もえもえりゅうたん さん プロフィール

  •  
もえもえりゅうたんさん: 《恋愛小説》《拷問小説》《閲覧注意特集》
ハンドル名もえもえりゅうたん さん
ブログタイトル《恋愛小説》《拷問小説》《閲覧注意特集》
ブログURLhttps://ameblo.jp/moemoe-ryutan/
サイト紹介文涙の話題作! ベストセラー恋愛小説《切ない/感動/号泣/学園》& 史上最凶拷問小説 & 閲覧注意特集
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供12回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2014/03/03 21:12

もえもえりゅうたん さんのブログ記事

  • [第143話] 明日への扉〜もういちどあなたに逢いたい〜
  • 恋愛小説【明日への扉】〜もういちどあなたに逢いたい〜[第5章 神様、お願い]→第143話〈 沖縄修学旅行 〉※ここまでのあらすじは、↓↓↓の方に書いてます―・―・―・―・―・―・―班ごとに昼飯を済ませた後、ゆいレールに乗って集合場所の那覇空港へ空港では、みんなはまだ物足りないような顔をしていた。「こんなに楽しいのにまだ帰りなくないよねぇ」何処からか飛び交う声。そう思うのが普通。だけど、亜弥はひたすら早く帰りたか [続きを読む]
  • [第142話] 明日への扉〜もういちどあなたに逢いたい〜
  • 恋愛小説【明日への扉】〜もういちどあなたに逢いたい〜[第5章 神様、お願い]→第142話〈 沖縄修学旅行 〉※ここまでのあらすじは、↓↓↓の方に書いてます―・―・―・―・―・―・―修学旅行4日目この日は国際通りで自由行動。生徒達は、本当に嬉しそうだった。優子→「亜弥、大丈夫?」亜弥→「うん・・・」優子→「亜弥、行こほらっりゅう先輩のおみやげ買うんやろ?」亜弥→「うん・・・そだね」優子に手を引かれ、国際通りに向か [続きを読む]
  • [第141話] 明日への扉〜もういちどあなたに逢いたい〜
  • 恋愛小説【明日への扉】〜もういちどあなたに逢いたい〜[第5章 神様、お願い]→第141話〈 沖縄修学旅行 〉※この小説のあらすじは↓↓↓の方に書いてます。―・―・―・―・―・―・―亜弥→「何?」急に嫌な予感がした。和人→「亜弥さん、落ち着いて聞いてね・・・りゅうね、あと2、3日しかもたないって・・・」和人の声は震えていた。電話の向こうで、泣いているのがわかった。亜弥→「うそ・・・だよ・・・」しばらく沈黙が続いた [続きを読む]
  • [第129話〜第146話] 少女達による拷問パーティー/地獄の拷問刑務所
  • 絶叫者続出!!今世紀史上、最もえげつない地獄の拷問小説少女達による拷問パーティー〜地獄の拷問刑務所〜重度の性犯罪者が収監される刑務所。世界でトップレベルの史上最凶最悪の拷問刑務所と言われ、脱走は100%不可能だと言われている。収監された受刑者は、主に睾丸を拷問されるのだ。そして、ひとりの悪質性犯罪者がこの拷問刑務所に移送される事になった。はたしてクソ男の運命は・・・WEB版モバスペBookで第129話〜第146話ま [続きを読む]
  • [第140話] 明日への扉〜もういちどあなたに逢いたい〜
  • 恋愛小説【明日への扉】〜もういちどあなたに逢いたい〜[第5章 神様、お願い]→第140話〈 沖縄修学旅行 〉―・―・―・―・―・―・―きっとりゅうたんの事にちがいないもしかして意識取り戻したのかな?優子→「亜弥?どうしたの?」同じ部屋でくつろいでいた優子が言った。亜弥→「和人君から着信入ってたんやけど・・・多分りゅうたんの事かな?もしかしたら意識取り戻したのかも」優子→「きっとそうだよ!ほらぁ〜信じて良かったや [続きを読む]
  • [第139話] 明日への扉〜もういちどあなたに逢いたい〜
  • 恋愛小説【明日への扉】〜もういちどあなたに逢いたい〜[第5章 神様、お願い]→第139話〈 沖縄修学旅行 〉―・―・―・―・―・―・―修学旅行3日目は、伊江島での自然体験。本部港から伊江島まで、フェリーでおよそ30分の短い船旅。伊江島に近づくにつれて、シンボルともいわれる城山が段々と大きく見えてくる。島に着くと、ガイドの方々と自然、史跡巡り。島の南西岸にある海食洞の中を歩いたり、城山の頂上を登ったりした。頂上から [続きを読む]
  • [第138話] 明日への扉〜もういちどあなたに逢いたい〜
