みのこ さん プロフィール

  •  
みのこさん: Fragment
ハンドル名みのこ さん
ブログタイトルFragment
ブログURLhttps://ameblo.jp/mino-cotty/
サイト紹介文ホミンパロ連載中。SJ&2min登場します。色んなお仕事ネタと食べる話多め。ハッピーエンド主義。
自由文幸せなホミンを書いておかえりの時を待ちます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供73回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2014/02/11 22:10

みのこ さんのブログ記事

  • 急募 券的なお知らせ
  • こんばんは、時々書いてるやつみのこです。急なお知らせなのですが、a-nationの土曜日公演を、隣でご一緒して下さる読者様を探しておます。チケットは当日お渡しになります。お席はどこでもいいよ、見られればいいよ、という方いらっしゃいましたらみのこのTwitterまでご連絡ください。急にお譲りいただけることになり、こちらも色々と準備不足ですが、ご一緒して下さる方いらっしゃいましたらぜひよろしくお願い致します。チケッ [続きを読む]
  • ラブアンドジーン22(閲覧注意/U)
  • スイッチが急に入る気がする。チャンミンの話。オンとオフの切り替えが極端で、オンになると途端にフェロモンが垂れ流されるようだ。瞼の動きから、もう変わってくるんじゃないだろうか。いつどこで、何をきっかけにして、そんな顔ができるようになったのだろう。俺が知らない弟の成長。いつどんな時に、チャンミンは俺を意識し始めたのだろう。俺はいつ、どんなチャンミンを見て、こんなにも本能を奮い立たせるようになったのかな [続きを読む]
  • ラブアンドジーン21(閲覧注意/CM)
  • 心の準備はともかく、体の準備は出来ているのだろうか。心の準備なんてとっくに出来ているような気もするし、昨日の今日の状況変化によって揺らいでしまっていそうな気もするし。体のことはまだまだ未知のままだ。心はいくらでもこの人に差し出せる。けれど、僕の体では、満足するもので応えてやれるのだろうか。話をしようと思っていた。こうなることをきちんと迎えられる為の話をしろうと思っていた。そしたら、それを飛び越えた [続きを読む]
  • ラブアンドジーン20(閲覧注意/U)
  • 触れてみたい。見てみたい。知りたいんだ。何がどう変わってしまっているのか。何も変化がないようにしか思えない。信じられないというのが、正直なところだった。俺と同じものがあるはずで、そしてそれが無いと言う。途中から変わったと言う。そんなことがあっていいことなのか。人は本当に困惑というものに襲われた時、何も言えないし、何も出来ないものだと思った。それだけはわかった。けれど、チャンミンを抱いて腹に手をやっ [続きを読む]
  • ラブアンドジーン19(閲覧注意/CM)
  • 炒飯を作ろうと思っていたけれど、何故だろう、焼きそばになっていた。完成した時に、解凍が終わっていたご飯を見つける。刻んだネギをどうしようか悩んで、結局お味噌汁を作って入れた。焼きそばにお味噌汁も不思議だけれど。焼きそばの麺だって冷蔵庫にあったんじゃないか。買い物をする時点でもう僕は浮かれていたに違いない。僕はいろんな余韻に揺れていた。そして恐らく兄も、ユンホもそうだったに違いない。いつにも増して箸 [続きを読む]
  • ある素敵な末っ子(CM)
  • 『んふぅ』テミンがほっぺたを上機嫌にして幼稚園バスを降りてきた。ふくふくした唇もほっぺたもご機嫌でしかない。そして頭には、王様の冠をしている。『ほら、誕生日だから、先生みんなで折ったの。』キュヒョンがそう解説してくれた。金色の折り紙で作られた冠だ。いくつもの同じ形のパーツを差して組み込んで行くことで輪っかになって冠の形になるようだ。ピカピカの冠をした王様テミン。堂々と胸を張って、お兄ちゃんと手を繋 [続きを読む]
  • 券的なお知らせ
  • 選んだパンツは離さない。嫁のパンツは触らせない。はい、書いてるやつ、みのこです。6月からの猛暑に既に耐えられておりません。皆様お元気ですか(∵)20181212の東京ドーム公演、チケットを2枚譲って頂けることになり、みのこのお隣でご一緒して下さる読者様を探しております。やはりブログ経由でもみのこをご存知の方だと趣味趣向が合うだろうなと思いますし(笑)多少なりとも私というボンクラをご承知して下さってのご同行になっ [続きを読む]
  • ある素敵なあの期間(CM)
