あらいぐま さん プロフィール

  •  
あらいぐまさん: あらいぐま日記 3
ハンドル名あらいぐま さん
ブログタイトルあらいぐま日記 3
ブログURLhttp://sirena.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文2012年のクリスマスの頃から母に異変が・・
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供167回 / 365日(平均3.2回/週) - 参加 2014/02/11 15:10

あらいぐま さんのブログ記事

  • 2018-04-18
  • 天気予報通り午前中は雨それで宅配は12時から14時の間にお願いした。病院に行くと初めてあう看護師さん「おかあさんは足の長さが左右違うみたいでリハビリの先生が特別の靴があったほうがよいと言っていますが どうしますか」と言われる。母は今 リハビリに行っているそうで「オムツなんでしょ」と言うと「夜だけね。昼間は簡易トイレもあるしただ 夜は看護師もついていないから」とのことでした。今日は「おかあさんに会ってあげ [続きを読む]
  • 2018-04-17
  • 今日は役所に行くことにしていたが午前中 眠くなってそのまま寝てしまった。お昼に起き出してでかけたが必要なものを忘れてしまい意味なしまあ そんなものさ と思う。手のひらに乗るぶんだけでよいのだそれ以上望むものではないにほんブログ村width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ" />にほんブログ村見に来てくださる方 ありがとうございます(*^-^*) にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 2018-04-12
  • 私は母のことが怖かった。入院させても「あなたがいいって言えば帰れるのだから」と言われるのが怖かった。入院前には 仕返しだと言って物をぶちまけたことがあった。家のあちこちに 泥坊へ私のものを取らないでくださいと書いた紙がおいてある。私は認知症を疑ったが 母は病院へ行くことを拒否していた。市の人が「強制的に入院させることができます」と言い私はそれに従ったが病院まで行った母は 入院を拒否しようとした [続きを読む]
  • 運転の荒いコミュニティーバスのこと
  • 病院行った。コミュニティーバスで。行きの運転士はブレーキかくかくの人だった。そしてスピードだす荒い運転だ。そうしたら帰りも同じ人だったみたい。帰りもかくかく( ゜o゜)駅で一緒に乗って市立病院前でおりた夫婦(老人)の男性が一言それを指摘した。具体的に何を言ったのかな。「急ブレーキが多い運転だね」という感じか運転士は「すみません。このバス遅れているんですよ。」と言った。夫婦が降りてドアが閉まると運転士はぼ [続きを読む]
  • 2018-04-08
  • 具合が良くなった朝から捨てる物を捨てる掃除を始めたランチを作って食べた早めに干した布団を取り込んだ午後 病院行きをどうしようかと思ったが行くことにした。コミュニティーバスは10分遅れそのせいか 荒い運転だった病院に着くと他に面会者がいたケーキを持ってきた若い男性看護師さんが「おかあさんに会ってあげなさいよ一度も会っていないのでしょ」と言う「上履を持ってきてと言う電話のあと電話がないのですが」とあらいぐ [続きを読む]
  • 抗ガン剤 車イスのYさんはありがとうを言う方でした
  • がんが転移したYさん次の抗ガン剤を勧めた主治医にこの薬のままで と家族で決めたことを後悔したりそれを否定したり全く体のことは 誰にもわかりません。終わってしまってからあの薬が身体にあわなかったのだと他の道を選んでいたら もう少し長生きしたかもしれないと後悔ばかりです。Yさんは亡くなる2週間前に「私はみんなにこうしていろいろやってもらえて幸せだったわ」と言ったそうです。家に来てくれる訪問医師はもう時間の [続きを読む]
  • 2018-04-05
  • 具合が悪くなった。目が疲れて頭痛それが吐きけと腹痛となった。仕事はないのだからゆっくりすればいいと自分に言い聞かせた。やっと治まった。良かった。にほんブログ村width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ" />にほんブログ村見に来てくださる方 ありがとうございます(*^-^*) にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 2018-04-03
