osmo さん プロフィール

  •  
osmoさん: 大相撲 来場所予想番付 ブログ版
ハンドル名osmo さん
ブログタイトル大相撲 来場所予想番付 ブログ版
ブログURLhttp://finstr.blog73.fc2.com/
サイト紹介文大相撲の来場所番付予想を幕内〜序ノ口まで全て公開しています。
自由文幕内〜序ノ口までを網羅した番付予想を公開しています!
趣味で予想して楽しんでいるものですので実際の番付とは異なりますが、精度を少しずつ高めて行きたいと思いますので宜しくお願い致します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供36回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2014/02/13 12:18

osmo さんのブログ記事

  • H30 秋場所予想番付(序二段〜序ノ口)
  • 秋場所の予想番付を全て公開しております。(幕内、十両、幕下、三段目、序二段、序ノ口)今回は序二段と序ノ口を見てみましょう。まずは例によって人数の整理からです。今場所は引退力士が6名、うち3人は序ノ口での全休力士でした。序ノ口での全休は引退の3人以外に6人(計9人)と少し多めでしたね。という訳で、来場所の番付から12人が姿を消すことになります。そして新弟子はおらず、番付に復帰するのは再出世の2人だけで [続きを読む]
  • H30 秋場所予想番付(幕下〜三段目)
  • 秋場所の予想番付を全て公開しています。幕内、十両に続き、今回は幕下、三段目を見てみましょう。幕下です。若手の台頭も激しく面白くなってきている中、豊ノ島(東筆頭と予想)や豊響(東4予想)も上位に戻り再十両を目指す場所となりそうです。三段目優勝の鏡桜も西11枚目と予想、来場所も全勝ならばこちらも昇進が可能な番付まで戻るでしょう。期待の若手では琴鎌谷(予想は東14)も15枚以内に上がりそうです。幕下への昇進水 [続きを読む]
  • H30 秋場所予想番付(十両)
  • 秋場所の番付予想を公開しています。幕内に続き、十両の予想を公開致しました。今回は十両の番付予想についてです。前回の記事で述べた通り、幕内との入替は3人となりそうです。安美錦が東筆頭、以下、荒鷲、明生、矢後の順と予想しています。上位は余裕があり若干ですが番付運としては恵まれるケースが多くなりそうです。難しいのは下位です。どう組んでも誰かが割を食わざるを得ない状況となってしまいました。西10枚目に翔猿を [続きを読む]
  • H30 秋場所予想番付(幕内)
  • 名古屋場所は御嶽海が初優勝を飾りました。3横綱全員が相次いで休場、新大関の栃ノ心までが休場し、大関はカド番の2人だけになるという異常事態でしたが、見事に救ってくれたと言えますね。来場所は大関挑戦の場所、大いに期待したいところです。さて、秋場所の予想番付、まずは幕内から公開しています。 東西の関脇は8勝の逸ノ城、13勝の御嶽海をそのまま東西に据え置く予想と致しました。関脇が複数勝ち越した場合、長らく星 [続きを読む]
  • 新番付発表 幕下以下レビュー 平成30年名古屋場所
  • 名古屋場所の新番付を引き続き見ていきます。今回は幕下以下です。まずは幕下です。上位は引き続き楽しみな若手が揃っています。西筆頭から村田、極芯道、炎鵬、一山本と並びましたね。霧馬山も予想通りの西3枚目、若元春は西4枚目です。下位では、全勝の佐藤山が東56枚目(予想は西49)、1勝の朝興貴が東51枚目(予想は東59)といったあたりが予想とだいぶずれました。このあたりはちょっと意外でした。三段目との昇降ラインは [続きを読む]
