つくしんぼママ さん プロフィール

  •  
つくしんぼママさん: つくしんぼママのアレルギー料理教室
ハンドル名つくしんぼママ さん
ブログタイトルつくしんぼママのアレルギー料理教室
ブログURLhttps://ameblo.jp/tsukusinboroom-kawata
サイト紹介文栃木県内でアレルギーの方の為の料理教室を開いています。料理のレシピを中心としたブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供73回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2014/03/07 00:05

つくしんぼママ さんのブログ記事

  • 味見をしてくれることの大切さ
  • 先日のブログで、益子町の道の駅の方達が、いなほ農園の米麺を実際に試食してくださったことを書きました。これ、ちっちゃなことだけれど、私にとってはとても嬉しいことでした。何故って?自分で試食もしないでアレッ子のお母さんに勧める人の話を複数聞いていたから。もちろん、全てそうだとは言わないけれど、その日からの食事作りに頭を痛めるお母さんに「アレルギー用のお醤油がありますよ」「小麦粉の代用になる米粉があり [続きを読む]
  • 日本のハロウィン
  • やたらに欧米の行事を真似たがる日本人ですが、栃木県の一部には、ハロウィンそっくりな行事がわずかですが残っています。ぼうじぼ孫の父方の実家あたりでは「ぼうじんこ」と言うそうです。十五夜の夜に各家を廻って歌いながら藁で作った「ぼうじんこ」を地面に打ち付けながら歌います。作物の豊作を祈願する子どもたちの行事です。子どもたちは、皆さんからおこづかいをもらうのが楽しみ。この地域では小学生からなのですが、実 [続きを読む]
  • ピンクのリンゴジャム
  • 鮮やかなピンクのジャムです。コツは紅玉りんごの皮を捨てずに煮て、煮汁を加えること。ペクチンもたっぷり出るので、しっかりしたジャムになります。作りやすい分量(紅玉3個くらい)紅玉りんご 400?レモンスライス 3切れくらいグラニュー糖 80〜90?①りんごは小さく刻んでグラニュー糖、レモンスライス、水少々を加えて弱火で煮る。②皮は水を加えて煮る。③りんごの煮汁が少なくなってきたら、②を継ぎ [続きを読む]
  • コンタミ
  • 「つくしんぼ教室」の参加費が1000円から2000円に上がって大分経ちました。この値上げの理由の一つは、「備品」の購入代金です。コンタミ防止の為、まな板、フライパン、ヘラ類果ては小型家電(フードプロセッサー・ミキサー・たこ焼き器等)も教室用は専用の物を購入しているからです。プリンカップ、菜箸等100均で買って使い捨てにする物もあります。(菜箸は、長いサイズの竹割箸を使用)年二回の親子クッキングは云うまで [続きを読む]
  • 今後のアレルギー料理教室のお知らせ
  • 久びさのブログ更新です。仕事や何やかにやで、すっかりご無沙汰しておりました9月28日(木)に予定しておりました「つくしんぼ教室」は、参加者ゼロの為、急遽取り止めになりました。記録を見てみると、やはり9月のキャンセルは結構あります。行事などで忙しい時期ですしね。と云うわけで、仕切り直して今後の「つくしんぼ教室」の予定日をお伝えします。11月30日(木)2月1日(木)3月29日(木)親子クッキングこの3月の [続きを読む]
  • おでんの季節
  • そろそろ鍋の季節がやって来ます。アレッ子には嬉しい堀川さんの卵・小麦・乳抜きおでんダネセット。これがなかった30年近く前、ばあばは、何と魚をさばき、すり身を作り、更に揚げて、自家製おでんダネを作っておりました。すなわち、おでん??は、最高に手をかけたご馳走だったのであります‼あの頃これがあったなら、おでんは忙しい時の手抜きメニューとして嬉しい存在だったのにな??時代は変わった?当時、フードプロセ [続きを読む]
  • ソルガム麺のパスタ試作1回目
  • いなほ農園の米麺試作の際に、米麺や雑穀麺の扱いにくさを補う調理法を考えていました。まだまだ「これがいい!」という段階までは到達していませんが、本日有り合わせのシメジとベーコンで作ったパスタは大分食べやすくなりました。味の染み込み具合も改善されてきました。(自分的には美味しかった??)使った麺は中野産業のソルガム麺「カパーチェ」米麺が切れやすいのとは真逆で歯応えは強すぎるくらい。一方、やや雑穀特有 [続きを読む]
  • 僅かな休憩時間に筆を持つ
  • このところ、仕事が忙しいです?仕事柄(学習塾講師)夕方から仕事が始まり帰宅は夜中。昼間はパソコン(何年やっても、Wordの操作で四苦八苦してる還暦過ぎたつくしんぼばあば)疲れた指には柔らかい筆の書き心地がうれしい?????腕前は?見せられません(泣)ヘタッピイで………でも、気持ちを落ち着けたら、お料理にも落ち着いて取り組めます。ちょっと心の洗濯をしたら、明日は28日の「つくしんぼ教室」に向けた4回目 [続きを読む]
