ふらふら侍 さん プロフィール

  •  
ふらふら侍さん: 歴史の舞台に立つ
ハンドル名ふらふら侍 さん
ブログタイトル歴史の舞台に立つ
ブログURLhttps://ameblo.jp/rekishinobutai/
サイト紹介文歴史上の人物が関わった史跡を撮影して時系列で紹介しています。史跡めぐりの際 役立つと思います。
自由文かなり相当史跡めぐりしました。城跡、古戦場跡、寺社などなど。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2014/02/12 17:04

ふらふら侍 さんのブログ記事

  • 五代友厚特集
  • 幕末の薩摩偉人は、中央政権運営に携わったり、商業工業教育と多岐にわたって活躍した人が少なくないのですが東京を舞台に活躍した人が多いように思えます。五代友厚は大阪を舞台に活躍した薩摩偉人。朝ドラの影響を受け五代の史跡巡りを多少行ってましたが薩摩偉人の特集に組み込んでみたいと思います。大阪中心の史跡巡りになりましたが、近代大阪の幕開けを併せて見ていきましょう。 [続きを読む]
  • 江戸城無血開城
  • 【概要】江戸城総攻撃を目前にして薩摩藩邸で勝海舟と西郷隆盛の会見が行われました。徳川慶喜の助命と江戸無血開城を交換条件として協定が成立し官軍の総攻撃は中止となったのです。慶応4 (1868) 年3月のことです。 【住所】東京都港区芝5-33-8 [続きを読む]
  • 戊辰戦争
  • 【概要】慶応4年(1868年)戊辰戦争が勃発し、旧幕府軍は敗退。明治新政府による新たな国家体制作りを早急に行なわなければならなくなりました。 【住所】京都府京都市伏見区中島秋ノ山町 [続きを読む]
  • 江戸城大奥
  • 【概要】篤姫は、島津家、朝廷に文を出し徳川家の救済、慶喜の助命を懇願する一方、かつて篤姫を支えた西郷隆盛にも文を出し徳川家、慶喜の救済に向けて動きました。 【住所】東京都千代田区千代田 [続きを読む]
  • 大坂城
  • 【概要】13代将軍家定急死に伴い家茂が後継となります。家茂は公武合体路線により宮家の和宮と結婚するのですが、篤姫にとっては薩摩が後押しする公武合体に協力しなければならない立場に身を置いていました。家茂を養子としたのもその表れです。幕末の動乱期、幕府に楯突く長州を討つため家茂は自ら陣頭指揮するべく大坂城に入城。そして病で急死するのです。 【住所】大阪府大阪市中央区大阪城1-1 [続きを読む]
  • 近衛邸
  • 【概要】輿入れが決まっていた篤姫ですが、箔をつけるべく右大臣近衛忠照の養女になります。安政3年(1856年)のことです。 それから間もなくして篤姫は正室として江戸城に入城することになったのです。ちなみに篤姫が輿入れのため薩摩を出発したのは1853年で、輿入れできたのは1856年。3年もかかるものでしょうかねえ。 [続きを読む]
  • 渋谷薩摩藩邸
  • 【概要】篤姫は、渋谷の薩摩藩邸から輿入れのため江戸城に向かうことになります。三田の薩摩藩邸から輿入れのため江戸城に向かう予定でしたが、安政の大地震で三田の薩摩藩邸が倒壊したため、渋谷の薩摩藩邸に移っていたのでした。 【住所】東京都渋谷区東4-9-9 [続きを読む]
  • 鶴丸城
  • 篤姫銅像 【概要】13代将軍家定の将軍継嗣問題で主導権を握りたい島津斉彬は、篤姫を家定の正室にしようと考えます。島津家分家今和泉家から篤姫を自らの養女として鶴丸城に迎い入れ、篤姫を家定の正室として輿入れさせることに成功します。 [続きを読む]
  • 篤姫特集
  • かなり前になりますが、大河ドラマ篤姫は意外に見応えがあり、史跡巡りしたときはあの時の場面はここが舞台だったのかと思ったものです。表立って歴史を動かした人物ではないので史跡巡りといっても限界があります。限られた史跡写真を薩摩偉人という形で紹介してみたいと思いますのでよろしくお願いします。 [続きを読む]
  • 洞窟
  • 官軍の攻撃の前に薩摩軍は劣勢を余儀なくされ、西郷ら薩摩軍は城山に立て籠もります。西郷が最後の五日間を過ごしたのがこの洞窟と言われています。 洞窟は2つあるけど西郷はんはどっちにいたんやろ?左?右? 洞窟・終焉の地はかつて紹介してましたが、特集の流れからココを外すのはよくないと考え、新たに撮影した写真を掲載してみました。 [続きを読む]
  • ドン広場
  • 【概要】西南戦争時に薩軍の本営が置かれたのがドン広場。ドン広場の由来は、この地に置かれた大砲で正午の時報がわりに撃った空砲の音から来ています。西郷のドンではなかったようですよ。 【住所】鹿児島県鹿児島市城山 [続きを読む]
  • 薩摩偉人
  • 今日から薩摩偉人特集をはじめます。紹介予定の薩摩偉人は、西郷隆盛、篤姫、五代友厚。西郷隆盛はかつて特集を組んだことがあるのですが、その後西郷隆盛関連史跡巡りをいくつかしたため大河ドラマが始まるタイミングで追加紹介したいと考えたのです。篤姫、五代友厚は、大河ドラマ、朝ドラの影響でいくつか史跡巡りをしていたのですが、特集を組めるほどの量はありませんでした。そこで3つまとめて薩摩偉人として特集を組もう [続きを読む]
  • 謹賀新年
  • 新年明けましておめでとうございます。 2012年にブログを開始して以下の基本方針のもとほぼ毎日投稿してきました。?ブログの主人公は私ではなく歴史上の偉大な人物であること。?時系列で歴史の舞台を紹介する。?投稿写真は自身で撮影した写真のみで、人は写さない。?写真がメインでわかりやすいブログにすること。?書く内容は歴史に特化すること。歴史の舞台に立つという題名にそぐわない内容は書かない。?他人の撮影した写 [続きを読む]
  • 宮本武蔵特集を振り返って
  • 宮本武蔵特集を作るにあたってはやたら修行場に足を運んだような気がします。アクセスが悪いところばかりでほとんど気合の史跡めぐり。現代でさえアクセスが悪いとすると当時は想像を絶するレベルなんでしょうね。宮本武蔵は武術は天才でしたが心は鍛錬の賜物。自らを戒め律し剣の道を究めて行きました。修行に次ぐ修行で剣に強いだけの武蔵は心技体ともに優れた武術家となり、生涯勝ち続けることができたのでしょう。大阪の道明 [続きを読む]