ひよこはうす さん プロフィール

  •  
ひよこはうすさん: 赤ちゃんの産み分け|女の子か男の子を産みたーい!
ハンドル名ひよこはうす さん
ブログタイトル赤ちゃんの産み分け|女の子か男の子を産みたーい!
ブログURLhttps://babyciao.jp/umiwake/
サイト紹介文産み分けのプロが教える!女の子と男の子の赤ちゃんの産み分け成功確率をアップさる方法などについて。
自由文妊娠から出産までの悩みや体験談、女の子と男の子の赤ちゃんの産み分けについての悩みや体験談、赤ちゃんの月齢別成長についての悩みや体験談、赤ちゃんの育児についての悩みや体験談、子どもの子育についての悩みや体験談、産婦人科や小児科、こども園や小学校、子どもが喜ぶお出かけスポットや施設を実際に利用した体験談など。https://babyciao.jp/campaign/aiai45.html
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供73回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2014/02/13 00:16

ひよこはうす さんのブログ記事

  • 人気の日用雑貨品|赤ちゃんとキッズの日用品や育児雑貨の専門店
  • バナナ抱き(新生児〜4か月)新生児から、赤ちゃんの頭が肩パッド側にきます。横抱き(新生児〜12か月)肩パッドの反対側に赤ちゃんの頭が位置します。手を赤ちゃんの首をサポートするようにしてください。授乳カバー(新生児から)横抱きで、布が目隠しになるので、ケープを持たなくてすみます。コアラ抱き(新生児〜15kg)新生児から、最もよく使われる抱き方です。新生児なら、エッジで赤ちゃんの首をサポートするようにしてく [続きを読む]
  • 花王メリーズ|ベビー用の紙おむつ
  • メリーズはベビー用の紙おむつであり、花王株式会社が製造を行っています。同社は大手の化学メーカーとして有名であり、食品や衛生に関する分野を中心として、いろいろな商品を手掛けているのが特徴です。また、キャラクターを前面に押し出しているのも他社と異なる点といえます。メリーズの宣伝では、ウサギのキャラクターを見た記憶がある人は多いでしょう。またラインナップが非常に豊富であることも、同社の特徴として挙げられ [続きを読む]
  • 西松屋|ベビー・赤ちゃん・子ども用品の専門店
  • 西松屋は赤ちゃん用品や子供服などの専門店で一般的な店舗よりも低価格で購入することが出来ます。特にこの店舗では安全性に配慮されている商品を提供しているので安心して使用することが出来ます。特に西松屋のオリジナル商品であるベビーカーは妊娠中などの理由によって筋肉量が低下している女性であっても楽に取り扱いができるように徹底的に軽量化されているなどの配慮がされた製品があります。軽量化されているだけでなく無駄 [続きを読む]
  • 妊婦とママの口コミ広場のベビーパーク
  • ベビーパークは妊娠から出産までの悩みや体験談、女の子と男の子の赤ちゃんの産み分けについての悩みや体験談、赤ちゃんの月齢別成長についての悩みや体験談、赤ちゃんの育児についての悩みや体験談、子どもの子育についての悩みや体験談、産婦人科や小児科、こども園や小学校、子どもが喜ぶお出かけスポットや施設を実際に利用した体験談などをシェアしあう広場です!if (window.addEventListener) { window.addEventListener( [続きを読む]
  • ハローベビー潤滑ゼリー|女の子か男の子を産み分けたーい!
  • ハローベビー潤滑ゼリーは2013年に販売開始以来、累計で40万本販売の実績を持つ人気の産み分けサポートアイテムの一つです。ハローベビー潤滑ゼリーシリーズは「ハローベビーボーイ(男の子を授かりたい)」「ハローベビーガール(女の子を授かりたい)」やプレミアムシリーズがある赤ちゃんの産み分けサポートアイテムで、膣内のpH値を変化させることによって男の子と女の子を産み分けることができる産み分けゼリーです。ただ、産み分 [続きを読む]
  • 男の子 産み分け|男の子の赤ちゃんを産みたーい!
  • 昨今、不妊治療がとても注目を集めています。それほど一昔前に比べ妊娠をする率は減ってきています。晩婚化や第一子の出産年齢が高くなっていることなどがその原因として挙げられますが、無事妊娠出産する課題をクリアできたとしても、その先にもう一つ越えなければならない問題が生じます。それが、男の子と女の子の産み分けです。とりわけ男の子の産み分けについては需要が多い割には苦しむ人が多く、巷にはたくさんの男の子の産 [続きを読む]
  • 女の子 産み分け|女の子の赤ちゃんを産みたーい!