  • 米麺を…
  • 今日、益子の道の駅に行って来ました。お目当ては米粉の中華麺です。(次の料理教室で使う予定)レジに持って行ったら、レジの方が覚えていてくださって、声をかけてくださいました。何と、お店の方達が皆で米麺を試食してくださったそうです。「アレルギーがあると本当に大変ですね。食べてみたらやっぱり普通の麺とは違います。お料理に工夫が必要ですね。お料理の作り方をよろしくお願いします。」と言われて、とても嬉しかっ [続きを読む]
  • 地域行事から閉め出される子供達
  • つくしんぼばあばが年二回の親子クッキングを続ける理由には、色々ありますが、その一つに、ばあば自身にも関連する経験があります。それはアレッ子が地域の行事から閉め出されるという現実。夏休みなど、学校が休みになる日に、自治会、子供会、自治体などの行事がたくさんあります。そして、そこに食べ物が絡んでくることが多いんです。子供料理教室はもちろんのこと、イベントにおやつが出たりするケースも多いです。それがネ [続きを読む]
  • 子供のお料理に大切なこと
  • 今朝の「朝イチ」は東京下町の特集でした。その中で、下町の職人さんが開催している子供向けのワークショップが紹介されていました。カバンの製造業の工房で、ショルダーバッグを作る教室です。その中で再確認したこと。「子供に選ばせる」「子供扱いしない」配色やパーツを出来る限り子供に決めてもらう。ああしろこうしろと言わず、助言は最低限に。当たり前のことだけれど、案外出来ないこと。新聞などで子供の??教室、とか [続きを読む]
  • 9月の「つくしんぼ教室」
  • お知らせです。通常奇数月の第3木曜日に実施しているアレルギー料理教室「つくしんぼ教室」ですが、9月は会場の都合等で第4木曜日の実施となります。「つくしんぼ教室」は、アレルギー対応のお料理を作りながら、楽しくおしゃべりする集まりです。どなたでも参加出来ます。また、アレルギー対応料理を覚えたい方も大歓迎です。お待ちしております。 [続きを読む]
  • 夏期講習の合間にちょっと一息
  • 本日は、 益子町で書道を教える日。なんて偉そうな事を言ってるけれども、生徒さんは二人きり。ゆっくりのんびりおしゃべりしながらのひとときが楽しみです。帰りに寄るのは、益子の道の駅。これからお昼ご飯です。窓の外の景色が綺麗。これもご馳走の一部。9月になったら、ゆっくり来よう。 [続きを読む]
  • この花ご存じですか?part2
  • 暗闇にポッカリ浮かんでいるような純白の花。先日のカラスウリ同様、暗い所が好きな花なので、あまり見かけないと思うのですが。「夕顔」です。朝顔、昼顔、と来て、夕顔です。「源氏物語」にも「夕顔」というのが出てきますが、これはこの花とは別物らしいです。グレーンカーテンが作れるほど大きくなるうえ、夜しか咲かないので、マイナーな存在な花ですが、とても好きな花です控え目な落ち着いた香りもいいですよ。園芸店では [続きを読む]
  • 8月15日に
  • つくしんぼばあばは1952年生まれ。終戦から7年後に生まれ、高度経済成長真っ只中に育ちました。いわゆる「戦争を知らない世代」です。そのばあばは20代半ばの頃、大阪府で中学校に勤めていました。先生は残業や持ち帰り仕事の多い仕事です。その日も残った仕事を持ち帰らずに片付けてしまおうと、一人で職員室に残っていました。そこへ巡回を終えた警備員さんがいらして、何となく雑談が始まりました。そこでたまたま大阪市の [続きを読む]
  • 夏野菜のパスタ
  • ミートボールを入れた、ボリュームのあるパスタです。今回は、栃木県塩谷町、いなほ農園の米粉パスタ(フイットチーネ)を使いました。(私は、栃木県益子町の道の駅で買いました。《材料》(二人分)〈ミートボール〉合挽き肉 100?玉ねぎ(細かいみじん切り)10?塩 小さじ1/4片栗粉 小さじ1ナツメグ 少々〈トマトソース〉玉ねぎ(みじん切り)100?ズッキーニ(黄)(緑)各50?ト [続きを読む]
  • チューチューゼリー(イチゴ味)
  • 暑い時期のスイーツの代表、ゼリー。それをちょっと柔らか目にして「飲むゼリー」を作りました。使ったのはこちら?井村屋のかき氷シロップです。合成着色料不使用、栃木県の誇るとちおとめ果汁を使用しています。《材料》(二杯分)かき氷シロップ 100??水 250??缶詰の黄桃 50〜60?缶詰めシロップ 50??アガー [続きを読む]
  • 7月の親子クッキング終了
  • 子供8名、大人4名、計12名の親子クッキング。終わりました毎年この時期は、仕事(進学塾)の夏期講習直前という超慌ただしい時期で、とかくバタバタしてます。今回も、うっかりミスやら、段取りの悪さやらが露見して、とにかく反省しきり。ああすりゃ良かった、こうすりゃ良かった、のオンパレード。参加された皆様、ごめんなさい?それにしても、お子様軍団のパワーはすごい‼包丁や大鍋の溢れる中で、怪我人が出ては大変とピ [続きを読む]
  • この花ご存知ですか?