  • 新番付発表 幕内・十両レビュー 平成30年名古屋場所
  • 名古屋場所の新番付が発表になりました。例によって、予想番付と比較して見ていきましょう。今回は、まず幕内と十両からチェックします。幕内です。新大関の栃ノ心は慣例通りで西大関の2番目となりました。三役以上は特筆すべき点なく予想通りに収まっています。西筆頭と予想した千代の国が西2枚目、琴奨菊と勢がそれぞれ西筆頭、東2枚目に入りました。その他は、順番が予想と逆の箇所が数ヶ所ある程度で、ほぼ予想通りの番付編 [続きを読む]
  • H30 名古屋場所予想番付(序二段〜序ノ口)
  • 名古屋場所の予想番付を全て公開しております。(幕内、十両、幕下、三段目、序二段、序ノ口)今回は序二段と序ノ口を見てみましょう。まずは例によって人数の整理からです。引退力士14人のうち番付外2人を除く12人が、来場所の番付からは姿を消します。序ノ口の全休は4人ですが、うち2人は引退で上記と重複しますので番付外への転落は2人です。ここまでで14人の減少。新たに番付に載るのは前相撲を取った12人。よって、来場所 [続きを読む]
  • H30 名古屋場所予想番付(幕下〜三段目)
  • 名古屋場所の予想番付を全て公開しています。幕内、十両に続き、今回は幕下、三段目を見てみましょう。幕下です。入替は3人に留まりました。昇進の可能性も考えられた村田は西筆頭、極芯道は東2枚目、一山本は西2枚目、炎鵬は東3枚目と予想します。西3枚目には幕下優勝の霧馬山が上がって来ると見ています。照ノ富士は東6枚目あたりには留まれそうです。豊ノ島は東7枚目と予想しました。三段目で全勝の唐津海が東30枚目、佐 [続きを読む]
  • H30 名古屋場所予想番付(十両)
  • 名古屋場所の番付予想を公開しています。幕内に続き、十両の予想を公開致しました。今回は十両の番付予想についてです。前回の記事で述べた通り、幕内との入替は3人と予想しています。明瀬山も上がれない星ではないですが枠が足りず東筆頭止まりでしょうか。続いて陥落の豪風が西筆頭、大奄美が東2枚目と続くと予想しました。上位から中位まで、それほどの不公平感や運不運なしに編成しやすい場所となりそうです。貴ノ岩は西11枚 [続きを読む]
  • H30 名古屋場所予想番付(幕内)
  • 夏場所で栃ノ心が大関昇進を決めました。優勝こそ鶴竜に譲りましたが、終始主役は栃ノ心という場所でしたね。鶴竜は初の2連覇ということになりました。さて、名古屋場所の予想番付をまずは幕内から公開しています。 大関昇進となる栃ノ心は慣例通りであれば西の2番目となります。関脇は逸ノ城、御嶽海で間違いのないところです。小結は筆頭で8勝の玉鷲は確定、残り1枠は2枚目で8勝の松鳳山でしょう。4枚目で9勝の正代を上げ [続きを読む]
  • 新番付発表 幕下以下レビュー 平成30年夏場所
  • 夏場所の新番付を引き続き見ていきます。今回は幕下以下です。まずは幕下です。上位には新十両を目指す若手が揃いました。千代の海が西筆頭(予想は東2)、木崎は東4(予想と同じ)、一山本は東5(予想は東6)、村田が東7(予想と同じ)にそれぞれ上がって来ました。ベテランの豊ノ島も東15(予想は東14)で、関取への返り咲きが可能な番付まで戻って来ましたね。常幸龍は西2(予想と同じ)まで一気に番付を戻しました。下位 [続きを読む]
  • 新番付発表 幕内・十両レビュー 平成30年夏場所
  • 夏場所の新番付が発表になりました。例によって、予想番付と比較して見ていきましょう。今回は、まず幕内と十両からチェックします。幕内です。前頭筆頭までは予想通りで特筆すべき点はありません。遠藤はようやく新三役ですね。玉鷲と魁聖はやはり残念ながら筆頭止まりとなりました。予想との差があったのは千代翔馬がさほど上げず東6枚目に留まりました。恵まれて西4枚目まで上がると予想していましたが、正代、琴奨菊の方が優 [続きを読む]
