わかば さん プロフィール

  •  
わかばさん: 「わかば」のころ
ハンドル名わかば さん
ブログタイトル「わかば」のころ
ブログURLhttp://38chan56.blog.fc2.com/
サイト紹介文双極性障害I型を受け入れられない苦悩と病気からの解放を目指して前向きに生きる過程を綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供15回 / 266日(平均0.4回/週) - 参加 2014/03/05 15:12

わかば さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • [初めての長期入院] 独房
  • 私は車椅子に乗せられ、半寝の状態で運ばれていった。実はこの時本人は、帰路についているのだと思っていた。車まで送ってもらっているのだと。これでやっと家でゆっくり寝られる。脱力していくのを感じていた。だから、「着きましたよ」という看護師さんの言葉に絶句した。目の前の風景。8畳くらいあるだろうか。その部屋の中に、ベッドと、壁で仕切られてはいるがドアは無い洋式便座。言葉を選ばずに言えば、まるで刑務所の独房 [続きを読む]
  • [初めての長期入院]そして、あの日 (3)
  • 私に足蹴にされた姑は舅の元に退散していった。解放された私は横になったまま天井を見つめていた。場所は洗面所。(ここの天井ってこんなだったんだ)とぼんやり思った。あの2人のことだ。車の鍵も私のバッグも、もう「確保」されているんだろう。今日は仕事に行けないんだ。悔しいけれど、諦めるしかないんだ。悔しいけれど。私は夫の書斎に閉じこもった。職場にメールしなきゃ。トントン、「わかばさん、お薬飲んで」懲りずに姑が [続きを読む]
  • [初めての長期入院]そして、あの日 (2)
  • 「助けて下さい」そう連絡してからは戦争だった。子どもたちの支度をして、自分の身支度も整えて、できるだけ家の中を片付けて。そうこうするうちに、約束の時間の5分前にピンポーン、呼び鈴が鳴った。(こういう時の5分前行動はちと迷惑)1人苦笑いしていると、姑が入ってきた。舅と一緒に。(お義父さん⁇)困惑した。今の家の中の惨状を、舅に見られたくなかった。姑は良くても舅は嫌。おかしな見栄だ。でも嫌だった。そんなおかし [続きを読む]
  • [初めての長期入院]そして、あの日 (1)
  • 2010年5月20日、あの日私は出勤するのを楽しみにしていた。新入生と関わることができる、毎年恒例の楽しい授業がある日だったからだ。楽しみ過ぎて4時半頃に目が覚めてしまった。昨夜の夕食の片付けをする。そうしているうちに、5時を過ぎた頃、長女が起床。今日の仕事のシュミレートをしたかったので、長女にはトトロを観ていてもらう。そのうちに次女も起床。ミルクを160cc与える。早く目覚めた割には体がだるくて思うように家事 [続きを読む]
  • [初めての長期入院]前日(2010年5月19日)のこと
  • 19日(水)は、有給休暇を取って、長女とクレヨンしんちゃんの映画を観に行った。「ごおくまんえ〜ん!」という台詞に、「うちのしんちゃんとおんなじやん」と、爆笑。突然雨が降ってきたので傘を購入。当時4歳だった長女が素敵な傘を選んでくれてHappy。夜、長女は爆睡だったが、次女の目が冴えていてなかなか寝付かず、絵本を読んだり、手遊びをしたりして、23時ちょっと前にやっと就寝。疲れていたので、家事をやり残したまま私も [続きを読む]
  • 戦友に会う
  • 久しぶりに私が戦友と呼ぶ友達に会った。彼女には、最後の入院で出会った。お互い人見知りだから、奇跡的な出会いだったと思っている。勇気を出して食事の時に正面に座らせてもらった自分に拍手(笑)話してみたら、すごく気が合って、会話を重ねるうちにどんどん打ち解けて、古くからの友達とでも話しにくいような内容まで話す仲になった。入院時期もほぼ同じで、彼女のおかげで3カ月の入院生活が豊かなものになった。ありがたかっ [続きを読む]
  • なぜなんだヨシトミ君
  • タスモリン錠がビペリデン塩酸塩錠に名称変更になったそうですね。看護師さんと「いやぁね〜」話しておりましたです、はい。◎現在の服用(名称変更のみ)・炭酸リチウム錠 1,000mg・エビリファイ 21mg・ラモトリギン錠 25mg(毎日)・ゾニサミド 250mg・ベンザリン 10mg・ビペリデン塩酸塩錠 4mg・アトルバスタチン錠 10mg・モサプリドクエン酸 10mg [続きを読む]
  • ラモトリギンとお友達
  • 子供たちの夏休み。なんとかいつもより忙しい母親業もこなしている。夕方睡魔に襲われて夕ご飯が遅くなってしまうこともあるけれど、子供たちは体調を崩すこともなく、元気だ。何より、何より。今日は診察の日だった。OTで運動をしてからの診察。いつもの私を見てもらうために、落ち着け自分。私の順番が来る。一回深呼吸をして診察室に入る。「こんにちは」いい調子。あとはスムースだった。家に子供たちがいるから、前のようには [続きを読む]
  • 減薬かと思いきや。。。
  • 診察の日。この2週間は酷かった。最低限の家事と用事をする以外は、ほぼうちでゴロゴロしていた。夏だというのにお風呂に入らずに寝てしまう日も多々あった。生理前だったからということもあるかもしれないけれど、どん底だった。私には躁鬱病や鬱病の知り合いが結構いる。その人たちの鬱期のエピソードを聞くと、一応家事をこなし、スーパーに買い物にも行き、必要とあれば学校などにも出かけられる私は鬱状態ではないのかもしれ [続きを読む]
  • ちょっぴり減薬
  • 2週間ぶりの診察。エビリファイを24mgに増やしてから1ヶ月経って、体調が悪くなったことを訴えた。前回も書いた通り、眠くて不活化していること、さらには今週の月曜には子どもの授業参観を忘れてしまうし、参加しているボランティアの勉強会もいつもなら意義を見出して充実した気持ちで帰ってくるのに、頭がぼんやりして残念な結果に終わってしまい、私らしくなかったことなども伝えた。すると主治医は、あっさり「ではエビリファ [続きを読む]
  • エビリファイ増やしたからだと思うよ。
  • ここのところ、体調がすぐれない。私は毎日の気分をなるべく客観的に評価して記録しているのだが、23日頃から「低い」が続いている。毎日書いている一行日記をここに記す。23日 どうにも眠い。リクライニングチェアの主になる。24日 昨日に引き続き眠い。が、ビリー隊長に入隊する。25日 DVDを返しに行ったりしたかったが、行けなかった。26日 朝テキパキできず、バドミントン断念。27日 少し体が軽くなってきたような気がするが、 [続きを読む]
  • きょうのお母さんはマル
  • 「きょうのお母さんはマル、お母さんはバツ」という絵本をもらった。双極性障害の親を持つ子どもにおくる応援メッセージらしい。付録として、先日のハートネットTVに出演されていた夏苅郁子先生が子どもたちにメッセージを寄せていた。2度ほど読んで、温めておいた。さて、どう伝えたらよいものか。でも、脇の甘い私たち。リビングに置いておいたものだから、いつの間にか子供たちが読んでいた。一瞬焦ったけど、まぁいいやと思っ [続きを読む]
  • 過去の記事 …