ナツイダイク さん プロフィール

  •  
ナツイダイクさん: むしろ科学人間。
ハンドル名ナツイダイク さん
ブログタイトルむしろ科学人間。
ブログURLhttps://ameblo.jp/721dyke/
サイト紹介文漫画制作とイラストでお送りするブログ。民俗学っぽい話もする。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供14回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2014/02/08 01:03

ナツイダイク さんのブログ記事

  • んでもって工作
  • 一日の予定表というか時間割というか…そういったものを作ってみました。Seriaのブラックボード、マグネット粘着シートにクラフト紙で自作した磁石を貼っつけてるだけです。ブラックボードの枠の部分には、焦げ茶の水性ニスを塗り太鼓鋲(ピアノの椅子とかに使ってるやつ)を打っています。蝶番と角の飾り金具も100yenので、折角の古色仕上げだったんですが枠の焦げ茶と合わないのでリキテックスのアンティークゴールドで塗りつぶし [続きを読む]
  • 関西へ
  • こんにちは。先月は京都国立博物館で国宝展を見たり、大阪のあべのハルカス美術館で北斎展を見たりとアートに触れていましたよ。まぁ、どちらも 人・ひと・ヒト……な感じでゆっくりは見てられなかったんですが。そして残念すぎる清水寺↓京都は、また観光したいです。なんかどこを歩いてても、テテテテ テテテ テーテー(サスペンスのテーマ)って頭から離れない場所ですね。どこからか船越さんが走ってきそうな雰囲気どすえ。( [続きを読む]
  • お知らせ
  • 今日はお知らせです。明日、10月9日(月)に福島県で『JARL福島県支部 ハムの集い』が開催されます。そのなかで日本漫画家協会東北支部の作品展も合わせて行われるようです。以前の作品の巡回展ですが、お近くの方(近くじゃないよって人も)是非 寄ってみてはいかがでしょうか。JARL福島県支部 ハムの集い日時 10月9日(月) 10:00~15:45場所 北会津公民館ハムって、食べるハムではないのか…関係ないけどさみしい [続きを読む]
  • 【天女】
  • 先月、母が亡くなりました。ブログでは言ってませんでしたが母が脳梗塞で倒れてから約13年、私は車椅子の母の介護をしながら絵を描いてました。長く書くと また淋しくなってしまうので書きませんが(ブログの意味あんのか)この切り絵は、お母さんをイメージしたものです。母は、脳梗塞になってからもちろん病気になる前は専業主婦であり肌も弱かったので特別な時以外は化粧をしない人でした。なので最期の化粧をした顔を見てとても [続きを読む]
  • パラレルワールド
  • こんにちは。毎日そうめん食べてます。ナツイダイクです。最近は32ページ漫画のネームをコソコソ描いてます。しかし謎ですね。漫画をかく時、まず文章だけで全体の流れを書いて よしこれで行こう!とネームに入りますね。すると何故か最初から文章で仕上げたシナリオとは違う方向へ勝手に進んで行ってしまいます。しかもこっちの方が辻褄が合っている。しかしあと5ページくらいで完成だという頃に最後のオチが面白くなくなる。な [続きを読む]
  • 縄文土偶図鑑ド・グウ!!
  • 北海道・北東北の縄文遺跡群を世界遺産に。と青森県でも様々なことに取り組んでいるようです。そのうちのひとつ、パンフレットの『縄文土偶図鑑ド・グウ!!』に土偶キャラの4コマまんがを載せてもらっています。青森県から発掘された主な土偶をいろんな角度から見れるのが面白く、勉強になります。しかし発行されてしまったので、あとのまつりですがね。 [続きを読む]
  • 和×スチームパンク【大日如来】
  • 和×スチームパンクのイラストです。和の模様を見ていたら、なんとなく歯車(ギア)に見えなくもないな…ということで描いてみました。【仏×蒸機『大日如来』】「じょうき」を変換するとき、蒸機←この漢字が出てきたのでスチームパンクを漢字であらわした字に違いないと勝手に決めつける。毎日少しずつ描いたので制作期間はひと月くらい。まだまだかっこよさが足りないし、このシリーズは今年のライフワークの一つにしようかと思う [続きを読む]
  • あけましたおめでとうございます
  • 2017年があけました。昨年は読書の年となり、インプットインプットインプットでアウトプットをそんなにしてなかった気がします。【そんな図】昨年は蛇口が壊れてたのか、あるいは節水してたのかな(笑?。流れのない水は腐ってしまうので今年はもうちょっとずつでも出していくのであります!!(エイエイオー!!)(すしざんまい!!)←まぐろ初競り始めのうちはヘドロが出るかも知れませんが今年もよろしくお願いします。 [続きを読む]
  • 読書履歴2016
