野望 さん プロフィール

  •  
野望さん: 日本力向上委員会
ハンドル名野望 さん
ブログタイトル日本力向上委員会
ブログURLhttps://ameblo.jp/japanlovepower/
サイト紹介文世界一の日本を目指すための独自の意見です
自由文世界一の日本を目指すための独自の意見です

極論で論じる場面もあるため不愉快な思いをする方もいるかと思いますが日本を良くするための一つの意見であると思って優しく見てください
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供875回 / 365日(平均16.8回/週) - 参加 2014/03/05 12:50

野望 さんのブログ記事

  • スキャンダルばかりに時間を割くな
  • ここまでスキャンダルに時間を割く必要はあるのだろうか国会議員のやることはこういったスキャンダルに対して批判をし合うことではないはずだ 国会の必要業務は立法立法府としての役割を果たすそれが国会議員の仕事のはずである 今の国会はたしてその機能を有していると言えるのだろうか 日本にとって日本人にとって必要な法案がこういった問題に時間が割かれる余り、先延ばしになってしまうそれが有意義な議論と言えるのだろうか [続きを読む]
  • これで事実認定できるが・・・
  • テレビ朝日の記者が被害者であったこれによって事実認定できるそして、セクハラであることは確定となるだろう音声データが継ぎ接ぎの可能性がある点での疑問点はあるだが、普段の会話での嫌悪感ある発言を継ぎ接ぎしただけに過ぎない点を考えると、そういった会話が出ている点でアウトと言っていいのだろう それでセクハラ問題は解決だ しかしここで気になるのはテレビ朝日のコンプライアンスである取材ネタ欲しさにセクハラ報告 [続きを読む]
  • 非韓三原則について真剣に取り組むべき
  • 助けない教えない関わらない 韓国に対する原則を提唱したものである 提唱したのは筑波大学大学院の古田教授である 当初の目的とは異なり、現在は関係を断つことを目的に使われている だが、これまでの奴等の我等に対する所業を考えると、この三原則は重要だと考える 今まで奴等をどれだけ助けたことか それを奴等が恩義に感じたことがあっただろうか 今まで奴等にどれだけ教えただろうか そして、奴等はそれをどれだけ自分の手 [続きを読む]
  • 我々は先祖を何故辱め貶めたのか
  • 我々の先祖が戦争で卑劣で残虐な行動を繰り返したこの歴史を教育されてきた戦争は酷いものそれを教えるためかもしれないが、戦争で他国に酷いことをしたそれを植え付けられてしまった そもそも戦争というものは卑劣なもので、酷いものであるのは明白である それは当然であり、やってはならぬこと現代の考えはこうである しかし、当時の考えと異なるのである 当時は、戦争に向かうことを良しとする考えもあったのだそして、欧米列 [続きを読む]
  • 事実認定は名乗りでないと無理だろうな 批判はわかるが・・・
  • 財務省の事務次官のセクハラ疑惑週刊誌が報じた内容から真偽は定かではないがこれを処分しなかったことで批判が強まっている 性的被害者が名乗り出にくいというのは理解できるだが、当事者がやっていないと言い張る中での処分は危険極まりない 表立って出てこいと言うのではなく処分するから、その真偽を確かめたいということなのだ 要はこの音声データが貶めるために作製された場合が危険なのである都合の良い部分ばかりの継ぎ接 [続きを読む]
  • 資料から見る嘘
  • 嘘つきババアの平均年齢は89歳くらいか・・・そして、資料に残る当時の平均年齢25歳1944年に記録が残っているそこには未成年者はいなかった そして、その場合年齢を重ねると20歳であったとしても現在93歳である 年齢がおかしいのでは・・・ そもそも未成年者がいたとする奴等の妄言 それを記録する資料は存在しない そして、1950年に発生している朝鮮戦争 ババア共の年齢層から考えるとこの時の売春婦ではない [続きを読む]
  • 自衛隊の日報は公開すべきなのか
  • 自衛隊の日報ここには重要な機密はないのだろうか日本の安全保障の問題はないのだろうかそこまでして公開すべきなのだろうか 自衛隊の文書が行政文書で情報公開の対象になるそのこと自体で危惧することが多々存在するような気がするのだが、それが政争の道具となっていることも危機感を感じえない 行政文書として取り扱うのに相応しい文書機密にすべき文書それは当然にあるべきであり、文書管理に関して厳しくすべきなのである 自 [続きを読む]
  • 高速道路での渋滞発生原因とは