  • 恋愛小説【明日への扉】〜もういちどあなたに逢いたい〜[第5章 神様、お願い]→第138話―・―・―・―・―・―・―最後に向かったのは、『深海の海』エリア。敦子→「うわぁ!ちょー真っ暗ぢゃん」優子→「ってゆうか、暗いの苦手なんやろ?」優子はからかうように言った。敦子→「そっ‥そんなわけないやん!へーきよ」暗い所が苦手な敦子は、強がっていた。亜弥→「怖かったら遠慮なく手握っていいからね!怖がりのあ〜つ〜こ〜ちゃん [続きを読む]
  • [第137話] 明日への扉〜もういちどあなたに逢いたい〜
  • 恋愛小説【明日への扉】〜もういちどあなたに逢いたい〜[第5章 神様、お願い]→第137話―・―・―・―・―・―・―『黒潮の海』エリアでは悠然と泳ぐジンベイザメやナンヨウマンタをはじめ大水槽内では1万6000匹もの生き物が泳いでいた。優子→「えっ?ヤバい!ヤバい!ヤバい!何?何?あれってジンベイザメちゃうん?」遥香→「あっ!ホンマやぁめっちゃでっか!」5人揃って、大水槽の前に向かって歩き出した。間近で見る3尾の巨大 [続きを読む]
  • [第136話] 明日への扉〜もういちどあなたに逢いたい〜
  • 恋愛小説【明日への扉】〜もういちどあなたに逢いたい〜[第5章 神様、お願い]→第136話―・―・―・―・―・―・―修学旅行2日目朝、ホテルを出発し最初に向かったのは、沖縄フルーツランド。そこで南国の植物やフルーツを見学し、昼からは生徒達が一番楽しみにしていた美ら海水族館。同じ班である親友の優子、敦子、麻友、遥香で館内に入った。10月でも沖縄は蒸し暑かったので館内の涼しさは心地良かった。館内には他校の修学旅行生や [続きを読む]
  • [第135話] 明日への扉〜もういちどあなたに逢いたい〜
  • 恋愛小説【明日への扉】〜もういちどあなたに逢いたい〜[第5章 神様、お願い]→第135話―・―・―・―・―・―・―1日目はひめゆりの塔や平和祈念公園などの見学、その後は実際にガマ(洞窟)の中を体験した。移動中、バスの中では楽しそうな笑い声が飛び交っていた。亜弥の席の横には、優子が座っていた。「亜弥、ほらぁそんな暗い顔せんと楽しもうねっ?」優子がそう言って、亜弥の肩をポンッと叩いた。亜弥自身も、りゅうたんの事が気 [続きを読む]
  • [第134話] 明日への扉〜もういちどあなたに逢いたい〜
  • 恋愛小説【明日への扉】〜もういちどあなたに逢いたい〜[第5章 神様、お願い]→第134話―・―・―・―・―・―・―修学旅行当日亜弥は、親友である優子、敦子、麻友、遥香と同じ班になった。行き先は沖縄で、無事に那覇空港に到着した。沖縄は天候にも恵まれ、暖かく湿気も多い。亜弥はすぐにりゅうの母親に電話を入れた。「美有紀さん・・・あのぅ・・・りゅうさんはどんな状態なんですか?」「昨日と変わらないよ」「そうですか・・・ [続きを読む]
  • 重要なお知らせ(一部修正しました)
  • 先程、恋愛小説2回(朝と昼)更新しましたが一部修正するつもりが誤って削除してしまいました。せっかく、下書き保存してたのにぃ…(。´Д⊂)『いいね』してくれた皆様すみません同じ記事を2回書くの面倒やし、相当ムカついて来たのでもう更新やめます今のところ、ブログ更新は考えていませんなので、しばらくアメーバに来ませんのでよろしく今日はペタ、いいね、コメ返ししますね [続きを読む]
  • [第133話] 明日への扉〜もういちどあなたに逢いたい〜
  • 恋愛小説【明日への扉】〜もういちどあなたに逢いたい〜[第5章 神様、お願い]→第133話―・―・―・―・―・―・―「亜弥、お家に着いたよ大丈夫?」姉が言った。「……うん」放心状態の亜弥は、姉に手を引っ張られて家の中に入った。そして、自分の部屋で思い出しては泣いていた。りゅうたんの姿が頭から離れない目を疑うような光景きつそうな顔もしていない表情がない怖いよ助かってよりゅうたんがいなくて刻まれていく時間なんていら [続きを読む]
  • 閲覧注意! PART14【グロい生物】
  •    閲覧注意!∽ PART14 ∽『衝撃』癒したっぷりの可愛いカエル君ニホンアマガエルベトナムオオアオガエルイチゴヤドクガエルコバルトヤドクガエルキオビヤドクガエルジュウジメドクアマガエルカーティンガツノガエルアフリカツメガエルガビヒゲカエルダイアンズ・ベアハーテッド・グラスフロッグコモリガエルマルメタピオカガエルコガネガエルナマカフクラガエル∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽こちらもよろしくね(^o^)閲覧 [続きを読む]