  • H30 夏場所予想番付(序二段〜序ノ口)
  • 夏場所の予想番付を全て公開しております。(幕内、十両、幕下、三段目、序二段、序ノ口)今回は序二段と序ノ口を見てみましょう。まずは例によって人数の整理からです。今場所は引退力士が少なくわずか4人、序ノ口の全休は引退力士を除いて3人ですから、番付から消えるのは7人です。ここに45人(前相撲の44人と三段目付出の木崎海)が加わりますので番付に載る総数は38人増えることになります。春場所は序二段が104枚、序ノ口 [続きを読む]
  • H30 夏場所予想番付(幕下〜三段目)
  • 夏場所の予想番付を公開しています。幕内、十両に続き、今回は幕下、三段目を見てみましょう。幕下です。上位陣はなかなか面白い顔ぶれが揃いそうです。千代の海が東2枚目、木崎が東4枚目、一山本は東6枚目、村田が東7枚目と予想しています。いずれも新十両を狙える楽しみな若手です。常幸龍が西2枚目あたりまで戻りそうですし、豊ノ島も十両復帰の可能性ある東15枚目と予想しています。優勝した肥後ノ城は西5枚目予想でこち [続きを読む]
  • H30 夏場所予想番付(十両)
  • 夏場所の番付予想を公開しています。幕内に続き、十両の予想を公開致しました。今回は十両の番付予想についてです。前回の記事で述べた通り、幕内との入替は4人と予想します。琴恵光、臥牙丸は星勘定的に弱く、本来は陥落やむなしの妙義龍、阿武咲とも入替はないのではないでしょうか。その琴恵光は東筆頭と予想します。力をつけている感じでもあるのでここで勝ち越してすっきり上がれると良いですね。十両上位はその影響もあり候 [続きを読む]
  • H30 夏場所予想番付(幕内)
  • 春場所は鶴竜が久しぶりの優勝を飾りました。白鵬と稀勢の里が不在の中ではやはり実力が一枚抜けていますね。とは言え苦しい時期を乗り越えての復活優勝は見事でした。高安は序盤の連敗が痛かったですね。タラレバですがそれがなければ最後にもう一つ盛り上がりがあったかもしれません。そして魁聖の活躍が場所を盛り上げてくれました。実力を発揮しきれずにいて歯がゆいところがありましたが、これで自信をつけて欲しいですね。さ [続きを読む]
  • 新番付発表 幕下以下レビュー 平成30年春場所
  • 春場所の新番付を引き続き見ていきます。今回は幕下以下です。まずは幕下です。東筆頭から白鷹山、若隆景、出羽疾風と並びました。大量7人が幸運な十両昇進を遂げる中、7枠目の候補とも思わた力士が上位です。そんな中でも陥落組が容赦なく下げられたのは少し意外で、東9枚目の豊響(予想は西5)、西10枚目の宇良(予想は東7)と全休力士には特に厳しい感じとなりました。三段目で全勝の魁勝は西12(予想は西10)、栃幸大は東 [続きを読む]
  • 新番付発表 幕内・十両レビュー 平成30年春場所
  • 春場所の新番付が発表になりました。例によって、予想番付と比較して見ていきましょう。今回は、まず幕内と十両からチェックします。幕内です。基本的にほぼ予想通りです。予想との差は半枚以内に収まりました。関脇は御嶽海、栃ノ心、小結に逸ノ城、千代大龍と並びました。以下、東4枚目まで予想通りの番付編成となっています。遠藤は東筆頭、上位総当たりですから盛り上げて欲しいですね。東4〜東7枚目までが組みづらいと述べ [続きを読む]
  • H30 春場所予想番付(序二段〜序ノ口)
