Juliet さん プロフィール

  •  
Julietさん: 秘書検定 面接対策ブログ 思いやりの心をかたちに
ハンドル名Juliet さん
ブログタイトル秘書検定 面接対策ブログ 思いやりの心をかたちに
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/lavenderjuliet
サイト紹介文秘書検定 面接試験の体験談や心に留まった日々の出来事を、元CAの接遇マナー講師がお届けします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供19回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2014/03/06 17:21

Juliet さんのブログ記事

  • 秘書にゃんこ*2018年 夏
  •  平成最後の夏は、猛暑が長く続く厳しいものでしたね。さらに相次ぐ地震や台風など、気持ちも体も休まらない日が続きました。秋の訪れを感じるこれからは、気温差から体調を崩しやすい時期でもあります。どうか、くれぐれもご自愛の上、お過ごしくださいますように。 さて、しばらく秘書にゃんこの様子をお伝えしておりませんでしたので、この夏の外出をまとめてみました。暑い暑いと言いながら、結構あちこちへ出かけていたので [続きを読む]
  • ビジネス文書検定 9*読みやすい文章 (1) 句読点
  •  残暑お見舞い申し上げます 暦の上では処暑ですのに、9月を控えてこの暑さ一方では早くも秋の気配を感じる地方もあるようで、つくづく日本は縦に長いのだと痛感します。 9月といえば、 「秘書検定」 「ビジネス文書検定」 共に、3日から申込み受付開始です。これから日に日に涼しくなる秋の夜長、皆様のお勉強が捗りますように   さて、今日は 「句読点」 についてお話しいたします。たとえば英語なら、I love you のように [続きを読む]
  • ビジネス文書検定 8*ご自愛ください
  •  暑中お見舞い申し上げます  猛暑に台風に、気持ちも体も休まる間がない今年の夏ですが、「第115回 秘書検定」 は、今まさに面接試験の真っ只中。「第64回 ビジネス文書検定」 も、9月の受付を前に準備に余念が無いことでしょう。受験生の皆様には、お体を大切になさいまして、試験に取り組んでいただきたいものです。 さて、この 「お体を大切に」 という言葉。「秘書検定」 や 「ビジネス文書検定」 の試験問題では、社外文書 [続きを読む]
  • ビジネス文書検定 7*オ列の長音
  •  前回 「通り」 と 「とおり」 のお話をした後、「通り」 は 「とうり」 と書くと思い込んでいる方がいらっしゃると知りました。当然 「とうり」 を変換しても 「通り」 とはならないため、平仮名のまま書くとか。 今日は 「オ列の長音」 についてお話しいたします。カテゴリーの 「ビジネス文書検定」 とは関係ないのですが、「通りつながり」 とでもお考えになって、お読みいただけると幸いです。 さて、「オ列の長音」 があ [続きを読む]
  • ビジネス文書検定 6*「通り」 と 「とおり」
  •  同じ読み方でも、書くとき漢字にするか、平仮名にするか?今日は 「通り」 と 「とおり」 の使い分けを見て参りましょう。  「次のとおり」    【公用文】 次のとおり    【新 聞】 次の通り    【N H K】 次のとおり  「銀座通り」    【公用文】 銀座通り    【新 聞】 銀座通り    【N H K】 銀座通り  「二とおり」    【公用文】 二通り    【新 聞】 二通り    【N [続きを読む]
  • ビジネス文書検定 5*「ヶ月」 「か月」 「箇月」
  •  4月から学校や職場で新生活をスタートされた皆様、いかがお過ごしでしょうか?新しい環境に馴染もうと頑張った1ヶ月が過ぎ、ゴールデンウィークを迎えたことでホッとひと息ついてエネルギーが充電できた方、逆に勢いが少ししぼんでしまった方、先は長いのですから、心身の健康を第一に、一日一日を丁寧に積み重ねてくださいね。そして、新人さんの指導を担当された皆様、大事なお役目お疲れさまでした  さて、先ほど 「1ヶ [続きを読む]
  • ビジネス文書検定 4*「事」 と 「こと」
  •  私は文字を書くときや入力するとき、どちらにしようかと迷うことがあります。たとえば 「事」 と 「こと」。皆さまはどのように区別して書いていらっしゃいますか?ビジネス文書検定の試験では、使い方の違いを述べる設問があります。答えを申しますと、「『事』 は 具体的な事柄 を表すときに使い、『こと』 は 軽い意味 の語として表すときや、抽象的な内容 を表すときに使う」例としては、 事 : 「大変な事になった」 「 [続きを読む]