  • 私は母のことが怖かった仕事を辞めることはもう決めていた。それでも「おかあさまのこと頑張ってね」と言われるのが辛かった。私は自分の時間が欲しくて楽になりたくて仕事を辞めることにしたのだ。母のせいで辞めるわけでない。そう思っていたかった。辛かった日々を思い出す。母が夜中に「物を盗られた。あんたのせいだ やり返してやる」と言って リビングの テレビを大音量でつけて家中の電気を全部つけて回った日があった。友 [続きを読む]
  • 2018-04-02
  • 私は母のことが怖かった。入院させても「あなたがいいって言えば帰れるのだから」と言われるのが怖かった。介護するものがうつになるというのもわかる。仕事を辞めることはもう決めていた。それでも「頑張ってね」と言われるのが辛かった。今日も晴れていて朝から洗濯をした。気持ちが良かった。台所の掃除をしようとハイターを買いに行った。まだ春休みなので小学生がなわとびをしているのを見かけた。荒れた部屋を少し片付けた。 [続きを読む]
  • 仕事を辞めることにした
  • Yさんが生きているときにあらいぐまさんが退職するときはお疲れ様会をしましょうと言っていたので Kがお祝いをしてくれた。仕事のほうは長年のお勤めという感じがまるでない。卒業と言われても それもピンとこない。母のことがあったからかもしれない。容量の小さなカップ それが私だった。今度は 母のことを考えなくてはならないそれを回避するかのように私は 通信教育を申し込んだ。にほんブログ村width="88" height="31" [続きを読む]
  • 仕事を辞めることにした
  • 私がコミュニケーション能力が低いことはわかっている。こんなことで 心を痛めるのは愚であることはわかっている。今日は職場のお別れ会異動の人が多いので 話は短めに というわけでしたがまあ 考えていたとおり 皆様への感謝と目の見えない方へのボランティアをやりたいというこれからのことを話して 終わりお茶とお菓子ですぐに時間はすぎました。ところがチーフの最後「あらいぐまさん歓送迎会これるんでしょ」のひとこ [続きを読む]
  • 2018-03-27
  • 以前の職場に変わった人がいました。自分がやると言った仕事を「それはあらいぐまさんがやることでしょ」と前日になって言うような人で他にも先輩が直しておいたワードの書類を上書き保存して書き換えたということがありました。3年以上前のことてすがこのことをよく覚えています。先輩は「あの人アスペルガーかもしれない」と言っていました。駅から歩くような職場でしたので途中で会えばおしゃべりをしながら一緒に行ったことも [続きを読む]
  • 2018-03-25
  • 3月24日職場に渡すお菓子を買いに行った。それから病院へいつものコミュニティーバスは遅れていた。病院で洗濯物を渡す12時より前だったが 看護師さんはお昼の支度で忙しそうだった。「母は車椅子なのですか」と聞くと看護師さん「ベットからトイレに行く時など車椅子に移るのに手をかすとつかまりだちはできるくらいよ。リハビリとしては順調かな」と言ってくれた。あまり会ったことのない方だと思う。白衣は少し汚れていた。 [続きを読む]
  • 仕事を辞めることにした
  • 仕事を辞めることにした。今の仕事はハードで周囲は仕事好きの人ばかり平気で夜まで仕事をしている。子供にお金を残す訳でもないのであとは暮らしていければよい何より自分の時間がないのは辛かった。上司だけでなくバイトさんも勿体無いと言ってくれた。それだけでも嬉しかった。辞めるとなると 家にいてはいけない何かやりなさい!と言われてしまう。width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 介護ブログ 認知症 [続きを読む]
  • 2018-03-19
  • 母は精神病を発症していた。その夏私は 日曜には映画館に行っていた。なぜか 今日はそのことを思い出している。朝から 物がなくなったと言ってやり返してやると私の部屋に生ゴミやコーヒーのかすを投げつけてきたこともあった。医者は本人を見ないと薬は出せないと言った。母は医者には行かないと頑固だった。休みの日に家にいても休めないので映画館に行った。私は片付けができない。母はいつもガミガミ言っていた。width="88" he [続きを読む]
  • ベットから落ちたわけではありませんと
  • 3月10日(土曜)遅いほうのコミュニティバスで行った。面会は16時までなのだ。私が ついたのは16時20分あらいぐまですが 洗濯物を持ってきました。と言うと「もう少し早い時間に来られませんか?」とやんわり言われました。リハビリの状態を聞くと「おかあさん リハビリを始める日にインフルエンザにかかっちゃって」と看護師さんが言った。身体弱っているからでしょうか。とあらいぐまは言い お礼を言って帰ってきた。最近 [続きを読む]
  • 認知症とつきあう
