ひなた さん プロフィール

  •  
ひなたさん: アダルトチルドレンのカウンセリング
ハンドル名ひなた さん
ブログタイトルアダルトチルドレンのカウンセリング
ブログURLhttps://ameblo.jp/ac-life-world/
サイト紹介文心理カウンセラー「ひなた」のブログです。アダルトチルドレンに関する事や克服する方法を紹介します。
自由文アダルトチルドレンは病名ではありません。
ですが、幼少期の環境が影響して、生きづらさを持っていると、精神疾患に発展する事もあります。
アダルトチルドレンの方が少しでも「生きやすく」なれるような活動をしていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供12回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2014/03/06 19:25

ひなた さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • アダルトチルドレンの思考で多い考え方
  • アダルトチルドレンの方で一番多い考え方の傾向は「否定的」という部分だと私は感じています。これは、自分に対してもそうですが、自分以外の事や物に対してもあるように思います。自分に対して酷評したり、存在価値を見出せないというのは、小さい時に認められることが少ないとそのような傾向が出ます。他人が認めた自分を参考にして、自分を評価するということを小さい頃はするからです。価値観の共有ともいえます。それが少ない [続きを読む]
  • 自尊心が低いと幸せになれない。
  • 皆さんは自分が自尊心が高いと思いますか?低いと思いますか?ほとんどの方は低いと考えているのではないでしょうか。自尊心は本来高いほうが良いのですが、謙虚さが自尊心を低くしている部分があります。民族性ともいいましょうか、自尊心が高い(自意識過剰など)は良くないという感覚を持っている人が多いように思います。ですが、本来の自尊心とは驕りやプライドとは違うものです。 そもそも自尊心とはなんでしょうか。「自分 [続きを読む]
  • アダルトチルドレンと恋愛依存
  • アダルトチルドレンの方は依存傾向を持っている場合があります。幼少期に満足感が少なく、大人になってもその穴を埋めようと何かに依存するケースがあるからです。特に多いのが対人依存です。対人依存は「認められることが少なかった」「人と関わることが少なかった」「褒められる事が少なかった」などの対人関係を上手に構築できなかった場合によく起こります。大人になって、認めてくれる人、褒めてくれる人に強く心を奪われてし [続きを読む]
  • 自分の存在価値とは
  • 自分の存在価値を考えた事はありますか?私はいつも考えさせられます。何かのために一生懸命になって何も得られなかった時や、誰かに拒絶された時なんかは、自分の存在価値が無いんじゃないかと感じることがあります。皆さんはどうでしょう。 私は、「自分の存在価値は自分で決めるもの」と考えています。自分は自分で望んで生まれてくる訳ではありません。「私は生まれたいから生まれた!」なんて人は今のところ見たことがありま [続きを読む]
  • 特定の人にだけ強い執着を持つ心理
  • 特定の人に強い執着を持ってしまうという方は多いのではないでしょうか。家族や友人、恋人や仕事の同僚などでも執着を持つ事はあります。特にアダルトチルドレンの方は、人間関係に上手く向き合うことが出来ず、自分を許容してくれる人に対して執着心が強く出ます。 執着とは、物事に固執し捉われるということですが、人に対しての場合は相手がいることですので問題も生じやすいものです。嫉妬や憎しみに変わる事もあります。では [続きを読む]
  • 一般的には暴言となる言葉が普通に使われていた。
  • アダルトチルドレンになりやすい家庭環境としてよくあるのが虐待がある家庭です。記事:虐待があったそれと似たようなケースに暴言が使われている家庭もアダルトチルドレンになりやすい環境といえます。暴言がある場合のアダルトチルドレンの傾向としては2つあります。 1、暴言に反射的な拒否感や回避が行われるこれは、条件刺激(暴言)が無条件反応(嫌悪感や恐怖)となるもので、子供の頃に受けた刺激と感情が、大人になって [続きを読む]
  • 不安はどこから来るのか?