  • 信号がない高速道路で渋滞が発生する料金所やインターチェンジ付近は理解できる 何もないところで何故そんな思いをしている人も多いだろう 原因の根幹は車間距離なのである交通量が多くなると自ずと速度が落ち、車間距離が詰まってしまうまた、急加速急制動を繰り返す輩もいるそれらが渋滞をもたらすのだ 車間距離が詰まれば、ブレーキを踏む可能性が増える前方の車両がブレーキを踏めば、後続車両はさらにブレーキを踏むその連鎖 [続きを読む]
  • 安部政権は遂に政権末期の状態に
  • 磐石と思えた安部政権安部一強とも言えるこの状態だが、ついに終焉とも言える状態に突入し始めたのだ 森友、加計問題に加え、自衛隊の日報問題吹き上がる問題が全て隠蔽や改竄が含まれていることから信用性が落ちたのだ 説明もしっかりとできておらず、不信感が募っているのだその不信感が支持率の低下に繋がっている30%をきった状態は政権の末期状態とも言えるのだ 総辞職による新政権の誕生は近いどんな政権が誕生するのか今の [続きを読む]
  • 日本のEEZ内で中国が
  • EEZ排他的経済水域日本のこの領域で中国が活動しているそんな状況が明らかとなった中国は海洋権益の拡大を狙っており、こういった暴挙を繰り返すことで自国の主張を押し通そうとするそれを日本は絶対に許してはならないのだ日本の同意を求めるなんてことは奴等はしないこういった暴挙によって、日本の国益は侵害されるのだ奴等は日本海の資源を狙っている奴等の暴挙にいつも遺憾と叫んでいるだけでは意味がない国益を守るためにも [続きを読む]
  • 韓国を倣ってはならない
  • デモは申請すれば自由にできる民主主義国家の日本では当然のことである当然暴力的になりさえしなければ、中身も自由にできるだが、やってはならないことは韓国のような反日国家を模倣しないことだデモでろうそくに火を灯したデモがあったと報じられたそれは韓国の朴槿恵が大統領から退いたときとだぶるものであったこういったことは何故駄目なのかそれは反日国家に利用されるからである政権が交代する事態になったとき、そういっ [続きを読む]
  • 【歴史の戦い】歴史問題に予算を投じ、真実の歴史を取り戻さなければならない
  • 応援の を にほんブログ村 歴史問題で弱腰の日本このままでいいのか歴史問題で弱腰になることが、後世に負の遺産を残すことになることに危惧している日本はその部分に対する発信力の弱さが特に際立っているそれは予算を投じていないからである韓国や中国はこの部分に日本以上の予算を投じているそして、奴等は捏造だらけのファンタジーを真実の歴史にしようとしているのだ日本はその奴等に対抗しなければならないのである [続きを読む]
  • 防犯の要の人間がやるべきことではない・・・
  • 未成年の暴挙怒られて切れるその暴挙に警察権力の要ともいうべき武器が使用されてしまった平成に入って2例目という暴挙今回は上司に向けられた拳銃あってはならないことである報道では暴挙に出た未成年の犯罪者に対して、そんなことをするような人間ではないような報道もあるようだが、所詮犯罪者である出してはならないものを出してしまったのであるその武器は殺意がなかろうとも、出せばあっさりと殺傷してしまう武器なのであ [続きを読む]
  • 歴史は真実を語る! 韓国人の悪行を暴け
  • 世間の人が知らない韓国人の悪業それを暴いていきたい今回は日本に戦後しばらくの間、設置されていた二日市保養所の件だ二日市保養所の目的はレイプ被害に遭った日本人の堕胎手術や性病の治療を行う施設であるそして、レイプ被害はいつ起きたのかそれは戦後に日本に引き揚げてくる際にであるさて、その中で朝鮮人に強姦された人もいるのだが・・・その記録について書かれた文献が川嶋擁子氏が書いた『竹林はるか遠く―日本人少女 [続きを読む]
  • 憲法改正が遠のくのか・・・
  • 安倍内閣の強さこの盤石の体制が憲法改正への道となりそうだっただが、今や問題が山積その問題が政権への支持低下にもつながっており、政権への不信感が高まっているのだこの状況下で憲法改正の発議ができるのか改正への道が大きく遠のいたように見えるのだいつまで古い憲法を護っていくのか時代にあった新しい憲法をそして、日本人が日本の為、日本人の為に作った憲法をそうなる日はいつになるのか・・・応援の を にほ [続きを読む]
  • 日本の国益に繋がるか・・・
  • 南鳥島の海底にとんでもない量のレアアースがあるというニュースが報じられたモーターなどに使うテルビウムは世界需要の420年分液晶ディスプレーの発光体に使うユウロピウムは620年分約1600万トンあるとのことだレアアースは現在大半の生産を中国が占めており、中国の貿易の強みともなっている状況だそんな中、大量のレアアースの発見が流れを変える可能性があるあとの問題はこのレアアースをどう採掘するのかどうかと [続きを読む]
  • 韓国と歴史問題で折り合うことは不可能