  • ビジネス文書検定 3*印鑑・印章・印影
  •  桜舞う中、新年度がスタートしました。初めて社会に出た方、久しぶりにお仕事に復帰された方、新しい出会いに、ワクワクドキドキの日々をお過ごしのことでしょう。 さて、いろいろな書類や提出物にハンコを押す機会が多いこの時期、「持参するもの:印鑑」 と書かれている案内状や申込書を目にします。でも、ご存知でしょうか?実は、私たちが 「印鑑」 と呼んでいる品物は、正しくは 「印章(ハンコ)」 なのです。ならば、「 [続きを読む]
  • ビジネス文書検定 2*丁寧な文字
  •  「ビジネス文書検定」 には、3級から1級まであります。もちろん求められるレベルは異なりますが、いずれの級にも共通していて、なおかつ各級の 「審査基準」 の最初に記載されているのが、「文字を、丁寧に、正しく、読みやすく、整えて書くことができる」公私共にタイピングすることが、ペンで書くより多くの時間を費やす昨今、真っ白な解答用紙を制限時間内に書き埋める作業はなかなかハードでした 何しろ下書きをしたり、全体 [続きを読む]
  • ビジネス文書検定 1*はじめに
  •  何かと気忙しい年度の変わり目をお過ごしのことと思います。4月から新しい環境で生活をスタートされる方もいらっしゃるでしょうし、職場に新人さんを迎えるため、準備を整えている方もおいででしょう。 新年度といえば、特に新人さんは提出する書類が多いものです。昔に比べて手書きの書類が減ったとはいえ、自分の文字や文章を披露したり、見慣れぬ文字で書かれた提出書類を目にする機会が多いこの時期。表情や身だしなみ、言 [続きを読む]
  • 秘書にゃんこ*雛まつり 横浜山手西洋館
  •  春の日差しに誘われて、秘書にゃんこは横浜に出かけました。買い物客で賑わう元町ショッピングストリートを通り抜け、外国人墓地へと続く坂道を上ったら、そこは異国情緒あふれる佇まい。眼下に広がる横浜の港、手が届きそうなマリンタワー、その先にはみなとみらい。バラの季節ともなれば愛好家が集い、この界隈が香りと笑顔に包まれますが、今回は山手に建ち並ぶ洋館で開催中の 「お雛さま」 の飾り付けを見て参りました。   [続きを読む]
  • お箸*25 箸帯・箸紙・箸袋
  •  外食をすると、どのようなお箸がお目見えするか、どのような箸置きが添えてあるか、または、どのような箸袋を使っているお店か、私はいつもワクワクします 逆に私が経営者なら、季節に合わせた箸置きや箸袋でお客様をお迎えしたいところです。 お箸を入れたときに、頭の部分を残して全体が収まる袋を 「箸袋」 と言いますが、ハーフサイズの箸袋も見かけるようになり、こちらは 「ハカマ」 と呼ばれています。そして、袋ではな [続きを読む]
  • お箸*24 箸置き(2)
  •  少しずつ日が長くなってきたものの、朝晩の寒さは真冬並み。関東地方の我が家でも、日陰にはまだ先月の雪が解け残っています。  さて、今日はお箸を箸置きに置くときの置き方(ややこしい)について。まず、お店などお料理を提供する側は、箸先が箸置きに触れないように置きます。これは、お客様が口にする箸先が、何かに触れてはいけないというのが理由で、(箸置きはもちろんキレイに洗っているでしょうが) 箸先を少し浮かせ [続きを読む]
  • お箸*23 箸置き(1)
  •  年が明けたと思いましたら、1月も下旬。全国的に記録的な寒さが続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。凍てつく夜には、気の合う仲間とお鍋でも囲みたいところですよね。ひとつのお料理を皆で一緒に食べると、お互いの箸使いがよく見えるものです。中には話すことに夢中になり、お箸を持ったまま身振り手振りする方も。これは女性に多く見かけるのですが、エレガントからは程遠い振る舞いです。食べることを休むときは、 [続きを読む]
  • お箸*22 祝い箸
  •  あけましておめでとうございます 本年もどうぞよろしくお願いいたします  さて、お正月といえば 「おせち料理」 と 「お雑煮」 昔とちがって年中無休で営業するお店が数多くあるため、 「保存の利く料理」 の必要性はすっかり薄れてしまいましたが、それぞれに込められた 「意味」 を味わいながらいただきたいものです。そんな縁起の良い日こそ、「祝い箸」 の出番です。          紅白や金色などおめでたい色合いの [続きを読む]
  • 秘書にゃんこ*ビアトリクス・ポター 資料館