  • 春場所の予想番付を全て公開しております。(幕内、十両、幕下、三段目、序二段、序ノ口)今回は序二段と序ノ口を見てみましょう。まずは例によって人数の整理からです。引退力士は序二段以上で11人、序ノ口の全休(引退の2人を含む)が6人ですから、番付から姿を消すのが17人です。注目の納谷をはじめ前相撲を取った14人がここに加わりますので、差引13 (修正) 3人の減少です。初場所は序二段が105枚、序ノ口が25枚、合計13 [続きを読む]
  • H30 春場所予想番付(幕下〜三段目)
  • 春場所の予想番付を公開しています。幕内、十両に続き、今回は幕下、三段目を見てみましょう。幕下です。異例の7名昇進となり上位で勝ち越した力士がごっそり抜け出しました。昇進の可能性も考えられた白鷹山と若隆景が東西の筆頭でしょうか。出羽疾風も東2、大成道は東3、極芯道は西4まで上がると予想します。十両からの陥落組が7人ですから、上位陣の半分を占める格好ですね。三段目優勝の魁勝は西10枚目と予想しています。 [続きを読む]
  • H30 春場所予想番付(十両)
  • 春場所の番付予想を公開しています。幕内に続き、十両の予想を公開致しました。今回は十両の番付予想についてです。前回の記事で述べた通り、幕内との入替は3人でしょう。旭大星は微妙なところではありますが東筆頭に留まると予想しています。豪風は西筆頭、安美錦は西2枚目と予想しました。初場所は残念でしたがまだまだベテランの再起にも期待したいですね。十両中位までは詰まっており、7〜9勝の力士ばかりで大きな変動のな [続きを読む]
  • H30 春場所予想番付(幕内)
  • 初場所は栃ノ心が初優勝を飾りました。元々怪我さえなければ力はある力士ですが、上位総当たりでの14勝は立派です。来場所は西関脇と予想しています。ここから大関を狙って欲しいですね。小結は東に逸ノ城、西には千代大龍と予想します。琴奨菊と遠藤は勝てば三役という千秋楽の取組でしたが敗れてしまいました。遠藤、玉鷲が筆頭でしょうか。2枚目は東に荒鷲、西は琴奨菊を残す手もあるものの、少し甘いですが宝富士と予想します [続きを読む]
  • 新番付発表 幕下以下レビュー 平成30年初場所
  • 初場所の新番付を引き続き見ていきます。今回は幕下以下です。まずは幕下です。上位には面白い顔ぶれが揃いましたので楽しみが多いですね。6枚目には炎鵬(予想も東6)と若元春(同西6)、東8枚目に村田(同東7)、東10枚目に千代の海(同東9)が上がって来ました。三段目で全勝の友風は東31(予想は東35)、露草は東51(同西50)。三段目との昇降では頂(西三11で4勝)が昇進で、禧勢ノ山(東49で3勝)が陥落となり、予想と [続きを読む]
  • 新番付発表 幕内・十両レビュー 平成30年初場所
  • 初場所の新番付が発表になりました。例によって、予想番付と比較して見ていきましょう。今回は、まず幕内と十両からチェックします。幕内です。玉鷲が関脇に復帰、小結は貴景勝、阿武咲の並び順となりました。予想では西小結で勝ち越した阿武咲の新関脇としていたのですが、西小結に据置、筆頭で11勝の玉鷲と貴景勝が優先となりました。平幕上位は東6枚目までは予想と同じです。北勝富士は予想通りですがまたも番付運悪く東筆頭止 [続きを読む]
  • H30 初場所予想番付(序二段〜序ノ口)
  • 初場所の予想番付を全て公開しております。(幕内、十両、幕下、三段目、序二段、序ノ口)今回は序二段と序ノ口を見てみましょう。まずは例によって人数の整理からです。引退力士は序二段以上で6人(少なめですが日馬富士がここに入っているのが残念)、序ノ口が2人です。序ノ口で全休は引退の増山を除いて3人です。従って番付から姿を消すのは11人ということになりますね。九州場所で前相撲を取った13人が加わりますので、差引 [続きを読む]