tilefish さん プロフィール

  •  
tilefishさん: 水があれば釣りをする
ハンドル名tilefish さん
ブログタイトル水があれば釣りをする
ブログURLhttps://s.ameblo.jp/tilefish55/
サイト紹介文思ったことを書いています。 釣りがメインで時々、感じたことも書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供38回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2014/02/19 11:44

tilefish さんのブログ記事

  • カツオ&マグロ釣行記('17,10,9)
  • 10月に入り、大分涼しくなってきました。夜な夜な徘徊するシーズンです潮周り的に、まだ1度しか釣行できていませんが、ちゃんと釣果はあげられています。こちらについては改めて書きます。さて、9月は月始めに行けたきり、海に出ることが叶いませんでした。連休で混むことは分かっていたのですが我慢できず海に向かいました。10月9日天気:晴れ 風:北東2m 波:1m潮色:澄み 水温:24.5℃鼠径部ってしってますか?足の付け根、股関 [続きを読む]
  • 光と色④(終)
  • だいぶ放置してしまいました。色々書きたいことがありながら、下手な知識だけでは書くに足りず、ついつい調べながら自分の知識の再確認をしていたら遅くなってしまいました。すいませんでした。 「光と色」として、3回に分けて書いてきました。・①光とは何か・②色はどんな性質で、どんな見え方をしているのか・③海が青い理由、海中での色の見え方 こんな事をまとめてきました。今回は魚の生態について書き、光の考察をしたいと [続きを読む]
  • カツオ&マグロ釣行記(’17,9,8)
  • 9月に入り秋らしくなってきました。まだまだクーラーは必要であるものの、朝晩の過ごしやすさは季節の変化を感じます。 ここ数年、9月一杯は夏日の続く暑苦しい毎日でしたが、今年は久々に9月らしい陽気だと思います。 そんな秋を感じる中で、ちょっと遅い夏休みを取得、海に出てきました。 9月8日天気:曇り→晴れ 風:北東3m 波:1m潮色:澄み 水温:26℃ マグロフィーバー到来!!!!!!!! キハダが乱舞し、一日の釣果でキハダ [続きを読む]
  • 梅干しの作り方(レシピ)
  • 梅梅の原産国は中国と言うのを知っていますか? 梅干しは本来、梅酢を作る際の副産物だったというのを知っていますか? 意外と知らないことで、日本にあるのが当たり前であり、日本が原産と思っている方も多いのではないでしょうか? それもそのはず、紀元前200年頃の墳墓から梅干しが入っていたと思われるれる壷が出土しており、これは日本に伝えられたものだと言われています。 そんな日本人には馴染みな梅干し。今年も作ってみ [続きを読む]
  • 魚料理(レシピ)
  • 月に釣りへ行ける回数は限られています。それでもオカズ確保はかろうじてできている状況。あまり料理にチャレンジできない部分もあり、単発に作っていたことから纏まりのないレシピ集になりました。良かったら参考までにどうぞ。『クロムツの更紗焼』≪材料≫クロムツ(半身)、玉ねぎ(1/2個)、椎茸(1個)、カボチャ(1/4個)、卵(1個)、オリーブオイル(適量)、小麦粉(適量)、塩(少々)1,クロムツを三枚に開く2,開いた身に塩をあてて小 [続きを読む]
  • こどもの日
  • 最近ようやく時間の余裕が出てきました。色々書きたいこともあり、書きかけで放置してしまっているものも多々あります。 徐々に様子を見て、書き上げていきたいと思います。 さて、ちょっと前のことになりますが、振り返ります。 GW前後のことこのくらいの時期になると、多くの方があっちこっちでの報告をされていました。 自分も完全に触発され、また子供の日も絡み何かしようと求めて出掛けてみました。 アサリ掘り 初めて行っ [続きを読む]
  • BIG TRUNK Ⅱ S 8000(ビッグトランク)改良
  • 青物を狙っていると必ず必要になってくるのがクーラーBOX。昨年までは安い75Lの物を使用していたが、いい加減限界を感じてきた。 保冷力、キャスターの破損等etc………… 以前から目星は付けていたので、思い切って購入することにした。 選定理由は、 容量が大きい事 これが1番だった。そして次にキャスターがちゃんと付いていること。以前から気になるクーラーBOXがあった。保冷力はバッチリと聞いていたのだが、キャスターが付 [続きを読む]
  • カツオ&マグロ釣行記(’17,8,19)