  • 捏造の歴史を押し通す韓国真実の歴史を追及する日本そんな両国が歴史問題で折り合うことは皆無と言えるどの問題でも根拠のない歴史を罷り通そうとする韓国特に顕著なのは捏造記事から出てきた歴史問題である捏造元は当初捏造と認めなかったものの、現在では捏造あったと認めているそんな状況下でそこから出てきた歴史が真実の歴史となることは有り得ないことであるそんなありえないことを押し通す愚かな国家が韓国なのである日本 [続きを読む]
  • 我々は反日国家に関して真剣に考えなければならない
  • 反日リスクその言葉について我々は真剣に考えなければならない反日国家は反日を国民の不満の捌け口に利用しているまた、国民を纏めるためにも活用しているそれが反日国家が反日に勤しむ所以でもあるそして、不幸なことに世界でもトップクラスに君臨する反日国家が日本の近隣諸国にあるのであるまさに、不幸実に不幸なことであるしかし、存在する以上、相手をしなければならないそれが近隣である哀しさでもある考えなければならな [続きを読む]
  • 嫌韓から棄韓へ
  • 応援の を にほんブログ村 嫌韓の気運が高まり続ける日本何故こういう事態になったのかそれは日本のせいではない全て韓国と韓国人の行いのせいである奴等の言動は日本にとって目に余るものが多い日本は散々我慢してきたそして、メディアが一生懸命隠し続けてきたしかし、情報通信網の確立であらゆる情報を手にできるようになってしまったメディアが一生懸命隠しても隠せなくなってしまったのだ奇しくも韓流ブームに沸い [続きを読む]
  • 電撃解任で混乱のサッカー日本代表
  • サッカー日本代表の監督が電撃解任されたハリルホジッチ氏が最近の日本代表の不甲斐なさから解任された形だ6大会連続のワールドカップ本大会出場に導いたその功績は多大であるだが、その後は低迷アジア最終予選以降は国内組のみで臨んだ東アジアE−1選手権をのぞいて、1勝2分3敗勝てない試合が続いたことに業を煮やしたサッカー協会が遂に動いた形だだが、監督だけの問題かという話である人選に関しては疑問点も多かったが [続きを読む]
  • 宝塚市長の話と人命救助との話は全然違う話
  • 相撲協会が女性蔑視の考えで揺らいでいる土俵上に人命救助の為に上がった女性を蔑視するような行動に出てしまったからである土俵上は女人禁制その伝統は現代まで受け継がれているそれは相撲が神事や祭りとして扱われた伝統があるからでそれについて、相撲協会が守り続けていたものがあるのだだが、人命救助の観点から言えば、それは破られても問題のない話である土俵上で人が亡くなること自体が神事としての威厳を損ねる可能性が [続きを読む]
  • 選挙の為に分かれたり集まったり名を変えたり・・・
  • 野党は何がしたいのだろうか思想信条の統一性のない烏合の衆に見える集団だ日本の為に政治をしようとする意気込みが見えないそれは選挙の度に名を変えようとしたり、別れたり、集まったり・・・ここに大義が見えないのだ前回の選挙では、小池百合子という注目の的ができ、流れがそこに向けられた野党はその流れに乗っかろうとして、大きな動きができた大義のないのが見えたのか、小池百合子が思想信条の異なる人間を排除すると言 [続きを読む]
  • 歴史とは真実のみを残さなければならない
  • 応援の を にほんブログ村 捏造の歴史が罷り通る社会を許して良いのだろうか歴史とは一度記されれば、なかなか変えることのできないものである それが変わる時は、しっかりとした資料が存在するときであるだが、今従軍慰安婦という存在が性奴隷として日本軍にいたとする事実が歴史に記されつつ そこに資料は存在しない日本軍が強制的に連行していたとする歴史だが、それを示すものは何もないのである あるのはアメリカ軍が [続きを読む]
  • ある嘘つきババアの証言の変遷
  • 応援の を にほんブログ村 従軍慰安婦を名乗る嘘つきババアその一人に衝撃の証言の変遷をしている輩が存在する奴等は私たちの証言こそが証拠だと言い張るが、そんな変遷する証言が証拠となるはずが到底ないのであるそもそも変遷を続ける証言の信用性というのはあるのだろうかそこが大きな問題であると言える証言には証拠を示す資料などが必要であるその証言を示す資料は皆無しかし、奴等の証言を覆す資料は存在するどちら [続きを読む]
  • 変わらなきゃ
  • 旧態依然昔のままで進歩や発展が少しもない様意味を考えると今の相撲協会にぴったりの言葉である人命救助のために土俵に上がった女性に対して、土俵から下りろと命じるあろうことかその後に穢れたものを清めるかの如く塩を撒く人命よりも伝統を重んじる相撲協会女性蔑視の考えがあからさまな相撲協会そんな印象を持ってしまう事例が起きてしまったのだ国技と持て囃されてしまい、その上に胡座をかき、変わろうとしなかった相撲協 [続きを読む]