NPO法人フェアネット さん プロフィール

  •  
NPO法人フェアネットさん: NPO法人フェアネット放課後等フェアネット
ハンドル名NPO法人フェアネット さん
ブログタイトルNPO法人フェアネット放課後等フェアネット
ブログURLhttp://minamirinkann.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文特定非営利活動法人フェアネット放課後等デイサービスフェアネットのブログです。
自由文日々の活動内容やお知らせ、療育や関連する様々な情報を提供しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供11回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2014/03/04 04:06

NPO法人フェアネット さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 自閉症児の笑い
  • 自閉症児の笑い自閉症児にも、当然ですが喜怒哀楽を表す感情を持って生まれます。ただ、感情を表す。伝えるということに関しては、苦手であったり、障害に近い不自由を持っています。自閉症児が物を投げてしまったり、人を叩いてしまったりするなど、社会的規範に違反するような行動をとると、当然のごとく、叱られます。「Aくん、なにをやっているのですか?そんなことはしてはいけません!」「やめなさい!」そこここで、よく見 [続きを読む]
  • 発達障害に対しての視覚支援についての私見
  • 発達障害に対しての視覚支援についての私見自閉症児の多くに、知覚過敏があり、視覚優位性がある事は、疑いのない事実です。ゆえに、視覚に重きを置いた、構造化が有効であるとされています。その一方で、視覚支援を行っても、少しも落ち着かない、パニックが減少しないというケースも、実際にあります。逆に視覚支援が上手く機能している時は、どんな状態なのでしょう。きっと自閉症児はとても落ち着いていて、流れるように、示さ [続きを読む]
  • 自閉症とちゃんと手をつなごう
  • 自閉症とちゃんと手をつなごう外で自閉症児を見かけることは、そう珍しくなくなりました。外出時、自閉症児の多くは、手をつなぐ ではなく、手をつながれた状態で見かけることが多いと、ぼくは思っています。手をつながれた自閉症児は、後ろ向きに寄りかかり、なすがまま状態です。一方的に引きずられるように歩いています。 ところが、時が経ち、自閉症児も大きくなり、自我が出現し、下界とのアプローチを始めます。一方的につ [続きを読む]
  • 自閉症を叱って育てる
  • 自閉症を叱って育てるしかる。とは「叱る」と書く。たまに、「叱る」と「怒る」をごちゃ混ぜに使う人がいる。教育に必要なのは「叱る」であり、「怒る」ではない。「叱る」は、相手の非を指摘、説明し、きびしく注意を与える意。腹をたてているわけではないので、「優しく叱る」という表現も可能と辞書にはある。ちなみに「怒る」とは、不満・不快なことがあって、がまんできない気持ちを表す。腹を立てる。とある。 注意という [続きを読む]
  • B子のこだわり
  • B子のこだわりB子は、名刺大のカードが大好きだった。厳密には、周囲の人はB子が大好きであると思い込んでいたし、かつこだわりでもあると考えていた。こだわりであるということは、無理矢理、奪いさろうとすると、パニックを起こしかねないということである。 さて、B子がデイに通い始めて数ヶ月後、B子はカードを欲しがらなくなった。事例としては、B子が、カードというこだわりから、どのような関わりの中で、変容していった [続きを読む]
  • 抱っこ
  • 抱っこについて(自閉症の対人関係障害)自閉症は、対人関係において、多くの障害を持つ。乳幼児期においても、抱っこされるとこと嫌がったり、あやされたりしなくても、黙々と一人で遊び続けたりする。気がつくと、周りの子と、色々と違う点ばかりが目立ち、療育機関につながる。定型発達の子どもは、乳幼児期に母親との間で、あやされたり、いないいないばあや、模倣遊びなどの沢山のやり取りの中で、その後の発達に必要な多くのこ [続きを読む]
  • 自閉症 雑文1
  • 自閉症の問題行動自閉症の問題行動は、多々ある。自閉症の問題行動は、本人にとっての問題なのか?関わる側にとっての問題なのかが、今の世の中では問われるらしい。ぼくにとっては、どうでもいい話なので、ある屁理屈をつけることでケムに巻くことにした。ぼくからは、自閉症とともに暮らすことを放棄しないという。看板を掲げたのである。ともに暮らす同居人ならば、多少、同じ同居人に対し文句を言っても差し支えないだろうとい [続きを読む]
  • 落書きは、楽しいよ
  •   お絵かきは、ついつい課題学習として行うことが多くなりました。  落書きとは、描きたいときに、描きたい場所に描くものと   ぼくは、勝手に定義しています。  なによりも、課題として書いているときと、落書きをしているときでは  子どもの表情が違います。     なんともいえない、表情で描き上げたのが、この絵です。   この子は、この絵を人に見てもらおうととか、褒めてもらおうとか  ちっとも考えてい [続きを読む]
  • 2017年度 防災訓練の実施状況
  •   今年度も防災訓練を実施致しました。  想定された震災は、東京湾 直下型M7.2です。  2月某日、火曜日、午後3時40分に、揺れを感じました。  管理者の指示で、担当スタッフと、児童が机の下に隠れます。  机下に避難したことを確認すると、避難口を確保します。  この日は、車椅子利用の子どもが3名おりましたが、車椅子からおろして  机下に避難するのは、現実的ではないので、担当スタッフとともに、頭 [続きを読む]
  • 風の妖精 クーちゃん
  • 風の妖精 クーちゃんクーちゃんは、人ではなかったのですよ。クーちゃんは、風の妖精。クーちゃんは、風や鳥、虫やお花とお話をして、生きてきました。クーちゃんは、どこにも住んでいませんでした。だって、クーちゃんは、自分がどこにいるのかわからないのですから 笑飛んでる鳥さん、ぼくと遊ぼうよ。ヒラヒラ舞っている、葉っぱさん。ぼくと遊んでチョウチョさん、待って!待って!でも、みんな、遠く [続きを読む]
  • アナと雪の女王?
  • ありの〜   ままの〜      自分で いるうのお〜   て、お姫様の衣装をつくり、近所のお店のおばさんに 「素敵でしょ!」って聞くと  「すごい、とっても素敵な衣装ねえ」と  声掛けが帰ってくる、この地域  うーーん  このかっこうで、街に出るのはどうかとも思ったのですが  意外と、この衣装がきっかけで、地域交流が深まっていくのも  不思議です。  相変わらずの結果オーライですが  まっいっか [続きを読む]
  • 過去の記事 …