あんず さん プロフィール

  •  
あんずさん: 鬼娘の介護日記
ハンドル名あんず さん
ブログタイトル鬼娘の介護日記
ブログURLhttp://anzu220.info
サイト紹介文92歳の母。今年2月末に大腿骨を骨折し要介護4に。退院後、老健から横須賀の特養へ。変わらず鬼娘状態
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供188回 / 365日(平均3.6回/週) - 参加 2014/03/07 15:48

あんず さんのブログ記事

  • 怯える鬼娘
  • あらっ、アナタ、いいところに来たわ!アタクシは、母のその一言を聞くと、思わず、身構えてしまうのです。何故なら、その次に出てくる言葉は、決まって迎えに来てくれたね。とか、アタシは、いつでも支度出来るから。という、帰りたいコール。矢のように飛んでくる、母の言葉。それこそ、矢の如く、グサグサと心に刺さる。どうやって、母を納得させようかとグルグル、頭のなかで、なるほどと思わせるsituationを考える。いつもの [続きを読む]
  • 墓はどこに?
  • 世間様は、お盆休暇なんだそうで。お盆と言えば、我が家はカトリックだけれども、お仏壇を清掃し、生花を入れ、果物とお菓子を供えました。入りにはご飯を炊いて供え、送りは蕎麦を茹で、供える、これは、母がやってきたものです。認知症を発症してからは、全く出来なくなってしまいました。そして、お墓参り。認知症初期の物盗られ妄想の際には、母は、よく言っていました。うちのお墓はどこにあるの?○郎(長兄のこと)がアタシ [続きを読む]
  • 無意識な仕打ち?
  • ○%×◇$☆♭#▲※!!母の施設(特別養護老人ホーム)のワンコ、大ちゃんの散歩から戻り、ユニットのドアの前に来たとき、母の怒鳴り声が聞こえました。また、なんか気に障ったことがあったのだとわかりました。元来、気が強く、自分の意に添わないことがあると不機嫌になる。イジメを苛めと思わず、正義感を振りかざす。認知症発症前は、理性で感情をコントロールしていました。相手を慮ることも出来ておりました。発症してから [続きを読む]
  • あらっ・・・から始まる
  • 俳優の津川雅彦さんが、亡くなられましたね。4月に妻である女優の朝丘雪路さんを、アルツハイマー型認知症で看取ったばかりなのに。自らも肺炎を患っておられたのに、記者会見をされ、「彼女を残すよりはいい結果になった」と悼み、それが最後の公の場になったようです。今朝、テレビで、その会見のビデオを見ながら、アタクシはムカッ腹を立ててしまいました。お若い女性のレポーターが、津川さんに聞いていました。「朝丘さんと [続きを読む]
  • 長い夜
  • このところ、施設(特別養護老人ホーム)にいる母の面会を終えてから、ボランティアをしています。いつも、母がお世話になっているワンコ達の散歩です。急いで帰宅する必要もありませんもの。夏ではないときは、午後1時過ぎから3時までの間に行っていましたが、この酷暑のなか、夕方5時過ぎに行くようにしています。(最初に連れ出すのは、大喜。彼は、ユニットから喜んで出るのですが、表に出た途端、立ち止まり、「行くんかい? [続きを読む]
  • 介護認定調査に外面ヨシコさんな母
  • では、お名前と生年月日を教えて下さい。調査員から、そう言われて、母は、シャンとして答えました。○○ 道子、大正13年11月○○日です。さいざんす、先日、介護認定更新の面談がございました。対調査に関して相変わらずの外面ヨシコさんぶりを発揮。ここはどこですか?この質問には、明確に返答しておりました。病院、というか、市役所でお世話してくれる施設っていうんでしょうか。はい、市役所がやっているわけではないですが [続きを読む]
  • 悩みは尽きない・・・
  • 先日、小学校の恒例のクラス会がありました。ドイツ在住のIkkoちゃんが帰国するに合わせてほぼ、一年に一度、集まるもの。還暦を過ぎたアタクシどもの話題としては、子供の頃の思い出、親の介護、自分達の将来、と言ったところでしょうか。で、どうなったん?おばちゃんの車の運転、今も続いてんの?久々の再会を祝って乾杯後に、ここ数年毎回即刻、誰かから出る質問でした。当時から、85歳以上だったドッピンのお母様。毎回、クラ [続きを読む]
  • 誤算
  • もともと、変形性膝関節炎がある母でした。先日、膝に水が溜まり抜きました。抜いた2日間は痛みがあり、自力で立つことが出来ず、オシメという有様で、ああ、このまま寝たきりかと思いました。しかし、その後は、また、以前のように掴まり立ちが出来るようになりました。それまでは、トイレの度に、椅子から車椅子に移乗していましたが、この頃は車椅子に座ったままになりました。施設(特別養護老人ホーム)に入所するとき、車椅 [続きを読む]
  • 琴線に触れた?!
