鈴木片道 さん プロフィール

  •  
鈴木片道さん: 社会人7年目の仕事術
ハンドル名鈴木片道 さん
ブログタイトル社会人7年目の仕事術
ブログURLhttp://blog.chimowork.com
サイト紹介文コンサルタントとして様々な会社、社員を見てきた少し先輩からの「社会人7年目」の皆さんへ!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2014/03/06 11:27

鈴木片道 さんのブログ記事

  • 部下には、仕事と責任はセットで預ける
  • 「責任を取る」という言葉がありますが、ここからイメージされるのは、政治家や企業トップが記者会見で頭を下げて辞任する場面ではないでしょうか。これは「責任」という言葉が「上位職にのみ関係するもの」だというイメージを与えます。突き詰めるとこの考え方は、責任が「ある立場」と「ない立場」の二つに分類するものだと言えます。責任は「あり」「なし」なのか?一方で私は、お金をいただいて仕事をしている人は、誰もが責任 [続きを読む]
  • 時間の浪費と思いつつやってしまうことに終止符を打つ方法
  • 時間の浪費と分かっていながら、どうしてもやってしまうこと、ありませんか?私は以前、オンライン麻雀にハマっていた時期がありました。パソコンでもスマホでもできるので、空いた時間についついやってしまっていたのです。もっと建設的なことに時間を使いたいと思っていたのにも関わらず…です。時間の浪費を止める方法このままではマズイと思い、どうにかしてやめようと考えました。色々と試行錯誤しましたが、最終的に辿り着い [続きを読む]
  • ネームプレートの「研修中」の意図は?
  • 飲食店やコンビニなどに行くと、胸につけたネームプレートに「研修中」や「トレーニング中」などの文字を入れている場合があります。熟練者と比べても彼らの応対レベルに問題が無いようであればいいのですが、応対レベルに問題があり、かつ店舗・企業としてのフォローを感じられないケースも見受けられます。これには「サービス品質が悪いけど、研修中だから許してね」という考えがあるように思います。個人的にはこれが好きではあ [続きを読む]
  • 【TOEIC】7回受験で、ようやく830点まできました
  • 2017年6月25日に受験したTOEIC試験の結果スコアが来ました。私は定期的にTOEICを受験しているのですが、現在仕事で英語が必要なわけでもなく、TOEICの受験は完全に趣味でやってます。切迫感があるわけでもないので、ゆっくりと受け続け、受験回数はかれこれ7回目を数えます。これだけ受けていれば、そろそろ満点を取ってもおかしくはないのでしょうが、今回の結果は830点。普通なら不勉強を悔いるところなのかもしれませんが、実は [続きを読む]
  • 仕事の原理原則は、明文化して共有する
  • 会社に入って間もない若い後輩と仕事をするに当たっては、仕事をする上での原理原則を教えることで、仕事が進めやすくなるということが結構あります。一見遠回りに見えますが、仕事に直結する行動だけを教えるのに比べ、未知の状況への対応が上手になります。この原理原則を伝えるには、同じことを状況を変えて繰り返し伝えることが有効です。しかし、自分では同じ原則を伝えているつもりでも、後輩にとっては別のことと感じる場合 [続きを読む]
  • 5つの体勢ごとに、電車の中でやることを決めておく
  • 電車に乗っている時、みなさんは何をしているでしょうか?少し車内を見渡して人間観査察をしてみると、実に色々な人が居ます。寝てる人向かいの窓の外(もしくは窓に映る自分)を見ている人何人かでおしゃべりしている人携帯やタブレットでゲームをやっている人携帯やタブレットで本を読んでいる人携帯やタブレットでSNSをやっている人携帯で電話をしている人(マナー違反ですね。)紙の本を読んでいる人新聞を読んでいる人何かを [続きを読む]
  • Togglを使って自分の行動を記録してみる
  • 「今日も一日忙しかったなぁ。でも、具体的に何やったっけ?」皆さんはそんな風に感じたことはありませんか?私の場合、そう感じた時にこう考えました。「そうだ、自分が一日、何をやっているのか記録してみよう」ツールの活用折角やるんだったら、それぞれの行動にどのくらいの時間を費やしているのかも記録したいと考え、その考え方に合ったやり方は無いかと模索していたところ…見つけました。Togglというツールを使った記録 [続きを読む]
