ALEXIS さん プロフィール

  •  
ALEXISさん: ジョギング&ボクシング
ハンドル名ALEXIS さん
ブログタイトルジョギング&ボクシング
ブログURLhttps://ameblo.jp/arg31/
サイト紹介文趣味のジョギングとボクシング中心のブログです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供131回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2014/02/14 21:41

ALEXIS さんのブログ記事

  • 嵐の中の三大世界戦予想
  • いよいよ明日に迫ったエンダムVS村田PART2 比嘉大吾と拳四朗の防衛戦を含め予想を。 アッサン・エンダムVS村田諒太 世界的にも論議を呼んだ前回の対戦から5か月。 村田が遂に世界王座に着くことになる。 前回の対戦で両者の実力差に開きがあることは明白。 最後まで完璧なゲームを貫徹した村田に対し、異常な裁定が下っただけ。 1〜2Rまでオンガードのまま手を出さなかった村田だが、スタートから完全に相手の距離 [続きを読む]
  • 勅使河原弘晶輪島ジム初の王者へ
  • フジテレビHDDチェック 先日行われたWBOアジアパシフィックタイトルマッチ。 王者ジェトロ・パブスタンに挑んだ勅使河原弘晶がスリリングな展開の末、10RTKOで輪島功一スポーツジム初のベルトをもたらした。 王者パブスタンは、同じ比国の元世界王者マーロン・タパレスを彷彿とさせるサウスポーの強打者。 この王者に対し勅使河原は持ち味の強気のスタイルでスタート。 独自のリズムから強めの左、前へ出る王者に対 [続きを読む]
  • 傷だらけの天使ロケ地巡り第二弾
  • 「傷だらけの天使」ロケ地巡り第二弾。 まず車中で友人が持参したDVD(太陽にほえろマカロニ刑事)を見てテンションを上げる。 まず向かったのは、記念すべき第一話「宝石泥棒に子守唄を」修が警察官に追われる歩道橋。当時の面影がたっぷりと残っていた。 お次は第七話「自動車泥棒にラブソングを」亨が自動車を盗んだ病院前の通り。原宿の人通りの中カメラを構えるおっさん二人。傷天知っている若者いないだろうな。 そ [続きを読む]
  • 河野公平香港で惜敗。石田、近藤海外で王座に挑む
  • 先日香港で開催されたWBO世界SF級1位レックス・ツオVS元世界王者河野公平の一戦は、負傷判定で地元ツオの勝利。 動画をチェック。 河野もアウェーの中健闘したが、あと一歩及ばなかった。 ツオねぇ〜。一見ミハレスの様なスタイルもミハレスほどのスピード、切れはない。 膝を柔らかく使い自身の体勢を低くし、相手のボディーを狙う。なかなかクラシカルスタイルに懐かしさを感じるが、如何せんパワーレス。 そしてフィ [続きを読む]
  • 清水聡プロ入り4戦目でOPBFタイトル獲得
  • フジテレビON AIRチェック 10月2日に行われたOPBFフェザー級タイトルマッチ王者は竹中良を番狂わせの逆転KOで破ったノ・サミュング。挑戦者はロンドン五輪銅メダリストの清水聡。 プロキャリアは4戦目の清水聡だが、格の違いを見せつけた。 1R、179cm長身の清水に対し、ノも長身だがスタイルは好対照。懐の深いサウスポー清水に対し、頭から突っ込んでくるノ。悲しいことに届かない。清水は軽い右と強い右を使 [続きを読む]
  • 天才ボクサー マンド・ラモス
  • 未だWBCはネリへの裁定を発表していない。 これだけ長引くという事は、メキシコ人のネリを助けようとする意志が有るのだろうが、WBCはこのスポーツを終わらせたいのかな? 話が変わって私はクラシカルファイトを見るのが好きだが、最近この選手の画像を見ることが多い。 元世界ライト級王者マンド・ラモス。 1968年、若干20歳で世界王座に就いた文字通りの天才ボクサー。 175cmの恵まれたフレームから繰り出す左 [続きを読む]
  • 私選。PFPランキング
  • 未だネリへのWBCの裁定が出てないが、現時点での自分のPFPランキングを。 1位:ワシル・ロマチェンコ2位:ギジェルモ・リゴンドウ3位:ゲンナディ・ゴロフキン4位:テレンス・クロフォード5位:カネロ・アルバレス6位:マイキー・ガルシア7位:井上尚弥8位:デオンティ・ワイルダー9位:ホルヘ・リナレス10位:山中慎介 1位のロマチェンコは自身のクラスでは飛びぬけたレベル。彼との対戦では皆すべて無力化し [続きを読む]
  • 山中慎介RING誌王者へ復帰!ネリはランク外へ 
  • 現時点でのWBC世界バンタム級王者ルイス・ネリ。 7月下旬に受けた抜き打ち検査で「ジルパテロール」の陽性反応が出ていたが、やはり予備検体であるBサンプルからも薬物の陽性反応が出たとの事。 報じたリングマガジン(電子版)は、山中慎介のRING誌王者への復帰を表明。 バンタム級のレイティングからルイス・ネリの名前を消した。この処置は当然。 WBCも今週末に裁定を発表するとスライマン会長が明言。 ほぼ先日の山中VS [続きを読む]
  • アンドレ・ウォード引退! PFPランクは?
