Ms. Satori さん プロフィール

  •  
Ms. Satoriさん: サトリ・カレッジ・プランニングへようこそ!
ハンドル名Ms. Satori さん
ブログタイトルサトリ・カレッジ・プランニングへようこそ!
ブログURLhttp://satoricollegeplan.blog.fc2.com
サイト紹介文アメリカの大学を目ざす人のためのニューヨーク発、進学・留学最新情報サイト
自由文アメリカから日本人にアメリカの大学留学/進学最新情報を提供、アドバイスしています。志望校リストの作成や願書、エッセイの書き方指導など大学入学までのプロセスをアシスト。希望者はメールで問い合わせを。→email:satoricollegeplanning@gmail.com
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供20回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2014/02/13 12:47

Ms. Satori さんのブログ記事

  • ロサンゼルスでのセミナーのお知らせ
  •       このたび初めてロサンゼルスでアメリカの大学進学準備セミナーを開催します。内容は普段よりも盛りだくさんです。   「SAT/ACTなどの最新情報」   「学年ごとの準備の進め方」   「合格に大切な要素」   「UCエッセイの書き方注意点」   「カリフォルニア州のファイナンシャルエイド」などを予定してます。参加費は$50ですが、お友達と二人以上一緒に申し込むと$40になります。お問い合わせ、お申 [続きを読む]
  • SATとSATサブジェクトテスト
  •                              今年からSATが8月にも実施され、新学期から11年生、12年生になるアメリカの高校生の間で受ける人が大変多かったようです。ただ忘れてならないのは、8月に実施された代わりに、来年から1月のSATが実施されなくなることです。これからSATを受けることになる11年生で特に難関大学を狙う人は、今年中に最初のSATを受けることをお勧めします。特にSATサブジェクトテス [続きを読む]
  • 大学ランキングの見方
  •             大学ランキングで一番影響力のあるのは、1983年から毎年発表されるUSニューズ&ワールド・レポートの大学ランキングです。このランキングに使われるファクターは、テストスコアーや合格率、卒業率、学生一人当たりに使われる金額などです。でも全体の約4分の1は、大学の大学学長や高校のガイダンスカウンセラーに大学を評価してもらって決まります。これはアンケートに答えた人の単なる印象で不確かなも [続きを読む]
  • 最新の出願用紙コーリション・アプリケーション
  •           今のところアメリカの大学に出願する大多数の人がコモン・アプリケーション(Common Application)という願書を使用すると思います。コモンアプリケーションを採用している大学は740以上にのぼり、アメリカの大学の他、海外でも例えば同志社大学国際教育インスティテュート(英語のプログラム)が採用しています。昨年度より新たにコーリション・アプリケーション (Coalition Application)が導入され、アイビーリ [続きを読む]
  • 最新の出願用紙コーリション・アプリケーション
  •                    今のところアメリカの大学に出願する大多数の人がコモン・アプリケーション(Common Application)という願書を使用すると思います。コモンアプリケーションを採用している大学は740以上にのぼり、アメリカの大学の他、海外でも例えば同志社大学国際教育インスティテュート(英語のプログラム)が採用しています。昨年度より新たにコーリション・アプリケーション (Coalition Application)が導 [続きを読む]
  • SNSの有効な使い方
  •     アメリカの大学出願にあたって、SNSの存在は見逃せなくなってきています。大学が志願者のSNSを見ることもあります。できるだけポジティブに活用したいものです。まず、ほとんどの高校生が実名でFacebookのアカウントを持っていると思います。友達しか見ることができないからと油断せず、悪い印象を与える写真などのポストはすべて消しましょう。逆にボランティアをしている時などポジティブな印象を与える写真は、積極的に [続きを読む]
  • SNSの使い方
  • アメリカの大学出願にあたって、SNSの存在は見逃せなくなってきています。大学が志願者のSNSを見ることもあります。できるだけポジティブに活用したいものです。 まず、ほとんどの高校生が実名でFacebookのアカウントを持っていると思います。友達しか見ることができないからと油断せず、悪い印象を与える写真などのポストはすべて消しましょう。逆にボランティアをしている時などポジティブな印象を与える写真は、積極的にポスト [続きを読む]
  • セミナー「ファイナンシャルエイドー基礎編」
  • いよいよセミナー「ファイナンシャルエイド〜基礎編」の開催が迫ってきました。ファイナンシャルエイドの申請をする場合、その家庭の収入や貯金額などで支払う学費が変わってきます。年間いくらくらいかかるか、大学ごとにわかる方法もお伝えします。 ただし、これはお子さんにアメリカ国籍か永住権のある人向けです。日時: 6月12日(月)午前10時45分から12時15分内容:「ファイナンシャル・エイドに関する知っておきたい用 [続きを読む]