  •  12月とは思えない暖かい日差しに誘われて、久しぶりに秘書にゃんことおでかけ。実は私、昔からピーターラビットのファンで、都内で行なわれるイベントは皆勤賞今回はちょっと遠出して、埼玉県にある 「ビアトリクス・ポター資料館」 に参りました。 『ピーターラビットのおはなし』 がイギリスの書店に並んだのは1902年。作者のビアトリクス・ポターは、英国・湖水地方にあるヒルトップ農場を買い取り、その生涯を通じて自然を [続きを読む]
  • お箸*21 お箸の置き場所
  •  忘年会が終わったと思ったら、新年会の予定が入る方もいらっしゃるのでは?誘い誘われ、他の方とお食事をする機会が増える時期ですね。せっかくですから、食べるだけでなく、お話に花を咲かせたいところ。ひとりで食べる時には持ったままのことが多いお箸も、喋る時には置きたいもの。まして上司が大事な話をしている時は、ひとりだけパクパク食べるのは勿論、お箸を持ったまま聴く姿が、その場の雰囲気にそぐわないこともあるで [続きを読む]
  • お箸*20 割り箸の割り方
  •  すっかりご無沙汰するうちに、季節が変わってしまいました皆さまはお変わりなくお過ごしでいらっしゃいますか? さて、手帳にスマホに忘年会の予定が次々と書き込まれるこの時期、気の置けない友人同士の集まりとは別に、仕事でお世話になった取引先や、無礼講とは名ばかりの、職場の上役と同席する機会もおありかと お食事のマナーが、そのまま来年のお仕事に影響するとは申しませんが、酒席で笑い流されても、酔いが醒めると [続きを読む]
  • お箸*19 利久
  •  茶人 千利休は、茶会を催す日の朝、自ら客の人数分のお箸をこしらえるという細やかな心遣いで客をもてなしましたが、1本ずつ削るため一膳のお箸は分かれていました。中央部分が太くて両端が細く、持ちやすくて食べやすいと言われた 「らんちゅう」 は、明治末期になって、中溝で2本に割る 「利久箸」 として登場し、今に伝えられています。つまり 予め分かれているのが千利休が考案した 「らんちゅう」 で、同じ形状ながら、割っ [続きを読む]
  • お箸*18 らんちゅう
  •  茶事を催す際に、亭主は掛け軸や茶碗、そして花を調えて客を迎えます。茶会の目的に沿ったお軸を選び、客の顔ぶれを思いながら茶器を揃え、季節の花を花入れに生けるひとつひとつが、おもてなしの心。茶人 千利休は、さらに客の人数分の箸まで自らこしらえたと伝わっています。客の手の大きさや持ちやすさを考えながら、小刀を扱ったのでしょうか。そのお箸は両端が細く、真ん中あたりが太くて食べやすい形に作られ、削り立ての [続きを読む]
  • 秘書にゃんこ*フランク・ロイド・ライト
  •  今年は、アメリカの建築家 フランク・ロイド・ライト の生誕150周年。日本におけるライトの作品の中で、とりわけ有名なのが 「帝国ホテル本館(ライト館)」ライトは当時の総支配人との縁で設計を手掛けたものの、完成を見ることなく離日。その後は弟子である日本人の建築家に引き継がれ、着工から4年の歳月を経て竣工。そして大正12年9月1日、開業セレモニーの準備の真っ只中に関東大震災が発生。ホテルには大きな被害が無かっ [続きを読む]
  • 秘書検定 76*面接試験の準備はお早めに
  •  第113回 秘書検定の受付が始まりました。次回 第114回(平成30年 2月) は 2級・3級のみ実施されますので、1級・準1級を目指していらっしゃる方は、是非この機会に!とお考えでしょう。 第113回の筆記試験は 11月12日(日) に行なわれます。筆記試験に合格すれば面接試験を受けることになりますが、筆記試験の合否が通知されてから筆記試験までは、あまり日数がありません。ちなみに私が受験した時は、筆記試験が11月10日で、 [続きを読む]
  • お箸*17 箸という字
  •  今年も8月4日の 「箸の日」 に、「箸感謝祭」 に参列いたしました。日本人にとって、手の一部とも言える 「お箸」。その存在が当たり前と思ってしまいがちな 「お箸」 に、改めて感謝の意を捧げました。 さて、少し早めに都内に着いたので、ちょうど見頃を迎えた蓮の花を愛でることに。早起きの特権とばかりに、散策する人やカメラを向ける人が集う不忍池(しのばずのいけ)          上野 不忍池 (東京都 台東区 上 [続きを読む]
  • 秘書にゃんこ*豪徳寺
  •  「猫の日」 といえば日本では2月22日ですが、今日8月8日は動物愛護団体による「世界 猫の日」先日、東京 世田谷にある 「豪徳寺」 に参りました。今 NHK の大河ドラマでは 「直虎」 を放送していますが、こちらは井伊家の御菩提所。江戸前期、彦根藩主であった井伊直孝が雷雨に見舞われた際、猫に手招きされてお寺に入り、雨宿りした上に和尚様の説法を聴くことが出来、大層喜んだそうです。そのご縁から御菩提所となり、幕末の [続きを読む]