  • PFPNO.1のアンドレ・ウォードが引退を表明。 今年7月にセルゲイ・コバレフとのダイレクトリマッチを8RTKOで制したばかり。 幼少のころからのキャリアだが、未だ33歳。 アマで115勝5敗(アテネ五輪LH級金メダル)プロで32勝(16KO)(SM,LH二階級制覇) 卓越した技術で終ぞ底を見せなかった。 キャリアの中で2年間のブランクからのカムバックも有ったので、復活も有るのかな? RING誌PFPもこのウォード引退に即反応。 1位:ゲンナ [続きを読む]
  • 勝利したリナレス肋骨を折っていた・・・。
  • 昨日行われたWBA世界ライト級タイトルマッチ。 2-1の判定で無事ホルヘ・リナレスが防衛に成功したが、 何とリナレスは4Rに肋骨を折っていたとの事。 私のTV採点は下記。 見事に4Rからキャンベルペースになっている。 リナレスキャンベル1R1092R1083R1094R9105R9106R9107R9108R1099R10910R91011R10912R109計115112 途中何故リナレスのパンチが単発になっているのか不思議だったが、納得。 但しそん [続きを読む]
  • リナレス五輪金メダリストからダウン奪い判定勝ち
  • 米国ロサンゼルスで開催されたWBA世界ライト級タイトルマッチ。 王者リナレスが五輪金メダリスト1位のルーク・キャンベルから値千金のダウンを奪い判定勝ち。2−1の辛勝だった。 試合前にレジェンドジェイク・ラモッタ氏の追悼10カウント。やはり米国リングは成熟している。 1R、身長差を感じさせない程、リナレスの踏み込みが早い。キャンベルはリナレスのパンチを警戒し、左ガードを固める。軽い右をけん制するが、リナ [続きを読む]
  • ゴルフ。何故かアイアンセットを
  • 今月初旬に山梨県へゴルフに行った。 コースも素晴らしく旧友とのラウンドは楽しかった。 但しスコアは今までのワースト。 ラウンド回数は多くはないし、途中ブランクも有るがキャリアだけは相当長い。 もう自分の中でゴルフだけは上手くならないと結論は出ている。 但し思うところあって20年以上変えていなかったアイアンセットを買い替え。 今まで使っていたのは、JOEキャビティ!軟鉄で芯を食った時の打感は良く愛着があった [続きを読む]
  • 10月22日衆院選挙。どうなる村田戦中継
  • 10月22日衆議院総選挙が決定。 という事は・・・。 10月22日両国で開催の村田諒太VSアッサン・エンダム因縁の再戦とモロ被り!村田戦を中継することが決まっていたフジテレビはどうする? まず20時〜選挙特番は決まりだろう。 それとも村田戦を中継し字幕で選挙結果を流す? どう考えてもそれはないので、BSフジテレビで放映かな? 入手したチケットには、15時半開場、16時半試合開始と記載してある。 日曜日開催と [続きを読む]
  • 岩佐亮佑にフェラーリが贈られる!
  • 先日待望の世界王座を獲得した岩佐亮佑に後援者から何と フェラーリ458スパイダーが贈られたとか!! お値段約3000万円と中古でも高値。まさに世界中で巻き起こっているフェラーリバブルそのものの価格だ。 しかし世界王者=スーパーカーという図は良いな。 最近はやたらと庶民的というか若者が車自体に興味がないためにこのようなケースがないように思う。 報酬が違うといえばそれまでだが、プロ野球選手たちに比べると寂 [続きを読む]
  • ロマチェンコvsリゴンドウ頂上対決実現!