  • 8月上旬からハッキリしない天気が続いているこの頃。東京都心では8月22日も雨が降れば、8月中の降雨連続日数としてタイ記録になる模様。 7月は雨が少なく、8月は雨ばかり。何だか夏を感じられない天気だ。 そんな不安定な天気でも元気なのが今期の青物達。渋い日でもどこかしらでマグロが上がり、マグロが釣れなくてもカツオは釣れている状況。 サイズは小さいものの、釣果があることは嬉しい限り。 今回も期待を込めて常宿へ向か [続きを読む]
  • マグロ料理(レシピ)
  • 前回、開幕初戦で運良くキハダを釣ることができました。※その時の様子は→こちら色々な食べ方で!!!!!!!!そう思っていたのですが、やはり刺身が好きなんですね〜。脂がないからか、毎日食べても大丈夫。毎日マグロ丼を食べていて、ユッケやステーキと言った定番料理はしたものの、新たな料理には殆ど挑戦しませんでした。それでもちょっとだけ作ったので紹介します。『マグロの生姜焼風ステーキ』≪材料≫マグロ(200g)、味噌(大さ [続きを読む]
  • カツオ&マグロ釣行記(’17,8,9)
  • 8月に入りました。 台風の季節であり、釣人としては予想のつけにくい嫌な時期だと思います。 相模湾でのコマセ・カツオ&キハダは8月より解禁します。毎年8月1日は多くの釣人が釣果の動向を気にしていることでしょう。 例外なく自分もその一人 今年は解禁初日からカツオが乱舞し、キハダが何本も上がっていました。海が落ち着いてるせいか、連日好調な相模湾。 仕事が手につきません!!!!!!!! 我慢できな自分は悪い大人計画発動!!! [続きを読む]
  • マゴチ釣行記・濱生丸('17,7,16)
  • 例年に比べ暑くなるのが早く、30℃を越えるのも早かったように感じるこの頃。このまま梅雨明け? そんな風に思った矢先にゲリラ豪雨。都内ではひょうが降った模様…………。異常気象に感じてならない…………。どうなってしまうのだろうか…………。蝉が鳴き始めたことから改めて夏の到来を感じ、朝早くヒグラシの鳴く中家を後に船宿に向かった。7月16日天気:晴れ 風:南西1m→3m 波:0.5m潮色:濁り前回釣行より色々と考える事が [続きを読む]
  • マゴチ釣行記・濱生丸('17,6,25)
  • 最近気になる記事を多々目にします。ハイブリッドフグ『ご存知ですか?』雑種フグのことなんですが、同種交配は自然界ではそんなに珍しくありません。しかし、今回問題になっているのは、ハーフとの子クォーターなんです。それで何が問題なのか?それは…………どこに毒素があるか分からないたまったもんじゃないですね!!!!!!!!また、見分けもほぼつかない個体も多い様子で、今後のフグ釣り事情に大きく影響するような気がしてな [続きを読む]
  • さくらんぼ狩(2017)
  • 果物狩社会人になり行き始めた果物狩。 友人の紹介より利用するようになったこちらのサイト。 逸品やまなし いちご狩、桃狩、さくらんぼ狩逸品やまなしさんではこの3つの果物狩が楽しめます。 過去、いちご狩、桃狩については紹介させて頂きました。<過去の記事はこちら>いちご狩→2015年 2016年桃狩→2016年 実は、一番の目玉と言っても過言ではないのがさくらんぼ狩なんです。自分は過去 [続きを読む]
  • アオリイカ釣行記('17,6,4〜'17,6,5)
  • ついに関東でも梅雨入りの発表がありました。 自分には梅雨の雨はそんなに悪いイメージはなく、むしろ雨が降ると風はなく釣り日和になると喜んで海に出掛けていました。 今もそれは変わらず、梅雨時期はシトシト雨ならば海に出掛けます。 4月末辺りから様子を見に海に出掛けていました。自分が通うポイントは南風が吹くと釣りになりません。また、春先の大型を狙う場合は満潮絡みに限られてきます。 自分が行 [続きを読む]
  • アカムツ釣行記('17,5,17)
  • 忙しいを言い訳に、ブログ更新を怠っておりました。ただ、本当に忙しく、残業の日々なのです。休日もなかなか海に行けず、行けてもパッとしない内容ばかり…………。フラストレーションが溜まる一方…………。適度なガス抜きが必要です。仕事から帰宅し、ご飯を食べたら釣り竿片手に、いざ海へ!!!!!!最近は夜な夜な徘徊しているのです。この徘徊についてはまた今度。ようするに、「忙しい」は「忙しい」けど、自分で忙しくしてい [続きを読む]
  • メダイ五目釣行記('17,4,16)
  • ようやく春らしくなってきたこの頃。色々とやることが多く、公私ともに忙しい毎日…………。故に釣りにも全然行けず、今年は釣行回数が激減しそうである…………。1ヶ月半振りに予定が空き、ようやく海へ。釣物は悩んだ挙げ句、メダイ五目でキンメを狙う事にした。4月16日天気:晴れ 風:北東2m 波:0.8m潮色:薄濁り前日は時化により休船。前日予定されていた方々もスライドしてきた性か、片舷10人〜11人が入る大にぎわ [続きを読む]
  • 光と色③
