そらの さん プロフィール

  •  
そらのさん: Solanoの鉄旅駅旅ブログ
ハンドル名そらの さん
ブログタイトルSolanoの鉄旅駅旅ブログ
ブログURLhttp://tetsutabi-ekitabi.blog.jp/
サイト紹介文駅巡り、列車の旅など鉄道旅行記、木造駅舎や駅の小ネタまで…鉄道の話題を乗り鉄・駅鉄のsolanoがお届け!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供7回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2014/02/20 18:46

そらの さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • さようなら神町駅駅舎、惜別訪問の旅
  • 戦後の占領下の面影を残す神町駅旧駅舎 JR東日本・奥羽本線の神町駅駅舎が取り壊される事になりました。 神町駅の駅舎は、戦後の1947年(昭和22年)に建てられました。神町駅付近にGHQの基地があり引込み線も引かれ、GHQの鉄道運輸司令部事務所(RTO)が駅内に置かれました。GHQが整備した駅舎は、木造とは言えアメリカ的な雰囲気が漂う大柄な駅舎で、占領下の面影を色濃く残す駅舎として知られていました。(関連ページ: JR東日本・ [続きを読む]
  • 開業したばかりの成都地下鉄10号線に乗る
  • 急速に路線網を伸ばす成都市の地下鉄 今回の旅の目的地・中国四川省の省都・成都市に飛行機から降り立ち、どうやってホテル近くの市中心部・天府広場に行こうか下調べをしました。鉄道ファンとしては鉄道に拘りたい所で、空港と主要駅の1つ、成都東駅を結ぶ列車がある事を知りました。しかしこの空港アクセス列車、1日に10本以下と本数がとても少なく、市街地東端の成都東駅経由で地下鉄に乗り換えても大回りになります。フライト [続きを読む]
  • 駅舎の現役引退、建替えといった話題が多かった2016年
  •  あと数時間で2016年が終わろうとしています。 2016年(平成28年)という年を振り返れば、駅舎の建て替え、取壊し、現役引退と言った類の話題が多かったような気がします。まあ、私がレトロ駅舎好きなので、この類の話題に敏感という事はあると思いますが、それでも、駅鉄、鉄道ファンという域を超え、世間の話題になるようなニュースが目立ったように思います。 一つ一つそれらを振り返ってみようと思います。続きを読む [続きを読む]
  • JR東日本・飯山線、越後岩沢駅訪問記Up!+ボツ画像集
  • 古く美しき駅舎に「越後岩沢駅 (JR東日本・飯山線)」を新規掲載しました。 飯山線は駅舎の改修が進んでいて、96.7kmの31駅中、写真を見る限り昔ながらの形状を留めた古駅舎は、この越後岩沢駅だけ!外壁は新建材で改修されていますが、車寄せは木の造りを残し、まさに飯山線最後のレトロ駅舎の風格十分。越後岩沢駅、厳選!?ボツ画像集続きを読む [続きを読む]
  • 高山本線・古井駅の木造駅舎改築の噂を聞き、現地に行ってみた
  • まもなく古井駅が取り壊される!? 岐阜県美濃加茂市にある、JR東海・高山本線、古井駅の木造駅舎が改築になるという話をツイッター上でキャッチしました。今、壁紙にしてるJR高山本線の古井(こび:読み方はちょっと難しいですが)駅。大正11年に開業。駅舎は当時のまま。来月、8月で取り壊されるようです。90年以上地元の人たちを見守ってきた。あと残りわずかで名残惜しいですね。 pic.twitter.com/MUPiarwX5f— Hidehiko Mura [続きを読む]
  • 長良川鉄道・大矢駅訪問記Up!+ボツ画像
  • 【駅と駅舎の旅写真館 - railwaystation.jp - 】 古く美しき駅舎に「大矢駅 (長良川鉄道・越美南線)」を新規掲載しました。 昨年2015年11月に長良川鉄道の駅巡りをした時に訪れた駅の1つです。ページはほぼ完成しながらも放置状態になっていたのを、改めて仕上げました。 長良川鉄道は約20年振りに訪問したのですが、いい木造駅舎や古い構内施設が多く残っているのが印象的でした。その中でもイチオシなのが、この大矢駅です。 [続きを読む]
  • 旧白滝駅から下白滝駅へ…〜この日2回目の駅間徒歩〜
  • 【 3駅廃止目前!冬の白滝シリーズ制覇の旅(6) 】 石北本線・旧白滝駅を後にし、下白滝駅に足を向け歩き始めました。2時間程前、上白滝駅から白滝駅まで歩いたばかりで、この日2本目の駅間徒歩。約4.5kmと先程より少し長め。積雪はありますが、天気は相変わらず良く、道の端まで除雪されるなど条件はとてもいいので、1時間ちょっとの所要時間が見込まれます。 名残惜しく、やはり何度も旧白滝駅の方に振り返りました…。続きを読 [続きを読む]
  • 半年振りの旧白滝駅〜雪と地元の人々の愛情に包まれる小さな駅〜
  • 【 3駅廃止目前!冬の白滝シリーズ制覇の旅(5) 】 白滝駅からタクシーで、約6km離れた旧白滝駅にやってきました。 石北本線・旧白滝駅と言えば、2016年の始め、この駅唯一の地元利用者である女子高生の卒業にあわせるように廃止になる事が、ネット上で大きな話題となった事は、まだ記憶に新しい所です。 1面の短いプラットホームに待合室があるだけの白滝シリーズ最小の駅は、半年前と違い雪ですっぽりと覆われていました。それ [続きを読む]
