獅子鮟鱇 さん プロフィール

  •  
獅子鮟鱇さん: 獅子鮟鱇詩詞
ハンドル名獅子鮟鱇 さん
ブログタイトル獅子鮟鱇詩詞
ブログURLhttp://shiciankou.at.webry.info/
サイト紹介文自作の漢詩と俳句・短歌のブログ。漢詩では絶句、律詩、詞、曲のほか、漢俳など漢語の現代短詩を吟詠。
自由文漢詩の作詩歴は2014年3月末で18年。中国の古典定型詩である詩・詞・曲と漢俳など漢語の現代短詩を詠み、2013年6月末までに40000首を詠んでいます。詠んだ詩体の数はおよそ2500詩体。多作で、そのことは中国のネットでも紹介されています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1662回 / 365日(平均31.9回/週) - 参加 2014/02/11 19:20

獅子鮟鱇 さんのブログ記事

  • 雨散雲收 雨收雲散 五七令と短歌と竹枝
  •  雨散雲收:雨のち晴れ。親朋離散。房事すでに畢む。 雨收雲散:同上。.      五七令・雨散雲收      2018.06.21 -51168.  金樽乾緑酒,雨散雲收白首走。  ○○●●仄,●●○平○●仄    ○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韻七尤平仄両用の押韻。 [続きを読む]
  • 雨泣雲愁 搗練子と漢語俳句
  •  雨泣雲愁:涙雨の如く、愁多きこと雲の如し。憂愁深重なるを形容。  .      搗練子・苦 吟       2018.06.21 -51166.  灯火暗,紙窗寒,雨泣雲愁筆不前。緬想繆斯歸紫府,悄然仰看入梅天。 [続きを読む]
  • 歩蟾宮・白頭鏤月章星句
  •  興雲致雨:雲を興し雨を降らす。神龍の能力をいう。楽曲詩文の声勢 雄壮にして非凡なるを比喩する。.      歩蟾宮・白頭鏤月章星句   2018.06.20 -51165.  揮毫豪放如龍女,才媛擅、興雲致雨。藝林萬衆競稱揚,不惜送、休声美譽。  他方老叟學音呂,賦詩請、繆斯嘉許。無人注視有白頭,鏤故紙、月章星句。 [続きを読む]
  • 七絶・騰雲駕霧
  •  騰雲駕霧:法術を用い雲霧に乘って飛行すること。奔馳せること迅速なること、あるいは頭脳発昏せることを形容。.      七絶・騰雲駕霧       2018.06.20 -51164.  樗叟傾杯洗肺腸,騰雲駕霧到仙郷。羽人笑賣龜毛筆,快走山河歸海洋。  ○●○○●●平,○○●●●○平。○○●●○○●,●●○○●●平。          ○:平声。●:仄声。平:中華新韻九文平声の押韻 [続きを読む]
  • 漢詩五万首其九 曲之四 [正宮]黒漆駑・賞櫻雲覓句
  • 「漢詩五万首其九 曲之三 [仙呂]賞花時・難忘紅裙抱緑樽」について. 『詩詞五萬之中一百篇』 http://sa44shici.huuryuu.com/woman100/ に選んだ曲は1000首のなかから9首。 曲の其四は『[正宮]黒漆駑・賞櫻雲覓句』. なお、曲は元代に盛んになった定型詩で、詞と同様に長短句を用い、平仄を調え押韻をする。詞との違いでは、韻の体系が現代韻にとても近いこと、平声と仄韻を跨いで押韻することなどがあるが、詞とあ [続きを読む]
  • 孤雲野鶴 十七字詩と俳句と短歌
  •  孤雲野鶴:孤雲のごとく、また、広野を意のままに漫遊する鶴のごとく、閑散自在、名利を求めない人をいう。.      十七字詩・孤雲野鶴     2018.06.20 -51163.  家山結草廬,終老爲詩客。筆底扮孤雲,野鶴。  ○○○●○,○●○○仄。●●●○○,●仄。    ○:平声。●:仄声。仄:中華新韻十四姑仄声の押韻 [続きを読む]