  • 同じ時代に生まれた神同士。 ワシル・ロマチェンコとギジェルモ・リゴンドウがついに拳を交える。(12月9日) ワシル・ロマチェンコ:アマ戦績396勝1敗北京(Fe)、ロンドン(L)で連続五輪金メダル。プロ戦績9勝(7KO)1敗3戦目で世界王座(WBO.Fe)獲得。7戦目で二階級制覇(WBO.SFe) ギジェルモ・リゴンドウ:アマ戦績不明(243勝4敗?)シドニー(B)、アテネ(B)で連続五輪金メダル。7戦目で世界王座(WBA.SB)獲得。現 [続きを読む]
  • GGGvs.カネロ(結果)
  • 米国ラスベガスで開催されたGGGVSカネロの一戦は、三者三様のドローとなった。 1R開始。カネロもミドルの身体で少々重い感も有るが、足を使ってスタート。GGG相手では当然の策。GGGも左は伸びる。左のスピードは断然カネロだが、上体をうまく使いスピード差を感じさせない。GGGの重そうなパンチをかわして瞬時にパンチを打つカネロ。右のアッパーカウンター、ワンツーを放つカネロ。スピードで上回ったカネロの1 [続きを読む]
  • ボクシング専門誌(2017年10月号)
  • 「ボクシングマガジン」「ボクシング・ビート」最新号購入。 表紙はいずれも米国デビューを飾った井上尚弥。 「ボクシングマガジン」井上VSニエベス戦評。井上に対する期待の大きさから少々辛口だが、防御一辺倒のニエベスのスタイルに対しあれ以上どうしろというのかな? ネリVS山中戦後の薬物騒動も詳しく掲載されているが、その後のWBCの措置が遅すぎる。 謎の?世界王者木村翔インタビュー:NG無しの選手なので強気 [続きを読む]
  • 田中恒成 拙戦。王座統一戦消滅?
  • 大晦日にライバル王者田口良一との王座統一戦を宣言している田中恒成だが、予想外の拙戦を演じてしまった。 田中恒成VSパランポンCPフレッシュマート(WBO−LF) 1R試合開始。パランポンはムエタイ独自のリズムを持ち、迎え打ちのスタイル。ただ首も細く長く打たれ脆そう。 しかしゴング前、パランポンの右を直撃された田中がまさかのダウン。 両足が揃った処に食らったパンチでさほどダメージは無かったが、2Rから [続きを読む]
  • 岩佐念願の世界王座へ
  • 注目の日本人対決は岩佐が3度のダウンを奪い完勝。6RTKOで念願の世界王座に就いた。 相性というのはかくも試合に影響するものなのか・・・。 小國もややベタ足で強いパンチを打ち、岩佐を止めるべくスタートしたが、絶好調の岩佐は持ち前のイーグルアイで小國のパンチを全く食わない。 1R早くもモーションの無い左でダウンを奪った岩佐。 2Rには何と2度のダウンを追加。 小國は全く岩佐のパンチが見えていなかった。 [続きを読む]
  • 井上尚弥米国デビュー。ロマゴンは?(結果有り)
  • 井上尚弥が米国でついにそのベールを脱いだ。 WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ。 王者井上尚弥VSアントニオ・ニエベス。 1Rから米国ファンにインパクトを与えるべく、井上はフルパワーでスタート。 繰り出す左もしっかりとダメージを与える類の物。 ニエベスは自身の短躯なフレームを利し、ガードを固めまくり。 正に打つ所が無いが、そこは天才井上。ピンポイントで左のレバーを叩く。 ニエベスの表情には明らか [続きを読む]
  • ホルヘ・リナレスVS五輪金メダリスト
  • WOWOW怒涛のボクシング中継ラッシュ。 米国有料テレビの感覚からするとコスパが半端でないな。 トリを飾るのはホルヘ・リナレス! WBA世界ライト級タイトルマッチ ホリヘ・リナレスVSルーク・キャンベル 何とも手強い難敵との対戦だ。 ルーク・キャンベル。 言わずと知れたロンドン五輪金メダリスト。(清水聡に勝利) プロ入り後、イバン・メンディにダウンを喫し、惜敗したが、通算戦績17勝(14KO)1敗と順調に [続きを読む]