  • 白滝駅で一休みした後、旧白滝駅へ
  • 【 3駅廃止目前!冬の白滝シリーズ制覇の旅(4) 】白滝シリーズの盟主!? 白滝駅 上白滝駅から歩き1時間弱で、白滝駅に到着しました。駅舎は時計塔が印象的な洋館風の建物で、駅事務室などにも十分なスペースが取られた立派な建物で、1989年(平成元年)改築と比較的新しいです。 通る普通列車は全て停車し、特急オホーツクも一部が停車します。駅前は白滝シリーズの中では唯一、それなりの街並みが形成されているなど、旧白滝村の中 [続きを読む]
  • 上白滝駅から白滝駅へ…、冬の駅間徒歩
  • 【 3駅廃止目前!冬の白滝シリーズ制覇の旅(3) 】 思い出深い上白滝駅を惜しみつつ、次の白滝駅に向けて歩き始めました。列車で離れるのが個人的な心情と信条からはベターなのですが、石北本線の上白滝駅を含むこの区間は、普通列車が上下が一本ずつしかなく、次に停まる列車は約11時間後の上りの4626Dだけ…。幸い隣の白滝駅は約3.5kmなので、楽に歩ける距離です。それに車窓の風景を、のんびり眺めるように歩くのは駅間徒歩の醍 [続きを読む]
  • 廃止直前!冬の上白滝駅を楽しむ
  • 【3駅廃止目前!冬の白滝シリーズ制覇の旅(2)】 上川発、下り普通列車始発の4621Dに乗り、次の停車駅の上白滝駅で下車。「次」と言っても、34kmも離れ、峠も越え50分もの時間が掛かり、出発した頃は昇り来る太陽が空を染め始めた頃でしたが、着いた頃には夜はすっかり明け切っていました。 この列車から降り立ったのは私1人。しかし乗客が何と1人!地元の人ではなく、明らかに鉄道ファン風の人。近辺には宿は無く、駅寝でもした [続きを読む]
  • 3駅廃止目前!冬の白滝シリーズ制覇の旅(1)〜序章・上川発4621D〜
  • 3月26日の廃駅が迫る上白滝駅、旧白滝駅、下白滝駅へ… JR北海道が2015年初夏あたりに、極端に利用が少ない駅を廃止する方針を表明してから、ヤバいんじゃないかと真っ先に思い浮かぶ石北本線・白滝シリーズの秘境駅…、すなわち上白滝駅、旧白滝駅、下白滝駅。それから早々に、2016年3月のダイヤ改正で、その白滝3駅が廃止の予定と新聞で報道され、そして正式に廃止が決定しました。廃止日は3月26日、最終営業日は3月25日となり [続きを読む]
  • 浜寺公園駅〜明治の木造駅舎、現役最終日の夜〜
  •  2016年(平成28年)1月27日、南海電鉄・浜寺公園駅の洋風木造駅舎が遂に現役引退の時を迎えます。この駅舎は1907年(明治40年)、東京駅を設計した事で有名な辰野金吾が片岡安と大阪で設立した「辰野片岡事建築事務所」が手掛けた事で知られています。。 駅舎は高架の新駅舎の前に移築され、エントランスのように活用される予定なので、これからも限りなく現役に近い雰囲気ではあり続けると想像できます。 私は2003年に初めて訪れ [続きを読む]
  • 浜寺公園駅、失われゆく名脇役を愛でる
  • 日本を代表する駅舎の今後 南海本線の浜寺公園駅を訪れました。 浜寺公園駅の駅舎は明治40年(1907年)に建てられた洋風木造駅舎がいまだ現役で残っている事で知られています。しかし、その駅舎も南海本線の高架化により、2016年1月27日を最後に役目を終えます。 しかし東京駅丸の内駅舎を設計した事で広く知られる辰野金吾が関わった洋風駅舎は、間違いなく日本を代表する現存古駅舎の1つです。そのため、現駅舎のあり方が論議 [続きを読む]
  • 有田駅と蔵宿駅、時代の残り香をひっそりと留める池庭跡
  •  二つの池庭跡の意外すぎる共通点 佐賀県内、JR九州・佐世保線の主要駅であり、松浦鉄道・西九州線の起点・終点でもある有田駅。そして有田駅より三駅北の松浦鉄道の蔵宿駅。言うまでもないかもしれませんが、松浦鉄道はかつての国鉄・JRの松浦線で、1988年4月1日に今の第3セクター鉄道に転換されました。 この二駅の構内には枯れた池のあるミニ庭園跡が残っています。続きを読む [続きを読む]
  • 長良川鉄道、レトロな駅構内施設を巡る旅
  •  秋の気配が漂い始めた長良川鉄道を訪れました。国鉄越美南線から転換された第3セクター鉄道で、正式な線名は今でも越美南線です。 長良川鉄道は日帰り圏内の近場という事もあって、これまで何度も乗りに行こうと計画していたのですが、近いゆえに、当日もっと寝ていたいからやっぱりやめようなどと、きまぐれに断念する事数回…。しかし先日、ようやく実行に移す事がでいました。二度目で、実に二十数年振りかと思われる訪問で [続きを読む]
  • 定山渓鉄道・旧石切山駅訪問記Up! +ボツ画像
  • [駅と駅舎の旅写真館 -railwaystation.jp - ]古く美しき駅舎に「旧石切山駅 (定山渓鉄道): 石切山振興会館」のを新規掲載しました。 定山渓鉄道は、かつて東札幌‐定山渓間を結んでいましたが、1969年に廃止となりました。しかし途中駅だった石切山駅の駅舎は今日も健在で、現在では石山振興会館として、地元の人々の集まりなどに利用されています。原形を良く留めているとまでは言えないものの、いい雰囲気を保ち地域に溶け込ん [続きを読む]
  • 過去の記事 …