harubotch さん プロフィール

  •  
harubotchさん: 四季フォトノート
ハンドル名harubotch さん
ブログタイトル四季フォトノート
ブログURLhttp://shikiphotonote.blog.fc2.com/
サイト紹介文大阪、京都、奈良を中心に四季折々の写真を紹介するブログ風フォトギャラリーです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供61回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2014/02/28 20:03

harubotch さんのブログ記事

  • 梅雨の夕景
  •  大阪北部で大きな地震がありました。被害に会われた方に御見舞申し上げます。 さて、梅雨に入ってほぼ二週間。梅雨の晴れ間に、海岸の夕景を撮りました。なかなか真っ赤な夕焼けになってくれませんが、ほんのり焼ける様子も綺麗です。 大阪湾の夕日。遙かに見える島影は淡路島。 日没後でもしばらく空は赤い。 海岸の堤防沿いにランタナの花が咲いていた。 空港から飛び立つ飛行機がテトラポットをかすめる。 この日は空に [続きを読む]
  • 雨にけむる山寺
  •  牛滝山大威徳寺は岸和田市の山中にあり、紅葉の名所としても知られています。少し不便なところで、今の時期は何もありませんが、雨に濡れる新緑を見たくて行ってみました。 雨にけむる山中に大威徳寺がある。 誰もいない境内で、もみじの雫とお地蔵様が目についた。 境内の奥へ入ると、赤い多宝塔が静かに鎮座している。 朱塗りに新緑がよく似合う。 誰もいない山中のお寺、雨にけむる新緑。鬱蒼とした木々の間からしたたる [続きを読む]
  • 照る青もみじ
  •  写真仲間と滋賀県大津市にある石山寺へ。この寺は西国三十三所第十三番札所にあたり、奈良時代の創建。紫式部が源氏物語を起筆したお寺でもあり、花の寺、紅葉の名所としても知られています。新緑を中心に撮りました。 境内のあちらこちらに青もみじ。紅葉とはまた違った風情がある。 赤い傘と緑が対照的だった。傘には木の影。 寺名の由来となった硅灰石の上に堂宇が建っている。 青もみじの一部に日が照ると、赤子の手のよ [続きを読む]
  • 水辺の花菖蒲
  •  毎年、堺市にある白鷺(しらさぎ)公園へ花菖蒲を撮りに行きます。5月下旬〜6月中旬にかけて、公園内の水辺に咲き競う花菖蒲は、肥後系、江戸系、伊勢系など約200種、1万株といいます。白や紫、赤、ピンクなどの鮮やかな花が楚々として咲いていて、訪れる人の目を楽しませてくれます。 池や水路では花菖蒲が咲き競う。手入れも行き届いていて、無料開放なのでありがたい。 花菖蒲は種類が豊富。 その名の通り白鷺が生息。池の [続きを読む]
  • 光と影の異人館
  •  異人館の中はクラシックな雰囲気でいっぱい。以前にも書きましたが、建物の中に一歩足を踏み入れると、たちまち19世紀の世界にタイムスリップ。その調度品や飾りの重厚な雰囲気に圧倒されます。 ニワトリのオブジェ。壁に尾の影が映っていた。 帆船模型の影が壁に映る。 馬にまたがる騎士像の影。 クラシック自転車。さりげなく壁にもたせかけてあった。 異人館の中で光と影を追ってみました。白熱電球の赤っぽい光が時代を [続きを読む]
  • 雨の異人館街
  •  神戸・北野異人館の撮影会。雨が強く降っていて、カッパを着て傘をさしながらの撮影。それでも異国情緒あふれる町を楽しみながら撮りました。 最初に目に付くのは、風見鶏の館。背景が雨に霞んでいるので、屋根が影絵のように見えた。 トランペットのブロンズ像も濡れていた。 さりげなく洋風のイスとテーブルが置いてある。 うろこの家の前には、雨に濡れて鮮やかな色のバラが咲いていた。 この日は一日中雨でした。雨に濡 [続きを読む]
  • バラの庭園
  •  久しぶりに、浜寺公園のバラ庭園へ。今の時期、さまざまな種類のバラが咲いています。バラは300種、6,500株。庭園内には池もあって、睡蓮やカキツバタも咲いていました。 庭園内にはバラの甘い香りが漂う。 望遠レンズで周囲をボカして撮ってみる。 さまざまな品種の鮮やかな花色が楽しめる。 池の青い水面に赤い睡蓮が咲く。 浜寺公園は、「まちの景」「里の景」「山間の景」などのゾーンに別れていて、変化に富んでいます [続きを読む]
  • ツツジ燃える山