  • アダルトチルドレンの方は、不安が強く出る傾向にあります。 それは、機能不全家族の中で認められることが少なかったり、成功体験が少ないのが原因です。 良い結果を想像できなくなってしまい、不安ばかりが積み重なっていきます。 結果、認められなかったり成功体験を経験できず更に不安を積み重ねるという負のループに陥ります。 不安が強いと人生に大きな影響を与えてしまうという事です。 それでは、不安というのはどこから [続きを読む]
  • 考え方のクセを無くそうとしてはダメです。
  • 性格を変えたい、考え方を変えたいと思う事は沢山あると思います。悩みを抱えている人は、悩みを解決しようとすると自分を変えなければと考える人がほとんどです。このようなケースは、相手や環境を変えられないのなら自分を変えるしかないという考えで、それ自体は自然なことです。ですが、問題になるケースがあります。自分の考え方を消して新しい考え方を手に入れようとする場合です。自分を丸ごと入れ替えようとするような行為 [続きを読む]
  • やる気が出ない、やりたい事が見つからない。
  • アダルトチルドレンにかきらず、頑張りたいのにやる気が出ないという方は多くいらっしゃいます。特にアダルトチルドレンの方は無気力、無関心という傾向を持っている場合があります。自分が何をしたいのかが見えず、やる気がおきないというケースです。これは、幼少期に成功体験や失敗体験が少なく、自分に何ができて何ができないのかが分からず、不安が強くなってしまうからです。不安が強いと、成功させるための活力が出ず、無 [続きを読む]
  • 親を恨んでも良いけれど…その感情はあまり役に立たない
  • アダルトチルドレンの原因は親にあることがほとんどです。自分がアダルトチルドレンだと気が付いた時、親に対して怒りや憎しみが生まれる事は珍しくありません。ですが、親をただ恨んでいても自分のためにならない事がほとんどなのも事実です。 親に対して憎しみを持つ事自体は悪い事ではありません。客観的に見ても、親が悪いということがあるからです。その憎しみを糧に努力をするという方もいらっしゃいます。それが自分のため [続きを読む]
  • 注意をされると責められているような気がする
  • 注意をされると必要以上に責められているように感じる方がいます。 これもアダルトチルドレンに見られる傾向です。 これは大変生き辛い状況に陥りやすく、また周りの人間も注意してコミュニケーションをとらなければならないので大変です。 本来は、注意を受け入れ反省をし、次につなげていくことがベストなのですが、このような方は感情が先に出て自分ではコントロールできない状態になる事があります。 では、このように注意を [続きを読む]
  • 認められたいと躍起になってしまう
  • アダルトチルドレンの方は、他者に認められたいと必要以上に頑張ったり、また認められない時は攻撃的になったりするケースがあります。これは、承認欲求が強く、感情が暴走してしまうためです。承認欲求が強くなってしまうのは、幼い頃の「認めてもらえなかった」という環境が作っていることが多くあります。機能不全家族で育ち、愛情を受けられないと大人になってからも愛情に飢えている状態になってしまうのです。では、承認欲求 [続きを読む]
  • 親を恨むか恨まないか?
  • 落ち着いたので、久しぶりの投稿です。。。。(^^;)今日はアダルトチルドレンの悩みにはついてまわる、親への感情に関して書きたいと思います。アダルトチルドレンであると気が付いた人は、幼少期の環境を客観的に考えるようになります。今まで普通だったと思っていた当時の事が、「おかしいぞ?」という発想になる事もあります。そして、自分がアダルトチルドレンになった原因は親のせいだと考える人も少なくありません。親に恨 [続きを読む]
  • リンク集
  • ■役に立つサイトたちEQテスト心の知能指数をテスト 毒親チェック子供の成長に悪い影響を与える親のチェック カウンセリングルーム・カウンセラー検索 心を軽くする方法〜鉄心blog心理研究家 鉄心さんのブログです。 性格診断エゴグラム性格診断です。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …