TED25 さん プロフィール

  •  
TED25さん: かすみねえの部屋
ハンドル名TED25 さん
ブログタイトルかすみねえの部屋
ブログURLhttp://ted25.blog.fc2.com/
サイト紹介文かすみねえが語るスピリチアルの世界
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供296回 / 365日(平均5.7回/週) - 参加 2014/03/05 12:40

TED25 さんのブログ記事

  • 居場所
  • 先月末の最悪のライブから一転、昨晩は最高のライブだった。最低があるから最高がわかるのだけど、最低は一回でいいね。うちで最低のバンドでも他では最高!なんて言われてるみたいだから、彼らはそっちで生きていけばいい。この世界、みんな分相応の場所がある。居心地の良いところで生きていけばいいと思う。にほんブログ村 [続きを読む]
  • じじい
  • おまわりさんはオッサンと思っていたのだけど、いつの間にか、歳下になっていた。昔、オッサンだと思っていたミュージシャンが、いい感じのジジイになってると思ったら、10歳も離れていなかった。最近、あまり舐められなくなったと思っただら、自分もけっこうオッサンになっていた。気持ちは中2の頃と変わっていないのだけど、立派なオッサンだね。常に自分の目線でしか世界は見てないから、自分の立居地がよくわからない。 9 [続きを読む]
  • 空振り
  • 真面目な人ほど悩んでしまう。カチカチの学校教育がもたらした弊害。成功するには努力が必要!なんて嘘を教えるから、みんな信じてしまう。結果、うまくいかないのは、自分の努力が足りないから!なんて思ってしまう。これこそ自己否定の最たるもので、もっと、そう思うような事を引き寄せてしまう。私、全然駄目なんです!なんて決して口にしてはいけない。まずは、こういうところから直さないと、一生棒に振ってしまうよ。にほん [続きを読む]
  • ひとり、マゾサド
  • うちのお客さんのいろんな悩みの話しを聞いた友達のY子さんが一言。“くっだらねー”本当に深刻な事って、ほとんどないのが現実。余裕があるから、悩んでます!なんて言うのだよ。どうせ、人のアドバイスなんて聞かないんだから、悩んでるなんて言わなきゃいいのに。悩みの原因は100%自分にあるのだけど、そんな事は絶対に受け入れない。一生、下らない悩みと絡みあいの人生。わたしゃそんなのは嫌だけど、止めないんだから好き [続きを読む]
  • ブログ書いたら
  • 私の話しを良く聞いてくれた友達のリクエストがあったからブログを始めた。実際、意味がある事とは思わない。自己満足の暇つぶしと考えてもらえたら良いね。副産物としては、書く事の訓練になったみたいで、新聞のコラムは読み易いと好評!らしい・・・文書は何かを伝える為の道具だから、伝わらないと意味がない。100%伝わらない事はわかっているのだけど、それでも工夫は必要だと思う。何か言いたい事があるなら、ブログを書く [続きを読む]
  • 目覚めたまえ
  • 食うや食わずの状態だったら、悩んでる暇なんてないだろう。悩みのある人の大半が、暇で余裕がある人だと思う。吹けば飛ぶような人生なのに、大層、重たいものと考える。あなたが死んでも、数えるくらいの人しか泣かないし、あなたが居なくても何事も無かったかのように世界は回るのだ。あなたの悩みは本物か?今、500万円あげると言われても、悩みはそのままか?意外と、どうでもよくなったりしてね。へっへっへっ!にほんブログ [続きを読む]
  • 本当の事
  • 起こる事に意味は無くて、それに意味付けするのは人間。誰かの本にそんな事が書いてあったけど、本当にその通りだと思う。 新幹線の中であった通り魔事件、関係者にとっては大事件だけど、ほとんどの人にとっては、どうでもいい事。 こんな事を書くと不謹慎だ!などど、言う馬鹿がいるのだけど、実際、自分の事が一番大事で、他人の事などどうでもいいというのが本音だろう。善人面して、正義を語り人を裁く、本当のクソはこうい [続きを読む]
