佐保 さん プロフィール

  •  
佐保さん: 50代から輝ける癒しの旅
ハンドル名佐保 さん
ブログタイトル50代から輝ける癒しの旅
ブログURLhttp://dayrailtravel.blog.fc2.com/
サイト紹介文日帰り一人旅、勉強、趣味に向かって一歩踏み出すと新しい世界が開けます!
自由文日常から一歩足を踏み出しただけで新しい世界が広がっています。心地よい揺れに浸りながら車窓から眺める景色。風の音に耳を傾けながら、澄んだ空気を胸いっぱい吸い込んで歩く小道。時には動物たちを触れ合いぬくもりを実感する。そんな小さな旅の姿も一つです。また今だからこそやってみたいことへの挑戦だってできます。人生遅いなんてことはありません! 目の前の小さなことから始めてみませんか! 毎日が光り輝きます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供3回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2014/02/15 19:16

佐保 さんのブログ記事

  • しばらくお休みです^^
  • 本当に長い間空いてしまいました_(._.)_長い間住んだ家を離れまして、新しい生活に向けて準備しています。小さいころから片づけ下手(言い訳(^_-))で、かなりの量がたまっていました。まぁ、断捨離の大変なこと(:_;)自分の責任ですが。年齢を重ねるとともに、今後の人生を深く考えるようになります。どんな最期を送りたいか。そのためにこれからどんな生を歩んでいきたいか。本格的に新しい形での生活を始めてからになると思いま [続きを読む]
  • ■千葉県勝浦市「花野辺の里」
  • 勝浦市 −花野辺の里−天候が安定しない日々が続いていますね。暑さ嫌いの私は、「一気に寒くなれぇ」なんて思ってしまいますが??日頃何気なく感じたことなども書いてみたいと思いつつ、このlogに入れこもうか、新たに作ろうか……悩んでいるわりには全く進んでいない状況です??今回は、勝浦にある「花野辺の里」をご紹介します。「花野辺の里」は2005年2月に、勝浦駅の北側の丘陵地に開園しました。四季の草花が咲き乱れ、樹 [続きを読む]
  • ■千葉県勝浦市「八幡岬公園」
  • 勝浦市 −八幡岬公園− 今回は、勝浦駅から2キロほどの岬の先端に位置する「八幡岬公園」をご案内いたします。公園は太平洋に突き出たこの険しい半島に広がっています。この地にはかつて勝浦城が築かれていました。三方が海で囲まれている断崖絶壁の地形がすごい!JR外房線勝浦駅を背中に立つと、右手に「勝浦駅前観光案内所」があります。「八幡岬公園」までは、右手の通りを真っ直ぐ歩いて海が見えたら左手を見ていただくと樹 [続きを読む]
  • ■千葉県勝浦市「鵜原理想郷」
  • 勝浦市 −鵜原理想郷− だいぶ日にちが空いてしまいました。5月に10年ぶりに大風邪を引いてしまいました(涙)39度5分も熱が出たのは本当に久々でした。winのupが勝手に出ていたのをずっといい加減に先送りにしていたら、高熱のときつけっ放しのPCが勝手にupはじめて、操作する気力もなくupされてしまいました。風邪が治りかけたとき、外付けのHDDが壊れてしまいました。写真はほとんどその中。USBに入れてあるものもあったので [続きを読む]
  • ■館山を巡る −沖ノ島・赤山地下壕跡・城山公園
  • 館山をめぐる vol.1 − 沖ノ島 −今回は、千葉県の館山に位置する周囲1キロほどの小さな無人島!“沖ノ島”をご案内いたします。沖ノ島は、JR内房線館山駅から海岸線を南西に4.5キロほどところにある陸繋島(りくけいとう)といわれる島です。陸繋島とは、大陸や大きな島と砂州(さす)で陸続きになった島のことで、沖ノ島は、陸地と島が200メートルほどの砂浜で結ばれていますので歩いて渡れます。沖ノ島までのアクセスは、館山駅 [続きを読む]
  • ■銀座の神社をめぐる
  • 銀座 開運神社めぐり − 銀座No.1のパワースポットから縁結び子育てまで −お洒落な街、華やかな街、ブランドの街……銀座という地名から思い浮かぶ言葉はきらびやかなものが多いですが、今回は銀座に点在する神社をご案内いたします。路地裏の神社など迷いやすいところもありますので、中央通りからのルートをご案内いたします。銀座の道路の名称は、ちゅうおうナビでご確認ください!では、普段とは異なる銀座の顔をご覧くださ [続きを読む]
  • ■演劇 『National Theatre Live IN JAPAN 2016』