  • [第132話] 明日への扉〜もういちどあなたに逢いたい〜
  • 恋愛小説【明日への扉】〜もういちどあなたに逢いたい〜[第5章 神様、お願い]→第132話―・―・―・―・―・―・―和人は、泣き叫ぶ亜弥の背中をずっとさすっていた。「亜弥さん、もう行こか」亜弥がこれ以上、取り乱すといけないと思って和人が優しく話しかけた。「いやぁ!!いやぁ!!ここ離れたくないよ!りゅうたんの側にいたいよ!」亜弥は、激しく首を左右に振った。仕方なく、りゅうの母親と和人が泣き叫ぶ亜弥の腕を掴んで病室を出 [続きを読む]
  • [第131話] 明日への扉〜もういちどあなたに逢いたい〜
  • 恋愛小説【明日への扉】〜もういちどあなたに逢いたい〜[第5章 神様、お願い]→第131話―・―・―・―・―・―・―りゅうは、呼吸器につながれて点滴、導尿をしていた。 「りゅう…お友達来てくれたで」そう言って、母親がりゅうの身体を揺すった。話しかけても無反応で返事をしない…まばたきもせず目は半開き状態。「ほらぁ…なんとか言わんかい」母親は涙目で言った。呼吸器と、モニター画面に波形を映し出す機械の音だけが、病室に [続きを読む]
  • [第130話] 明日への扉〜もういちどあなたに逢いたい〜
  • 恋愛小説【明日への扉】〜もういちどあなたに逢いたい〜[第5章 神様、お願い]→第130話―・―・―・―・―・―・―次の朝、亜弥はバスで病院に向かった。バスが赤信号で止まる度に、心臓の鼓動が高くなり胸が張り裂けそうになる…恐いよ…りゅうたんが、どっか行っちゃうんぢゃないかって…帰ってくる場所はあるんだよ…りゅうたん助かってよ…亜弥の目には、涙が溢れていた。病院前のバス停では、和人が待っていた。「和人くん!」「亜 [続きを読む]
  • [第126話〜第128話] 超鬼畜!美少女達による男性機能拷問〜地獄の悶絶〜
  • 絶叫者続出!今世紀史上、最もえげつない地獄の拷問小説!超鬼畜!美少女達による男性機能拷問〜地獄の悶絶〜極凶獄拷問刑務所編∽∽あらすじ∽∽ひとりの少女がレ〇プされた。少女は心身共に傷を負わされ、涙しながらもクソ男に復讐を決意する!少女はその復讐だけが心の支えとなり、完全無欠の鬼へと変貌を遂げる。そして、待ちに待ったクソ男への復讐の日。少女は4人の格闘美女と結束し、クソ男の居場所をつきとめて拉致し [続きを読む]
  • [第129話] 明日への扉〜もういちどあなたに逢いたい〜
  • 恋愛小説【明日への扉】〜もういちどあなたに逢いたい〜[第5章 神様、お願い]→第129話―・―・―・―・―・―・―部屋でくつろいでいると、和人から電話がかかって来た。「亜弥さん!今大丈夫?」和人は、酷く焦っているような感じだった。「和人君?どしたの?」「あのね…りゅうの具合が悪くなったって!」亜弥の頭の中が真っ白になった。「何言ってんの…だって…りゅうたん意識戻ったんよ」「俺も信じられんよとにかく亜弥さん、病 [続きを読む]
  • お知らせだよ
  • いつもペタ、いいね、コメありがとうございます。僕の方は月曜日以来、全く返せなくてすみません。木曜日に皆さまのブログ訪問予定でしたが、もえたんは水曜日から体調悪くなって何も手につかず(>_ブログ遊びに行くのもう少し待ってね!この記事は削除しますのでコメ欄封鎖します。ほなね [続きを読む]
  • [第128話] 明日への扉〜もういちどあなたに逢いたい〜
  • 恋愛小説【明日への扉】〜もういちどあなたに逢いたい〜[第5章 神様、お願い]→第128話―・―・―・―・―・―・―りゅうはゆっくりと手を伸ばして、亜弥の手を握ると…「亜弥たんはあの子を助けたかったんやろ?あの暴走車から…勇気あるやん…凄いよ亜弥たんは…」りゅうは続けて…「あとね…亜弥たん、もう絶対自分の事傷つけたりしたらアカンよ」袖口から覗く手首を切った深い傷跡…クッキリと浮かんでいるのが見えた。「ゴメンね… [続きを読む]
  • [第127話] 明日への扉〜もういちどあなたに逢いたい〜
  • 恋愛小説【明日への扉】〜もういちどあなたに逢いたい〜[第5章 神様、お願い]→第127話―・―・―・―・―・―・―ガラガラガラ…病室のドアを開けた。「りゅうたん…」その声に反応して、ゆっくりと亜弥の方を振り向く…「あ‥亜弥たん…」りゅうは軽く微笑むも、少しうつろな目をしていた。「りゅうたん、逢いたかった…ホントに逢いたかった…」ホッとしたのか亜弥の目からは大粒の涙が溢れて来た。「ご‥ごめん…心配かけたね…」その [続きを読む]