山荘流茶道教室 さん プロフィール

  •  
山荘流茶道教室さん: 茶道教室の日常
ハンドル名山荘流茶道教室 さん
ブログタイトル茶道教室の日常
ブログURLhttp://sansouryu.blog.fc2.com/
サイト紹介文京都市で山荘流の茶道教室を開講しています。茶道だけでなく、美味しいお茶やお菓子の紹介もしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供67回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2014/02/21 08:09

山荘流茶道教室 さんのブログ記事

  • いつもと少し違う灰形を
  • 昨日は久しぶりに高校時代の担任の先生とお会いしてきました。久しぶりと言っても昨年末(?)にお会いしておりますので、そう長い期間お会いしていないということではありません。高校を卒業して15年くらいになりますが、先生の外見の変わらなさにはいつも驚きます。もう還暦を迎えられたとはとても思えません。さて、今日は先日稽古した灰形をご紹介してみようと思います。これまでご紹介してきた当流の灰形とは随分雰囲気が違う [続きを読む]
  • 今日の花(シュウカイドウ)
  • 今日の夜から近畿地方では随分と涼しくなってくれるそうです。昨日の夜は暑く、寝苦しかったのですが、明け方には随分涼しくなっておりました。また秋の虫も盛んに鳴いておりますので、秋の風情を感じるこの頃です。そんな今日は少し秋らしい花をご紹介しようと思います。相変わらず写真が悪く、何の花か分かりにくいですが、秋海棠(シュウカイドウ)です。実は今回初めて知ったのですが、シュウカイドウの花は雄花と雌花の形が随 [続きを読む]
  • 旧暦7月7日
  • いよいよ8月も終わりですね。といってもそれは新暦でのことで、旧暦では今日は7月7日、つまり七夕の日ということになります。今年は「閏5月」という月が5月の後にありましたので、いつもよりも遅い時期に旧暦の七夕がきています。当流などの一部の遠州流系統の流派では7月7日にする点前があります。「五段柄杓」という点前で、当流での伝承によると寛永19年(寛永7年という説もあり)7月7日に遠州公がされた点前ということになっ [続きを読む]
  • 今日のお菓子(亀末廣さん)
  • 今日は五山の送り火の日ですね。もうお盆もおしまいで、明日からお仕事という方も多いことでしょう。もっとも、「もう仕事だよ」という方やお盆休みなんて無い!という方もいらっしゃるでしょう。また、お坊さんのようにお盆が最も忙しい時期という方という方もあるかと思います。当教室にもお坊さんが習いに来られていますが、そちらのお寺では昨日盂蘭盆会法要を済ませ、お盆の行事は終えられたそうです。さて、前置きとは関係が [続きを読む]
  • 茶の湯展の感想(茶碗・茶入編)
  • 気が付けば8月になり、しかも立秋も過ぎてしまいました。今年に入って随分と慌ただしい日が続きなかなかブログが更新できておりません。まあ、時間があっても必ず更新できるわけではないのですが…さて、今日は随分間が空いてしまいましたが、茶の湯展の感想の続きを書いてみようと思います。前回は書画編ということでしたが、今回は茶碗・茶入についての感想です。今回の展覧会では私が数えた限りでは茶碗では国宝が4点(稲葉天 [続きを読む]
  • 今日のお菓子(亀廣保さん)
  • 昨日は祇園祭の宵山でしたね。京都では夕方激しい夕立がありましたので、関係者の方は色々と大変だったことと思います。今日の山鉾巡行の際はどうなのでしょうか?天気予報では大気の状態が不安定と言っていましたので、心配ですね。昔は人込みが苦手だったこともあり、祇園祭の時期には絶対に四条方面には行かないようにしておりましたが、最近はお茶会のお手伝いに行ったり、客として行ったりすることが多くなりましたので、ここ [続きを読む]
  • 点前の際の身体の使い方について
  • 今日の京都は35.5℃の猛暑日となり、夕方には物凄い雨が降りました。このところかなりきつい夕立が何日か続けて降っています。祇園祭などで京都に来られる予定がある方は晴れていても折り畳みの傘をお持ちになるなど何か対策をされた方が良いでしょう。さて、今日は表題にあります通り「点前の際の身体の使い方」について書いてみようと思います。最近、お稽古では姿勢と身体の使い方を随分と指摘するようにしています。こんな [続きを読む]
  • 東京国立博物館「茶の湯」展の感想(書画編)
