雨の斑駒 さん プロフィール

  •  
雨の斑駒さん: アーリーリタイアに憧れる臆病者の日記
ハンドル名雨の斑駒 さん
ブログタイトルアーリーリタイアに憧れる臆病者の日記
ブログURLhttp://akaenma.blog39.fc2.com/
サイト紹介文いろいろと行き詰まってはおりますが,自分のしたいことを探し,やってみたいと思っております。
自由文田舎の長男として生まれ,祖母・お袋に跡取りとして,友達と遊びたい盛りにいろいろ理不尽に怒られながら育ちました。そのためか、性格にやや鬱屈しているところがあるようです。今はストレスを貯めるばかりの仕事に未練をもちながらも結局、仕事こそが社会とのつながりとのすべてであることに気がつきました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供71回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2014/02/23 14:52

雨の斑駒 さんのブログ記事

  • 現状は最悪だが…
  •  投資は全力投球しているので、最悪の結果になった。売りを出そうと何度も思ったのだが、今ひとつ機会を失った感じで放置中。当然だが、大損失が出ている。 どうなんだろう、それ以外は別に何とも感じない。 しばらくは様子を見ることにしている。 定年までの時間を考えると大きな損失を出す時期では無く、国債などの安全資産に移行する時期でもあるのだが、どうなんだろう。 今の心境を端的に言えば、チマチマ金を貯めたって [続きを読む]
  • 悲惨な状況
  •  本日の自分の持ち株は大幅下落。 株主優待目当てで貧乏株を一杯持っているから、円安になっても上がらず、下がるときには大きく下がる。凹むなぁ。しかし、年末に株高になるということを信じて、持ち続けなくてはいけないのか?トータルでまだ利があるので、現状のポジション維持が続くとなるだろう。 さて、今日は平日に休みが取れたので、貧乏ツアー。 無料のツアーが通院から始まるなんて、痛快だな。医者にいって、眠れな [続きを読む]
  • どうも、株式投資のセンスは無いみたい。
  •  株式投資のパフォーマンスは芳しくない。当然だが、バランスが悪く、一つの銘柄に固執して、下がったから買い増しをするナンピン買いで失敗する。こういう場合には、盛り上がっている銘柄に後からでも乗っかるのが定石みたいなのだが、自分のへそ曲がりな性格から、どうも正しく損切りができなかったりして、伸びない。 仕事だけでも頑張るか?ケチな自分は、職場でほとんど喰わずに8000円も払わされてしまい、ちょっと後悔 [続きを読む]
  • 単純な俺
  •  この間、ニフティか何かの星占いが1位だった。その時に、偶然、自分は仕事の難題に対して解決のための良いテーマが見つかった。そうしたら、仕事が進む、進む。 乗りが大事な仕事パターンで、半分くらいの計画書を作ることができた。 単純だが、自分はこういった仕事の進め方なので、ダメなときには誰かに助けてもらわないとダメなくらいだった。しかし、今回はできるだけやろうと珍しく前向きになっている。本番は11月なプ [続きを読む]
  • 本末転倒なのかもしれない
  •  アーリーリタイアにまたしても試練が待ち受けていた。面倒くさいが、そのままにしておくと2年である資格が切れる。延長するには、面倒くさい講習を受けないといけない。 資産的に考えると、年金受給までのやっていくだけの金額が貯まっているわけではない。 希望的に考えると、今すぐにでも止めたい。 しかし、残りの人生やることも無い。(^^ゞリビングデッドになりそうだ。 車で全国各地を車中泊して行ってみたい気もする [続きを読む]
  • 頑張れ、自分!
  •  前回のブログを読み返していたら…このブログのタイトル、「アーリーリタイアに憧れる臆病者」らしい日記だったので笑った。 まぁ、ある意味正しい、今の気分が本懐に至ったって感じだ。さて、自分が考えた未来に対する不安は、リタイアに憧れているわけで、結局働き続けるのだろうなって言う感じなのだが、どうなんだろう。 最近の仕事はなんとなくつまらない毎日で、苦しいことばかり多くなってきた。車会とのつながりなので [続きを読む]
  • 生きるのが面倒くさいと思ったら…負けだな
  •  別に勝ち負けの話では無いのをわかっているつもりだが、金のことばかり気にして生きていて、大事なことを忘れてしまっているような気がする。 健康とか、体調とか、それこそ1人で生きていくために必要な物とか… 金のことばかり考えていて、生きているのは浅ましいという生き方を改め、豊かな可能性を手に入れるために必要な物を集めているという感覚で生きていかなければならないのだが、こういった3連休の最終日になると、 [続きを読む]
  • 株式相場の反転
  •  大分損失を重ねていた8月下旬〜9月上旬、企業業績が良く、外国人投資家の買い越しが無いことから、いつかは反転するのではという、根拠の無い予感をして、ポジションを維持していた。 それが、やっとこ9月中旬から下旬にかけて実を結びはじめてきた。儲かっているときに人に話すとツキが落ちるという迷信もあるので静観していたのだが、昨日、義理の弟に聞かれたので思わずしゃべってしまった。これがツキの落ちのはじまりにな [続きを読む]
  • 禁酒は投資にプラスに働くのか?