  • 勘違い
  • この世の仕組みを理解しているのに、自分の感情に振り回される。自分は正しくて、周りの人間が間違っていると言う。成功体験があると傲慢になるのが人間。素直な状態をキープするのは至難の業なのかもしれない。悟りと成功はまったく別の事なんだけど、理解している人は少ない。にほんブログ村 [続きを読む]
  • にせもの
  • “ご先祖様が怒ってますよ〜”なんて言う霊能者。こういうのは偽者の詐欺師と思って間違いない。 死んでしまうと“個”という概念が無くなってしまうから、親子とか家とか、そういうこ事に拘る事は無い。 供養が足りてません! なんてのも詐欺師の常套句。騙されないようにね!死者は誰も自分の名前を名乗らない。考えてみれば当たり前、肉体がない状態、全てがひとつになっている状態に個人の名前がついているのは変な話。肉体 [続きを読む]
  • 写真でチャネリング
  • 友人が学生時代の部活のOBOG会の写真をFBにアップしていた。みんな、おっさんとおばちゃんになっていたけど、識別はできだ。 顔は履歴書とはよくも言ったもので、写真を見ただけでどんな思いを持って生きてきたのか、ビンビン伝わってくる。写真でチャネリングだね! 正直なところ、あまりいい顔をしてるおっさんは居なかった。みんな我慢して生きている事がわかる。プラース! 将来の不安も表情に出ている。ずっと先だと [続きを読む]
  • 大きな代償
  • ヒドイものがあるから良いものがわかる。当たり前の事なのに普段は気付かない。一度は断ったのだけど、知人の強い勧めで店でライブをやった。一応プロらしいのだけど、聴くに耐えないものだった。来てくれたお客様には大変申し訳ない事をしてしまった。とても反省。 音楽は上手下手を論ずるものではないのだけど、それにしても一定レベル以上のクオリティは必要。学芸会の発表会レベルじゃお金はもらえない。 私に彼らを勧めた知 [続きを読む]
  • 死者が教えてくれた事
  • 私達の魂は生き続ける!なんて言われても、リアルに生きている私達は実感としてそれを理解できない。死や病気の恐怖から逃れる事はできない。死者と対話してみると、魂が死なないという意味が良くわかる。生に対する執着を感じる事は無いし、その死因について拘る事もない。あちらの世界もこちらの世界もシームレスに繋がっている実感があれば、そんな気持ちになるのも当然だと理解できる。死者との対話でもうひとつ面白い事がある [続きを読む]
  • だれ?
  • 映画リーディングを観ると、病気が治って凄いな!なんて思うのだけど、病気が克服される事は医療従事者にとっては失業の種。世の中から病気が無くなってしまうと困る人は沢山いる。ものごとの善悪など簡単に論じられないのだけど、人はいとも簡単にジャッジする。自分はいつも正しくて、相手がいつも間違っていると思ってしまう。自分が傲慢などとは決して思わない喜劇。リーディングはとても良い映画なのだけど、そういうところま [続きを読む]
  • 心を失った人
  • アーテイストちーちゃんの“こころの似顔絵”順調に顧客を増やしている。彼女の描いた絵を観て、かわいいと言う人がいる。本当に凄い事だと思う。一転、“これは何を描いたもの?”相変わらず、見当違いな質問をしてくるジジイもいる。凝り固まった思考。どうでもいい事ばかり考えて、感じるという事を忘れてしまった人種。どちらも同じ人間とは思えない。にほんブログ村 [続きを読む]
  • シンクロ
  • 23日のブログ、人が亡くなった場所を探した話しを書いたけど、レトリーバルをするには、その場所に行かなくても構わない。亡くなった人とシンクロできればどこでもできてしまう。今回は知らない人で情報が少なかったから場所を探してみた。イメージを具体化すると言ったら解り易いかな。 この世は創造であり想像。イメージする事がとても大事。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 宗教は要らない
  • 僧侶も宮司も牧師が居なくても、亡くなった人を成仏させる事はできる。(成仏って仏教の用語なのだけど、輪廻のサイクルに入ると解釈してください)お経も祝詞も賛美歌も要らない。もっと言ってしまえば宗教も要らない。本当に思いのある人だけ集まって、亡くなった人の事を話す。亡くなった人の好きだったものをみんなで食べる。それだけで充分、心は通じます。気持ちよく送り出してあげたらいい。ご縁があれば、又、必ず会えるか [続きを読む]
  • くそ坊主
  • 甥が事故で亡くなった人からレトリーバルの依頼を受けた。お葬式を済ませていたけど、ずっと迷っているのはないかと思っていたそうだ。亡くなった場所もはっきりわからず、車で1時間ほど探しまくってここだろうという場所を見つける事ができた。 事故という事で処理されたけど、現場を見ると事件の可能性もあると思った。それなら、亡くなった人に聞けばいいと思うだろうけど、こういう事を語ってくれた例(霊)はない。自分が死 [続きを読む]
  • お馬鹿ロボット
  • 1ヶ月ほど前、駅前のローソンに新人が入った。ベテランの店員さんは、レジ打ちの途中でポンタカードを差し出すと、さっとバーコードリーダーを当ててくれるだけど、この新人君は、カードを避けるようにして商品のバーコードを読みに行く。まだ、慣れていないからしょうがないかと思っていたけど、今日も避けられてしまった。自分のやり方に頑なに拘っているのだよ。頭、悪過ぎ。こんどは、商品を読みに行った時、カードを割り込ま [続きを読む]
  • 休みおわりだね。憂鬱ですか?
  • 新聞によれば、新卒の就職率があがったそうで・・・こういう記事を読むと、良い事!だな〜なんて思ってしまうのが一般的なのだろうけど、ひねくれ者の私はそうは思わない。 実際、どれほどの人が自分のやりたい仕事をやっているのか、毎日仕事に行くのが楽しくてしょうがない!という人がどれくらいいるのか。こっちの統計を取らないと、良い事かどうかはわからない。なんとも、おかみが喜んで発表しそうな上から目線の統計データ [続きを読む]
  • ばか
  • 自分の頭で考える事ができない人がとても多くなったように思う。財務省の役人しかり、日大アメフト部の監督、そして日大。みんな同じような臭いがする。ひとことで言ってしまえば頭が悪いのだけど、みんなそれなりに勉強ができたであろう人だから、そんな自覚は無い。考えてみれば、この人達だけが特別ではない。何も解決しないのに愚痴を言う人、あおり運転をする人、自分が馬鹿だと思わないからやってるんだよね。   ラーメン [続きを読む]
  • 起きてる?
  • 目覚めよ!とはよく言ったものだと思う。いくら話しをしても真意が伝わらない。そんな人に出会う度、この人は眠っているのではないかと思う。起きるから眠っていた事に気付くという事もあるから、もしかして自分は眠ってる?と思わない限り、眠っている人は眼を覚まさない。私が、口角泡を飛ばして話しても、夢の中の登場人物に過ぎないって事。一生夢の中というのも、ある意味、幸せなんだと思う。映画、マトリクスを思いだした。 [続きを読む]
  • 間抜け
  • 友達にある人の名刺を見せてもらった。あるわあるわスピ系資格。何をする人なのか、さっぱりわからない。スピ系の資格って、どこかの団体が勝手に作ったものだから、その人の能力を保証するのもではないのだけど、○○マスターなんて書いてあると、それなりに権威に見えてしまう。 スピ系の知識って、道具でしかないのだけど、いつの間にか道具そのものが目的に変わってしまうんだろうね。包丁は料理をしてこそ価値があるのだけど [続きを読む]