社労士 油原信makoto yuhara さん プロフィール

  •  
社労士 油原信makoto yuharaさん: 社労士 油原信makoto yuharaの情報発信
ハンドル名社労士 油原信makoto yuhara さん
ブログタイトル社労士 油原信makoto yuharaの情報発信
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/makotoyuhara/
サイト紹介文練馬区在住・練馬支部所属。えがお社労士オフィスとして開業中。日々社労士情報を発信します。
自由文平成25年度社労士試験に合格し、平成26年1月に社労士登録。東京都社会保険労務士会練馬支部所属。練馬区在住。平成29年3月開業。社会保険労務士に関わる事柄を発信して参ります。1日1件のブログを書くことを目標としています。読んだ人が役にたったと思える内容を心がけます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供299回 / 365日(平均5.7回/週) - 参加 2014/03/02 22:19

社労士 油原信makoto yuhara さんのブログ記事

  • TOKYO働き方改革宣言企業 取組み
  • 今日は、TOKYO働き方改革宣言企業として、2017年度の第1回エントリーをした企業様の7月〜9月の取組実績報告締め切りが10月25日に迫ってきたので、午後はその報告書作りをずっとやっていました。働き方、休み方の新たな制度を整備するとプラスの奨励金が加算されるしくみとなっています。ただ、実績報告は、提出書類も多く、なかなか骨の折れる作業です。やはり、それぞれの企業の実状に合わせた働き方・休み方を考 [続きを読む]
  • 「働き方・休み方改革シンポジウム」を開催/厚労省
  • 厚労省は今月から来年1月にかけて、「働き方・休み方改革シンポジウム」を全国5会場(東京・札幌・福岡・大阪・名古屋)で開催する。基調講演や学識経験者による講演のほか、企業の取組事例の紹介、パネルディスカッション等を通じて、改革を推進するためのポイントや実戦可能な方法などを紹介。参加費無料。要事前予約。小職もTOKYO働き方改革宣言企業への巡回コンサルティング業務を東京都社労士会より委託され、すでに何 [続きを読む]
  • 練馬まつりに参加【社労士会練馬支部】
  • 本日、毎年10月に開催される練馬まつりに東京都社労士会練馬支部として、参加しました。今年は、区政70周年記念でもあったのですが、残念ながら天気は雨で、お祭りの来場者も少なかったです。それでも、練馬支部の先生方総勢24名にご協力いただき、今年も無事、練馬支部として無料相談会を終えることができました。当日、ご相談に来られた区民の皆様、ご協力いただいた練馬支部の先生方、ありがとうございました。練馬まつり [続きを読む]
  • 特別研修 グループ研修1日目終了
  • 今日から、特定社労士の資格を取るためのグループ研修が始まりました。全3日間の研修です。今日は、グループごとに個別労働紛争のあっせん申請書と答弁書の書き方について、設問に答える形で講義を受けました。特別研修は、個別労働紛争における、申請人(通常労働者)と被申請人(事業主)との紛争の正当性について法的根拠を求めていくスタイルなので、民法をはじめ、その主張の正当性を裏付ける法律をひっぱってくるセンスが問 [続きを読む]
  • ココナラ 雇用関係助成金活用アドバイス
  • 同業の知人の社労士に「ココナラ」で助成金の告知のことを教えてもらい、以前に登録していました。一昨日、サービスを購入いただき、具体的な助成金活用のアドバイスをさせていただきました。いろいろなサービス提供の仕方があると、ひとつ勉強させていただきました。以下は、出品の内容です。雇用関係の助成金活用をアドバイスします 雇用関係の助成金を活用したい事業主様、総務ご担当者様へにほんブログ村↑ランキングに参加し [続きを読む]
  • 商工会議所練馬支部 異業種交流会に参加〜雑談術〜
  • 昨日は、東京商工会議所練馬支部の有志で作る異業種交流会「ネリマ水曜会」に参加してきました。今日の勉強会のテーマは、「2万人の対面営業で学んだ!仕事につながる"雑談術"」 でした。講師は、リフレッシュコミュニケーション代表の吉田幸弘氏でした。あいづちの大切さ、苦手なタイプの人といかに雑談をするかという短所を長所におきかえるリフレイニング、興味のないものごとでも雑談を続ける対処法などを学ばせていただきま [続きを読む]