  • 母の施設(特別養護老人ホーム)では、毎週、火曜日に喫茶店と称して、1階のホールを使い、入所者さんに紅茶、コーヒーをお出しています。ヤクルト、パン、お菓子、業者の方々が来て売ってもいます。そこで、ボランティアの空きがあると聞き、どうせ、午後3時半には、母の面会があるのでお手伝いしています。入所者さんが1階まで来るという行為はチョイ厳しゅうございます。まず、ご自分で歩けても、スタッフさんが一緒でないとい [続きを読む]
  • 出来ることがあれば・・・
  • 母の施設(特別養護老人ホーム)では、午後4時から1時間、リハビリがあります。クリスマス、ひな祭り、などの季節に合わせて作品を作りますが、何もないときは、本人がやりたいことをやっています。母は今まで、1年半塗り絵をやっていました。若い頃は、絵画教室に通っていたようです。もし、戦争がなければ、美大に行きたかった。そういうだけあって、デイや施設で行う塗り絵、確かに、他の方に比べると上手でした。しかし、半年 [続きを読む]
  • ぬかづけ
  • 頭のこのあたりに、ポコッとしたものが・・・。この発言は、母ではなくミック君のお母さん。昨夜、部屋で転倒したのだそうです。ドンッ!と大きな音が聞こえ、夜間スタッフが駆けつけたときには、血だらけだったそうな。たんこぶと切り傷だけで、骨折はなかったとか。よかったですよ。骨折していなくて。骨折したら、大変なことになりますよ。何が大変なの?まずは、ベットに拘束ですからね。ユニットリーダーさんが、笑いながら、 [続きを読む]
  • リズムが狂うと・・・
  • その日は日曜日。面会に訪れた施設(特別養護老人ホーム)は休日だけに、エントランスはひっそりとして静かでした。母のユニットに到着したのは、午後4時近く。夕暮れ症候群の母になっても仕方ない、それよりも、この猛暑を越えた酷暑の中を行くにはなるべく夕方の方がよござんすからね。ギャングのココちゃんも文福もまだゲージの中。騒がしいシックステッドが揃っていません。さらに、一番、騒がしい母の大きな声がしません。シ [続きを読む]
  • 施設は避暑地
  • お暑うございます。この金曜日と土曜日、2日間はどこにも行かず、エアコンをつけて部屋におりました。さて、今日はこれから面会に行きます。が、午後3時過ぎに出て、4時頃に施設(特別養護老人ホーム)に着くようにと考えています。しかし、問題が・・・。午後4時頃は、母からすれば、お帰りのお時間。わぁ!、娘が迎えにきてくれたと思う時間。デイサービスも、午後4時になると帰宅の支度を始めた時間。ショートステイの帰りの迎 [続きを読む]
  • 減らず口は減らない・・・
  • 右膝に溜まった水を抜いて、一晩、全く立ち上がれなくなった母。しかし、翌日からは、さほど痛くない左側に本能的に重心をおくことが出来るようになりました。施設(特別養護老人ホーム)では、スタッフさんの介助が、より必要になったようでした。すっかり、いつも通り。リハビリのある日だったので、ユニットから連れ出しました。ユニットリーダーさん、いわく、立ち上がるには介助が必要ですが、上半身はなんでもありませんから [続きを読む]
  • 寝たきりにならなかった母
  • ひょっとして、寝たきりになってる?その場合、どんな顔をすればいいんやろ。ヒヤヒヤしながら母の施設(特別養護老人ホーム)のユニットの入り口でスリッパに履き替えていました。すると、ユニット全体に響き渡る大きな母の声がしました。まあ!、鯛焼きだわ。美味しそう!!いつもの母の大きな声。なーんだ、いつもの通りで元気なんや。前日、ユニットリーダーさんから「膝に水が溜まっていて、受診して水を抜きました。痛みがあ [続きを読む]
  • 施設からの電話
  • 昨日の午後ことでございました。東京で、用事を済ませて、カフェで休もうとスマホを見たところ、母の施設(特別養護老人ホーム)の電話番号が画面にありました。あちゃー、また知恵熱で出したかぁー?!転んだかぁー、と頭に過りました。そして、鬼娘の考える、その先、おっかさん、このクソ猛暑の中の葬儀、勘弁やでぇ。ドキドキ感を持ちながら、折り返して連絡をしました。ユニットリーダーさんの話によると、一昨日から、膝が痛 [続きを読む]
  • まだまだ、夕暮れ症候群の症状がある・・・
  • この頃の母は、視野からアタクシが消えると面会に来たことを忘れるようになりました。今まで施設(特別養護老人ホーム)のユニットを出るときは、母に言っていました。じゃあね、また、明日来るからね。しかし、現在は「面会に来たことを忘れる」を利用して、リハビリへ連れ出して、ユニットに戻ると、なるべく母に会わないようにして、帰っています。今日のリハビリも、真剣に運針をやっておりました。30分ほどで、集中力が切れ、 [続きを読む]
  • 施設で一緒に暮らす犬
  • 母の施設(特別養護老人ホーム)は、飼い犬や飼い猫と一緒に入所出来ます。犬のフロア、特に母のユニットでは、定員、否定犬オーバー。お隣の犬のユニットも先日、チワワを連れて入所された方がいて、これまた、定犬オーバー。猫のユニットでは空きがあるようで、入所が出来るようです。母のユニットは、保護犬の雑種の大喜と文福、M.ダックスのジロー。後は、飼い犬のトイプーのココ、キャバリエのナナ、最近入所してきたヨーキー [続きを読む]
  • それはお節介や!
