ふらふら侍 さん プロフィール

  •  
ふらふら侍さん: 歴史の舞台に立つ
ハンドル名ふらふら侍 さん
ブログタイトル歴史の舞台に立つ
ブログURLhttps://ameblo.jp/rekishinobutai/
サイト紹介文歴史上の人物が関わった史跡を撮影して時系列で紹介しています。史跡めぐりの際 役立つと思います。
自由文かなり相当史跡めぐりしました。城跡、古戦場跡、寺社などなど。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2014/02/12 17:04

ふらふら侍 さんのブログ記事

  • 20番札所・鶴林寺(かくりんじ)その2
  • 本堂に行くには階段を登らないといけません。 階段を登ると目にする景色。 本堂。ローソクを立てます。お線香をあげます。納札入れに納札(おさめふだ)を入れます。納札(おさめふだ) お賽銭箱にお賽銭(さいせん)を入れます。 読経(どきょう)をします。左側の鶴。 右側の鶴 [続きを読む]
  • 20番札所・鶴林寺(かくりんじ)その1
  • 20番札所・鶴林寺(かくりんじ)・・・お鶴さんと呼び親しまれる札所(ふだしょ)住所・・・徳島県勝浦郡勝浦町生名鷲ヶ尾14 山門が近づいてきました。山門にて一礼します。 境内に入って最初に見る景色。手水場にてお清めします。六角堂。 本堂に向かいます。 鐘楼(しょうろう)。使用されていません。 [続きを読む]
  • 行事のチェック
  • 私が人の映らない写真にこだわるのは何度も述べました。88ヶ所撮影の場合、団体様がいたとしても待てばなんとかなったりするのですが、訪問日が行事と重なったらほぼ絶望的。立江寺に行ったとき初会式と重なり撮影を断念したことがあります。参道の撮影を目的に訪問しながら露店が並んでいたらあきらめるしかないでしょう。以降、訪問する際は行事を調べてから訪問するようにしたのです。弘法大師は6月15日が誕生日で、3月21日が [続きを読む]
  • 19番札所・立江寺(たつえじ)その1
  • 19番札所・立江寺(たつえじ)・・・高野山真言宗の別格本山&88箇所の根本道場として栄えた札所(ふだしょ)住所・・・徳島県小松島市立江町若松13 19番札所・立江寺が見えてきました。 山門山門にて一礼します。 最初に目にする境内の景色。手水場(ちょうずば)にてお清めします。鐘楼(しょうろう)にて鐘をつきます。 [続きを読む]
  • 18番札所・恩山寺(おんざんじ)その4
  • 階段を下りて大師堂に向かいます。大師堂にて読経(どきょう)をします。読経方法は本堂と同じです。 大師堂の横にある大師御母公剃髪所 納経所にて朱印と御影(おみえ)をいただきます。 最後に山門にて一礼して19番札所・立江寺に向かいます。19番札所・立江寺までの距離は(車での走行距離)4.5キロです。 [続きを読む]
  • お接待@徳島
  • 白衣を着るものの上だけだし陣笠をかぶっているわけではない私は本格的なお遍路姿とはいえない。そんな私に対してのお接待。国分寺山門の手前でのこと。びっくりしたのなんのって。私にお接待してくれた人は井戸寺方面に住んでいるとのことだが、お遍路さんに配ってるとのこと。わざわざお遍路接待用一式を何セットも作ったうえで。 ありがたくいただきました。 [続きを読む]
  • 17番札所・井戸寺(いどじ)その3
  • 大師堂にて読経(どきょう)をします。読経方法は本堂と同じです。 大師が掘ったと言われる面影の井戸。納経所。納経所にて朱印と御影(おみえ)をいただきます。 山門にて一礼して、18番札所・恩山寺に向かいます。 18番札所・恩山寺までの距離は(車での走行距離)19.6キロです。 [続きを読む]
  • 17番札所・井戸寺(いどじ)その1
  • 17番札所・井戸寺(いどじ)・・・面影の井戸が寺の名前の由来となる札所(ふだしょ)住所・・・徳島県徳島市国府町井戸北屋敷80-1 17番札所・井戸寺(いどじ)が近づいてきました。 山門にて一礼します。最初に目にする境内の景色。手水場(ちょうずば)でお清めします。鐘楼(しょうろう)にて鐘をつきます。 [続きを読む]