  • 心の通った働き方改革とは
  • 昨日の社労士の勉強会(社労士たまごの会)の振り返りをしています。午前の研修は、障害年金で有名な松山純子先生でしたが、研修の中で、相手の立場を共有することといった話がありました。障害をお持ちの方は、普通の人では考えにくい、電車などの人込みが苦手だったりする訳ですが、そういった人のためにも、テレワークという自宅勤務の選択肢が、有効であるといった内容でした。要は、はやりだからとか、助成金がもらえるからと [続きを読む]
  • 話せる社労士実践会特別研修に参加
  • 今日は、社労士の勉強会(社労士たまごの会)に終日、参加してきました。研修内容は、タイトルの通り、士業として、人前で話す機会も多いため、うまく伝えるためのスキルをブラッシュアップするものでした。午前は、特定社労士で障害年金のスペシャリストとしても有名な松山純子先生に、「私の講義・セミナーのつくり方」と題して、講義をしてもらいました。松山先生の講義を聴くのは、今回で2回目ですが、いつも相手視点に立った [続きを読む]
  • 特別研修 中央発信講義5日間
  • 今日で、特定社労士の資格を取るための全5日間に渡った中央発信講義が終了しました。憲法、民法から始まり、労使関係法、労働契約法などなどDVDを見ながらの研修でした。土日が連続してつぶれるので、かなり疲れました。次回からは、いよいよグループ研修に入りますので、より実践的な講義になると思います。にほんブログ村↑ランキングに参加中。励みになりますので、 にて応援願います! 社会保険労務士ランキング↑ [続きを読む]
  • 2017年版「過労死等防止対策白書」を閣議決定
  • 政府は、10月6日、政府は6日、2017年版の「過労死等防止対策白書」を閣議決定した。白書(骨子)を概観すると、脳・心疾患による過労死は業種では、運送業が圧倒的に割合が高い結果となった。週60時間以上の企業割合は、徐々に減少してきてはいるが、まだ全体の7.7%を占めている。年休取得率も5割を割っており、なかなか年休取得も効果が上がらない状況だ。まずは、全行時間規制の法案が次期国会で審議されるだろうから [続きを読む]
  • 福沢諭吉の七つの心訓
  • 今日FBを見ていたら、タイトルの内容が目に留まりました。シェアさせていただきます。「福沢諭吉の心訓」1つ、世の中で一番楽しくて立派なことは、一生涯を貫く仕事を持つことである。1つ、世の中で一番さびしいことは、する仕事のないことである。1つ、世の中で一番尊いことは、人のために奉仕し、決して恩にきせないことである。1つ、世の中で一番美しいことは、すべてのものに愛情をもつことである。1つ、世の中で一番み [続きを読む]
  • NHK 31歳女性記者の長時間労働による過労死の労災認定を公表
  • 朝日新聞の報道によると、NHKは、10月4日、NHKの記者だった女性(当時31)が2013年7月に心不全で死亡したのは過重労働が原因だったとして、14年に渋谷労働基準監督署が労災を認定していたことを公表した。ピーク時の時間外労働は月150時間を超えていた。 職員が労災認定を受けてから3年余り、NHKは遺族の意向に配慮して、女性記者の過労死を公表していなかった。NHKや遺族の説明によると、亡くなった [続きを読む]
  • 図書館 起業お手伝い
  • 10月3日の読売新聞の夕刊で、タイトルの見出しに目が止まった。記事内容は、公立図書館による地域のビジネス支援が広がりを見せているというもの。全国の図書館員有志で2001年に設立した「ビジネス支援図書館推進協議会」といった団体も活動をしているという。図書館からの起業支援という発想がおもしろいと感じました。単なる情報の入手だけならインターネットでかなりの部分まで入手可能ですから、プラスアルファの支援を [続きを読む]
  • 2017年版「過労死等防止対策白書」を閣議決定
  • 政府は、10月6日、政府は6日、2017年版の「過労死等防止対策白書」を閣議決定した。白書(骨子)を概観すると、脳・心疾患による過労死は業種では、運送業が圧倒的に割合が高い結果となった。週60時間以上の企業割合は、徐々に減少してきてはいるが、まだ全体の7.7%を占めている。年休取得率も5割を割っており、なかなか年休取得も効果が上がらない状況だ。まずは、全行時間規制の法案が次期国会で審議されるだろうから [続きを読む]
  • 【10月法改正情報】育児・介護休業法