  • 3月10日(土曜)遅いほうのコミュニティバスで行った。面会のは16時まで ついたのは16時20分あらいぐまですが 洗濯物を持ってきました。と言うと「もう少し早い時間に来られませんか?」とやんわり言われました。リハビリの状態を聞くと「おかあさん リハビリを始める日にインフルエンザにかかっちゃって」と看護師さんが言った。身体弱っているからでしょうか。とあらいぐまは言い お礼を言って帰ってきた。最近 帰りたい [続きを読む]
  • 認知症とつきあう
  • 3月4日 (日曜)私は土曜日も仕事だったので、サボりたい気持ちもあった。でも 病院に行った。いつもは、14時のコミュニティーバスだが15時のほうにした。着いたのは16時までの面会時間を過ぎていた。どうせ会うつもりのないあらいぐまさんである。前に行ったときから2週間かと思ったが、その日に支払いをしたので 1週間しか間はあいていないことなる。若い看護師さんが洗濯物を持ってきてくれた。シャツが少ないので持ってき [続きを読む]
  • ベッドから落ちて骨折
  • 歩く練習のリハビリのためには小学生の上履きが必要だと言う。母からの10日の留守電は靴箱にある靴を持ってきてということだったので病院についてから 私はスーパーまで戻り買いにいった。ちょっとだけこういう時に看護師さんが電話をしてくれれば話が伝わるのになあと思った。文句ばかり言ってはいられない。スーパーから病院に戻ると面会部屋で看護師さんたちが ランチタイムだった。環境はよくないよね。大変なお仕事ですよね。 [続きを読む]
  • ベッドから落ちて骨折
  • 2月9日 (金)手術をした病院にお金を払いにいった。看護師さんは 会計は16時までと言っていたので急いだ。保証金の預り証と印鑑が必要なのに私はすっかり忘れていた。でも拇印ですんだ。バスの中で そういえば母の保険証を私が持ってきたのに 今日は受け取らなかったと気づいた。バスを降り電話すると母の付き添いの看護師さんが持っていったと言う。まあ 良かった。それから 精神科の病院に電話しこれから行きたいと [続きを読む]
  • 認知症とつきあう
  • 木曜母を精神科に戻す。よく 暴れないで戻るものだなあと思う。実際 私が立ち会ったわけではないがソーシャルワーカーから電話が来て(1時ごろ)医者とも話した。「年末は家に帰さないでほしいと言われたが年末は過ぎたので退院の方向で」と言われた。「帰っても病気の自覚がない人が通院するとは思えないが」と言っておいた。それから「医者のレベルでサン○病院につないでほしい」と言っておきましたが「今の状態がわからないの [続きを読む]
  • ベッドから落ちて骨折
  • 母は木曜に精神科に戻す日が決まったと電話がありました。手術のほうの病院は、お金払うのいつでもいいですよ。みたいに言われました。というわけでリハビリもできたらしい。精神科のあのソーシャルワーカーが再び 入院の書類があると言うのでいかなくてはならない。ついでに 都会の病院に転院させたいが私も調べかたりないとかいろいろ話す。包括センターにも話す。「母の話しを聞いてくれる人はいないのか」と言うと「こちら [続きを読む]
  • ベッドから落ちて骨折
  • 今週は母からの電話はなし骨折のおかげで精神科から整形外科に転院できたのだから母としては それはねえこれで歩けるように回復できればねえwidth="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ" />にほんブログ村見に来てくださる方 ありがとうございます(*^-^*) にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • ベッドから落ちて骨折
  • なんと言ってもあっちの病院にいけ、こっちの病院に来いと指示され歩き回ったあの木曜に比べるとなんのこともない。日曜の午後に病院から電話あり。看護師さんからで母がティッシュと梅干しとスマホを持ってきて欲しいと言っているとのこと。で行ってきた。スマホはお断りした。精神科では、おこずかいとしてお金を預けてあるけど、今度の病院ではそういうのがないから、どうするかと、母にペットボトルを買うお金を渡してまさか歩 [続きを読む]
  • ベッドから落ちて骨折
  • 日曜15時30分病院の看護師さんから電話「おかあさんが梅干しとティッシュとスマホを持ってきてほしいと言うのですが」というので 行くことにする。もちろん スマホはお断りする。16時 バスの時間を見ると16時20分なので歩くことにした。駅から病院までのバスは混んでいた。病院に着く頃には暗くなり寒くなる。帰りも寒かったが、歩いた。きたのですけれどは19時30分これで寄道をしたら、もっとかかるだろう帰宅してから留守電を聞 [続きを読む]