・?江部先生のブログにも、喘息を併発している患者さんからの報告はほとんどない。コレステロールは高いという不安はあっても [続きを読む]
  • コレステロールと喘息の関係
  • 一昨年の10月くらいに2ヶ月間ほど糖質制限をしていた。12月になって血液検査でコレステロール値が大幅に跳ね上がっていた。それ見たことかと、糖質制限を諦めた。だが、その頃の僕のブログを読み返してみると、思わぬことがわかった。糖質制限やMEC食で頑張っていた頃は喘息が胃落ち着いていた。息苦しいとか痰が絡むとかの記述が見当たらない。その間には風邪をひいたような記述がある。それも治っている。糖質制限食で僕の [続きを読む]
  • 病気を治せない医学とは
  • 医学が進んだと言われる。本当にそうだろうか?僕の喘息だって、癌だって、免疫疾患や難病・・・。どれも治せないじゃないか。治る病気は感染病のごく一部だけ。それも、ペニシリンが発見されてから久しい。薬を貰って帰っても、薬が切れる頃には再発。また、リピーター。医学の進歩は、病気の診断という分野では進歩した。が、根本治療では一歩も進んではいない。医学を志すときに医学部の偏差値がネックになる。よほど勉強をして [続きを読む]
  • 朝の痰は傾斜ベッドのせいかも?
  • 今朝も痰が絡むように空咳が出る。痰は多くは出ないが、気道に詰まっているようで息苦しい。僕の喘息が好転しているのに、これだけが気がかりだ。ひょっとして、逆流性食道炎の改善のために続けているベッドの傾斜が原因かもしれない。気道から上がってくる痰は傾斜ベッドでは物理的に上がりにくい。朝の起きぬけに痰が詰まったようで苦しいのはそのせいだろうか?ならば、ベッドの傾斜は止めるべきだろうか?水平なベッドなら、就 [続きを読む]
  • 喘息と風邪と花粉症
  • 喘息はアレルギー疾患である。非アトピー性とはアレルゲンが特定できない成人喘息らしい。松本先生のブログには「喘息患者は風邪をひかないように・・・」とある。でも、僕の経験では風邪から喘息発作はあまり無かったように思う。花粉症でも喘息発作につながったことは無かったと思う。風邪はウイルス感染症で気道粘膜がダメージを受ける。当然、喘息が悪化するだろう。しかし、身体の免疫機能が作動して発熱やらなんやらでウイル [続きを読む]
  • 痰はどこから来る?
  • 僕の喘息は改善の方向にある。だが、毎朝のことが気になる。朝起きてすぐにトイレへ行く。大をして出勤。職場へ着いて1時間あまり仕事の準備やらコーヒーやら・・・。そのうちに痰が出だす。それまでの1時間くらいは喉の違和感に悩まされる。「息をしている」ことから離れられないくらいに自力で息をしている。健康な人では、息は自然とするもので、自分が今息をしていることに気がつかない。気道の奥のほうで何かが詰まっている [続きを読む]
  • コレステロールと喘息との関係
  • 一見、関係がないように見えるが・・・。ビタミンDが喘息の悪化や原因として考え始められている。ステロイドが喘息の特効薬のように、ビタミンDも関係ありとする医者がいる。ステロイドホルモンもビタミンDもコレステロールから作られる。コレ(ステロ)ールと(ステロ)イドビタミンDはエルゴ(ステロ)ールから生成される。どっちもコレステロールなしには生成されない。僕のコレステロール値がいつも高くて、それを下げようと食 [続きを読む]
  • 胃腸と喘息
  • 今日はどうも胃がもたれる。昨晩は豚肉・玉ねぎ・ピーマンの炒め物と納豆。就寝前にルイボスティー。消化に悪い納豆と、僕の胃にはよくないルイボスティー。この二つが胃にきた・・・。最近はミカンなどの胃にくる柑橘類は食べない。今朝もインスタントのカフェラテを飲んだ。とにかく、胃腸を大事にして消化のいいものを食べよう。喘息にいいもは大概が胃にくる。胃に負担をかけないものが遠回りでも喘息を改善する。お昼に妻が作 [続きを読む]
  • 誤嚥か炎症か?