  • 憶少年・騷叟跨閑雲孤鶴
  •  閑雲孤鶴:漂浮せる雲と孤飛せる鶴。無拘無束、来去自如たる人を比喩。,      憶少年・騷叟跨閑雲孤鶴   2018.06.20 -51162,  官遊萬里,生涯一夢,老爲詩客。山居擅遐想,跨閑雲孤鶴。  曳杖隨風頻散策,探形勝、試裁佳作。吟詩踏清韻,伴玲瓏平仄。 [続きを読む]
  • 柳梢青・徒傾酒樽醉醺醺
  • 「柳梢青・詩叟現實如鸚鵡」について. 握霧拿雲:雲霧を駕馭する。よく戦機を掌握することをいう。 前作の「握雲拿霧」と同義だが、詩に取り込むとなると同じには扱えない。 そこで.      柳梢青・徒傾酒樽醉醺醺   2018.06.19 -51161.  騷客勞神,好學風韻,奮勵吟魂。挑戰詩魔,將施計策,握霧拿雲。  見機屢次逡巡,空老去、徒傾酒樽。春賞櫻花,秋玩山月,美醉醺醺。   騷客 神を勞し, 好く風韻を學び, [続きを読む]
  • 柳梢青・詩叟現實如鸚鵡
  •  握雲拿霧:雲霧を駕馭する。よく戦機を掌握することをいう。.      柳梢青・詩叟現實如鸚鵡   2018.06.19 -51160.  詩魔揮斧,騷人走筆,頻頻退負。買酒傾杯,伺機磨墨,握雲拿霧。  白頭醉借紅顔,卻老扮、藝林猛虎。但是現實,學舌鳳字,擬唐鸚鵡。 [続きを読む]
  • 呑雲吐霧 十七字詩と俳句と短歌
  •  呑雲吐霧:もとは道士が修煉して気を養い,五穀を食わないこと。今は人の喫煙を形容。.      十七字詩・呑雲吐霧     2018.06.19 -51159.  詩翁把紙煙,欲斷呻吟苦。點火喜呑雲,吐霧。  ○○●●○,●●○○仄。●●●○○,●仄。    ○:平声。●:仄声。仄:中華新韻十四姑仄声の押韻 [続きを読む]
  • 噴雲泄霧 五言絶句と漢語俳句と短歌
  •  噴雲泄霧:雲靄の繚繞せる山岳の景象を形容。.      五絶・噴雲泄霧       2018.06.19 -51157.  蝸舎聽霖雨,苦吟停筆時。噴雲繞山麓,泄霧霽遲遲。  ○●○○●,●○○●平。○○●○●,●●●○平。        ○:平声。●:仄声。平:中華新韻十三支平声の押韻 [続きを読む]
  • 侍香金童・姑娘自號東施老井中
  • 「五言排律 『花猫借虎威 (三毛猫が虎威を借る)』」について.     侍香金童・姑娘自號東施老井中 2018.06.18 -51156.  海市姑娘,一日吃蛤蚌。自號東施求保障,師事大家堪敬仰。温故學詩,擬唐高唱。  正花猫假借,虎威臨墨場。似鸚鵡、長舌之婦講,濫調陳詞合理想。老作鳴蛙,井中無恙。 [続きを読む]
  • 漢詩五万首其九 曲之三 [仙呂]賞花時・難忘紅裙抱緑樽
  • 「漢詩五万首其九 曲之二 [雙調]慶宣和」に続き. 『詩詞五萬之中一百篇』 http://sa44shici.huuryuu.com/woman100/ に選んだ曲は1000首のなかから9首。 曲の其三は『[仙呂]賞花時・難忘紅裙抱緑樽』. なお、曲は元代に盛んになった定型詩で、詞と同様に長短句を用い、平仄を調え押韻をする。詞との違いでは、韻の体系が現代韻にとても近いこと、平声と仄韻を跨いで押韻することなどがあるが、詞とあまり変わらない [続きを読む]
  • 七絶・風雲突変喜逗留
  • 「柳梢青・風雲突変得靈感 と四七令と短歌と竹枝」に続き.      七絶・風雲突變喜逗留    2018.06.18 -51152.  同伴佳人勝地遊,黄昏挨近帶別愁。風雲突変轟雷響,避雨江亭喜逗留。  ○●○○●●平,○○○●●○平。○○○●○○●,●●○○●●平         ○:平声。●:仄声。平:中華新韻十三支平声の押韻 [続きを読む]