  •  5月上旬、ひと目百万本と言われる大和葛城山のツツジを見に行きました。今年は気候の影響で咲くのが早く、既に見頃を迎えていました。2年ぶりのリベンジです。当日は雲ひとつない快晴、青空に赤いツツジが綺麗でした。 上から眺めるツツジの山。向こうには金剛山が見える。 斜面に咲くツツジを縫うように道が続く。殆どが野生のヤマツツジ。 ツツジに囲まれた細道を歩くのも楽しい。 この日は快晴で、雲一つない青空。赤い斜 [続きを読む]
  • カキツバタ咲く寺
  •  奈良県天理市にある長岳寺(ちょうがくじ)は関西花の寺二十五ヶ所にも数えられており、四季折々の花を楽しませてくれます。ここは平戸ツツジが有名ですが、“カキツバタ”も清楚な姿を見せてくれます。5月初旬、天気の良い日に訪ねてみました。 大門から楼門までの参道では、満開の平戸ツツジが出迎えてくれる。もちろん境内にも。 楼門をくぐると、目の前の放生池に“カキツバタ”が咲いている。 池面に映るツツジの色との [続きを読む]
  • 街かどスナップ
  •  写真仲間とエキスポシティへ。ちょっと雰囲気を変えて、今回はスナップ写真。ショッピングモール内でのショットです。 ショッピングモール入口付近の階段をハイキーで。 モール内のイベント広場。スポットライトと影。 鏡面の天井に映り込んだイスとテーブル。いろんな色が混じり合う。 床面に映り込んだ人影。 こうして見ると、普段何気ない雰囲気の中にも、面白いアイテムが潜んでいますね。気に入って頂けましたら、応援 [続きを読む]
  • 豪華な野田藤
  •  熊野街道信達宿にある梶本家の藤が、今年も豪華に花を咲かせました。個人宅の庭に植えられた一本の野田藤が、丹精込めて育てられた結果、ついには4万房の花を付けるに至ったそうです。今年は例年より早めの4月20日から一般公開されました。 道に面した塀を覆うように花房が垂れる。奥の庭やガレージにも藤棚が広がる。 昔は熊野詣での宿場町として栄えた信達宿。 ガレージが並ぶ通路にも藤棚が設けられている。 家の庭に入る [続きを読む]
  • シャクナゲの参道
  •  奈良県明日香村にある岡寺は西国三十三所第七番札所。この時期薄紅色のシャクナゲが綺麗です。例年より早く、4月中旬過ぎには見頃を迎えました。奥之院へ通じる谷の参道は、斜面にシャクナゲの群生を見ることができます。 楼門を過ぎて階段を登っていくと、満開のシャクナゲが迎えてくれた。 ひっそりと佇む十三重の塔の脇で。 奥の院へ通ずる谷の参道では、斜面にシャクナゲが群生する。 朝日に照らされた花が、逆光に透け [続きを読む]
  • 桜散る姫路城
  •  例年なら桜が満開のはずの4月8日、姫路城での撮影会に参加しました。もちろん、ソメイヨシノは殆ど散っていました。おまけに午前中は重い雲がたちこめて不気味な雰囲気。お昼近くにやっと晴れてきて、かろうじて満開の枝垂れ桜が撮れました。 ソメイヨシノは殆ど散っていた。午前中はどんより曇り空。 桜の木の根元は、散った花びらの絨毯。 お昼頃に晴れてきて、満開の枝垂れ桜が綺麗だった。 まだ蕾も残っていて、淡いピン [続きを読む]
  • 吉野山の桜
  •  4月4日、まだ早いかなと思いつつ、吉野へ出かけました。ところが、毎年桜の時期が遅い吉野でも、下千本から上千本まで一気に咲いていました。桜は冬が寒いとスイッチが入って早く咲くそうですが、今年はこれに3月後半の温暖が効いて、異常に早く咲きました。 ロープウェイが運休していたので七曲坂を歩いて登る。下千本の満開の桜が垣間見えた。 金峯山寺に立ち寄ると、蔵王堂の前にも桜。 吉水神社境内から見えるひと目千本 [続きを読む]
  • 山中渓 桜
  •  しばらくお休みを頂きましたが、再開いたします。休み中も多くの方々にご訪問頂き、ありがとうございました。今後ともご愛顧の程、宜しくお願いします。 さて、しばらく撮影も行っておりませんでした。今年の桜は例年より一週間ほど早く、気がつくとどこもかしこも終盤を迎えていました。慌てて撮りに行った写真です。 山中渓(やまなかだに)は、山に囲まれた桜の園。毎年大勢の人出で賑わう。 地福寺という子安地蔵尊があり [続きを読む]
  • 道明寺天満宮
  •  大阪府藤井寺市にある道明寺天満宮。写真仲間と撮影に行きました。今年は寒さの影響で、梅の開花はもうひと息。全体としては1〜2分咲きでしたが、この日はいい天気で確実に春を感じました。 まだまだ蕾が多かったが、青空に紅梅や白梅が綺麗。 石橋の欄干に色鮮やかな紅梅が咲いていた。 手水鉢の青竹と水面に映ったピンク色に春らしさを感じた。 いつもご訪問ありがとうございます。さて、都合によりしばらくの間お休みしま [続きを読む]
  • 再び大阪城公園
  •  再び大阪城公園で撮影会。今年は寒い日が続いていて、例年ならぼちぼち咲いている梅の花が、まだまだ蕾。そこで今回も冬景色を中心に撮影です。 この日、日中は晴れ。天守閣をシルエットで撮ってみた。 外堀のキラキラ光る水面にカモが泳いでいた。 梅は殆ど蕾。雲行きが怪しくなり、彩雲のような・・・ 咲いている花を見つけては撮ってみた。 夕方からグッと冷え込み、手が凍えそうに寒い一日でした。気に入って頂けました [続きを読む]
  • 冬枯れ風景
  •  厳しい寒さが続きます。豪雪地帯の皆様には御見舞申し上げます。さて、雪の風景ではありませんが、冬を感じる公園風景です。 葉が散り果てた木。寒々とした空に枝を広げる。 太陽が厚い雲間から見え隠れし、ひときわ高い木の間から採光を放つ。 そして夕方、太陽が黄金色に輝く。 近くを走る電鉄沿線沿いの公園。寒風吹く午後のシーンでした。気に入って頂けましたら、応援 宜しくお願いします [続きを読む]
  • 神戸旧居留地スナップ
  •  洋館の佇まいが残るレトロな街、神戸元町の旧居留地。写真仲間と散策してみました。さすがにあか抜けたファッションやショッピングの店が立ち並びます。今回はそれとなく人物を入れたスナップに挑戦。 旧居留地を散策するとブティックがいっぱい。 ひときわ目立つマネキン、ウインドウに映り込む人影。 大丸のビルにある洋風アーケードが目を惹いた。 上品な雰囲気のお店。 神戸元町には旧居留地のすぐ近くに南京町という中 [続きを読む]
  • 伏見稲荷パワースポット
  •  久しぶりに写真撮影会で伏見稲荷へ。明け方に雪が降ったようで、生憎の空模様。さすが外国人に一番人気の場所です。半数以上は外国の観光客。暗い空模様に合わせて、ちょっとパワースポットを意識して撮ってみました。 明け方に雪が降ったようで、拝殿の屋根が白くなっていた。 伏見稲荷と言えば、千本鳥居。パワースポットに吸い込まれるう〜 あちこちにお狐様の石像があり、ろうそくの光に浮かび上がる。 新池近くの熊鷹社 [続きを読む]
  • 冬ぼたんとサザンカ
  •  奈良県葛城市にある當麻寺(たいまでら)。その塔頭である奥院(おくいん)に行くと、この時期、冬ぼたんやサザンカが見られます。殺風景な冬景色の中に赤い花が咲いていると、ホッとしますね。 當麻寺の塔頭、奥院の入口ではサザンカとお地蔵様が迎えてくれる。 境内には、藁の菰を被せられた冬ぼたん。 あちこちに可愛い冬ぼたんが咲いている。 サザンカも負けじと赤い花を咲かせる。 當麻寺は冬ぼたんと共に、春のぼたん [続きを読む]
  • 大阪城をさがせ!
  •  写真仲間と大阪城公園での撮影会。「ウォーリーをさがせ!」ではありませんが、大阪城を小さく写して、一見大阪城が写っていないように思わせる写真を撮りました。さあて、写真の中のどこに大阪城(天守閣)が写っているか分かりますでしょうか? ビルの窓ガラス・・・ さて、どこに・・・ 建物の中から。2ヶ所に写っています・・・ 木の枝とビルだけ撮っても、面白くも何ともないですよね・・・ ビルの谷間から青空が見え [続きを読む]
  • 今宮戎 えべっさん'18
  •  今年も「えべっさん」。1月9日の朝、少し早めに今宮戎神社へ行きました。平日の朝だったせいか、三連休だった昨年の混雑に比べて、拍子抜けするぐらいすんなり拝殿まで行けました。 今宮戎神社周辺の露店では、えびす様の熊手やザルがいっぱい。 境内では既に笹飾りを求める人が多かった。 そして何と言っても福娘。笑顔がたまらなくいいですね。 景気のいい年になりますようにと願って、今宮戎神社を後にしました。気に入っ [続きを読む]
  • 住吉さん初詣
  •  大阪で初詣と言えば住吉大社、通称住吉さん。毎年、三が日は200万人の人出があるそうです。混雑するお昼の時間帯を避け、朝のうちにお参りしました。 参道の左右は屋台や露店の出店がいっぱい。たい焼きがおいしそうだった。 大社の入口にある太鼓橋を渡る。橋は秀吉の側室、淀君が慶長年間に奉納したものと言われる。 そして入口に近い第四本宮から奥の第一本宮まで参拝。景気が良いとは言え、お賽銭はやはり少額硬貨で(^^; [続きを読む]
  • 大漁旗'18
  •  新年の漁港へ大漁旗を見に行きました。今回は岡田浦漁港。さすがに三が日は漁港も休みで殆ど人がいませんが、大漁旗だけが風にはためいていました。 漁港には初漁を待つ漁船がひしめき、色鮮やかな大漁旗が風にはためく。 ふと見ると、水面にも旗が揺れていた。 最近は大漁旗を掲げていない漁船も多い。大きな夕日が明日からの豊漁を予感させる。気に入って頂けましたら、応援 宜しくお願いします [続きを読む]