  • 今日も喉がゼコゼコする。ちょっとの痰が絡んでガーガーやる。これは気管支から痰が上がってくるのか?それとも、唾液や後鼻漏が声門に絡むのか?息苦しさの後で来る痰の絡みだから、やっぱ気管支からの痰?それでも、咽頭・喉頭部が腫れて炎症が起きていることは明白。この炎症を除くのに今は一番気をつけている。というか、炎症の原因を突き止めるのに躍起になっている。ケルセチンがいいとか、ルイボス茶がいいとか・・・。胃に [続きを読む]
  • 喉の荒れとトランサミン
  • 喉を鏡で見ると真っ赤に荒れている。僕は子供の頃から喉が弱かった。医者がいつも僕の喉にルゴール液を塗った。一瞬、「オエッ」となるが、なんだが喉が治ったような気分になった。「喉の赤み」で検索すると、トランサミンなる薬がヒット。いつか、医者に処方されて飲まずに引き出しにあったトランサミン。飲んでみたら、喉のイガイガは去ってしまった。赤みも引いている・・・。喉の赤みが消えれば炎症も無くなって喘息発作も怖く [続きを読む]
  • 減感作よりも原因除去と筋トレとビタミン・ミネラル
  • 今朝は不思議なくらいに痰も咳も出ない。昨夜はうつ伏せ寝で良く眠れなかった。帰宅後はファンヒーターを止めてエアコンと遠赤外線ヒーターで過ごす。ファンヒーターほどの暖かさはないし、加湿器も必要だ。それと、就寝前まで3キロのダンベルで腕が痛くなるまで続ける。筋トレで筋肉が炎症を起こす。そこに免疫細胞が集まる。気管支粘膜が疎かになる・・・。それと、ビタミンDをいつもよりも多く飲む。一つだけ、便の出が悪い・ [続きを読む]
  • 減感作療法やーい
  • 喘息の減感作療法がある。でも、通院が原則である。シダトレンというスギの花粉症の減感作療法の舌下液がある。これなら、通院なしでも家でもできる。スギ花粉を抽出してグリセリンと食塩を加えたものらしい。僕の喘息のアレルゲンは化石燃料の燃焼産物かもしれない。そこで、自己流に作ってみようと思う。埃に塗れた排気ガスの微粒子と灯油ファンヒーターの埃。これを使って舌下免疫液を作れないものだろうか?素人考えでは危険だ [続きを読む]
  • トゥルースリーパー
  • うつ伏せ寝が定着してから、最近は膝が痛いことがある。うつ伏せ寝では膝がマットに直接触れて圧迫する。そのせいだと考えた。妻がネットショップで買って使わなかったので、僕が使っていたトゥルースリーパー。でも、4ヶ月前にハウスダストのイエダニ対策で違うマットを買って使っていた。膝の痛みでまたこのトゥルースリーパーを二日前から使っている。軟らかいスポンジみたいなマット。これにカバーがあって、それに喘息専用の [続きを読む]
  • 息苦しさと痰の関係
  • 今朝は痰が出て怖い思いをした。それも黄色い痰。喉に絡んで咳・・・。でも、酸素濃度は97%だったり、98%だったり・・・。痰が絡むときはそれほどの息苦しさはない。むしろ、息苦しいなと感じる日は痰は絡まない。何故?痰が出てくることで気管支が広くなる。痰が出ないと気管支が狭いまま・・・。痰が出ないまでも慢性的な炎症がある以上、炎症産物の痰は出ている。それが出てくるほどの量ではないだけ。息苦しいと感じる時 [続きを読む]
  • 喘息と免疫細胞
  • ネットで喘息を検索すると、有用な情報とゴミにしかならない情報がある。喘息のことを長々と説明したあげくに、「喘息の長期コントロールには吸入ステロイド」という結果になる。医者が書いた情報は全てがここに収束する。喘息に関する研究論文も同じ結末をたどる。医学研究に製薬会社からの献金が使われるからしかたがないのか・・・。僕の経験からは、吸入ステロイドと抗アレルギー剤の2年間は地獄だった。短期の改善もなく、長 [続きを読む]
  • 化石燃料と喘息
  • 今朝は苦しかった。便秘ぎみで痰も絡む。職場で痰が出る。透明な痰に混じって黄色い小さな痰・・・。よくあることでも気味が悪い。太さ1ミリで長さが2ミリくらいの薄黄緑色の痰。マクロファージがたくさんあるんだろうな。このマクロファージは食細胞といって気道から吸い込んだ異物を食べる細胞。この異物とは何だろう?僕の仮説は化石燃料の燃焼産物だと思う。ガソリンの燃焼産物の排気ガス。ファンヒーターの灯油燃焼産物。冬 [続きを読む]
  • 打ちのめされた自信
  • 最近は喘息がとてもいい調子だった。「だった」?そう、今日になってその自信も地に落ちた。夕食後1時間半くらいで、ダンベル。仰向けになってダンベルと首の運動。ヨーグルトのプロテインを溶かして飲む。その直後から喉に絡み出した痰・・・。喉が苦くてヤバイ痰。冷たいものを飲んだせいか?いや、食後の仰向けでのダンベルや首の運動は良くない。胃から食道へ胃酸や胆汁が逆流する。トイレで大をするも改善せず。ガーガーとや [続きを読む]
  • 本当にしたいことは何か?
