TED25 さん プロフィール

  •  
TED25さん: かすみねえの部屋
ハンドル名TED25 さん
ブログタイトルかすみねえの部屋
ブログURLhttp://ted25.blog.fc2.com/
サイト紹介文かすみねえが語るスピリチアルの世界
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供209回 / 365日(平均4.0回/週) - 参加 2014/03/05 12:40

TED25 さんのブログ記事

  • 優先順位
  •  今の政治家や役人を見ていると、とてもまともな人とは思えないのだけど、当の本人にはそんな意識などまったく無く、皆それぞれに自分の仕事を誠実にまっとうしてる積り!なんだろうと思う。 スピの世界に眼を転じてみると、これもまたそっくりで、私こそ正しいとか、私こそホンモノ!なんて感じで、自分の信じるところのマクロビやら、ヒーリングを推し進める。 それらを受け入れない人を、意識の低い人と!彼らは称し、差別す [続きを読む]
  • 非難
  • やまやに行ったら、物凄い香水臭のニット帽の兄ちゃんがいて、吐きそうになった。半径5メートルは暴臭域、とても買い物ができる状態でなく、一時的に避難した。それにしても、どういう感覚しとるねん! とは思うけど、こういう感覚はいたってパーソナルなもの。私の感覚が正しいですよ!という積りはない。とは言っても、やっぱり迷惑! この手の馬鹿が世の中から居なくなってくれる事を祈って、挨拶に代えさせて頂きます。 か [続きを読む]
  • 襲われる
  •  100均で買い物をした後、ちょっとゲーセンを覗いたら後ろから何かに足を突つかれた。突ついてたのは、大きな蛇! 3歳くらいの女の子が蛇のぬいぐるみで襲ってきた。とりあえず、ギャー蛇だ!と言って逃げたら、蛇は追いかけてきた。 超かわいい。 こんな無邪気な時代があるのだけど、そんな事はすっかり忘れてしまってる。みんな、あーでもない、こーでもないと愚痴を言うつまらないオトナになっちまう。 頭の中は不安と下心 [続きを読む]
  • オープンマインド
  • クセとは恐ろしいもので、知らず知らずその特徴を出してしまう。文書や音楽はその人のカラーを如実に表すから名前を伏せていても、同一人物はバレバレだったりする。以前コメントとくれたMさんと、ちょっと前に大量のコメントをくれたHさん、たぶん同じ人。クセというより、文書から受ける印象はまったく同じ。 あるヴォーカリスト、聴いていたらアルジャロウの曲ばかり思い出す。本人に聞いてみたら、アルジャロウが一番好きな [続きを読む]
  • 無駄
  •  うちのお店によく役所の人が来るのだけど、話しを聞いてるととても不思議な事がある。偉い人の挨拶という仕事。挨拶をするのは、長の付く役職の人だけど、挨拶の内容を考えるのは職員の仕事。いろんな事を調べて挨拶文を作っては上司にダメだしをされる。挨拶文を上手に作れるのは、職員のひとつのスキルになっている。 どれだけ立派な挨拶をしても何も良くならない!という事実には誰も異を唱えない不思議。聞けば、呼ばれるか [続きを読む]
  • 汚れ
  • FB上で、雲黒斎さんと読者のかみ合わないやり取りを見て笑ってしまった。あまりに読者の読解力が低いのだけど、読者側にその自覚は無い。しかも深い洗脳があって、自分の常識外の事は全否定。はっきり言ってしまうと頭が悪いのだけど、こういうレベルが普通なのかもしれない。 見えない世界の話しだから、自分で観ないと納得しないというのはわかるのだけど、自分で作った訳でもない常識は否定しないというところは面白い。 素 [続きを読む]
  • うんちな2人
  •  映画、ボヘミアンラプソディーがヒットしている。クイーンは私を音楽の泥沼に誘いこんだバンド。中学2年の時、死ぬときはクイーンを聴きながら死にたいと本気で思っていた。まさに中2病。 ちょうどレコードからCDに変わる時代、5枚目からオンタイム、トータル14枚のレコードと5枚のCDで持っている。当時の中学生にとってレコードはとても高価なもの、とても大切にしたし、何度も何度も聴いた。もちろんBGMにする事はあ [続きを読む]
  • 賢い人には敵わない
  • ホリエモンとキングコング西野氏の共著“バカとつき合うな”読んでみて驚いた。このブログで描いている事と酷似!と言うより、ほとんど同じだった。ホリエモンは相変わらずの堀江節、西野氏の事はまったく知らないので新鮮だった。 そんなタイミングでホリエモンファンのご来店。アラサー無職男子、ホリエモンオンラインサロンの会員になっているそうだ。 起業して金持ちになるのが彼の夢だそうだけど、話しを聞いていて驚いた。 [続きを読む]
  • 命懸け
  •  中米からアメリカを目指す人が後を立たない。治安の悪化が原因のようだけど、そんな国の人から見たら、仕事を苦に自殺する日本人などまったく理解できないだろう。 治安が良くて、仕事がある。本当は当たり前ではないのだけど、とても贅沢になってしまった日本人。 仕事はなんでもあるし、起業する事もできるのに、やれブラックだの、やれ雇い止めだのとモンクを言う。嫌なら辞めたら解決だと思うけど、そうしない不思議。 子 [続きを読む]