  • 5月と6月のセミナーのお知らせ
  • 大変お待たせしました。5月6月とで二回セミナーを開催します。5月のセミナーでは、SNSの役割りなど最新情報をまじえアメリカの大学進学準備をどう進めればよいか解説します。6月のセミナーでは、ファイナンシャルエイドの基礎を解説します。これはお子さんがアメリカの国籍または永住権のある方向けです。二名以上が同時に申し込むと30ドルになります。参加希望者は、フルネームと子供の学年、緊急連絡先を添えてinfo@satoricolleg [続きを読む]
  • 速報! 2017年主要大学合格率
  • たくさんの大学の合否が発表されました。今年の合格率は去年とほぼ同じか、わずかに下がった大学が多いように思います。 サトリ・カレッジ・プランニングの詳細はsatoricollegeplanning.comをご覧下さい。そのサイトから質問にもお答えします。   大学名 2017年入学者合格率 2016年入学者合格率イェール大学     6.9%     6.3%ウィリアムズカレッジ 14.6% [続きを読む]
  • 速報! 2017年主要大学合格率
  • たくさんの大学の合否が発表されました。今年の合格率は去年とほぼ同じか、わずかに下がった大学が多いように思います。皆さんはどんな感想を持ちましたか?  大学名  2017年入学者合格率   2016年入学者合格率イェール大学     6.9%      6.3%ウィリアムズカレッジ 14.6% & [続きを読む]
  • 速報! 2017年主要大学合格発表日
  • 今年は暖冬かと思いきや、ニューヨークは今頃真冬に戻ったようなお天気が続いています。とは言っても3月14日のパイ(円周率3.14)の日にMITが合否を発表したのを皮切りに、レギュラーで有名大学に出願した人達の合格発表がいよいよ本格化します。主要大学の合格発表日をまとめてみました。サトリ・カレッジ・プランニングの詳細はsatoricollegeplanning.comをご覧下さい。そのサイトから質問にもお答えします。 合格発表日     [続きを読む]
  • (無題)
  • 今年は暖冬かと思いきや、ニューヨークは今頃真冬に戻ったようなお天気が続いています。とは言っても3月14日のパイ(円周率3.14)の日にMITが合否を発表したのを皮切りに、レギュラーで有名大学に出願した人達の合格発表がいよいよ本格化します。主要大学の合格発表日を表にまとめてみました。合格発表日     大学3月17日      ジョンズホプキンス大学3月18日      ミドルベリーカレッジ、ボストン大学3月20日頃  [続きを読む]
  • 東南アジアからのメール
  •            去年の12月にアーリーディシジョンで見事第一希望の大学に合格した私の生徒(東南アジアのインターナショナルスクール現12年生)のお母様T.O.さんから丁寧なお礼のメールをいただきました。大学はアメリカ東部にある名門大学です。サトリ・カレッジ・プランニングのサービス内容をホームページでも紹介してますが、利用者の立場からわかると思います。ご本人から許可を得て文面をそのまま紹介させていただき [続きを読む]
  • 2017−18年度コモンアプリケーションのエッセイ
  • 2017−2018年度コモンアプリケーションのエッセイ設問が発表されました。少し変更と追加があるせいか例年より早く発表されました。字数制限は変わらず650字です。2、3、5でイタリック体になっているのは変更された部分で、6と7は新たに追加された設問です。出願準備で最も時間とプレッシャーのかかるのがエッセイを書くことでしょうが、7はどんな内容で書いてもいいので、少し気が楽になりませんか。今年の秋から来年冬くらいに [続きを読む]
  • 面接の心得
  • レギュラーで出願した後に面接のできる大学があります。オプショナルと書いてあると面接をしなくてもいいと思うかもしれませんが、客観的に自分をよりよく知ってもらう良い機会です。その機会を逃さないようにしましょう。今の時期、大学のアドミッション・オフィスは大変忙しいので、面接は大学同窓生がする場合がほとんどでしょう。そのため単に自分の人柄を見てもらい、その大学に行きたいという意思表示をするために面接がある [続きを読む]
  • 超難関大学にアーリーで出願する場合
  •            毎年アーリーで出願した生徒の合否結果を見ると合格しやすいと実感します。ただ数校の超難関大学に関して言えば、アーリーでもかなり狭き門なのとあこがれだけで受ける人もいるので、そういう実感は持てません。難易度が非常に高い大学には世界各国から優秀な生徒が出願しますし、親の職業や地位を考慮にいれて選ばれることもあります。その大学に席を置くスタッフやレガシー(親がその大学の卒業生)、スポー [続きを読む]
  • 大人への第一歩
  • アメリカの学校では、冬休み前にお世話になった先生にお礼のカードやプレゼントを贈るのが恒例になっています。高校生にもなるとそういうことをしない人がほとんどでしょうが、大学出願のために先生に推薦状をお願いした人は、書いてくれたお礼とちょっとしたプレゼントをこの時期に贈ることをお勧めします。一人の生徒の推薦状を書くのはとても労力のかかるものです。今まで教えてもらったことへの感謝の気持ち、大学に合格不合格 [続きを読む]
  • SATサブジェクトテストは受けるべき?