  • 僕は先月で66歳になった。今、僕が一番したいことは???人生80年だとすると、まだ何年もあるが・・・。子育ても終わった今、自分のためにしたいことはない。喘息を治すことだけに専念したい。それは、自分のためではなく、孫のためだけでもない。後の世代に何を残せるのかが気がかり。自営業の僕たち夫婦はいつまでも現役で働き続ける。ちゃんと働ける丈夫な身体が欲しい。それが実現したら、こんどは無償で人に還元したい。 [続きを読む]
  • 元気の源はお肉?
  • ここ二三日は不調だ。朝から胃もたれやら咳やら・・・。思い当たることがある。ベッドの傾斜を少し低くしてみた結果だろう。来週の血液検査のために肉食を改めた。魚や野菜が主食になったせい・・・。コレステロール値が高いと、怖い薬を買わされる。それが嫌でお肉を止めている。便の出も悪い・・・。玄米菜食で喘息が治ったというブログもあるが後日談がない。免疫細胞をちゃんと活発に活動させるには栄養が大事だというのが僕の [続きを読む]
  • 「痰」とは?
  • 喘息患者にとって、「痰」は恐怖の塊で地獄への扉。久徳先生の本にも、排痰について書かれている。痰を排することはとても重要だが難しい。僕の場合は後鼻漏からもあるようで、喉よりも頭を低くする。無理な排痰はしない。咳もご法度・・・。子供が風邪を引いて痰が絡んだ咳をする。成人でも風邪で痰かが絡んだ咳をする。妻も一年に何度かそんな咳をする。だが、ガーガーと痰を切ることは誰もしない。僕は痰が絡んで喘息発作が怖い [続きを読む]
  • 夜中の痰と前日の行動との関係
  • 昨夜は真夜中に痰が絡んだ。気道の奥、気管支の奥のほうで痰が絡む。咳をしても出そうにない。無理をして咳き込むと発作につながるから、いつものように我慢の時間だ・・・。直前までは半上向きで寝ていた。「しまった」と思ってももう遅い。うつ伏せ寝に変えてじっと我慢・・・。しばらくすると、30分か1時間か・・・?喉の辺りでガーガーとすると痰があるのがわかる。気道から喉に移動したのがわかる。だが、切れにくい・・・ [続きを読む]
  • 身体のむくみと息苦しさと
  • 昨夜は息苦しくて何度も寝返り・・・。最後はやっぱりうつ伏せ寝で朝を迎えた。起床後にトイレで手を触ると、いつもなら簡単に抜ける指輪が抜けない。両手が浮腫んでいる。手首もそうだ・・・。最近は体重が増えてこんなことが頻繁に起きる。コレステロールか?腎臓か?そのせいで、気管支が浮腫めば息苦しくなるのは当然・・・。昨晩はお肉はほとんで食べていない。今朝も当分は卵を控えるつもりだ。オメガ3をまた始めた。一日に [続きを読む]
  • コレステロールはやっぱり怖い
  • 最近、足のくるぶしが太くなった。体重が6キロは増えた分、足も太くなるのは当然と思っていた。だが、アキレス腱の上あたりに肉が付いてきている。コレステロールはアキレス腱にまとわり付いて太くなるらしい。実際には黄色い脂肪が付くらしい。僕は生まれてこのかた太ったことがない。だから僕のアキレス腱はいつも細かった。ちょっぴりの糖質制限と肉食に加えてチーズと卵・・・。こんな食生活では妻も心配する。腕も太くなった [続きを読む]
  • 今日から減塩生活
  • 減塩はむしろ身体に悪いと思って、しっかりと塩分を多めに摂っていた。今日は朝から手首が太くておかしい?足首に靴下のゴムの痕が付く。押してみると凹む。浮腫みがきている。腎臓でも悪くなったか?努めて蛋白質を摂ってきたので腎臓に負担がかかった???早速、いつもの内科へ。昨年の暮れに下痢をして診てもらったときの血液検査の結果ある。その時の腎臓は悪い値ではない。ドクターが言うには、「塩分の摂りすぎでしょう。」 [続きを読む]