  • 女の子の赤ちゃんが欲しいと思っても、赤ちゃんは授かりものだから自分では選べないと多くの人が思っています。確かに妊娠や出産というのはとても神秘的なことで、女の子の赤ちゃんが欲しいと思っても、自分でコントロールすることは難しいです。しかし、赤ちゃんの産み分けの仕組みをしることで女の子の産み分けをすることは可能です。まず、女の子の産み分けを実践する前に赤ちゃんの産み分けについての基礎知識をお話しします。 [続きを読む]
  • 赤ちゃんの母乳育児
  • 赤ちゃんが生まれた後には落ち着く暇もなくすぐに授乳というお世話が始まりますが、母乳育児をしたいと思っている人は出産後になるべく授乳の回数を多くすると母乳が作られるようになり、母乳育児を安定させることができるようになります。どのような人でも、出産をしただけでは母乳が勝手に出ることはなく、赤ちゃんがおっぱいを吸うという行為を繰り返すことで体の中で母乳が作られて、母乳育児ができるようになります。そのため [続きを読む]
  • ベビーアルテ|おむつケーキの専門店
  • ベビーアルテはおむつケーキの専門店で、出産ギフトなどで利用すると便利なお店です。おむつケーキの専門店とはいえ、おむつケーキ以外のものもとても人気があります。いままで出産ギフトというと、ベビー服などが一般的で、それはそれでもらって嬉しいものでしたが、趣味が合わないといった問題があったりサイズ選びが難しいという意見がよく聞かれていました。色々な問題があるとはいえ、それ以外の選択肢がなかったので、お互い [続きを読む]
  • 産み分け|ハローベビー潤滑ゼリー
  • ハローベビー潤滑ゼリーシリーズは「ハローベビーボーイ(男の子を授かりたい)」「ハローベビーガール(女の子を授かりたい)」やプレミアムシリーズがある産み分けサポートアイテムで、膣内のpH値を変化させることによって高い確率で男の子と女の子を産み分けることができる産み分けゼリーです。ただ、産み分けゼリーを膣に挿入して膣内のpH値を調節するだけで「なぜ男の子と女の子の産み分けが可能なのか?」という疑問を持たれる方 [続きを読む]
  • 男の子 産み分け|男の子の赤ちゃんを産みたーい!
  • 昨今、不妊治療がとても注目を集めています。それほど一昔前に比べ妊娠をする率は減ってきています。晩婚化や第一子の出産年齢が高くなっていることなどがその原因として挙げられますが、無事妊娠出産する課題をクリアできたとしても、その先にもう一つ越えなければならない問題が生じます。それが、男女の産み分けです。とりわけ男の子の産み分けについては需要が多い割には苦しむ人が多く、巷にはたくさんの産み分けの情報が溢れ [続きを読む]
  • 女の子 産み分け|女の子の赤ちゃんを産みたーい!
  • 女の子が欲しいと思っても、赤ちゃんは授かりものだから自分では選べないと多くの人が思っています。確かに妊娠や出産というのはとても神秘的なことで、自分でコントロールすることは難しいです。しかし、仕組みをしることで女の子の産み分けをすることは可能です。まず、赤ちゃんの性別は染色体によって決まります。男性はXY、女性はXXという染色体を持っているのですが、卵子はXの染色体を持ち、Xの染色体を持つ精子と受精すれば [続きを読む]
  • 12歳の子どもの成長
  • 12歳になると小学校を卒業する年で、いよいよ中学校へ入学します。この時期は身体は大人の体型へと向かって大きくなりつつあり、成長期の途中で身長や体重が一気に大きくなることもあります。第二次成長期を迎えている子が多く男女差が明らかになってきます。身体的にも精神的にも男女の差が大きくなり、男女関係では新しいステージが始まる時期です。女の子では12歳になると生理が始まっている子の数も増えてきて、男の子よりも第 [続きを読む]
  • 11歳の子どもの成長
  • 11歳は、いわゆる思春期、反抗期に突入する時期です。体の成長も目覚ましいですが、心や精神的な成長が見られる大事な時期でもあります。男の子であれば、平均身長は145.0cm、体重約38.3?、女の子の平均身長は、146.8cm、体重約39.0?と女子の方が若干成長が早いことも特徴です。著しく成長する時期であるため、個人差が出てきますが、健康状態に問題がなければ心配する必要はありません。体が成長するにつれて、この時期の子 [続きを読む]
  • 10歳の子どもの成長