  • ほぼ小話
  • 会計済みのお客様、既にラストオーダー時刻から2時間経過。まったく飲食しない状態での滞在。消費生活センターって、消費者が相談する窓口だけど、こういう場合、相談する窓口って無いよね。おっといけない、このお客様、消費生活センターの人だった。“にほんブログ村 [続きを読む]
  • 自分で確かめる
  • どれほど商売がうまくいっても、外車なんぞに乗ってはいけないぞ! と義兄は先輩に言われたそうだ。商人は何より人の嫉妬を恐れているのがわかる。楽勝で成功しても、これでも苦労したんだよ!なんて言って謙遜する。こういうのを真に受けた馬鹿は、成功するには涙ぐましい努力が必要!なんて勝手に思ってしまう。子供の頃から、努力と成功の人の話しを聞かされて育つから、経営者の話しに違和感を感じない人がほとんど。悪意の無 [続きを読む]
  • 見切る(その2)
  • 那須にある、人気のパン屋さん。元々は違う商売をやっていた。オーナーの良いところは、見切りの速さと、行動力。 あっという間に新しい商売を立ち上げて、ダメだとわかるとすぐ撤退。なんでも、引き際が難しいのだけど、どんなにお金投資していてもバッサリ切ってしまう潔さは、凄い!と思う。 ここのオーナー、スピ系の人ではないのだけど、よくスピ本に書いてある事を実践している。過去は振りかえらないし、すぐ動くし、自分 [続きを読む]
  • 見切る
  • もっとお客さんを増やしませんか? こんなネット広告系の勧誘の電話がよくかかってくる。うちは常連さんが大半なので、新しいお客さんは要りません!と答えると、あっさり電話は切ってくれる。電話勧誘の仕事だと、1日に何本かけろ! 1ヶ月で何件取れ!というのが彼らのミッション。無駄と解れば、次へ行け!となる。セールストークは何度もロールプレイしてるであろうから、ある程度話してしまって落とせないと上司から叱責さ [続きを読む]
  • 感性
  • レシピ通りに料理を作っても、作る人によって味が違う。コーヒーなどは、とても解り易い。あーだ、こうだとHOWを語るうぜい奴より、名人がそこいらの豆で適当に淹れた方が100万倍くらいうまい事はよくある。渋谷の名店と言われる喫茶店、コーヒーの淹れかたを観ただけでクズだと思った。先日、ニューヨーク在住のジャズピアニストと話す機会があったのだけど、同じような事を言っていた。同じピアノなのに、人によって音が違う [続きを読む]
  • 想像不安
  • 東京でクラス会があった。卒業以来という人が7割くらい。太っていた奴が痩せていたり、その反対だったり、一番のチャラオが落ち着いていたり、30年以上も経ってしまうと、始めまして!に近い感じがある。 昔のイメージが悪すぎ!なんて理由で来なかった人に、自分の記憶通りの人なんて居ない事を教えてあげたいね。自分の変化を感じる人はほとんど居ないから、他人も変化するとは思えないのだけど、確実に歳はとっているし、世の [続きを読む]
  • なんども同じよな事書いてるな
  • 自分の思うようにならない事をストレスと呼ぶ。強いストレスは、人の心を蝕み、鬱などの精神疾患の引き金になる! らしい。ストレスを無くせば問題は解決! だよね。という事は、全てを自分の思うようにする! もしくは、思うようにならない事を受け入れる! これしか解決の方法はない。クスリで誤魔化しても、問題は解決しない。よっぽどの馬鹿じゃない限り、全てが思う通りにならない事はわかるから、現実を受け入れて、適当 [続きを読む]
  • 疑問
  • コンビニでお釣りを投げつけてきた奴、不愉快な接客態度の店員、そんな人を見る度に、この人はどうしてこの仕事をしてるのだろう?と疑問に思う。そんなに嫌なら、そうならない仕事をすればいいのにね。馬鹿なのか、諦めているのか、そのくらいしか原因が思いつかない。諦めているなら、まだ救いもあるけど、馬鹿は自分の馬鹿に気付いていないから、なんとも打つ手がない。 書いていて気付いたけど、この馬鹿って、前に書いたロボ [続きを読む]
  • 屁理屈
  • はるなさんのコメントの中に偉人伝という言葉があった。文字通り、偉い人のお話しという事になるのだけど、この偉い!というのがとてもやっかい。誰が偉いって決めたの? 歴史を見ればわかるけど、こっちのヒーローはあっちの敵なんて事はよくある話し。人の命を救った人は偉いでしょう!なんて考え方も怪しいもんだ。苦しい病気は嫌いだけど、医者、看護士、製薬会社、医療機器メーカーにとっては飯の種。人類が突然病気を克服し [続きを読む]
  • 自分で確かめる
  • 子供の頃からアイドルに熱狂する人の気持ちがわからなかった。テレビの中の人間に手が届くはずは無いし、その人のほんの一部分しか見えていない事を直感的に知っていた。オトナになってから有名人と会う機会はあったけど、思った通りだった。売れれば売れるほど素を隠し、事務所が作ったキャラを演じなければならない。ものすごく横柄なミュージシャンKH、わがまま言い放題の女優RM、くそ生意気な元プロ野球選手KNやMK。テレビの中 [続きを読む]
  • 常識?