  • だいぶ放置してしまいました。なかなか忙しく、手をつけられませんでした。すいません。「光と色」について…………。色の波長や、色の見え方、吸収、反射なんてについて書いてきました。※前回ブログ→光と色①、光と色②正直、化学的な事で、自分みたいな素人がどうこう言えるものではありません。色々調べながら、得た知識を基に、自分なり解釈で述べていきます。突っ込み所満載でしょうが、どうか暖かい目で見て下さい。前回 [続きを読む]
  • アマダイ釣行記(’29.2.25)
  • だいぶ放置をしていました。 何だか忙しく、なかなか余裕がない毎日です。 3月も半分が過ぎ、もうお彼岸。これからは暖かくなることでしょう。 ちょっと前のことだが、釣行記を書いておきます。記憶が曖昧なので、報告程度に…………。 2月25日天気:晴れ 風:北東2m 波:0,5m潮色:濁り 水温:16℃ いよいよ濁りが入ってきたとの事。南の風が吹くようになり、4月上旬の気温な日もあったりと、季節の変わ [続きを読む]
  • アマダイ釣行記('17,2,4)
  • あっと言う間に2月に突入。正月など、とうの昔に感じる。仕事がバタバタと忙しくなり、書きかけの「光と色」についても放置してしまっている…………。とりあえず、忘れないうちに、釣行記を先行させます。2月4日天気:晴れ 風:北東4m→1m 波:0,8m→凪潮色:澄み 水温:18℃最近あっちこっちで乱舞するデカ。もう毎日釣果速報を見るのが気が気ではなく、落ち着かない毎日でした。ようやく目処が立ち、予約を早々に [続きを読む]
  • 光と色②
  • それでは前回の続きです。※前回は→こちらではなぜ物にはそれぞれ色があるのか?前回この疑問を投げ掛け終わりにしました。 普段我々が見ている色。この色、もしくは物の見え方は2通りあるんです。・自らが光って見える物(色)・自らが反射して見える物(色)まず、「自ら光る物(色)」から考えていきます。今正に目の前にある物が1つですね。パソコン、タブレット、スマートフォン(携帯)です。他にもテレビや蛍光灯、自然界では太陽 [続きを読む]
  • 光と色①
  • 最近クルピカについて良く質問されるようになりました。何気に少しずつ、気になる方々が増えてきているのかもしれません。そんなこともあり、ちょっとだけ自分の思うところを述べさせて下さい。自分がなぜここまでクルピカに執着するのか?それは、光の性質が、魚の生体にどう影響しているのか。ここに凄く興味が沸いたのが切っ掛けです。学生時代に色彩検定をかじっていて、光と色の性質についてはある程度理解をしていました。 [続きを読む]
  • アマダイ料理(レシピ)⑦
  • どうにか工夫して食べないと、美味しい魚も飽きてしまう…………。ある意味贅沢な悩み…………。出来る限りの、思い付く範囲で実践しております。また、自分は揚げない料理をメインに考え行っています。「魚料理=揚げ料理」これは付き物かもしれません。美味しいし、手軽だし、ついつい揚げ物に逃げたくなりますが、あえて避けて料理しています。自分的に、それが魚本来の味を生かす最もな料理だと考えているからです。ちょっと片 [続きを読む]
  • アマダイ釣行記('17,1,8)
  • 毎年、成人式の連休で、年始2回目の釣行をするのが恒例となってきた。平成29年の新成人は123万人程となり、去年と比べると2万人増えたようだ。成人式になると天気が気になるところだが、今年は雲行き怪しい予報が出ていた。自分はそんな中でも関係なく海に向かった。1月8日天気:曇り→雨 風:北東2m→4m 波:0.5m潮色:澄み 水温:16℃天気予報が良くないせいか、思った程人は多くなく、左舷3人、右舷6人で出船。昨 [続きを読む]
  • 初釣・アマダイ釣行記('17,1,3)
  • あけましておめでとうございます本年もよろしくお願いします1月2日毎年恒例の初詣段葛昨年の3月に改修工事が終わり、リニューアル。昔の姿を見て育った自分としては、綺麗になったのは良いのだが、何だか微妙…………鶴岡八幡宮朝早目に出たことから待つことなく参拝できた。しかし、参拝し降りて来ると、もう長蛇の列に…………。観光地であることを改めて感じる。そして、今年もパーカー、短パンで初詣に向かいました。1月3日天 [続きを読む]
  • 2016年を振り返って
  • 『大晦日』ここ数年、大晦日にまで引きずることはなかった。どうしても納得できず、内容はどうあれ竿を振らずにはいられなかったのだ。潮止まりが6:53(満潮)、6:00ぐらいから投げ始め、684g336g潮止まりまで2杯、それ以降明るくなり始め潮流れがなくなり7:50ストップフィッシング。なんとか形になりました。個人的なエゴだが、やはりちゃんと区切りを付けて竿を持って終わりにしたかったのです。今年も良く釣りに行きました。結果 [続きを読む]