  • 定期的にやってるちょっと大変な時期の時のお話。普段は、実は2週間間隔でやってくる。そこは人型ボディと鹿との間というか、まあ事情が色々あってそこまでじゃないんだけど。はい、割愛します。2週間事にやってくる、ユンホ好き好き期間。子供欲しい本能の件。そこに人型ボディの周期が重なると、更に大きな間隔でちゃんと欲しいですって体が求める期間があるわけ。それがやってきてしまった、この夏。絶賛ヒート期間中触るな危 [続きを読む]
  • ある素敵な勲章(CM)
  • 『いだいぃいいい』テミンとミンホが頭をぶつけた時のことだった。兄弟でごっつんこした時、ミンホはケロリとしていたのだが、テミンだけがやたら痛がって泣いていたのだ。頭を押さえて痛い痛いというから、いつもと何かが違うなって思ったの。『テムごめん、ごめんね、ごめん、』必死に謝るミンホだったけれど、テミンはなかなか泣きやまなかった。それからようやく泣き止んだテミンは、ぶつけたところ1箇所ではなく、両手のひら [続きを読む]
  • ラブアンドジーン18(閲覧注意/U)
  • ーーー僕の興味はあなたと、僕自身ですーーー電話越しのその言葉がずっと耳に残っていた。弟が何に向かっているのかが解らなかった。他人と関わっていることは明らかで、そこに弟本人のことも含まれた上で何かに興奮している状態だ。自分達が生きる上で興味の対象なのは解る。大半の人がそうして生きているのだろうから。けれど、明らかな他人が現れた時期にあからさまな興奮を見せ、それでも自分達に興味があると言えるのだろう。 [続きを読む]
  • ある素敵な暑い朝(CM)
  • ハイハイしてた可愛いテミンが、いつの間にかしっかり走るようになっていたんだもの。成長することや、時間が経つのって早いなって思ってしまう。子供たちばかりがどんどん成長している気がする。我が子ながら美しく可愛く育ってくれているこのふたりに、次の成長に期待ばかりが膨らむ。次はパパのどんなところに似るのだろう、そんなふうに考えると、胸がいっぱいになるんだ。「ママ、オレね、」ミンホがいつの間にかオレ、なんて言 [続きを読む]
  • ラブアンドジーン17(閲覧注意/CM)
  • キム・ヒチョルという協力者とのことを自分と入れ替えて話してしまった。兄に。けれど正解だった。兄は僕との間に子孫を残すことを望んでくれていたことを知れたのだから。何よりの進歩だ。精子まで提供してくれると言った。僕の体内に入れるためのものになる。あの夜の兄とのやりとりを思い出すだけで、僕は興奮を垂れ流すしか出来なかった。考えるだけで、昇天出来そうだった。ユンホの子孫を残すことが出来たら。僕の体で残すこ [続きを読む]
  • ラブアンドジーン16(閲覧注意/U)
  • その日の弟は若干の興奮状態だった。瞬きを忘れてぼうっとしていたり、口元だけが笑っていたり。夕食をつくる横顔に不思議な笑みが浮かんでいた。仕事が終わって帰ると俺はもう汗だくだ。だから先にシャワーを浴びる習慣が出来つつあった。シャワーの後に炭酸飲料を楽しみ、ダラダラと過ごしながら弟の帰りを待つ。連絡を入れる度に帰り道の実況の返信をくれる。今日もそれに変わりはなかった。夕飯のリクエスト。夕飯の買い物をし [続きを読む]
  • ある素敵な遠距離通信(後編・閲覧注意/CM)
  • コール音が1回、2回、3回……まだマンションに戻っていないだろうか。4回、5回……忙しいって、怒られるだろうか。6回、7回、8回……やっぱり、ダメかな。9回、10回、11回……そうだよね、向こうは朝だもん、仕方ないよね。12回。それでも、電話は切れない。【チャンちゃーん?】よりによって、その呼び方?『ユンホ、』出た。12回目の正直。『ごめん、あのね、』【うん、】『あ、マンション戻った?』【うん、】 [続きを読む]
  • ある素敵な遠距離通信(前編/CM)
  • 『では、いってきます。』『いってらっしゃい、気をつけて。』『子供たちをよろしくお願いします。』『ヨーロピアンのオスには気をつけろよ。』『ふふ、』産後初めての、ひとり海外ロケ。弾丸ツアーのような海外での撮影だ。長居しない予定で組んで貰ったけれど、それでも1泊するし飛行機の往復時間もとてもかかる。夫に色々と書き置きをして直接手渡した。読んでくれるだろうか。まあ、子供たちが無事で家が破壊されなければいい [続きを読む]
  • つぶや記
  • ご無沙汰しております、書いてるやつ、みのこです。日産スタジアム3Daysお疲れ様でした。ユノーチャンミーーンお疲れ様ーー(;Д;)(;Д;)ピスピス?髭生やして帰りましたよーだ?真夏日や雨降りの中お会い下さった方々ありがとうございました!手ぶらで行ってしまったので本当にご挨拶のみになってしまいましたが、こうしてまた仲良くして頂けると色々な自信にも繋がるようです。この3日間で、数年ぶりに会う方、ずっと前からよく [続きを読む]
  • ある素敵な雨の日(CM)