  •    SATやACTを受けると同時に、SATサブジェクトテストも受けることを考えている人も多いと思います。英語、数学、科学、歴史、外国語の5分野で計20科目から選ぶことができます。一科目一時間800点満点で、同じ日に最高3科目まで受けることができますが、一年に一回しか受けられない科目もあるので、カレッジボードのサイトでスケジュールを確認し、いつ受けるか早めに計画を立てましょう。ここ数年の傾向として、SATサブ [続きを読む]
  • セミナー「ファイナンシャルエイドー実践編」
  •       2017−18年度大学用ファイナンシャルエイド申請でいくつか変更点があります。FAFSAの申請には今まで1月1日まで待たなければいけませんでしたが、10月1日から見ることができます。タックスの情報も前年度ではなく、前々年度のを使うことになります。一見小さい変更に見えるかもしれませんが、気をつけるべきことも変わりますので、セミナーではそれもお話したいと思っています。このセミナーはアメリカ国籍か永住権を所 [続きを読む]
  • SAT実施月の変更
  • SATの内容やスコアが今年(2016年)3月から変わったことは皆さんご存知の通りですが、来年から実施月が変わることに気づいてない人が多いようです。今回は現行の実施月、2017年とそれ以降の実施月をお知らせします。          従来のSAT実施月ー1月、3月、5月、6月、10月、11月、12月2017年度SAT実施月ー1月、3月、5月、6月、8月、10月、11月、12月2018年度以降のSAT実施月ー3月、5月、6月、8月、10月、11月、12月例年最 [続きを読む]
  • 新しいSATと古いSATスコアの比較の仕方
  • 8月、9月はアメリカやインターナショナルスクールに通っている人にとっては新しい学年の始まりになります。9月や10月にSATやACTを受ける人はその勉強に拍車のかかる時期だと思います。アメリカの大学はSATでもACTでもどちらでも受け付けます。どちらを受ければ有利ということはありませんので、高い得点がとれる方のテストに集中して勉強することをお勧めします。過去問題を解き採点し比較したり、KaplanやPrinceton Reviewなどが [続きを読む]
  • 大学独自のエッセイをどう書く?
  •           アメリカの大学に留学、進学するみなさん、各大学の出願用エッセイ設問が発表されてきています。アーリーで出願する人はコモンアプリケーションのエッセイを仕上げたら、すぐに大学独自のエッセイにとりかかりましょう。出願がまだ先の人も入学したい大学がどんなエッセイ設問を出しているか目を通しておくと、いざ書こうとする時にあわてません。2016年度のエッセイ問題をいくつか紹介します。ここで紹介する [続きを読む]
  • スタンフォード大学のエッセイ
  •                 スタンフォード大学を志願する人は、コモンアプリケーション用のエッセイ以外にかなり多くのエッセイを書く必要があります。その中の一つにIntellectual Vitalityを問う設問が例年あります。これは志願者の知的好奇心、知的探究心が旺盛かを問うエッセイ設問です。スタンフォード大学や難関大学を受ける人には、学校の勉強以外でも何か知的なことに興味を持ち追究する態度が求められます。この設 [続きを読む]