  • 柳梢青・風雲變態化烏鬼 と四七令と短歌
  •  風雲変態:風雲が常態を改変する。詩文の多いに姿を変化させることを形容。.      柳梢青・風雲變態化烏鬼   2018.06.17 -51147.  遐思無碍,霜毫張翼,風雲變態。才媛宛如,繆斯自度,詞含天籟。  修辭擁霧翻波,使騷客、夜航情海。戀慕神仙,化爲烏鬼,夢穿煙靄。 [続きを読む]
  • 夢揚州・聽雨遐想瑤池
  •       夢揚州・聽雨遐想瑤池    2018.06.17 -51146.  雨絲絲,洗緑陰幽寂,煙樹交枝。欲解浪愁,野叟無言傾卮。醉頻追憶生涯悔,左計多、難保矜持。學裁賦,消愁排悶,隱藏情?修辭。  雄跨靈犀騁馳,將鼓翼行空,過到瑤池。艷遇女仙,媚態婀娜多姿。笑容艷勸霞漿美,洗肺肝、陶醉發癡。乘雅興,遊魂口占,朗朗吟詩。. 雨絲絲として, 洗ふ緑陰 幽寂にして, 煙樹 枝を交ふ。 浪愁を解かんとして, 野叟 言 [続きを読む]
  • 柳梢青・神遊仙境呻吟
  •  浮雲富貴:浮雲のごとき富貴。金銭や地位を軽いものとみなすこと。.      柳梢青・神遊仙境呻吟    2018.06.16 -51144.  浮雲富貴,空心貧賤,遐思夢醉。午枕蝸居,神遊仙境,風光明媚。  林間酒店花容,含笑賣、霞漿甘美。沾潤詩腸,呻吟夕暮,抱壺濃睡。 [続きを読む]
  • 憶少年・詩叟青雲獨歩
  •  青雲獨歩:地位あるいは学問の高さ比類なきを比喩する。 ,      憶少年・詩叟青雲獨歩    2018.06.16 -51143,  騷翁恰似,禿毫自傲,長才廣度。無人喜陪伴,扮青雲獨歩。  藝苑林亭逢酒婦,花言勸、試登詩路。欣然暫玩景,擅擬唐裁賦。 [続きを読む]
  • 七律・酬償詩債洗温泉
  •  詩友陳清溪さんから 「戊戌年俄?斯世界杯?幕次日,偶?至唐代李白古?其四十六中有“斗?金?里,蹴鞠瑶台?。” ?拈韵作七律一?。是?第十季。目?世界杯决?前?布。」 (戊戌年ロシア世界杯の開幕の翌日、たまたま李白の古風四十六のなかに“闘鶏金宮裡,蹴鞠瑶台邊。”の句有り。擬え拈韵を拈って七律一組... [続きを読む]
  • 風雲月露  十七字詩と俳句と短歌
  •  風雲月露:綺麗にして浮靡,吟風弄月の詩文を指す。.      十七字詩・箋上自風雲月露  2018.06.16 -51141.  詩翁輕現實,揮筆遊仙府。箋面自風雲,月露。  ○○○●○,○●○○仄。○●●○○,●仄。    ○:平声。●:仄声。仄:中華新韻十四姑仄声の押韻 [続きを読む]
  • 七絶・開雲見日
  •       七絶・誅筆開雲見日     2018.06.16 -51140.  白頭慨世試裁詩,誅筆開雲見日時。自忘三餐苦吟處,山妻鼻哂勸傾卮。  ○○●●●○平,○●○○●●平。●●○○●○●,○○○●●○平         ○:平声。●:仄声。平:中華新韻十三支平声の押韻 [続きを読む]
  • 憶少年・春花秋月展詩箋
  •  浮雲朝露:漂浮せる雲彩,清晨の露水。時光易逝きやすく,人生短促なるを比喩。.      憶少年・春花秋月展詩箋   2018.06.16 -51139.  少年立志,官遊卌載,途遙日暮。紅顔已白首,正浮雲朝露。  退隱家郷終老處,有山河、適宜裁賦。春花又秋月,展詩箋樂土。 [続きを読む]
  • 風雲人物 十七字詩と俳句と短歌
  •  風雲人物:ある時活躍し、言論行為の影響大なる人物。.      十七字詩・風雲人物     2018.06.15 -51138.  詩翁買錦箋,卻老將編祿。墓誌作風雲,人物。  ○○●●○,●●○○仄。●●●○○,○仄。    ○:平声。●:仄声。仄:中華新韻十四姑仄声の押韻 [続きを読む]