  • 朝から髪の毛の回転具合がすごい。隣で眠る夫の髪質がとても羨ましい。マンション内にいても髪の毛が回転してしまうって、湿度というより雨降りの日そのものの僕への嫌がらせとしか思えない。『まぁま、』次男が先に起きたようだ。ベッドから降りて、隣の子供たち用のベッドに向かう。『テム、おはよう。』抱き上げてだっこをする。『ふふ、』テミンの紫の天使ヘアも、いつもよりふわふわている。小さな狼の耳にキスをして、眠たそ [続きを読む]
  • ラブアンドジーン15(閲覧注意/CM)
  • 新生活は順調だった。兄は朝が早いからほとんど顔をあわせることなく1日が始まるようになってしまっているけれど。それでも朝が早い分帰りはきっちり同じ時間に帰ってきてくれる。僕よりも早い時間に帰っている。研究室での勤務は長引いたり定時でったりしてあまり落ち着きはない。けれど兄が待っていると思うと、いかに早く切り上げて帰ることができるかというスキルが身につくようだ。僕は幸せだった。念願叶った愛する人との生 [続きを読む]
  • ある素敵なダイヤモンド(U)
  • 『ユンホ、今日はキボミちゃんとジョンヒョンくんが遊びに来るんです。』『へえ、』『僕は出かけなくてはいけないので、面倒見ててもらってもいいですか?』『いいヨ、ふたりをちゃんと送るし。』『ありがとうございます。おやつは用意してあります、ジュースと一緒に出してあげて下さい。』『俺の分は?』『…、』日曜日の休みの日、嫁はちょっとおでかけ。まあでも、こんなパターンもたまにはいいか。他所の子供たちにパパしてる [続きを読む]
  • ある素敵ななくしもの(CM)
  • 今日は幼稚園の親子遠足。残念ながらパパはお仕事。ミンホとテミンと僕で参加。前日までにしっかりと準備をして、当日の朝はお弁当に集中した。ついでにパパの分のお弁当も作って楽屋で食べてもらうように持たせたのだ。お馬のシウォン先生のバスの運転で、グループ分けされた人達で乗り込み運動公園へ向かう。幼稚園バスの椅子は低くて狭くて、結局子供たちふたりを膝に乗せていたのだった。いつもと違う道を走るだけで嬉しそうに [続きを読む]
  • デリバー!2018(CM)
  • この仕事をしていて、働くこととや、家族というものを考えるようになったと思う。働いていて、新しい家族が出来た。全員他人という関係だけれど、そこには確実に暖かいものが存在している。FAMILYそう呼べる人達が、この街でたくさん出来た。僕を生んでくれた家族は、都心部で暮らしている。会社の真ん中にいて、会社全体を動かしている。いつかは僕もその中に入っていくのだろう。その時は、ユンホを連れて行くんだ。漠然とだけど [続きを読む]
  • デリバー!2018(U)
  • 2018年。あの頃高校生だったうちのアルバイト従業員が正社員になって、結婚して、そしてお腹のなかに赤ちゃんが出来た。早い結婚に親とちょっと揉めたみたいだけど、確実に正社員として汗水流している逞しくなったポッキー色の二の腕の持ち主だから大丈夫。そんなわけで奥さんになった方が産休育休に入り、少しだけ静かになったうちの営業所だった。うちの王子も、王子というよりなんとなく奥さん色が強くなってきた気がするの [続きを読む]
  • ラブアンドピース15(U)
  • 同性を好きな友達がいたら。自分の性別に悩む友達がいたら。子供たちに問うには複雑で、そして単純なことだ。理解できるかできないか。受け入れられるかできないか。子供とは、ふたつの選択で出来ている。そこから広げていくことが、成長するということなのだから。チャンミンは尚も微笑みを子供たちに向けているままだった。感情を出さずにただ静かに見守っている。『誰が誰を好きになるということも、目の前にいる友達が男の子と [続きを読む]
  • ラブアンドピース14(U)
  • あれから自分は少数派の人間だということを意識するようになってしまった。チャンミンはどうか分からない。互いに恋愛とか性的な趣向は感じるままにしていたから、自分達が不自由だとは思って生きてこなかった。学校でチャンミンとすれ違ったり、顔を合わせたり、職員室という同じ空間にたまたまいたりするとどうしても意識をしてしまうのだ。俺達は、子供たちに嘘をついて学舎の中にいるのだと。ひとりでいると、その考えに捕らわ [続きを読む]
  • ラブアンドピース13(U)
  • 自分探し。俺がチャンミンに伝えられる自分を探す。ちゃんと嫁に貰うなら、俺が貰うに相応しい男でなくちゃいけない。そういう意味で負けてはられない。やっぱり勢いだけでは許されない。可愛いだけじゃない嫁だった。だから俺は、体の相性以上のもので、チャンミンを納得させられる男にならなきゃダメなんだ。ブックトークでのチャンミンの言葉達が俺の体の中を駆けていた。たくさんの言葉が俺の中をかけている。チャンミンがくれ [続きを読む]