ラッキー&ポーちゃん さん プロフィール

  •  
ラッキー&ポーちゃんさん: 簡単すぎる水耕栽培
ハンドル名ラッキー&ポーちゃん さん
ブログタイトル簡単すぎる水耕栽培
ブログURLhttp://luckypochan.blog.fc2.com/
サイト紹介文100円ショップで買ったグッズで、簡単な水耕栽培始めました!
自由文安く!手軽に!美味しく!きれいに!

100円ショップで買ったグッズを使って、野菜を室内で栽培しています。

参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供127回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2014/02/12 12:24

ラッキー&ポーちゃん さんのブログ記事

  • 水耕栽培 ピーマン ―7月の収穫 前半―
  • ―猛暑続き、熱帯夜続き―もう早く秋が来て欲しい〜!毎日朝から汗だく。夜は眠れず身体はグダグダ。夜帰宅すると、家の中は呼吸するのも苦しい蒸し風呂サウナ状態。それは毎年のことですが、今年は6月後半から既にこんな状態。8月が末恐ろしい。。蝉も昨日から鳴き始めて、さらに暑い。無風と極暑の窓辺で堪えている我が家の野菜たち。よく頑張った!と毎日誉めずにはいられません。7株のピーマンたち。草丈は高いもので60センチ [続きを読む]
  • 2018年 水耕栽培 大葉 ―摘心―
  • ―挿し芽で増やします―あれから、5節目と6節目の節間が若干伸びてきました。(7/4)(種まきから74日目)収穫したくて耐えかねて、5節目の脇芽の直ぐ上を早速摘心摘心した生長点の下葉は収穫。(7/4)(種まきから74日目)生長点は挿し芽作り。水に挿して根が出るのを待ちます。待ちに待った、大葉の収穫。葉先が枯れる寸前でした。(種まきから74日目)チキンしそカツに。美味しいねぇ。。香りも良いです。摘心から4日経ち、水に [続きを読む]
  • 水耕栽培 ししとう ―次々に実が生る―
  • ―栽培の喜び。味わい中―花と蕾だらけだったししとう。あれから、また実が育ってきました。この一本と…(6/27)収穫前に撮り忘れた、ここに生っていた3株目の一番果を収穫(6/28)(種まきから95日目)合計2本。長さは6〜7センチ。3株の初収穫は、それぞれ種蒔きから86日目、93日目、95日目。もっとたくさん育てていたら、もっとずれ込む株もあったと思います。同じように育てていても、こんな風に差が出るものなので、焦らず気 [続きを読む]
  • 2018年 水耕栽培 バジル ―摘心と収穫―
  • ―バジル畑、まだまだ―あれから、さらに伸びてきたバジル。(7/4)それぞれの茎に3節の脇芽が育ってきました。この3節目の脇芽の直ぐ上(点線部分)を摘心しました。(7/4)はい、チョッキン(7/4)摘心した生長点は、下葉を2枚収穫して…根を出すために水挿し。各節の脇芽の下葉も同時に収穫収穫はまたボール一杯分。摘心する度に、たくさん収穫できます。摘心したての涼しげなバジル。4日後。下の脇芽が育ってきました。(7/8) [続きを読む]
  • 水耕栽培 ピーマン ―実が次々と―
  • 6/22の初収穫から5日。(6/27)同じ株の2番果が育ってきました。先週、短花柱花が複数出ていた、この株。その翌日、翌々日と短花柱花は次々に軸ごと落ち、他の小さな蕾たちもポロポロと落下。あららと落ちた花や蕾に気を取られている間に、この実が大きくなっていました。その後、新たに開花した花は全て長花柱花に。(短花柱花、長花柱花って?→こちらの記事へ)500倍希釈の養液に交換したことも良かったとは思いますが、ピーマ [続きを読む]
  • 2018年 バジルの水耕栽培 ―窓辺をバジル畑に―
  • ―バジルの季節―早々と梅雨明けし、気温は真夏並の猛暑に。夜も寝苦しい熱帯夜。もう既に頭がボー。。身体もバテ気味。今年は暑くて長〜〜い夏になりそうですね。そんな夏を乗り切るために、夏でも元気一杯なバジルをたくさん栽培して、たっぷり収穫しようと思います。―窓辺をバジル畑に―チマサンチュが並んでいた、この窓辺。本日撤収したので、今は空状態。この夏、ここをバジル畑にする計画を立てました。6/16 伸びてきたバ [続きを読む]
  • 2018年 チマサンチュ ―3/4蒔き、撤収―
  • ―2度に分けての撤収作業―4月下旬からかきとり収穫を続けて、2ヵ月が経ちました。6/23 茎がだいぶ伸びていました。(3/4種まき)(前回の記事はコチラ)チマサンチュはもう終わり。この場所は夏の間はバジル畑になる予定です。先端についた花穂を切って、水に挿しました。そして、3容器のうち1容器を撤収。葉は少し苦味が出て硬くなりますが、最後まで食べられます。それから一週間。6/30 花穂を摘まれたチマサンチュは枯れるこ [続きを読む]
