代理出産ドットコム/Baby for All さん プロフィール

  •  
代理出産ドットコム/Baby for Allさん: 代理出産ドットコム(Baby for All)
ハンドル名代理出産ドットコム/Baby for All さん
ブログタイトル代理出産ドットコム(Baby for All)
ブログURLhttp://dairishussan.blogspot.com
サイト紹介文代理出産に関する日本語情報の決定版! あなたの夢が叶えられるように、有益な情報を公開しています!
自由文 不妊に悩むご夫婦に、インドと、合法的に代理出産を行えるヨーロッパとアジアの二カ国についての情報を提供しています。登録していただいた方には、無料でメール相談を承っています。お気軽にご質問ください。
 不妊に悩む方が選択肢の一つとして、海外での代理出産を真剣に考えていらっしゃるのであれば、私たちはその勇気に敬意を表し、できる限り安い費用で、その実現をお手伝いしたいと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供356回 / 365日(平均6.8回/週) - 参加 2014/03/04 09:32

代理出産ドットコム/Baby for All さんのブログ記事

  • 代理出産は今も合法ですよ! 待てば海路の日和は来ない?
  • アジア諸国ではほぼ全て代理出産が事実上禁止になりました日本でもその動きは確実に起こっていますいわゆる生殖医療法案は代理出産を部分容認=「合法化」すると報じられていますが商業的代理出産を禁止するのであればタイと同じで、事実上禁止だということですしかし、現時点では代理出産は違法ではありません!違法ならば、Baby for Allはビジネスを続けられないしこれまでに30人以上の赤ちゃんを日本へ合法的に連れて帰ることな [続きを読む]
  • 代理出産をするための条件とは?
  • 代理出産をするために必要な条件は国によってやや違いますBaby for Allでは代理出産が合法の国で合法的な方法でしか代理出産を提供していません独身の方事実婚の方同性婚の方ご相談を受けることは多いのですがBaby for Allでは全てお断りしていますアメリカ以外の国では法的に結婚していない方は代理出産を依頼することはできないからですアメリカ以外でもこういった方を受け入れるクリニックがあることを知っていますがそれはどこ [続きを読む]
  • 世界の非常識?! 日本の不妊治療の変なところ。
  • Baby for Allに相談に来るカップルには必ず不妊治療歴を伺っていますが日本には世界の常識とかけ離れた恐ろしい「治療」をしている不妊治療医がいることに驚かされることが多いです彼らは学会の意向を受けて代理出産を悪者にしているのですが自分たちの方がよっぽど悪人です例えば、40歳を遥かに超えている女性から採卵し安易に受精卵を作っているケースが多く見られますこれは信じられないことですアメリカでは、43歳以上の場合に [続きを読む]
  • 代理出産がブラックマーケットに支配される日は近い?
  • 2014年8月24日付『朝日新聞』の「風」に非常に重要な指摘がありましたすでにBaby for Allが何度か書いてきたことですがこういう現実的な観点を代理出産の報道は見逃しているし政治家も全く眼中にありません当該記事からその箇所を引用しますタイで商業的代理出産が禁止されようとしていた時のものです青字部分がその箇所ですこれを、すべての不妊治療に関わる人や政治家に読んでもらいたいと思います(風 バンコクから)代理出産 [続きを読む]
  • 40歳、まだ妊娠できない悩みをお持ちの方に。
  • アメリカでは43歳になると原則として不妊治療はしてもらえません可能性が限りなくゼロに近くそういう人を「治療」すれば金儲けだという批判を受けることになるからです日本では、40歳前半までひどい場合には50歳近くまで不妊治療を続けることがあります生理があれば妊娠するというのは誤解ですそういう事実さえ、医師が知らないのかと疑ってしまいますいずれにしても、不妊治療の長期化不妊治療の高齢化は代理出産という選択肢が事 [続きを読む]
  • 精子で一番重要なことって?
  • 代理出産に挑戦して何度か失敗した結果精子の精密検査をして異常が見つかるというケースが結構ありますYomi Dr.のブログ「オトコノコト 医師・小堀善友ブログ」の最終回に興味深い話がありました以下、青字部分は引用です 明らかな原因の見つからない男性不妊症の診断方法として、精子の数や運動を調べるという方法が昔から行われてきました。近年では、DNAの傷(フラクメンテーション)や精子の頭の空胞(形態調査)を調べる [続きを読む]
  • なぜ海外での不妊治療の成功率が高いか?
