hiroko さん プロフィール

  •  
hirokoさん: アッシュ.H
ハンドル名hiroko さん
ブログタイトルアッシュ.H
ブログURLhttp://porcelainpaintingash.blog.fc2.com/
サイト紹介文心にやすらぎと美しさを!
自由文ポーセリンペインティングとポーセラーツの教室をしています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供70回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2014/02/10 13:31

hiroko さんのブログ記事

  • 今日から後半
  • 展示会場から見た、点灯したルミナリエです。点灯していないルミナリエ。ほんの数メートルしか離れていません↓2週間続く作品展の、今日から後半にはいります。お借りしている展示会場は以前から2週間の約束ですが1週間って提案すればよかったかな?!歳を重ねる度に疲れやすくなります。でも疲れが日曜日、吹っ飛びました。この会場を見にいらした絵画の先生(NHK、他にも数か所で教室をもたれています)がディスプレイを誉めて下 [続きを読む]
  • 明日から作品展
  • 12月5日〜18日まで、神戸らんぷミュージアム・ギャラリーで作品展をします。今日は搬入に行ってきました。このギャラリーを見せて頂いた時棚の筋交いが、とても気になりましたが、それ以上に、たくさんの光が入って、明るく気持ちが良くて、さあ頑張ろう〜と。一部を紹介します。もっと素敵な作品があります。神戸ルミナリエにいらっしゃる予定のある方や、お買い物のついでにでも、お立ち寄り下さい。10時〜16時まで、月曜日は閉 [続きを読む]
  • 今年の紅葉は茶色っぽい?
  • 12月の母の命日には、お詣り出来ないのいで今日行ってきました。須磨寺には、お参り?散策?沢山の方が来られていました。 写真の小道は奥ノ院に続きます。紅葉がきれいでしたが、なんとなく茶色っぽい気がします。台風の塩害と報道されている様に須磨寺も海に近いので、例外ではないようです。小道を行くと、途中に『五猿の由来』があります。みざる、いわざる、見てござる、きかざる、おこらざる、です。・ためにならない態度を [続きを読む]
  • お重の中です
  • お重の中は色々とアレンジ出来るようにしています。松花堂弁当のように、4つに区切ったり(写真)写真の小皿の2つ分の長皿も描きましたので、違った感覚で楽しめます。お重の中には小皿等を入れず、そのまま盛り付け小皿たちは取り皿に使ったり、楽しめます。小皿に描いているのは、菩提樹の葉や、お花、金で描いた種子そして蝶々です。色彩もグリーン系ですので、一年中使える重箱です。自分のために…大切な誰かのために…一筆一 [続きを読む]
  • 作品展準備と神戸ルミナリエ
  • 作品展が12月なので、少しクリスマスっぽい飾りつけもと思い考えたのは、スノーボールらしい感じの物を描き、その中に写真のLEDろうそくを入れ、飾ったり、写真中央の人口雪で楽しく演出したりと考えています。頼んでいたフラワーべースが届いたので、取りに行き、それを持ってらんぷミュージアムに持っていきました。    そこで見たのは・・・12月6日〜16日まで開催されるルミナリエの骨組みが出来上がっていて、2018年も後僅 [続きを読む]
  • 急に決まった作品展
  • 場所:神戸らんぷミュージアム2階会期:12月5日(水)〜18日(火)    10:00〜17:00    10日(月)、17日(月)は休館日    18日(火)は16:00まで8月に急に決まったので、作品をどうしようと思いましたが、今年初めから描いていた菩提樹の重箱や仕上げていなかった作品を仕上げて、なんとか間に合いそうです。写真のDMに写っている作品が、菩提樹の重箱です。蓋が低い四角錐になっていて、とても素敵な重箱です。 [続きを読む]
  • 金付けしました。
  • 昨年から溜まっていた金付けをしました。単純な作業ですが、億劫になってしまいます。縁取りに金を付けると作品がグッとしまりますが・・・金液は黒っぽい色と茶色っぽい色と有り、今回は油性の日本金液を使っています。手前のユリのプレートの金が金茶色に見えるのは、金液の残りが少なくなって、下に金が溜まっていたからです。きっと焼成後ピカピカに光るでしょう。  自分のために…大切な誰かのために…一筆一筆丁寧に心をこ [続きを読む]
  • シルクドゥソレイユ「キュリオス」へ