  • 10月1日から、改正育児・介護休業法が施行される。育児・介護休業法は今年1月にも改正されたばかりだが、今回の改正点のポイントをおさらいしておきましょう。●今回10月の改正点は以下の3つ1.育児休業が最長2年まで延長可能に※原則は1年間ですが、保育所が決まらないなどの正当な理由がある場合は1年6カ月まで延長が可能だったものが、今回2年に延長された。2.育児休業等の個別周知の努力義務を創設→事業主とし [続きを読む]
  • 非正規教員給料 正規の6〜8割程度
  • 9月28日の読売新聞の社会面、くらし教育面で、非正規教員の正規教員との差別的な給与水準についての記事が掲載された。全国の都道府県で、正規と非正規で給料表を別けて管理しているのは、38都県に上るとされている。職務が同じであるにも関わらず、給与体系が違うのは、地方公務員法に違反するとは、総務省の見解であり、早期の解消を求めているという。だが、実態としては、36府県で、正規教員とは別に非正規教員用の給料 [続きを読む]
  • 衆院解散で「働き方改革関連法案」審議先送りへ
  • 安倍首相の決断による9月28日での衆院解散で、重要法案の審議が事実上先送りとなった。その中には、注目度の高かった「時間外労働の罰則付きの上限規制」を労働基準法改正案も含まれる。働き方改革等の法案の審議より政局を優先した格好で、残念な限りである。にほんブログ村↑ランキングに参加中。励みになりますので、 にて応援願います! 社会保険労務士ランキング↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリッ [続きを読む]
  • 非正規教員求人 ハローワークに130人分
  • 9月27日の読売新聞の社会面に掲載されたタイトルの記事に目が止まりました。公立小中学校で非正規の教員が不足し、ハローワークに求人を出すケースが増えているという。その人数は、都道府県によってばらつきがあるが、トップの福岡県で39人、以下鹿児島県の16人、埼玉県の14人と続き、その数が14道県で130人以上になる。将来の少子化を睨んで、正規教員の枠を減らしたつけが回ってきた格好であるようだが、教員の労 [続きを読む]
  • 都内のタクシー会社 海外ダミー会社で厚生年金保険料逃れ
  • なんともお粗末な話である。9月25日の読売新聞の報道によると、都内のタクシー会社が、香港に設立したダミー会社を通じて従業員に給与の一部を支払う方法で、国に納めるべき厚生年金の保険料を低く抑えていたことが、関係者の話でわかった。納付を免れた保険料は、2年間で少なくとも6000万円超に上る。海外企業を利用した保険料逃れが明らかになるのは初めて。厚生労働省は、他にも同様の事案があるとみて全国の年金事務所 [続きを読む]
  • 第2回「医師の働き方改革に関する検討会」資料を公表/厚労省
  • 厚労省は9月21日に開催された「第2回医師の働き方改革に関する検討会」の資料をHPで公表した。当日の議題は、「労働時間法制・医師の勤務実態について」であった。特に勤務医の過酷な労働時間については、第1回検討会でも意見が多く出て、問題があるのは周知の事実だと思う。いかに長時間労働の問題を改善していくのか、その実効性が問われていると思う。第1回検討会ででた主な意見については、厚労省の以下の資料をご参照下さ [続きを読む]
  • 職場定着支援助成金〜介護労働者雇用管理制度助成コース〜
  • 今、障害児のデイサービスを行っている福祉施設で、タイトルの助成金受給のための取り組みを行っています。当助成金は、介護労働者への賃金制度を導入・改善した場合に、制度を整備すると50万円の助成がされるというものです。賃金制度を事業主様とともに検討していますが、なかなか骨の折れる作業です。事業主のこうしたいという思いをどう賃金・評価制度に反映させていくか、再構築する能力が問われています。ご案内の助成金の [続きを読む]
  • ねりま異業種交流会初参加
  • 今日は、練馬産業連合会の下部組織である、ねりま異業種交流会の定例会に初参加させていただきました。初参加でしたので、出席者の前で簡単な自己紹介をさせていただき、会合後には練馬駅前の和食レストランにて、懇親を深めました。ねりま異業種交流会の活動概要は、以下のHPをご参照願います↓http://www.nerima-sanren.jp/nic.htmlにほんブログ村↑ランキングに参加中。励みになりますので、 にて応援願います! 社会 [続きを読む]