  • 日本の不妊治療、特にIVFの成功率は世界に比べて低水準ですその理由はなんでしょうか?日本では原則として受精卵を1個しか移植しません海外では国や患者の年齢によって異なりますが2〜4個移植しますまた、不妊治療や体外受精の技術そのものも規制が厳しい日本よりも高いからですBaby for All がご紹介するクリニックには日本にある「超」有名な不妊治療医を指導したという世界的な名医がいますBaby for All では代理出産だけで [続きを読む]
  • Googleで「代理出産」を検索すると…
  • みなさんは、どうやってBaby for Allのサイトに辿り着きましたか?検索エンジンを使って「代理出産」を探すと業者の広告がまず出ます数年前までは元社長が逮捕された某社を含め3社程度だったのですが最近は更に新規参入の業者が増えました皆さんは、この広告にどれくらいの費用がかかるかご存知ですか?調べてみてくださいネット広告は決して安いものではありませんそれを継続していれば莫大な経費がかかりますBaby for Allは広告 [続きを読む]
  • 日本産科婦人科学会の見解への批判
  • 前回までご紹介したBiglobeニュースの「丸岡いずみ夫妻で再び注目される「代理母」 解禁を訴え16人を出産させた医師の思いとは」という記事の中に日本産科婦人科学会の見解がまとめて示されていますそれは以下の4点です1.生まれてくる子の福祉を最優先にすべきである。2.代理出産は身体的危険性・精神的負担を伴う3.家族関係を複雑にする4.代理出産契約は倫理的に社会全体が許容していると認められないしかしながらこれ [続きを読む]
  • 海外での高度不妊治療もBaby for Allで!
  • Baby for Allでは代理出産はもちろんですが海外での高度不妊治療もリーズナブルな費用で提供しています海外での高度不妊治療はメリットがたくさんあります一般的なIVFも日本での治療は受精卵を1個しか子宮に戻さないので成功率が低いのです複数の受精卵を一度に使えるので日本よりもはるかに高い成功率になりますまた、卵子は問題ないがご主人の精子に問題があり精子提供を受けたい方にもサービスを提供しています卵子提供を受け [続きを読む]
  • 妊娠適齢期を学校で教える重要性
  • もうすでにこのブログの読者は避妊教育ばかりではなく妊娠教育をしなければならないというBaby for Allの主張を何度もお読みになったと思います昨年の3月になって日本産科婦人科学会が政府に対して妊娠適齢期を学校で教えるように要望をしたということです遅きに失した感がありますがそれでもしないよりはマシですもちろん、ライフスタイルが多様化している現代教育だけでなんとかなるとは思いませんがこれは重要な事だと思います [続きを読む]
  • 丸岡いずみ夫妻で再び注目される「代理母」(完)
  • Biglobeニュースで「丸岡いずみ夫妻で再び注目される「代理母」 解禁を訴え16人を出産させた医師の思いとは」という記事が配信されました既にこのブログでも何度か紹介している日本で唯一、公に代理出産を行っていた諏訪マタニティクリニックの根津医師に関する記事です以下、引用しながらBaby for Allの見解をコメントしておきたいと思います引用部分は青字で示しました前回の続きです 受精卵を他の女性の子宮に移植、出産して [続きを読む]
  • 丸岡いずみ夫妻で再び注目される「代理母」(3)
  • Biglobeニュースで「丸岡いずみ夫妻で再び注目される「代理母」 解禁を訴え16人を出産させた医師の思いとは」という記事が配信されました既にこのブログでも何度か紹介している日本で唯一、公に代理出産を行っていた諏訪マタニティクリニックの根津医師に関する記事です以下、引用しながらBaby for Allの見解をコメントしておきたいと思います引用部分は青字で示しました前回の続きです■法制度の問題も 静岡大学人文社会科学部 [続きを読む]
  • 丸岡いずみ夫妻で再び注目される「代理母」(2)
  • Biglobeニュースで「丸岡いずみ夫妻で再び注目される「代理母」 解禁を訴え16人を出産させた医師の思いとは」という記事が配信されました既にこのブログでも何度か紹介している日本で唯一、公に代理出産を行っていた諏訪マタニティクリニックの根津医師に関する記事です以下、引用しながらBaby for Allの見解をコメントしておきたいと思います引用部分は青字で示しました前回の続きです 「国内で禁止するからみんな海外に行って [続きを読む]