  •  医師に止められた酒、それでもどうしても呑みたくなったら、1日350缶一本くらいにしてね。と言われたので、1本を上限にビールを呑んだりしているのだが、体調は気分的にちょっと良いなぁって感じ。 自分は時間を潰すために酒を呑んで寝てしまう呑み方を実践してきたのだが、これがあまり良くなかったようだ。禁酒したその分だけ時間ができてしまい、やることと言えば、仕事のフォローと株式の掲示板を見て投資銘柄の研究な [続きを読む]
  • 残念なお知らせ…
  •  夏休みに、呑みだしてしまった酒の量が増えていたようだ。一ヶ月前に受けた血液検査の結果と薬をもらいに医者に行ったところ、γーGTPの検査をしなくてもわかるくらい、肝臓の数値が悪いとのこと。ASTとALPだっけ?三桁に行ってしまうぞと言われた。おそらく肝硬変になる一歩手間だとか? もうすぐ死ぬのかも知れない病気になるのかも知れないので、今回はやはり飲み続けているのが良くないのだろうなと思った。帰りに [続きを読む]
  • 私の持ち株は低迷中…
  •  アノマリー的に9月は良くないと言うことを無視して、8月後半に9月の仕事の繁忙期を見越して、全力投入した資金が毎日、目減りしている。 凹むなぁ。 まぁ、現実を学ぶという観点から考えると仕方の無い事。これも経験値を上げるためには必要か? この後、面倒くさい仕事が山積みで週末には特別編成の仕事をこなさなければならないのにも関わらず、やる気がでない、嫌な流れな感じです。本来ならば、株式市場なんて見ている場 [続きを読む]
  • まだ、名前も決まっていない北海道の地震
  •  発生後2日近く経つのに、ニュースでは北海道東部で起きた地震としか、公式発表が無い大地震。国内では6回目と言われる震度7。住人の方々には、がんばって欲しいとしか言いようが無い。また、無くなられた方にはお悔やみ申し上げたい。報道によるとまだまだ、二次被害がありそうだが、気をつけて対応してもらいたい。…ここまでは偽らざる本心なのだが、どうも書いていると「他人事」感が拭えない。 こういった大変なときに自 [続きを読む]
  • Bライフの破綻というか、崩壊…
  •  自分はBライフやミニマムライフに対して、今まである意味憧れやある種の自分にはできないリスペクトをもっていた。 しかし、今日から、アンチBライフという立場を取ることにする。 未だに、日和見的な自分の立ち位置だが、Bライフというある意味、清貧を第一として、消費生活に対して背を向け、精神世界の中に立ち位置を求めながら、俗世間の余裕というか、福祉政策による余剰をある意味、利用しながら、片隅で、世の中の傍 [続きを読む]
  • アノマリーにしたがって動いている9月市場
  •  全力投球で投資しているわけだが、毎日の資産減少を見ていると嫌になってくる。負け勝負になけなしの資金を投入しているわけなので、これは自分が悪いとしか言いようが無い。 つまりは、8月の夏枯れ相場からのリバウンドを狙って勝負をかけたわけだが、9月にも同じように為替や大規模ファンドの買い控えがあり、日本の株価を支える海外投資家の売り越しが膨らんでいると言うことだ。 この点からも、日本は外国からの影響を受 [続きを読む]
  • 9月3日(月)の憂鬱
  •  9月3日の月曜日は子どもたちの自殺率が一番高い日だそうである。子どもたちの死因のトップは交通事故でも病気のガンなどでも無く、自死だという国は世界に自慢のできるものでも無い。 月曜日の朝一からこんなことを考えていること自体が、ややおかしい感じがしないわけでも無いが、やはり、自分の気持ちも病んでいる感じではある。 元気に前向きに仕事に向かう気持ちをしっかり持たないといけないな…とは思っているのだが。 [続きを読む]
  • 9月のアノマリーとは…
  •  株式市場にとっての9月のアノマリーの勝率はあまり良くないようである。結構、資産を全力投球しているので不安だらけなのだが、どうなんだろう。前回のブログで、「リスクオン」とは書いたが、どうもマーケットの盛り上がりは感じられない。まだまだ、ガマンの時期だったのかも知れないなぁ。 さて、あまり何もしたくない時期に仕事の繁忙期を迎え、どうも苦しい状況が続きそうな予感である。投資戦略はそれほど間違っていると [続きを読む]
  • リスクオン!