  • 昨日の京都は一時猛烈な雨が降りました。最近は予め希望する地点を登録しておけばその地域で大雨が予想される際にメールで知らせてくれるサービスがあるので、私は濡れることなく家に帰ることができて助かりました。さて、今日は1か月近く前に閉幕した東京国立博物館の感想を。本当はもっと早くに記事にするつもりだったのですがすっかり遅くなってしまいましたので「もう書かないでおこうか?」と思っていたら、生徒さんから「茶 [続きを読む]
  • 紹介できなかったお菓子
  • 気がつけば7月で、今年も半分が終わってしまいましたね。先月まで忙しい日が続いておりましたが、今月と来月は少しゆっくりできればと思います。とはいえ、秋の行事の準備など色々としないといけないこともありますので、なかなかそうも言ってられません。さて、今日は「写真を撮っていたけども紹介できなかったお菓子」のご紹介を。これは小学校時代からの友人が買ってきてくれた「きんつば」です。「最近更新してないからネタに [続きを読む]
  • 初めて学会に参加
  • また更新が滞ってしまいました。今回は書くことは色々とあったのですが、ここしばらく休みがなく慌ただしくしております。家に帰ってきたと思っても、疲れきってしまっており気が付けば寝ているといった日々が続いていました。ブログの更新もそうですが、手紙やメールも書かないといけないのでずっと落ち着かない日々でした。メールは何とかなりましたが、手紙も早く書かないといけません…筆まめであろうとしても、なかなか思うよ [続きを読む]
  • 久しぶりに水屋のお手伝いを
  • 随分更新が滞ってしまいました…その間に6月になり、さらには梅雨入りまでしてしまっており驚いております。ただ、ここ数日は梅雨の中休みということなのでしょう、すっきりとした天気の日が続いていますので助かっています。先月のある日、久しぶりにお茶会の水屋のお手伝いをさせていただきました。なお、ご存じない方の為に書かせていただきますと、「水屋」とはかなり簡単に言うと「裏方のお仕事」といったところでしょうか。 [続きを読む]
  • 「お西さんに行かナイト。」(飛雲閣などへ)
  • まだ5月だというのに暑い日が続きますね。京都では土曜日から4日連続で30℃を越える真夏日となりました。土曜日のお稽古の際は袷の着物を着ましたが、日曜日はさすがに単衣にしました。先日、西本願寺飛雲閣へ行ってきました。西本願寺では昨年の秋も「伝灯奉告法要」の関連行事として飛雲閣などの特別公開をされていましたが、この春も開催されています。前回の関連行事でも夜間特別公開をされていたと思いますが、今回は表題にも [続きを読む]
  • 畠山記念館へ
  • このところ何日か続けて暑かったですね。京都では日曜日が27.9℃、昨日は26.8℃となり、特に日曜は外国人観光客や修学旅行生も辛そうにしていました。とはいえまだ5月です。夏本番となればもっと暑い日が続きますから、体を慣らしていかないといけませんね。さて、今日は先月行ってきました畠山記念館の感想を。現在畠山記念館では「茶の湯の名品ー破格の美・即翁の眼」という展覧会を来月の18日まで開催されています。今回の目当 [続きを読む]
  • 茶席での言葉の選択について
  • 近頃は朝晩と日中の気温差が大きいですね。というか日中が暑すぎるだけなのかもしれません。まだ5月だというのに…この調子だと今年の夏は暑くなるのでしょうね。さて、今日は茶席での言葉の選択について書いてみようと思います。これはある茶会にて私が言われたことなのですが、仰った方はこのブログをご覧になってはいないと思いますし、ご覧になっていたとしてももう忘れてられると思いますのでもう解禁しても良いでしょう。そ [続きを読む]
  • 松殿山荘公開の呈茶(2017・春)
  • 大型連休も終わりですね。色々と楽しいことがあった方も、全く連休どころでなかった方もお疲れ様でした。私は休みは全くないような状況でしたが、なんとか無事に松殿山荘の公開の呈茶席を終えることができました。今回は珍しく長板を使用したのですが、点前座の写真を撮り忘れてしまいました…実際の成立過程には諸説あるようですが、当流では「長板は台子の天板と柱を取ったもので、侘び人の作為であり余り使用しない」とされてい [続きを読む]
  • 五島美術館へ
  • いよいよ大型連休のスタートですね。個人的には松殿山荘の公開などのお茶関係の行事が多く、余り休んでいる暇が無いので実感がありません。今日も松殿山荘で師範者研究会がありましたし、公開の道具も考えて準備をしないといけません…さて、今日は先日行ってきた五島美術館の感想を。五島美術館では現在「歌仙と歌枕」という展覧会(5月7日まで)を開催されています。五島美術館は東急の創業者である五島慶太翁のコレクションが納 [続きを読む]
  • 藤田美術館へ