  • 2016年も残りわずかとなりましたね。今年は結構 本を読んだ年となりました。というのも今年に入って気づいた事なのですが、市民図書館の本を近くの市民センターで借りたり返したりできるんですね。←今ッ!?(今日は猫の写真なし)それもあり利用回数が増えたんですね。センターの図書受付の人が何人かいるのですが、中でも50代くらいの女性の時にやたらと当たります。なんかおっちょこちょいな感じの面白い人で、自分が頼んだ取置き [続きを読む]
  • スチーム和
  • ちょっと前に描いた落書き。和×スチームパンクが最近のお気に入りです。これだと全然スチームパンクな感じしてませんが、来年の趣味絵としての題材にしようと思ってます。和×スチームパンク [続きを読む]
  • 『コピーが刺さる広告デザイン』に掲載されています。
  • こんにちは。どうも。ナツイダイクです。このたび青森市の観光ポスターが『コピーが刺さる広告デザイン』(グラフィック社)に掲載されました。以前の全国観光ポスターコンクールでは残念な結果に終わりましたが、応援してくれた方々ありがとうございました。←今ッ!?実はイラストを担当しました。←今ッ!?なので今読み返すと、ものすごい白々しい記事になっているのが可笑しいです。この本には、他にもたくさんの作品が載っているの [続きを読む]
  • 企画展『年賀状展ー春を寿ぐー』
  • 先月は、まるまる更新してなかったようですね。こんにちは。ナツイダイクです。そしてまたお知らせになります。なんか『むしろお知らせブログ』になりつつありますが(笑。企画展『年賀状展ー春を寿ぐー』に参加します。開催期間:12月10日〜平成29年1月15日場所:郵政博物館(東京スカイツリータウン・ソラマチ9F)特別展示のエレキテルが、ものすごく気になるところです。色々な作品が見られると思うので、是非足を運んでみてください [続きを読む]
  • 切り絵②
  • 切り絵第2回め今回は白い用紙を思いっきりインクで黒に染めてから挑戦してみました。色を塗ってみたり。ズレてるけども。ついでに額に入れてみたり。なんやかんやで切り絵旋風が自分の中で吹きまくっているもよう。 [続きを読む]
  • 切り絵①
  • 切り絵を作ってみました。ただなんとなくやってみたくなったので。『びーち』で連載しているあおもり七十二候の絵は、あくまで切り絵“風”であって切り絵ではなかったのであります。コンピューター制作だったのでございます。そもそも滝平二郎氏の切り絵が好きでああいった画風に挑戦してみたのですよ。しかし、やはりホントに切らなくちゃ 氏に悪いという謎の強迫観念みたいなものが以前からわき起こっていたのでとうとうやって [続きを読む]
  • びーちVol.26
  • あおもり芸術鑑賞友の会文化情報誌びーちVol.26です。今回は東京通信『ビルを観る』を興味深く感じました。確かに都庁の建物は灰色なのに暗いイメージではなく格好いいと思います。あおもり七十二候、今回は『梅子黄(うめのみきばむ)』(6月15日〜20日頃)です。太宰先生!? [続きを読む]
  • キャラクター描きました。
  • 『あおもり見っけ隊が行く!!〜青森LOVE最強キャラ旅ガイド〜』が泰斗舎様より発売されました。青森県の自然風景の写真や、グルメ情報など青森旅に最適のガイド本です。定価:本体1100円(税別)私ナツイダイクが担当したのは、そんな観光スポットを紹介してくれる“あおもり見っけ隊”というキャラクター作画であります。編集の皆さんは八戸春菜というイカの被り物をしたキャラを気に入ってくれてるようで嬉しいです。自分でもこのキ [続きを読む]
  • 不必要なほどに
  • トーン貼り放題2時間スペシャル。今年のねぶたの題材に陰陽師がありました。楽しみです。佐井村の伝説を題材にしたのも良いですね。JRのねぶたの毛深さと言ったらない←あと、下絵で気になったのは私たちのねぶたですね。おどろおどろしい感が凄まじい。期待してしまいます。 [続きを読む]
  • びーちvol,25届きました。
  • 表紙のブナ林が幻想的で美しいですね。このびーちには、私も密かに載せてもらってます。『あおもり二十四節季七十二候のころ』の絵です。今回は『蛙始鳴』です。蛙の字は違う字なんですが、このアンドロメディア(Android)では出てきません。春になると、何故だか気持ちも弾んでやたらと動きまわりたくなります。ヒトも、獣や虫や植物と同じ生き物なんだなぁと実感する季節です。(特に私の場合、冬なんかは冬ごもりよろしく活動停止 [続きを読む]
  • 春めいて
  • こんばんは。こんにちは。おはようございます。近頃、図書館の人に9F書庫まで古めかしい本を取らせに行っているナツイダイクです。そんなこと どうでもいいんですがね。春も近づいてきたので、パソコソ版のヘッダーも新しくしました。タイトルなし版↓背景は途中まで明るい色だったにもかかわらず最終的にいつも暗くしてしまいます。稲垣足穂『天体嗜好症』に、こんな話が出てきます。星や月は良いけど、どうにも太陽は俗っぽくて [続きを読む]