  • − 橋からの眺め (A View from the Bridge)−ナショナル シアター ライヴ2016もすでに3作目に入りました。何か所かのTOHOシネマズで4/8(金)〜4/13(水)まで6日間上映されています。昨年、2016年度の6作分のチケットを、このカンバーバッチのクリアファイル欲しさに購入しました。少し割安になってはいるのですが、ネットで座席を取ることができず、面倒な思いをしています。2日前の夜中の12:00なら好きな席取れますが、引き換 [続きを読む]
  • ■2016年 江東区の桜
  • 2016年 江東区の桜 −仙台堀川公園−仙台堀川公園は、江東区にある親水公園で、総延長3700メートルにもおよびます。最寄り駅は、都営新宿線の大島駅、地下鉄東西線の南砂町駅、東陽町駅などです。公園には桜の名所が何か所もあって、ソメイヨシノは300本、その他50本ほどが植えられています。公園の東側に続く900メートルの桜並木は圧巻です。毎年桜祭りが催されています。きれいに撮れていないのですが、提灯がともされた夜桜の [続きを読む]
  • ■2016年 江東区の桜
  • 2016年 江東区の桜 −猿江恩賜公園−猿江恩賜公園(さるえおんしこうえん)は、1932年の開園した江東区猿江にある都立公園です。ソメイヨシノが165本、そのほか35本ほどの桜が植えられていますので、この時期はかなり見応えがあります。最寄り駅は、東映新宿線・半蔵門線住吉駅が一番近いですが、JR錦糸町からも15分ほどで歩けます。ここまでは新大橋通りをはさんだ北側です。地図南側のティアラこうとう(江東公会堂)側にも公 [続きを読む]
  • ■2016年 江東区の桜
  • 2016年 江東区の桜 −大横川−速いものでもう4月に入りました。3月は気温の変化が激しく、日々見つめる桜の蕾の膨らみ方もなんとなく微妙でした。今回は大横川の桜を何枚かアップします。大横川は、墨田区の業平橋付近から南に向かって流れています。竪川や小名木川、仙台堀川と交差して、江東区木場付近で西に流れが変って久川と交差します。そして最終的には隅田川に合流しています。大横川沿いには、何か所が桜の名所がありま [続きを読む]
  • ■−輝くシニア− 今こそ勉強
  • 『今、大学です!』 vol.14ー 大学生活終了!! −とても長い期間ブログから離れていたような気がします。生活も精神的にもバタバタしていて、小さな旅からも遠ざかっていましたが、また少しずつ生活のリズムを取り戻そうと思っています。あっという間に2年という歳月が流れ、苦しくもあり厳しくもあり、でも最高に楽しかった大学生活が終了しました。昨日卒業式に出席して、自分なりに区切りを付けることができてホッとしている反 [続きを読む]
  • ■2016年 第92回 箱根駅伝 復路
  • − 第92回 箱根駅伝復路観戦 −昨日に引き続き、復路の応援に行ってきました。7区と10区です! 今回は想像もしていなかった超嬉しいハプニングに、ずっとhighになっていました(^.^)なんと、なんと、青学の神野君が、7区の選手の応援に来ていたのです。その距離わずか5,6メートル。こんな偶然はまずありえないので、写真を撮らせてもらいたいと思ったのですが、今日は疲れているだろうなぁとか、仲間と一緒のところ声をかけたら悪 [続きを読む]
  • ■2016年 第92回 箱根駅伝 往路
  • − 第92回 箱根駅伝往路観戦 −あけましておめでとうございます!新しい年がはじまりました。今年も新たな気持ちでほんの少しでいいから前進していきたいと思っています。元日は、ニューイヤー駅伝の応援、今日は箱根駅伝往路の応援に行ってきました。毎年ほぼ同じパターンで行動していますが、飽きることなくいつも新鮮です!大手町駅から地上に出ると、ごった返す人混みの中に鳴り響く応援歌や太鼓の音色にハッと目が覚める思い [続きを読む]
  • ■−輝くシニア− 今こそ勉強
  • 『今、大学生です!』 vol.13久々のブログです。今週のはじめに卒論を郵送してやっと片が付きました。バンザ〜〜イヽ(^o^)丿 と、ホッとしてウキウキするはずでしたが…… 一気に気分が落ちてしまい、パソコンに向かえばゲームばかり、しなければならないことはしたくないので、厭々ながらという感じになってしまい、自己嫌悪です??昨年からかなり真面目に勉強してきた?から? ガラッと生活スタイルが変わってのめり込んでき [続きを読む]
  • ■八王子市 金剛の滝・今熊山
  • 八王子を歩く 金剛の滝・今熊山 vol.2■今熊山に向かう■金剛の滝を満喫したので、“今熊山”に向かいます。遠足などでも人気がある今熊山の標高は505.7メートル。ルートはいくつかありますが、金剛の滝から登れる路を進みました。ハイキング気分で!でも…… かなり急な段が続きます。狭いところをカーブしながら登っていると、すぐに息が切れてきます。やっと平らな道に出ました。右に曲がって直行します。と、、、、 左手は [続きを読む]
  • ■八王子市 金剛の滝・今熊山