  • 先生!、水色の薬はまだなの?待ってるんだけれど。母の施設(特別養護老人ホーム)のユニットにいる6匹の犬達のうち、大喜と文福の散歩を終えて帰ろうとしたとき、母の大きな声が、聞こえました。夕方6時を過ぎたユニットでは、全介助の入所者さんを除いて、ほぼ、皆さん、夕食が終了し、薬を飲む頃でした。母は、スタッフさんの名前を覚えられず、誰構わず、先生と呼びかけています。どうも、母自身の薬ではなく、お隣に座って [続きを読む]
  • 施設でも季節感を
  • 大暑、猛暑、極暑、激暑、厳暑、炎暑 、溽暑暑さを表す言葉は数あれど、アタクシ的には、クソ猛暑!母の面会に行くだけで、暑さに疲れてしまいます。西日本の水害で、この暑さの中、災害に遭った方々、行方不明者を探す方々、等々のことを思うと文句は言えません。施設(特別養護老人ホーム)の母のユニットは、ワンコ達がいるので、冷房がよく効いています。とはいえ、個々の部屋はリビングよりも室温が高く設定してあります。リ [続きを読む]
  • 認知症でよかったこと
  • 母が認知症でよかったとつくづく思うことは、在宅介護中よりも、施設(特別養護老人ホーム)に入所してからです。在宅介護のときは、なんで、わからへんねん!と、怒りが先の鬼娘でした。母の場合、「状況がよくわからない」から、施設にいることが出来るのでしょう。先日、動物のいないフロアのユニットに居る或るクリアな入所者さんとお話する機会が、ありました。ユニットに戻るのが、憂鬱なのよ。また、あの人と居合わせなくて [続きを読む]
  • 面会で表情が豊かに・・・
  • 母と同じユニット(特別養護老人ホーム)にいるミック君のお母さんは、クリアな方。彼女には、どの入所者の家族が来ているということをよく知っています。今日はね、お隣のOさんに家族がさっきから、見えてるのよ。その日は、母と同じ山形県鶴岡市出身のOさんのご家族の方がお見えのようでした。鶴岡市のある町の小学校の先生だったという経歴の持ち主です。それも、伯母と同じ町内。2〜3時間、ご家族と一緒にお部屋で過ごされてい [続きを読む]
  • 歯があるから
  • 昨日、施設(特別養護老人ホーム)にいる母の面会に行くと、おやつはメロンでした。メロンと言っても、あのマスクメロンではなく、アンデスメロンのメロン。ちょうど、お昼寝からリビングに戻った母の前に、出されました。メロンだわ!!、久々に食べる、美味しい!と、母は、いつになく感嘆していました。アタクシがそばに居ると食べろとうるさく言うので、部屋を片付けるからとそばを離れました。母はメロンが大好きで、在宅介護 [続きを読む]
  • 92歳の母親が・・・
  • 介護友の山椒魚様からのトピックです。BBCニュースによると、アメリカのアリゾナで起こった殺人事件。92歳の母親が、72歳の息子を銃殺したとのこと。その理由は、息子が介護施設に入所させようとしたからだそうで。"You took my life, so I'm taking yours," 「私の人生を奪ったな、お前の人生を奪ってやる」 息子は母親と一緒に住むことが難しくなったと施設入所を勧めたらしい。(というのは、アタクシの勝手な翻訳です。)息子 [続きを読む]
  • 脅しても忘れてしまうから
  • で、アタシの迎えに来てくれたわけね。いやいや、明日はお医者様に診て頂く日だから。ここでお泊りしていないと・・・。明日は日曜日で、施設内も休日モードになんですけれど。母には曜日の感覚はありませんしね。アタシ、どこか悪いの?そうや、とっても、心臓がよくないんよね。心臓が悪いから24時間の見守りが必要なんよ。アタシ、そんなに悪いの?どっこも悪くないと思ってたわ。スタッフさんは、アタクシが母を納得させるた [続きを読む]