  • 10歳という年齢は昔から子どもから大人への変換の時としてとらえられていました。それほど大きな変化があるのが10歳の子どもの特徴です。またこの時期になると個人差による変化も大きくなってきて、体つきはもちろん精神的な違いも大きくなってきて個性がはっきりとしてきます。10歳に入ると学校での勉強が具体的なものばかりだったのから、抽象的なものが登場するようになり、この時期を境に勉強でつまずく子どもが多いという特徴 [続きを読む]
  • 9歳の子どもの成長
  • 9歳の子どもの成長の特徴は自分一人の世界から、他人と関わる中での自分の立ち位置がわかってくる時期だということです。小学校に入るようになる頃から、友達付き合いが増えていきますが、友達と一緒にいても自分中心な世界で過ごしている子がほとんどです。それが9歳頃になると社会性が芽生えるのと共に、世界の中で自分はどのような存在なのかということを考え始めるようになります。そういったことを自覚することで他人の気持ち [続きを読む]
  • 8歳の子どもの成長
  • 8歳になると子どもの身長は120cm以上に伸びて、その後もどんどん成長する期間が続きます。成長の幅に個人差はありますが、平均すると年間で5cmは身長が伸びることになります。集団生活に体が慣れる頃でもありますから、免疫力が増して病気に強くなります。小さい頃は病気がちで体が弱かった子どもも、8歳になれば他の子どもと元気良く走り回れる可能性が高まるでしょう。元気の良さは服装にも表れ始めて、例えば薄着でも寒さを感じ [続きを読む]
  • 6歳の幼児の成長
  • 6歳になると幼稚園や保育園を卒園して小学校に入学する時期です。この時期の大きな特徴は保護者と離れて一人で身の回りのことができるようになる子が多いということです。小学校に入ると登下校はもちろん学校での生活では自立していることが求められます。先生もクラスに一人の担任のみとなり、勉強を教えてはくれますが身の回りのことは基本的に自分で行わなくてはいけません。こういったことが求められるのは、多くの6歳児が徐々 [続きを読む]
  • 5歳の幼児の成長
  • 5歳とは、小学校入学前の1年間で、体の発育や心の成長、知能の発達など成長が目覚ましい時期です。5歳から6歳の間に、体重は出生時の5〜6倍になり、6歳に近づくと18?を超える子どもが多くなります。身長は、男女ともに平均して約6?は伸びる子が多いです。5歳の終わりの時期には、身長や体重の個人差がかなり出てきますが、体のつくりが小さくても運動機能の発達が順調で、健康に問題がなければ心配する必要はありません。体の発 [続きを読む]
  • 4歳の幼児の成長
  • 4歳は平均身長が100センチを超え始める年齢で、1年の間で更に6センチの成長が期待できます。一方の体重は16キロ超と、大人にしてみればまだまだ軽めですが、それでも1年前よりは7キロほど成長することになります。身体機能がこれまでよりも高まるので、体を使った遊びに夢中になったり、元気良く走り回る姿を見ることができます。特に、足腰の成長が著しい年齢ですから、ジャンプして高い所に手を伸ばしたり、ブランコを漕ぐなどの [続きを読む]
  • 7歳の子どもの成長
  • 7歳は小学校に就学している年齢で、体と心の成長スピードが共に加速します。体育の授業を受けたり、外で遊ぶ機会が増える年齢ですから、食欲が高まって食事量が増えるでしょう。また、そうすると体重が増加するので、身体測定のタイミングで成長を確認できることが多くなります。成長は全身で起こりますが、7歳では脚を中心とした下半身が変化します。脚の骨が急速に成長するので、身長の伸びに驚くことが少なくなかったり、足のサ [続きを読む]
  • 七五三(7歳の女の子)
  • 7歳の女の子の七五三の着物は、大人と同じ、帯を締める装いになります。体格によって、四つ身、あるいは本裁ち四つ身という、子どもサイズに仕立てた祝い着を着ます。3歳の装いが簡単な被布と違い、帯をしめることで普段よりも大人っぽく見え、成長をひと際感じさせてくれます。とはいえ、まだ子供ではあるので、1日中着物姿のまま大人しくいてくれることは期待しないほうが良いでしょう。お参りや写真撮影は早めに終わらせて、 [続きを読む]
  • 七五三(5歳の女の子)
  • 一般的に現在の七五三は女の子の場合、3歳と7歳の時に行います。これは昔の風習であった「髪置きの儀」(3歳になると髪を伸ばし始める)、そして「帯解きの儀」(7歳になると帯を締め始める)を由来とするものです。したがって男の子の場合と異なり、5歳の女の子は七五三のお祝いを行わないというのが「正しい」ということになります。ただ、これはあくまで昔の風習に基づくもので、現在はそのような儀式が存在しなくなったため、5 [続きを読む]