  • 〜腹ごしらえ〜65
  • チマサンチュの豚キムチ炒飯ベビーリーフとレジナと赤葉チマサンチュ、梅鯖とサラダにベビーリーフとレジナとチマサンチュのいつものシーザーサラダししとうの麻婆炒めレジナのトマトソースとバジルソースでミートソーススパゲティ。〜チマサンチュのサラダも添えて〜バジルとチマサンチュとアイコトマトのサンドウィッチチマサンチュとアイコトマト他のサラダ [続きを読む]
  • 収穫から24日経ったレジナ  実の中で発芽
  • ―おっかなびっくり―今日は記事を更新する予定は無かったのですが、驚きの出来事があったので書くことにしました(笑)6/3のレジナの記事にて、2017年蒔きのレジナの撤収の様子を載せました。その際に収穫した、ボール一杯のレジナたち。まだ完熟していないものや青い実は、そのままテーブルに置いて色づくのを待ちました。徐々に色づいたものから食べ始め、量が多いのでトマトソースを作ってパスタにしたり。収穫したバジルで作 [続きを読む]
  • 水耕栽培 ししとう ―収穫中―
  • ―花と蕾だらけ―初収穫(6/19)から4日。(6/23)(3/26種まき)(種まきから90日目)2本育ってきたので…(6/23)収穫しました 刻んで麻婆炒めに。現在、草丈は70センチ。(6/24)次々に花が咲いて着果しています。(6/24)(3/26種まき)(種まきから91日目)葉の上の白い粉は、花から落ちた花粉。挿し芽で増やしたバジルを、ししとうやピーマンの容器に混植させようと考えていました。花粉を浴びそうなので、ちょっとやめてお [続きを読む]
  • 2018年蒔きのレジナ ようやく収穫始まる
  • ―種まきから115日目、収穫開始―(3/1種まき)(6/23)(前回の記事はコチラ)一容器に、2株、2株、3株と定植した、合計7株のレジナ。実が赤くなるまでじっくり待つ間に、4/25の開花から約2ヵ月。昨年と比べて時間がかかりました。ようやくの収穫です。―養液を注ぎ足しし過ぎて、さらに待ちぼうけ―昨年(2017年)の今頃。レジナの収穫が始まり、「ただただ美味しくて、柔らかくて、ほど良い酸味と甘み、うまみがたっぷりでジュ [続きを読む]
  • 水耕栽培 ピーマン ―初収穫―
  • ―早めの初収穫―長く伸びてきた第一果。(6/18)(前回の記事はコチラ)横幅が出てきました。(6/22)(3/16種まき)(種まきから102日目)早生ピーマンの収穫時期は、開花から20〜25日位。(種袋記載)開花は6/7なので、6月下旬から7月初めが本来の収穫時期。早生ですが、開花から収穫まで結構長めです。第一果なので、少し早めに収穫しようと思っていた矢先。短花柱花を見つけました。通常の花はこう。これは長花柱花。え?どう [続きを読む]
  • 2018年 水耕栽培 大葉 ―摘心はまだ―
  • ―初期生長がゆっくりな大葉―一週間前と、ほとんど変わっていない大葉。(6/17)(一週間前)(6/24)(4/22種まき)(種まきから64日目)種まきから64日。大葉に向かってね、ちょっと言いたくなってきましたよ。生長遅すぎやしません?問いかけても返事は返ってこないので、種袋を見ると書いてあるんですよね。ちょっと見えにくいですが、”まきどき”から”収穫時期”までが約3ヵ月ってことが。こちら(「おもしろ野菜」シソ( [続きを読む]
  • 水耕栽培 ししとう ―初収穫―
  • ―種まきから86日目、収穫始まる―あれから、毎日数ミリずつ育ってきた一番果。(6/17朝)(6/18朝)収穫できそうな大きさになってきました。(6/19朝)(種まきから86日目)(6/19朝)ここで突然…―ししとうの名前の由来は―獅子唐辛子(ししとうがらし)の略。先端が獅子の頭に似ていることから「獅子唐辛子」の名がつき、”ししとう”と略されるようになったそうな。―栄養価は―ビタミンCとビタミンB6が豊富で、ミネラルも幅 [続きを読む]
  • 水耕栽培 ピーマン ―初収穫は週末辺り―
  • ―少しずつ大きく―7株の早生ピーマン。(3/13と3/22種まき)容器が無く、定植が遅れた苗も少しずつ生長。どの株も二又に枝分かれし、草丈は33〜45センチになりました。ピーマンから、さわやかな甘みのある香りがします。空気が気持ち良く感じるのはそのせいかな。前回、着果した一番果のその後は…(6/12)(6/13)(6/14)(6/15)(6/16)(6/17)実の長さは4センチほどになりました。着果した隣の実と、その上の2番果の一つは [続きを読む]
