三枝りりお さん プロフィール

  •  
三枝りりおさん: Panta rhei
ハンドル名三枝りりお さん
ブログタイトルPanta rhei
ブログURLhttp://lilium.ya-gasuri.com
サイト紹介文オリジナル小説、イラストを載せています。オカルト好きな方はぜひ!
自由文オカルト好きなので、そういった知識を沢山つめた作品を目指しています。興味のある方は気軽にお越し下さい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2014/02/10 19:46

三枝りりお さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • おいでよ!十楽寺探偵事務所 第三夜(5)
  • 「…これでいいの?九ちゃん。」「バッチリだよ!さっすが三子ちゃん。俳優…じゃなくて女優になれるね!」 島田の出て行ったバーの厨房から十楽寺とレイがひょっこり顔をのぞかせた。十楽寺はニコニコと褒め言葉を言い、レイは小さく拍手を送っている。先程まで島田の相手をしていた三子は困った顔でタバコを吸う。「調子良いんだから。よくわかんない嘘付くのにウチの店使わないでよね?」「だって本当の事あの [続きを読む]
  • おいでよ!十楽寺探偵事務所 第三夜(4)
  • 「アタシ達は探偵だよ。彼女の父親の白鳥健治っておっさんに依頼されて調べてたの。アンタの行動は全部尾行して調査済みだよ。まあ、途中からはパターンがわかったから退社以降しか尾行してなかったけどね。レイちゃんが毎晩バーにいたのはアンタを監視するため。でも、昨日九喜の面が割れちゃったから急遽予定変更したんだけどね。」 目配せされた彼女は一ミリもその美しい顔を崩さずに頷いた。その動作に、俺の中の何が外れ [続きを読む]
  • おいでよ!十楽寺探偵事務所 第三夜(3)
  •  今まで幸せな気持ちで通っていたバーまでの道のりが、今日は酷く険しく思える。あれ程望んでいた彼女からの視線。それは思っていたよりもずっと虚しいものだった。それなのにまた今日も彼女の元へ通う俺は被虐性愛者かもしれない。…なんて、ただ単純に諦めきれないだけだ。必死に自分を慰めながら歩く。初めは声をかける気もなかったのだ。その頃に戻ったと思えばいいじゃないか。俺はただ彼女が眺められればそれでい [続きを読む]
  • 京都旅行日誌1
  • こんばんは。三枝です。京都に卒業旅行で行ってまいりました。以前から刀剣乱舞にはまっていると書いたのですが、まさにそれ関連のイベントに行ってきました。まさかリアル遠征に行くことになるとは…。友人もどっぷりはまっているので3泊4日間がっつり刀剣乱舞とコラボしている施設を堪能してまいりました。これほどオタ充した4日間はありません。旅行当日、香川旅行のときと同じく夜行バスにて京都駅へと向かいまし [続きを読む]
  • おいでよ!十楽寺探偵事務所 第三夜(1)
  •  その人は美しかった。ただただ美しかった。 彼女との出会いは、乗り換え地点の新宿でバーに入った時だった。歓楽街から少し外れた小さなこのバーはうるさい若者も居らず、日頃の仕事の疲れを癒すには絶好の場所だ。その日も同僚と別れ、荒んだ心を安酒で潤すつもりだった。だが、店に入った瞬間その思いは吹き飛んだ。彼女の姿を目にしたからだ。真っ白な陶器のような肌に、鼻筋の通った整った顔立ち。ダイヤモンドを擬人化 [続きを読む]
  • おいでよ!十楽寺探偵事務所 第二夜(5)
  • 『新宿区を中心に起きた原因不明の異常気象と地震は、16時現在完全に収まったようです。新宿区全体を覆っていた巨大な積乱雲は完全に消滅し、黒い雨も止みました。解説の林田さん、今回の黒い雨についてお願いします。』『はい。まず、気象庁によりますと、黒い雨の主成分は未だ調査中ですが、少なくともウランやセシウム等の放射性物質は含まれておりません。皆様ご安心下さい。雨が黒くなった原因としては、おそらく積乱雲発 [続きを読む]
  • おいでよ!十楽寺探偵事務所 第二夜(4)
  • 「お前の部屋が汚いせいだし!ゴキブリ相手に黒い悪魔とかキモいんだけど!」 そう、彼らが大真面目な顔をして対峙しようとしてたのは日本で最もポピュラーかつ嫌われている害虫、通称ゴキブリなのである。十楽寺は自分の頭をさすりながら奈々美の方へ振り返った。「もう、叩かなくてもいいじゃない!そういう奈々ちゃんこそゴキブリが怖くて逃げて来たくせに!」「は、はあ?!違うし!別にコンビニ行きたかっただけだし!」 [続きを読む]
  • おいでよ!十楽寺探偵事務所 第二夜(3)
  • 「はー!疲れたー!五菱はやっぱり居心地悪いよね。八重さんも相変わらずな性格だし。ねーレイちゃん?」 新宿に戻った十楽寺とレイはゆっくりと家の方へ向かって歩いていた。「毎回祈祷の場に立ち会おうとするし、迷惑しちゃうよ。執念深くて勘がいいなんて、こっちからしたらこれ程厄介な相手はいないよねー。」「……。」「まあでもアレだけで三百万も貰えるならラッキーかな?奈々ちゃんへのお土産も買ったし [続きを読む]
  • おいでよ!十楽寺探偵事務所 第二夜(2)
  • 「なんでそんなに頑なに見せないのよ。雇い主はこっちでしょ?要求に応えなさい!」 じっとりした目で見つめる八重に、レイは静かに首を振った。レイのつれない態度に、八重が眉間に皺を寄せる。「だいたいアンタ達胡散臭いのよね。あのタヌキ野郎、妖怪退治に関しての腕は認めるけど、他の事はイマイチ信用出来ないわ。確かにアンタ達に頼む様になってからうちの業績はずっと右上がりだけど、何かが違う気がする。」「&helli [続きを読む]
  • おいでよ!十楽寺探偵事務所 第二夜(1)
  •  ここは東京駅から徒歩数分の距離にある巨大ビル、五菱商事本社。オフィスビルというにはあまりに芸術的かつ豪華なデザインで、初めて見た人には何かの美術館かコンサート会場だと思うだろう。日本の技術と美の集大成の様なそのビルの最上階に十楽寺とレイはいた。「久しぶりね。十楽寺先生。」 案内された専用エレベーターの扉の前で仁王立ちした若い女が挨拶した。派手な色のスーツに身を包んだ彼女は態度も大げさで高飛車 [続きを読む]
  • 過去の記事 …