  • 日中は暖かい日が続きますが、夕方から夜になると少しヒンヤリしてきますね。こういう時に体調を崩しやすいので注意したいですね。さて、今日は先日行ってまいりました藤田美術館の感想を書いてみようと思います。藤田美術館では現在、「ザ・コレクション」という展覧会をされていて、前期が今月末まで、後期は6月11日まで開催されています。この展覧会が終わると改修工事をされしばらく閉館されます。関西では他に野村美術館が来 [続きを読む]
  • 改めて稽古不足を実感…
  • またまた更新が滞ってしまいました…このところ書くことがないのと、何かバタバタしておりなかなか更新できておりません。できるだけ書こうとは思うのですが、毎回書くことに悩みます。新聞のコラムなどを担当されている方はもっと大変な思いをされているのでしょうから、この程度で根を上げていたらいけませんね。ただ、私なんかと比べると失礼だとは思いますが…さて、昨日はいつも大変お世話になっている方のお稽古場に寄せてい [続きを読む]
  • 鶯の声を聞かない代わりにウグイス餅のご紹介
  • 昨日から東京国立博物館で特別展「茶の湯」が始まりましたね。私もとりあえず、4月に1回行くことにしましたが、理想は5月、6月ともう2回くらいは行きたいですね。時間とお金の都合がつけばぜひ行きたいと思っています。さて、4月も10日以上過ぎ、桜も散り始める頃となりましたが、当家の辺りではほとんど鶯の声を聞くことがありません。母が言うには去年くらいから余り聞かなくなったということですが、今年は2月の師範者研究会の [続きを読む]
  • 茶碗の持ち方について
  • 今日は花まつりですね。先日からの雨で各地の桜は散ってきているかもしれませんが、当家の桜はこれからです。表の桜は結構咲いてきましたし、裏の桜もだんだんと咲いてきました。さて、今日は久しぶりの更新になって間が空いてしまいましたが、手指の使い方シリーズの続きで茶碗の持ち方について書いてみようと思います。ご多分に漏れず、今回の記事も当流の持ち方であり、流派によってはこのように持たないこともあるかと思います [続きを読む]
  • 続・手指の鍛錬
  • 気がつけば3月も終わりですね。なんだか今月もあっという間に終わってしまったように思います。来月は落ち着いて物事を進めていけると良いのですが…さて、今日は先日書いた手指の鍛錬の続編として、茶碗を持つ際の親指に注目してみようと思います。毎回そうですが、今回の記事は特に当流の持ち方で、個人的な意見が中心の内容になりますので、そのつもりでお読みいただければと思います。当流では茶碗をこの写真のように持ちます [続きを読む]
  • 師範者研究会へ(後炭)
  • 今日の朝は寒かったですね。そのせいか今日はちょっと体調が思わしくありませんでした。自分ではそんなに感じていなかったのですが、「今日は元気がないですね。いつもと違う」と言われてしまいました。しっかりしないといけませんね。そんな今日は当流の師範者研究会だったのですが、今回は「後炭」をしました。当流ではこう書いて「のちずみ」と読みますが、「ごずみ」と読む流派もあるようです。確か、裏千家さんでは「ごずみ」 [続きを読む]
  • 手指の鍛錬
  • お彼岸の中日も過ぎてそろそろ暖かくなってくれるかと思いましたが、今日は冷たい雨でしたね。明日は今日よりも暖かくなってくれるそうですが、もうしばらくは朝晩は冷え込むみたいですね。体調管理に気をつけなければ!さて、今日は私が当教室の生徒さんにお伝えしている手指の鍛錬方法の一つをご紹介しようと思います。以前にも書いたかもしれませんが、当流では細かな指使いを求められることが多くあります。普段から私がそうい [続きを読む]
  • 淀看席へ
  • 3月も気がつけば半分を過ぎてしまいましたね。先日は確定申告の期限でしたが、私もなんとか無事に済ませることができました。体調を崩してしまい、ギリギリになってしまいましたが間に合って良かったです。今は完全に赤字の当教室ですが、そのうちに税務署に目を付けられるくらい儲けてやる!と思ったりもしましたが、性格的に難しそうですね…さて、期限といえば先日金戒光明寺の西翁院にある茶室「淀看席(よどみのせき、「澱看 [続きを読む]
  • もうすぐ師範者研究会
  • 一昨日は旧暦の2月15日でした。旧暦の15日というと、満月の日ですが(実際には多少のずれもあります)非常に綺麗な月を見ることができました。なお、2月15日はお釈迦様が亡くなられた日でもあります。そのことについては当ブログで何度か書かせていただきました。さて、もうすぐ当流の師範者研究会があり、今回は私達の担当なのですがまだ何をするか決まっておりません。前回は向切の稽古でしたので今回は別のものにしよう [続きを読む]