  • 大阪、中之島で開催中のシルクドゥソレイユへ。30周年記念公演「キュリオス」、キュリオスとは好奇心とか骨董品という意味だそうです。 願いが叶う時間11:11〜11:12の1分間の物語です。写真はカーテンコールの写真です。空中自転車で走ったり、海を飛び跳ねたり、冒険が始まります。さすがにプロ集団、飽きることのないパフォーマンス。時には観客をステージに上げたり、あっという間の2時間でした。公演中は写真が撮れませんの [続きを読む]
  • 久しぶりの、お料理教室へ
  • 8か月振りに新しいスタジオで、再開した友人のお教室「せんの会」。今月の献立「年末年始の和風おもてなし・お節にもどうぞ」お節の定番、菊花かぶら、ごまめ、黒豆、蒲鉾のお祝儀飾り、矢羽蓮根、なます等10種類の、お祝八寸。毎年、お味が変わってレパートリーの多さにビックリ! そして手巻き寿司、具が14種類。和風バーベキューチキン、鮭と野菜たっぷりのあんかけ、海老団子の素麺揚げ、白みそ雑煮、抹茶ババロア・・・いつ [続きを読む]
  • クリスマス準備
  • 少し早いですが、クリスマス準備を始めました。メインではないので、ブラックとホワイトでシックにして飾ることにします。中に灯りを入れると、こんな風で楽しくありませんか?!写真では分かりませんが、白い雪が浮き上がっています。向こうの瓶の建物と街灯とモミの木が壁に映っています。あと2,3個、描く予定ですが、もう少し丁寧に描きたいと思っています。自分のために…大切な誰かのために…一筆一筆丁寧に心をこめて描くこ [続きを読む]
  • 今年も届いた栗きんとん
  • 昨日から、ぐっと涼しくなって、やっと秋らしくなりました。毎年、岐阜の義妹から届く栗きんとんと、栗粉餅。お稽古日に合わせて沢山送ってくれます。栗きんとんは有名ですが、栗粉餅は柔らかいお餅を裏ごしした栗で包んだもので、とっても美味しいです。今日は3人だったので、残ったものは次のお稽古にと、冷凍室に入れました。いつも以上に一生懸命描かれていらしたので、おやつの栗粉餅の微妙な甘さの美味しさに、感激されてい [続きを読む]
  • お色直し
  • 今年の春に、ご家族が増えたKさん。皆さんで食卓を囲まれる前に点検され、もう一度、お筆を入れられたり、お猪口を増やしたり(写真にはありませんが)で、先程、電気窯から出したところです。 これからの時期にピッタリのオークです。愛情いっぱいの器で、お話がはずむ楽しい時間を過ごされる様子が目に浮かびます。  自分のために…大切な誰かのために…一筆一筆丁寧に心をこめて描くこの世で一つだけのもの。一緒にポーセリ [続きを読む]
  • 秋色ひまわり
  • 台風24号も過ぎ10月に入って、これから約2ヶ月、忙しい日々が続きます。お買いものに行くと、見つけた秋色ひまわり、夏のなごりを感じつつ飾りました。大人の雰囲気かな?と思いながら、ゴッホのひまわりが、この秋色だったら、明るい南仏の太陽を感じさせることはなかったかな、なんてつまらない事を考えながら・・・さあ今日は何から始めよう。自分のために…大切な誰かのために…一筆一筆丁寧に心をこめて描くこの世で一つだけ [続きを読む]
  • STUDIO・Nob'by 第4回 作品展
  • 9月29日(土)、30日(日)西宮市甲子園高瀬町3−30HOTEL HEWITT KOSHiEN (前ホテル・ノブテル)10時〜18時(日曜日は台風の為、午前中で終了)私がポーセリン・ペインティングを始めた神戸の教室で、知り合った伸子先生は、美しくてセンスが良く、描かれていらした、例えば同じバラでも他の人とは違っていて、どう表現したらいいか…光っていました。 研究熱心で新しいものを取り入れられ、教えていただくことばかりでした。いつ [続きを読む]
  • 草間弥生展へ
  • 京都歌舞錬場で開催されている草間弥生展へ行って来ました。この写真は『私の魂を乗せてゆくボート』沢山の人で横から写したのでわかりませんが、手漕ぎボートの形です。テレビで以前で、幼少の頃から目を閉じると水玉しか見えなかったとそして一時期、網に絡まっているイメージで作品を創っていらした・・・どんな魂なんでしょう?!歌舞錬場の門をくぐると巨大かぼちゃのお迎えです。『宇宙にとどけ水玉かぼちゃ』 周りの壁面は [続きを読む]
  • この秋最初の作品
  • 秋と言うより、春一番の作品と言った方がいいぐらい、爽やかで清々しいクローバーの作品です。私のではなく、Tさんの作品で、最後にポイントとして、ブルー系のグリーンを入れ焼成して出来上がりです。この色は焼成すると少し薄く仕上がります。こういうプレートでアンティパストやデザートが出てきたら食欲が増すでしょうね、食欲の秋の到来です。私は一年中、食欲の秋ですが・・・自分のために…大切な誰かのために…一筆一筆丁 [続きを読む]
  • 今年も555へ