  • ちょっとボケてますけど、不思議な花です。真っ暗な所でないと咲かないから、知られていない花です。名前はカラスウリ。秋になると、小さなラグビーボール型の赤い実をつけます。こちらは目立つのでご存知の方もあるかと思います。少し離して撮るとこんな感じ。花の周りがレースのようになっていて、幻想的な感じがします。種子を植えてから、10年位経たないと花が咲かないし、よしんば咲いても誰にも気づいてもらえない。でも [続きを読む]
  • 悔しき450円( TДT)
  • 今月の親子クッキングに向けてレシピ作成中のつくしんぼばあば。スイーツの試作の段階で、一般のお店で売られている商品を実際に食べて見ることがあります。風味や食感を出来るだけ再現したいから。いつもと違って、アレッ子とノンアレッ子が同じものを食べるので、出来るだけ妥協はしたくないんです。皆に「美味しいね」と言ってもらいたい。て、ことで、今日は車で20分くらいかかる洋菓子屋さんのスイーツを買いに行きました。 [続きを読む]
  • 骨休めのひととき
  • 忙しい毎日だけれど、少し時間が空くと手仕事をしてリフレッシュします。フェリシモのレッスンキットで、カットワークを始めました。6回のレッスンでカットワークのテクニックを学んでいきます。もともと不器用ななので、一番簡単なスェーデン刺繍からリスタートして、自己流だったフランス刺繍を経て、そろそろ出来るかな?と思って始めました。やってみると、案の定難しい。針目が揃わない。本当に一針一針ゆっくりゆっくり。 [続きを読む]
  • 本日は失敗なり(泣)
  • 7月下旬の親子クッキングに向けて、メニュー試作中。今回は前回に続いて地元メーカーの米粉パスタを使ったメニューがメインの予定。で、今日の試作はビミョーなお味となりました。勿体ないから全部食べますが、旨くない‼と思いつつ食べるパスタソースは泣きたい食感だった。もう一品スイーツの試作もあるのよ。ああ、まだまだ先は長いな?? [続きを読む]
  • 心に沁みた言葉
  • 録画していた「グレーテルのかまど」を見ていたら、思わず巻き戻しして見てしまった。「無いものから、有るものを作る」元祖「カリスマ主婦」と言われる佐藤雅子さんの言葉。物の無い時代に、精一杯の工夫と、丁寧なもの作りで暮らしを豊かに彩った佐藤雅子さん。じわじわきた「グレーテルのかまど」のスイーツの大半はアレルギーの方には食べられない。それでも見てしまうのは、作り手のスイーツに対する「想い」みたいなものが [続きを読む]
  • 親子クッキングのメニューは…?
  • 年二回の親子クッキングはメニュー作りに悩みます。子供たちに料理の楽しさを味わって欲しい、と言う事もありますが、実は、アレルギーのない子供たちもいるということ。つまり、兄弟で同じものを食べよう、というのもねらいの一つだから。しかも、幼稚園生もいるし??今のところ、サイダーが関連するスイーツが登場予定。明日はこれを使って試作するつもりです。 [続きを読む]
  • 板谷波山記念館
  • 昨日テレビ東京で放送された「美の巨人たち」陶芸家板谷波山の記念館が、我が家からすぐ近くの筑西市にあると知って、行ってみました。波山の生家がそっくり保存されていて、タイムスリップしているよう。陶磁器の良し悪しはあまりわからないけれど、静かにゆっくり見ていると、美しいなあと思う。手入れされた小庭にどくだみの花が綺麗でした。大きな美術館にたくさんの美術品という美術展は疲れるけれど、こうやって静かにゆっ [続きを読む]