  •  アノマリー的な8月の円高が解消され、円安に傾いている為替。米大統領選の中間選挙に対するアピール、対メキシコ、対カナダの貿易協定の合意など。アメリカ発のリスクオンムードを、作り出す能力は流石であり、大国主体の国際経済の舵取りに日本がまったく影響していないことがわかる。 それにしても、国際経済にこれほど、イニシアチブを取ってコントロールできる手腕は流石である。自分は個人資産が少ないので、こういった毎 [続きを読む]
  • 意義のある一日の過ごし方とは…
  •  米大統領の発表としてメキシコとの貿易摩擦の緩和が発表された。真相は、大統領の中間選挙に対するアピールだと揶揄されているが、当選のためには何ふりかまわずに実行する彼の生き方らからすれば、まっとうな政策なんだろう。 おかげで、本日の株式市場の予想はメキシコに工場を置いている自動車関連を中心に。(-、-)丿昇竜拳!のごとく上がるという大方の見方だった。 夏休みの最終日であり、本日は誰にも迷惑をかけずに取れ [続きを読む]
  • 甲子園の金足農業高校ブームについて思う。
  •  金足農業高校の吉田投手が、1人で地区予選から投げ抜き、決勝戦まで進出した今年の甲子園。自分も当然、公立高校の雄が誕生する痛快さを楽しんだ。 大阪桐蔭に代表される私立高等学校は、かなり強引な方法や特別待遇を用いて優秀な実績のある選手を、別な言い方で言えば、ブランドや金を使って集めたチームつくりをしているから、この場合は悪役だ。 笑ってしまうことに、大会後のU18の日本代表に選ばれた決勝進出した高校 [続きを読む]
  • 米中の第2段、追加関税発動!
  •  投資している人にとっては大きな関心事の米中の追加関税。大統領選挙の前の年だから、正論に訴えるための緩和政策を行うはずなのに、対決姿勢を緩めない。 自分の先読みをまったくひっくり返してくれる状況なので、不安感増大中。 そういえば、先読みをして全力投資に移っているのだが、その気持ちが揺るいでいて結果的に相場から逃げることばかり考えている弱気状態である。 いかんなぁ。 状況を考えるといつでも逃げるよう [続きを読む]
  • 夏の終わり…仕事準備の始まり。
  •  お盆休みが終わり、いよいよ9月の繁忙期に向けて本格的な仕事が指導した。さて、初日は社長さんと話をする機会もあったが、一方的に意見を言われたので、一応「勉強になります。」と言ったが、ヘラヘラしている自分にもう少し、プライドを持った方が良いのかなとも感じた。 さて、株式投資は全力投入という感じで夏枯れ相場の立ち上がりに期待しているが、配当を差し引くと結構な赤字になっている。波を捉えて少しずつでも上が [続きを読む]
  • 花火大会…
  •  地元の花火大会に写真を撮りに近くまで自転車で近づいた。暗がりに若いカップルが抱き合っていて良い感じだったが、少し驚いた。若い男女に幸あれ!と思いながら、自分のことを考えると凹む。 写真はマニュアルでいろいろ試すよりも、オートで取った方が綺麗に写ることが良くわかった。最近のデジタル一眼は高いコントロールがプリセットで入っているということで、頭で素人が考えるべきでは無いのかも知れない。  しかし、そ [続きを読む]
  • ヒキコモリ症候群なのか…
  •  妹夫婦が帰省してきて、行動を共にしているのだが、7月の時間の無いときに沖縄まで旅行に行ってきたらしい。自分も誘われていたのだが、忙しいのと、面倒くさいので止めた。 さて、今回のお盆休みで毎日じっとすることなしに出かけている。プールやあちこち出かけて楽しんではいる。 自分は株式の値段ばかり見ていて、ヒキコモリだ。同時に、夏枯れがひどく株も損失を毎日増やしているばかりだ。そして、楽しいことは外には無 [続きを読む]
  • そろそろ、苦しくなってきた。
  •  お盆休みや9月からの繁忙期に備えて、毎日ブログを上げているが、ネタが無くなってきた。そういえば、連日の株式市場のリスクオフ&低迷が自分の資産をむしばんでいる。なんと、しかし、笑ってしまうことに買い増しに出てしまった。 個人投資家の傾向としては市場の逆張りが多いというが、その通りだ。みんなが思うことをやっているに過ぎない。キャッシュのタマも残りわずかになってきた。ブログの内容と同じ苦しい状況だ。  [続きを読む]
  • お盆休み初日
  •  妹夫婦が帰省してきて、甥っ子の喘息気味なのを心配して掃除を始めたので自分の家だけに掃除をしないわけににいかない。暑い中で汗を流しながら掃除を行った。 さて、その後はお決まりのお守りにつきあって一日が終わってしまった。まぁ、何もやることが無いので、大変不本意ではあるが、役に立っているということもあり、付き合った。 サッカーも贔屓のアントラーズが負けてしまうし、イマイチな初日。まぁ、こんなものかな。 [続きを読む]