  • 『東儀秀樹さんが私を見てる!』そう思った人が1000名以上入る大阪NHKホールに何人いたでしょうか?私は東儀さんのファンではありませんが、今日は特に素敵だった!少し長めのジャケット(なんて言うのでした?)に、黒レースがついた白シャツに細めのパンツ、貴公子の様でした。何から何まで素敵!私が30年ファンの古澤さんは終始ご機嫌で、演奏がいつもに増して素晴らしい〜コバさんはマイペースでいつものボダーTシャツ、衣装代 [続きを読む]
  • こんなことに・・・
  • 2度目の色付けし、焼成後、お窯から出すと、ビックリ!!放射線状に鉛筆で書いたようなあとが・・・消そうとしても消えません。当初から心配していた何かが起こりました。それも絵を描いているところにだけです。釉薬が違うので、絵の具がスムーズに伸びず、グラデーションがうまく描けなかったし、課題がいっぱいです。初めてのことですので、まあ、お勉強ということでしょうか・・・もう一度色付けしたら完成でしたが。自分のた [続きを読む]
  • いつもと違うデザート
  • とても久しぶりの友人とランチをしました。ランチは居留地オリエンタルホテルのメインダイニングで、2度目のデザートは元町大丸・カフェラで、写真のトロピカルなアイスを。いつもなら食べようとは思わないものです。何故かはランチの写真のあとに説明します。アンティパストで、スイカのガスパッチョは珍しかったです。イカすみのパスタ、あっさりクリーム状のソースがかけてあり、とても美味しかったです。パンは私の好きな北野 [続きを読む]
  • ヤリイカを描いてみました
  • 今年の夏は予定が変わったり、天候不順、酷暑と、余りお筆を持つことがなく、ストロークの練習にもなるので、先生が描かれてたヤリイカを描いてみました。写真は1度目の焼成前なので薄くて分からないかもしれませんが、2度目に影を薄いブルー系やグレー系で入れ、ポイントを付けていくと、くっきりとしたヤリイカになります。フリーハンドで描きましたので、イカの上にイカを描く時は少し慎重になったので、少し痩せたイカになって [続きを読む]
  • 和の器に描いてみました
  • 直径25?、高さ6?の器にクワの絵を描いてみました。写真は簡単にデッサンし、その上に色付けしたままの焼成前ですので鉛筆の黒のラインが残っていますので、よく分からないと思います。1度目は薄く描いてるので、鉛筆ばかり目立ち、幼児が描いた絵のようです。こういう作家さん物の和の器に描いたことがないので、1度目の焼成前の写真を撮っておいて、焼成後の器と発色の変化を確かめようと思っています。たまにブツブツが出てく [続きを読む]
  • 暑気払いは食べたり笑ったり
  • 今日も36℃、猛暑の中、友人のお誕生日ランチに、大阪中之島『ヴァリエ』へ・・・暑過ぎるのか、お客様はいつもより少なく、ゆったり静かに、お食事はたっぷりいただきました。まずは和歌山白桃冷製ポタージュ2皿めは淡路の焼き鱧、蒸し穴子、万願寺ししとう昆布リゾットトマトすりながし、酢締め鰯キューリ、トマトジュレお楽しみお魚料理イタリア製仔牛とフォアグラのロッシーニデザート3種(すっごく嬉しい)ブルーベリーのクリ [続きを読む]
  • 神戸らんぷミュージアム
  • 2013年に休館した神戸らんぷミュージアムが7月18日に開館し昨日、久しぶりに行ってきました。 私は国内外のアンティークランプが展示されている、この展示室が大好きで、私の寝室にはフランスのこのランプ、リビングには、これがいいかな?なんて妄想族になります。展示室の最初は「人とあかりの出会い」でマルチスクリーンで、あかりのイメージの世界が上映されています。写真は「最初のあかり」コーナーで、太古の世界の原 [続きを読む]
  • ガラスを使ってマイナス1℃
  • 連日連夜の酷暑!体は溶けてしまいそう。何か涼しげなグッズはないかと探すと出てきたドレッシング入れ。スポイド部分が黒くて重い感じもしますが、色々ドレッシングを入れて楽しみます。イタリアン、フレンチ、中華風、私の好きなポン酢、目の前から涼しさを演出します。ずっと使ってたガラスの絵の具がなくなって、少しお安い物で描くと、なんだかパッとしません。買い直すことにします。自分のために…大切な誰かのために…一筆 [続きを読む]
  • クッションを変えてみました
  • ビーズとレースで繊細に作られたロマンティック過ぎない、このソファにぎりぎり合うかな?と思って買いましたが、どうでしょうか?!阪神大震災後、新築する時にセットバックを余儀なくされ、半分ぐらいの面積になったので、すっきりと暮すには、ダイニングテーブルとソファを同じ資材でデザインしていただきました。クッションもデザインしていただいて、こんな感じで出来上がりました。スヌーピーは姪が幼稚園の頃、スヌーピー好 [続きを読む]