  • 統計について興味を持ったら、「統計検定」を受験してみる
  • 「統計検定」というものをご存知でしょうか?統計検定を運営する統計質保証推進協会によると、「統計検定」とは、統計に関する知識や活用力を評価する全国統一試験です。データに基づいて客観的に判断し、科学的に問題を解決する能力は、仕事や研究をするための21世紀型スキルとして国際社会で広く認められています。日本統計学会は、中高生・大学生・職業人を対象に、各レベルに応じて体系的に国際通用性のある統計活用能力評価シ [続きを読む]
  • プレミアムフライデーは自分で作る
  • 2017年2月から実施され、5ヶ月が経ったプレミアムフライデーですが、世間のあまり評判は良くないようです。プレミアムフライデー「効果なし」76% 朝日世論調査初月は各種メディアがこぞって報道し、当日に向けた取り組みをアピールする企業も多かったように思いますが、翌3月は報道も減り、4月以降はほとんど話題に上らなくなった印象です。さて、プレミアムフライデーという施策の良し悪しは置いといて、あらかじめ仕事の終了 [続きを読む]
  • 本を「聴く」という生活スタイル
  • 読書というと「目を使って行うもの」になってしまいますが、本の内容を理解するためには、必ずしも目を使う必要はありません。なぜなら人間には、目のほかに耳という受信器官があるからです。耳を使って本を読む?耳を使って本を読むとはつまり、読み上げられた本の内容を聴くということです。これには、いくつかの方法があります。ひとつ目は、目の前にいる人に読んでもらうというやり方です。子どもの頃、絵本を読み聞かせてもら [続きを読む]
  • 天高く積み上がった「未読本」のストレスから解放される方法
  • 読書は好きですか?私は読書が好きで、読むペースはだいたい月8冊〜12冊程度なのですが、実は読む以上に好きなことがあります。それは、本を買うことです。「どの本を読もうかなー、これがいいかなー、あ、これもいいなー」と本を選び、「これだ!」と決めて購入する時は、至福のひと時なのです。積み上がる本たちしかし問題は、購入のペースが読むペースを上回ってしまうことがしばしばあるという事でした。気が付けば、読んでい [続きを読む]
  • 習慣リストを作ると、気分が晴れやかになる
  • 「習慣」は人生の大切な要素のひとつですが、では実際に、自分にとっての習慣とは何だろう?と考えてみると、案外あいまいなことに気づきます。それは、そもそも習慣の定義があいまいだからです。辞書などを引いても「日常の決まりきった行い」とか「繰り返し行うこと」としか書いてありません。これでは、折角の習慣の力が生かせません。ではどうするか?自分の習慣をどうやって捕まえるか?結論から言うと、習慣というものを、自 [続きを読む]
  • 三太郎は、他キャリアから顧客を奪う刺客となるのか?
  • 本日7月3日。帰りの電車に乗って、何気なく車内広告を見てみると…携帯キャリアの「au」が、毎月3のつく日に提携したお店に行くと、何と特定の商品が無料でもらえるキャンペーン「三太郎の日」を始めたようです!これはお得、auに乗り換えなければ!…ってあれ?この感じ、どこかで見たような気がするなぁ。うーんどこだっけなぁ。毎週商品が無料でもらえるアレ明らかにこれですね。「Softbank」の「SUPER FRIDAY」。こちらは、決 [続きを読む]
  • 理由を尋ねているだけなのに、部下は「怒られてる」と感じている
  • 仕事上、状況や行動の理由を尋ねるのは、ごく自然でしかも重要なことです。しかし、自分が上司で相手が部下といったように上下関係が存在すると、理由を訪ねているだけなのに「怒られてる」と取られてしまう場合があります。「なぜ」という言葉の強さ例えば、部下から3日後に提出を受けるはずのレポートに対し、進捗が遅れているという報告を受けたとしましょう。上司の自分としては、理由を参考にしつつ打開策を考えたいところな [続きを読む]
  • レシート番号制に見る、マクドナルドの業務改善