  • 丸岡いずみ夫妻で再び注目される「代理母」(1)
  • Biglobeニュースで「丸岡いずみ夫妻で再び注目される「代理母」 解禁を訴え16人を出産させた医師の思いとは」という記事が配信されました既にこのブログでも何度か紹介している日本で唯一、公に代理出産を行っていた諏訪マタニティクリニックの根津医師に関する記事ですが現在の代理出産の環境についての解説が含まれています以下、引用しながらBaby for Allの見解をコメントしておきたいと思います引用部分は青字で示しました丸 [続きを読む]
  • 注目されるロシアの代理出産(完)
  • 会員制のニュースサイトJBPressが丸岡いずみさんの代理出産で話題になったロシアでの代理出産について「ロシアで盛り上がる代理出産、欧米からも依頼続々」という記事をリリースしています今代理出産を考えている日本の方に必要な情報をこの記事を部分的に引用しながらBaby for Allが解説したいと思います以下、記事の引用は青字Baby for Allの解説は黒字です前回の続きです最後にロシア国内法の問題です法律は? 右往左往する議論 [続きを読む]
  • 注目されるロシアでの代理出産(3)
  • 会員制のニュースサイトJBPressが丸岡いずみさんの代理出産で話題になったロシアでの代理出産について「ロシアで盛り上がる代理出産、欧米からも依頼続々」という記事をリリースしています今代理出産を考えている日本の方に必要な情報をこの記事を部分的に引用しながらBaby for Allが解説したいと思います以下、記事の引用は青字Baby for Allの解説は黒字です前回の続きですノヴァ・クリニック受付 代理母の出産は提携しているモ [続きを読む]
  • 注目されるロシアでの代理出産(2)
  • 会員制のニュースサイトJBPressが丸岡いずみさんの代理出産で話題になったロシアでの代理出産について「ロシアで盛り上がる代理出産、欧米からも依頼続々」という記事をリリースしています今代理出産を考えている日本の方に必要な情報をこの記事を部分的に引用しながらBaby for Allが解説したいと思います以下、記事の引用は青字Baby for Allの解説は黒字です前回の続きです アンナさんによれば、代理母になりたい女性もそれなり [続きを読む]
  • 注目されるロシアでの代理出産(1)
  • 会員制のニュースサイトJBPressが丸岡いずみさんの代理出産で話題になったロシアでの代理出産について「ロシアで盛り上がる代理出産、欧米からも依頼続々」という記事をリリースしています今代理出産を考えている日本の方に必要な情報をこの記事を部分的に引用しながらBaby for Allが解説したいと思います以下、記事の引用は青字Baby for Allの解説は黒字ですロシアの代理出産の定義 最初に断っておくと、ロシアにおける代理出産 [続きを読む]
  • 子供が一番の宝。そう思うことは罪ですか?
  •  丸岡いずみさんが、代理出産で子供を授かってから初めて公の場に姿を見せたと、メディアが報じています。 代理出産について問われた彼女は、「(子供が)本当に人生の中で一番の宝」と答えました。その気持ちは、代理出産であろうと、IVFであろうと、全く変わりない、親としての当然の気持ちでしょう。どんなことをしてでも我が子を腕に抱きたい。そう思うことは自然なことです。 そうであるならば、なぜ、代理出産を無碍に否 [続きを読む]
  • どうして不妊に悩む人の観点がないのでしょうか?
  • 河北新報が、2014年4月21日付の社説で自民党PT案について論じていましたちょっと古いものですが引用して批判したいと思います総花的に「幅広い視点」を挙げてはいても肝心の、依頼者がどういう気持ちで代理出産に挑むのか否、挑まねばならないのかという根本的なことについては一切触れられていませんどうして、不妊の人たちの視点や気持ちを抜きにしてこの問題を語ろうとするのでしょうか?事情もわからないその気持ちを理解しよ [続きを読む]
  • ショック!! 精子も35歳で老化する?!
  • 卵子だけでなく精子も35歳で老化するというショッキングな報告があります産經新聞の記事を引用します精子も35歳から老化 受精能力が低下 独協医科大が研究まとめ2014.4.24 08:49  男性の精子の受精能力が35歳を境に低下する傾向が、独協医科大越谷病院(埼玉県)の岡田弘教授らのグループの研究で明らかになった。18日から東京都内で開かれた日本産科婦人科学会で発表した。不妊は晩婚化の進行による女性の「卵子の老化」 [続きを読む]