  • 学生時代、夕食にトーストを食べていると、訪ねてきた先輩にお金ないの?と問われた。食べたくて食べていただけなのに、そんな見方をされてとても驚いた。 彼にとっての夕食のイメージとギャップがあったんだろうね。日本人は、ごはんとおかずの組み合わせがスタンダードだけど、海外に行くと、このごはんに当る部分が無い事が多い。数で考ええれば日本の方が少数派。子供の頃からそこにあるものを、何も考えず普通の事と思ってし [続きを読む]
  • 続き(その2)
  • 絵画教室の先生の話しにはさらに、続きがある。なんと、アーティストちーちゃんは彼の画集を持っていたのだ。観てびっくり! とても上手! ほんとに!ただ、画廊のカタログみたい内容。いろんな画風で、いろんなタイプの絵がそこにあった。彼のオリジナリティーがまったく感じられない。 印刷だけど、絵から感じるの事は、とても努力家である事。好きな画家に近づきたいという気持ち。それと同時に、うまいだろう!という傲慢も [続きを読む]
  • 続き(その1)
  • 5日のブログに書いた絵画教室の先生、続きがあった。ホームセンターのプレハブのたこ焼き屋で、店員さんにからむオヤジ。誰かと思ったら、奴だった。めんどうなので知らんぷりしたのだけど、見つかってしまった。“あれーマスターだよね!”彼が話したのはこれだけだけど、彼の思いが伝わってきた。 そんな話しを、ちーちゃんにラインでしたら、彼女から意外な返事がきた。彼をうちの店に送ったのは、彼のガイド。なんとか憑依を [続きを読む]
  • チャネリング、面白いね
  • “こころの似顔絵” アーティストちーちゃんが感じたその人を抽象画にしてくれる。先日、私の母親の絵を描く事になったのだけど、描いている間中、ずっと赤ちゃんをおんぶした母親の姿が見えていたそうだ。ちなみに赤ちゃんは私(笑)そんな話しを母親にしたら、とても驚いていた。自営業だったせいもあって、おんぶしている時間が長かったそうだ。おんぶされたいた私も、母親の背中はよーく覚えている。 私にちょっとだけあるチ [続きを読む]
  • 自分で考える
  • スピ本や自己啓発本を読んだ人が、これこそ答え!なんて思っちゃって真似してみるのだけど、ほとんどの場合がうまくいかない。本に書いてある事はひとつの成功例だから、全ての人に有効ではないのだけど、お馬鹿さん読者は気付かない。こうして、次から次へと新しい答えを探し続ける。最近、FBで友達になったH君、これが自己啓発本が大好き。毎日掲示板に書き込みをしてるのだけど、100%受け売り。たまたまネタ元をしっているから [続きを読む]
  • 中指が立ってしまうな
  •  ライブドアニュースに80歳で起業した女性の話しがあった。布団に寝ないで24時間営業の不動産屋をやっていて、年商5億、成長中だそうだ。 こういうの好きな人多いから記事にしてるんだろうけど、あーそうですかって感想しかもたない。 見習わなくては! 涙が出る! 素晴らしい! 勇気が出る! なんて空虚なコメントが笑わせてくれる。 一生懸命働いて成功するのは良い事、って誰が決めたんだ? ちょっと前にベストセラー [続きを読む]