hisao-chugun さん プロフィール

  •  
hisao-chugunさん: 企業内診断士として
ハンドル名hisao-chugun さん
ブログタイトル企業内診断士として
ブログURLhttp://hisao-chugun.blogspot.jp/
サイト紹介文(企業内)中小企業診断士として考えたこと、活動したこと。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供14回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2014/02/15 18:22

hisao-chugun さんのブログ記事

  • 【研究会】企業経営研究会で発表をしてきました
  • 昨年末ころから、定期的に「企業経営研究会」に参加しています。7月29日、この研究会で登壇する機会がありました。診断士6名が、『診断士として活動の幅をどう拡げ、深めていくか』の統一テーマのもと、それぞれが独自のテーマで話をしました。僕は企業内診断士という立場から「企業に勤務しながら診断士として実力をつける」とのお題を与えられていましたが、実力がついている確信がないので(苦笑)、「『企業に勤務しながら診断士 [続きを読む]
  • 【雑記】ACC INFORMATION に寄稿しました
  • 台東区に本社を置き、東京の城北支部を中心に展開している金融機関に朝日信用金庫があります。そちらが主体となって運営している財団「朝日中小企業経営情報センター」が地元中小企業の経営者向けに年二回発行しているのが、『ACC INFORMATION(情報誌)』になります。6月に発行された38号(NO38)に、『組織が好転する 経営者のための陽転思考入門』を寄稿しました。このテーマはもともと、城北支部のプロコン塾を受講していたとき [続きを読む]
  • 【雑記】城北プロコン塾5期がスタートしました
  • 6月24日、東京都中小企業診断士協会城北支部の「城北プロコン塾」5期がスタートしました。2年前、3期生として受講し、昨年4期は事務局長として運営に関わってきました。今期は、事務局長はお役御免となりましたが、支部の能力開発推進部のプロコン塾担当副統括として引き続き関わりを持っていきます。城北プロコン塾の特徴は「書く」に重点を置いていることです。他の支部、協会のプロコン塾はどちらかと言えばプレゼンに力を入れ [続きを読む]
  • 【雑記】城北プロコン塾 4期が修了しました
  • 3月18日(土)、昨年6月にスタートした「城北プロコン塾」第4期が修了しました。東京都中小企業診断士協会城北支部主催のプロコン塾です。「プロコン塾」というネーミングは余り好きではないのですが(苦笑) ようは「プロフェッショナルコンサルタント養成塾」のことです。中小企業診断士としてのスキル・ノウハウを身に付けて、(将来的には)独立してやっていくための講座です。いえ、すでに独立されている方も、ブラッシュアップ [続きを読む]
  • 自己紹介(プロフィール)
  • 2017年3月15日追記会社員、 中小企業診断士、 和田式陽転エデュケーター、ライター-- sometimes  ビジネス書書評ブロガー、 セミナー・講演会プロデューサー、昭和40年生。水戸第一高等学校、明治大学政治経済学部経済学科卒業。間で、代々木ゼミナールに3年ほど通う。〈会社員〉現在所属している会社では、経理課として主に管理会計、助成金の精査、金融機関窓口などの業務を担当。〈中小企業診断士〉東京都中小企業診断士 [続きを読む]
  • 【執筆】道経塾107号に寄稿しました
  • 道経塾107号(平成29年3月発行)に寄稿しました。『継がせる覚悟、継ぐ覚悟』のコーナーです。石坂産業株式会社の2代目社長・石坂典子さんにお話を伺ってまとめています。石坂産業は、埼玉県西部にある産業廃棄物処理会社ですが、「脱産廃屋」を掲げ、さまざまな取り組みをされています。ただ今回は、「事業承継」に焦点をあて、どのような経緯で2代目に就任したのか、その過程では、どんな想いを抱いていたのか。葛藤はなかったの [続きを読む]
  • 【雑記】「中小企業診断士紫紺会」の設立総会&パーティを開催しました
  • 9月3日、明治大学関係者の中小企業診断士の会「中小企業診断士紫紺会」の設立総会&パーティを開催しました。会場はリバティタワー23Fの宮城浩蔵ホール、そこに40名弱の方にお集まりいただきました。昭和40年代卒の方から平成20年大卒の方まで、幅広い年齢層が集まりました。「参加したいけど、その日は予定が……」という方もいらしたので、ほぼ40名強での船出となりました。2年ほど前、同期合格の友人から「明治って、早稲田(稲 [続きを読む]
  • 【コラム】会社を好転させる「陽転思考」のススメ
  • 東京都中小企業診断士協会城北支部の研究会、「企業内診断士フォーラム(KSF)」に所属しています。先般、その研究会のホームページに、コラムを執筆しました。こちらになります、⇒ KSF WEBテーマは、城北プロコン塾の卒塾レポートのテーマでもある「陽転思考」です。少しだけ修正をして全文、転記しました。コラム内では字数の関係もあって触れていませんが、この「陽転思考」は、僕の師匠である和田裕美さんから学んだものです [続きを読む]
  • 【研究会】「主催者から見たセミナー集客法」についてお話してきました
  • 4月10日、所属している研究会「HRC」で 「主催者から見たセミナー集客法」 というお題で発表をしてきました。 いままでいくつかセミナーを主催しています。自主勉強会も月一回開催で7年続けていきました。そうした経験から学んだことをまとめてお話しました。 「こんなことを考えてセミナーを主催してきた」 という話をしたのですが、実際は今回のオファーをもらってから 「どんなことを考えて主催してきた [続きを読む]
  • 【雑記】(東京都診断士協会)城北プロコン塾を修了しました
  • 昨年7月から受講してきた、東京都診断士協会城北支部主催の「城北プロコン塾」を修了しました。座学中心の講義でしたが、全10回、休むことなく(1回早退しましたが)受講してきました。何を学なんだのか、と問われると明確に答えられないのがもどかしいのですが、診断業務における財務の大切さを痛感させられ(それは力不足も痛感させられたということです)、事業再生に関わるには相当の覚悟を持たないといけないということを感じ [続きを読む]
  • 【実務】経営支援−企業診断報告書作成−が一件終了しました
  • 昨年の11月から関わってきた診断案件の報告会が先日、行われました。掛かりきりになっていたわけではありませんが、やはりいつもどこかで気になっていたので、肩の荷が下りたような感覚です。僕はあるパートを担当しただけでしたから、リーダーはもっと神経を使ったと思います。守秘義務がありますから、ことの詳細は書けないわけですが、僕自身、診断実務の経験値が低いので、今回の経験を通して気づいたことを簡単に、書ける範囲 [続きを読む]
  • 【雑記】振り返りと今年の展望と
  • 2016年を迎えました。2013年10月に診断士登録をして、2年以上が過ぎたことになります。いろいろ体験させてもらっていますし、全く考えてもいなかったような素晴らしい経験もさせてもらっています。一方で、やりたいと思っていたのに全く手つかずなこともあります。自分でチャンスをつかみにいかなかったこともあります。しかしそれ以上に、今の僕では力不足で手を出せなかったというほうが真実に近い気がします。今年、今までやっ [続きを読む]