  • 八王子を歩く 金剛の滝・今熊山 vol.1■八王子の秘境 金剛の滝■今回の日帰り旅は、以前から気になっていた“金剛の滝”です。八王子市に位置しますが、ほとんどあきる野市との境目で、今熊山の麓にあります。一番近い駅は武蔵五日市ですが…… 少々遠いです。今回は武蔵五日市駅からのトレッキングを楽しみました。武蔵五日市駅を降りて、東京都立小峰公園に向かって20分ほど歩きます。途中橋の上から見た秋川渓谷です。地図 [続きを読む]
  • ■−輝くシニア− 今こそ勉強
  • 『今、大学生です!』 vol.12今年も残すところ2カ月を切りました。速いですねぇ〜。昨年の4月に花の女子大生(笑)になって、かなり真面目に勉強してきましたが、最近つくづく思うのです。物事を理解するって本当に時間がかかる作業だなぁって。当たり前ですが。私は職人さんが、何年も何十年もかけて、一つのことを成し遂げていく姿が好きで、“地道にコツコツと”なーんて言葉にとても弱いのです。どんなことにも近道はない、小さ [続きを読む]
  • ■福島・裏磐梯
  • 裏磐梯を楽しむ vol.2■磐梯山登山朝食は6時半からですが、八方台登山口までの送迎バスはホテルを7時に出発します。種類も多く美味しいものばかりでしたので、本当はゆっくりいただきたかったのですが……登山口までの交通は少し不便ですので、送迎には感謝です! 途中でコンビニに寄ってくれますので、飲み物と食べ物を購入しました。磐梯山は標高1816メートルほどの山ですが、八方台登山口はすでに1200メートル近くあります。 [続きを読む]
  • ■福島県・裏磐梯
  • 裏磐梯を楽しむ vol.1裏磐梯を旅してきました。日帰りで訪れようか悩んだのですが、せっかくですので一泊して目一杯楽しんできました。初日は五色沼散策、二日目は磐梯山に登りました。■宿泊は“裏磐梯レイクリゾート”まず、宿泊先を裏磐梯レイクリゾートに決めました。猪苗代駅までの送迎のほかに、2日目に登る磐梯山の登山口(八方台登山口)までの送迎もあり、至れり尽くせりの心遣いに感謝です。東京駅からホテルまで直行の [続きを読む]
  • ■千葉モノレール(加曾利貝塚・千葉公園)
  • 千葉モノレールで行く 千葉公園・千葉城■千葉公園千葉駅からモノレール(千城台行き)に乗車して一つ目が千葉公園駅です。駅を出ると目の前に千葉公園の入口があります。江戸時代、このあたりは沼地湿地のようなところであったと言われています。明治41年に旧陸軍が鉄道連隊を設け、その後、鉄道第一連隊という名称に変わりました。このあたり一帯の演習作業場で、兵士たちは訓練を行っていたとのことです。現在は、さまざまな施 [続きを読む]
  • ■千葉モノレール(加曾利貝塚・千葉公園)
  • 千葉モノレールで行く 加曾利貝塚以前、千葉モノレールで訪れる千葉市動物公園と千葉ポートタワーをご案内いたしました。千葉モノレールは個人的に大好きで、何度も乗っていますが、また乗りたくなって出かけてきました。今回は加曾利貝塚をご案内いたします。■アクセスと概要■加曾利貝塚までは、千葉モノレール桜木駅で下車して、徒歩15分ほどです。改札口を出ると、正面に地図がありますのでご覧ください。加曽利貝塚は、日本 [続きを読む]
  • ■東京駅丸の内口から近い夜景スポット
  • 東京駅丸の内口から徒歩5分以内で楽しめる夜景スポット1年を通じてごった返している東京駅には、さまざまな人々の思いが詰まっています。通勤通学で利用する方から旅の出発や終着、また乗換えにと長い間乗降客の姿を見守り続けています。私はモチベーションがなかなか上がらないときや、気持ちが落ち込んだとき、自然に包まれたい、動物たちと触れ合いたい、と思って気分転換を図ることがありますが、東京駅のあの雑踏を歩きたくな [続きを読む]
  • ■−輝くシニア− 今こそ勉強
  • 『今、大学生です!』 vol.10■学割って嬉しい!■学割という文字を見ると嬉しくなります。機会があったら使いたいと、いつも携帯していますが、いざ美術館などの窓口で購入するとき、ちょっと遠慮がちになっている自分がいます。自分の年齢を考えてしまい、というより、学生証と私とのギャップに変な顔されたらどうしよう、という気持ちの方が強いのだと思います。必ず「これ使えますか?」って、学生証を提示しながら聞いていま [続きを読む]
  • ■−輝くシニア− 今こそ勉強
  • 『今、大学生です!』 vol.9先日親水公園沿いを歩いていたら、かわいい雛三羽を連れたお母さん?に出会いました。最近見かける雛たち、とても数が少ないと感じます。自然の中で育てるのって大変なんですね……■頑張るしかない!猛暑で始まった夏から一気に秋の気配がやってきましたが、いかがお過ごしでしょうか。暑がりの私にとってはとても助かるのですが、また残暑が戻ってくると体調管理がたいへんかもしれません。2回めの卒 [続きを読む]