  • マクドナルドをこよなく愛する男、鈴木片道です。マクドナルドには、週2~3回ほど行くヘビーユーザーなのですが、今では多くの店舗で取り入れられている「レシート番号制」(勝手に命名)について考えてみたいと思います。レシート番号制とは何か?ご存じ無い方のために、この仕組みを簡単に説明します。1.まず、レジで注文する2.番号の付いたレシートが渡される3.番号案内版の自分の番号が「呼出中」になるまで待つ4.「呼出中」に [続きを読む]
  • 突然プロジェクトを任されたら真っ先にやるべきこと
  • プロジェクトという言葉は、IT業界ではお馴染みですが、何となく便利で格好いい言葉なので様々な業界にも浸透しつつあります。通常、「プロジェクト」を任される立場になる頃には、それなりにプロジェクトメンバーとしての経験を積んでいることも多いはずですが、こうした背景から、あまりプロジェクト経験を積まないまま、なぜかプロジェクトを任されてしまった。というケースもあると思います。そんなときに真っ先にやるべきこと [続きを読む]
  • 良い習慣を妨げるのは、「静止摩擦力」と「動摩擦力」
  • 物理学分野における力学の用語に、「静止摩擦力(せいしまさつりょく)」というものと「動摩擦力(どうまさつりょく)」と言うものがあります。中学校で習ったかとは思いますが、以下、それぞれの定義です。静止摩擦力:静止している物体を動かそうとする際に働く、静止し続けようとする力動摩擦力:物体が動いている時、その物体の進行方向と逆向きに働く力静止摩擦力 > 動摩擦力ここで興味深いのは、静止摩擦力は動摩擦力より大 [続きを読む]
  • 電車通勤のストレスを劇的に減らす方法
  • 電車通勤と聞いて真っ先に思い浮かべるのは、「通勤ラッシュ」「満員電車」ではないでしょうか。私の最寄の吉祥寺駅も、混雑列車として名高い「中央線」「東西線」が走っています(東西線は総武線の乗り入れ)。この混雑列車ですが、非常にストレスが溜まる。それは体感としては、日中の仕事時間に匹敵するほどです。混雑列車ストレスの対抗策これに対抗する策は2つあります。それは「気を紛らわす」と「混雑列車を避ける」です。 [続きを読む]
  • 「当たり前のことを言ってるな」と感じたら、思い出すべきこと
  • みなさんは、本を読んだり人の話を聞いたりした時に、こう感じた事は無いでしょうか。「言われてみれば、当たり前のことだな。」もちろん私も、何度も感じたことがあります。しかし、文字で表現すると分かりませんが、ここには2通りの捉え方が混在しています。文字で書くとするならば、文頭に「まぁ、」が付くのか、「おお!」が付くのかです。つまり、「まぁ、言われてみれば、当たり前のことだな。」と「おお!言われてみれば、 [続きを読む]
  • 立てっぱなしの目標は、何かの種を蒔いたまま放置した花壇の如し
  • 以前に一年の計は元旦にあらずという記事で年間目標の立て方について述べましたが、今回は、月間目標を立てましょう、というお話です。SMARTの法則仕事にせよプライベートにせよ、目標設定に当たっての鉄板フレームワークにSMARTの法則というものがあります。それぞれが何の頭文字か?に諸説あって、原典まで掘り下げていないのですが、とりあえず一番しっくり来たものを採用します。Specific:具体的でMeasurable:測定可能なAchi [続きを読む]
  • TOEICテストは難化したのか?初検証してみた
  • 2017年6月25日の、第221回TOEICテストを受験してきました。小雨がぱらついており、環境コンディションはあまり良くありません。そのうえ教室に入ってみると、季節の変わり目ということもあり咳をしている人が多い。これはリスニングにはマイナス。さらに、東京都議選の真っ最中なこともあり、街頭演説の可能性も示唆されてしまいました。…とりあえず6月に受けるのは避けた方が良さそうです。簡単に私の受験歴を紹介さて、私のTOEI [続きを読む]
  • 井の頭動物園には目玉の動物が居ない。そこがまたいい
  • 東京都武蔵野市にある、井の頭動物園をご存知でしょうか。井の頭自然文化園の一部なのですが、以前はここに「はな子」という象が居ました。井の頭動物園のシンボルでしたが、去年69歳の生涯を終えました。先日、有志によるはな子の銅像が吉祥寺駅前に建ったことからも、はな子は愛されていたのだと思います。私は、吉祥寺に7年ほど住んでるのですが、これまで井の頭動物園には一度も行ったことはありませんでした。特に興味を持つ [続きを読む]