  • 水耕栽培 ミニトマト アイコ ―収穫始まる―
  • ―朝食のデザート―待ちに待った、アイコの収穫の日がやってまいりました。(6/16)(3/1種まき)(種まきから108日目)(前回の記事はコチラ)深底水耕栽培容器に2株ずつ定植した、アイコ3株とアイコじゃなかった株1株。それぞれの第一果房が全体的に赤くなってきました。(アイコ1株目)(アイコ2株目)(アイコ3株目)(撮影前に手に触れた一個がポロッと落下)(アイコじゃなかった1株)もういいよね!ということで、各第一果 [続きを読む]
  • 水耕栽培 ししとう ―順調に生長中―
  • ―次々着果―先週、着果した一番果は…(6/9)その後、落下することなく、少しずつ大きくなってきました。(6/10)(6/11)(6/12)(6/13)(6/14)枝分かれした先に、2番果もつきました。(6/15)実の長さは4.5センチ。(6/16)スーパーで売られているししとうは、大体6センチくらい。たくさん蕾がついて元気がいいので、このまま摘果せずに、生長させてから収穫することにしました。草丈は65センチ。天気予報を見ると、来週もズ [続きを読む]
  • 水耕栽培 レジナ ―収穫はまだ―
  • ―梅雨真っ只中―梅雨らしい曇り空。ここ数日、朝晩だけでなく、日中も肌寒い。種まきから99日目で初収穫を迎えていた昨年(2017)。今年は種まきから108日経っても、まだ色味がもう少しといったところです。(3/1種まき)(種まきから108日目)(前回のレジナの記事はコチラ)日差しが恋しいねぇ。。 [続きを読む]
  • 水耕栽培 ピーマン ―開花―
  • ―同じ品種でも生長は十人十色―前回の記事ではまだ蕾の状態(6/3)だった早生ピーマン。6/6朝 そこから3日。花びらが提灯状態に。(3/13種まき)(種まきから86日目)ししとう同様、ここまで花びらが開いたら、その翌日には…6/7朝 開花しましたね。花弁は5枚。(種まきから87日目)綿棒で頭を軽くコンコンしてみたら、白い花粉がボワっと。葉の上に見える、白い粉。上から落ちてきた花粉です。その翌朝もまたコンコンしようと [続きを読む]
  • 水耕栽培 ししとう ―開花―
  • ―ようやく一番花、開花―6/6朝  線香花火の終わりかけのような。畳まれた花びらが袋状になって、少しずつ開き始めました。(3/26種まき)(種まきから73日目)(前回の記事はコチラ)6/7朝 開花しました。同じ日にピーマンも開花。全く同じ花ですが、ピーマンの方が一回りサイズが大きいです。(3/26種まき)(種まきから74日目)自家受粉するようですが、ちょっと心配なので花の頭を綿棒でコンコンとしてみたら、最初のコンで [続きを読む]
  • 2018年 水耕栽培 バジル ―今年もいい香り―
  • ―密植してもちゃんと育つバジル―2017年のバジル栽培は、2粒だけ種を蒔き、摘心しては挿し木を作って同じ容器に植えて…と、できる限り容器を増やさないように栽培。今年はその反動と、期限切れの種消費の為もあって、多めに蒔きました。4/22 水を含ませたバーミキュライトに種まき。種まき直後の様子。4/25 発芽し、種殻を脱ぎ始めました。(種まきから4日目)(4/29)(種まきから8日目)(5/5)(種まきから14日目)少し間引 [続きを読む]
  • 水耕栽培 ミニトマトアイコ ―色づき始める―
  • ―種まきから3ヵ月。まもなく収穫―既に3花房以上は摘心済のアイコ。5/30朝 第一果房が色づき始めました。(3/1種まき)(種まきから91日目)(4/29開花から32日目)6/3 そこから4日。(種まきから95日目)カラフルになってきました。とっても美味しそう♪生長が遅かった株も、うっすらと。第二果房も。もう摘心しているので、今回は株が疲れるから早めに収穫!なんてことはせず、果房全体が赤くなってから収穫しようと思います [続きを読む]
  • 2018年 水耕栽培 ししとう ―蕾現る―
  • ―葉の異変は広がらず―葉に黒い点が現れ、若干葉が縮れたようになっていた先週。あれから上の葉へ異変が広がることはなく、何とか無事に育っています。(3/26種まき)(種まきから63日目)相変わらず容器に空きが無く、3苗を定植したまま。15センチ程度だった草丈は、一週間でグンと伸びて32センチになりました。フラつくので、ビニールひもで固定しました。―蕾現る―心配を余所に、蕾が出てきました。先に種蒔きしたピーマンよ [続きを読む]