茶壺 さん プロフィール

  •  
茶壺さん: 自転車ときどき世界1周
ハンドル名茶壺 さん
ブログタイトル自転車ときどき世界1周
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/tyatsubou/
サイト紹介文自転車で走れば、世界中のビールが最高に美味しく飲めると思うの
自由文自転車で世界中の色んな場所を走ったり、走ってなかったり。言葉が通じなくても現地の人と仲良くなれるもんだ、ということを最近理解した。みんなありがと〜
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供377回 / 365日(平均7.2回/週) - 参加 2014/03/07 23:04

茶壺 さんのブログ記事

  • 自転車で来ればヒーローになれます
  •  チリ27日目&アルゼンチン45日目 空き地〜メンドーサから南南西に約360km ラス ロイカスの町 今回向かっている峠の名前はペウエンチェ。南米もここまで南下するとアンデス山脈も徐々に小さくなってくるようで、ペウエンチェ峠の標高も2420mとこれまで走ってきた峠と比較するとずいぶん低くなったと感じさせる。 まだ1050mだけど今日には登頂するかな 当たり前のように4000m超えの道を走っていたのが嘘の [続きを読む]
  • 東のアンデス
  •  チリ26日目 サン クレメンテの町〜サンティアゴから南に268km地点 空き地 サンティアゴでマットを新しく新調したのだが、ウレタンマットって買い換えた時の違いが猛烈に感じられるアイテムなのだと実感する。特に夜中は冷えるここいらの気候でも、マットがしっかりしてると寝袋いらずなほどに暖かい。つまり夏場は地獄なわけだけど、その頃にはまた使いすぎでヘタっているでしょうよ。 ガソスタ裏は空き地じゃなくて駐車 [続きを読む]
  • タイムゾーンの設定失敗してる国
  •  チリ25日目 テノの町〜サンティアゴから南南西に約250km サン クレメンテの町 やっぱりテントと家屋では寝心地が違うと感じるのは朝方の冷え込みを感じないところ。日中クソみたいに暑くなるクセに、夜中は本当寒くなるチリ中央部。いいから1日中涼しい気候になりやがってください。 快適そのもの 8時に開店準備でシャッター開けるのを見る傍ら私は朝ごはん。普通に食べたのだけれども「コレ食べてみろよ」と色々プレ [続きを読む]
  • 俺のポケットにゃ大きすぎる
  •  チリ24日目 ガソリンスタンド〜サンティアゴから南南西に約170km テノの町 夜はかなり冷え込むと思ったら、ファソスタにあるウェザーニュースで気温15度まで下がっていたようで。日中の最高気温が34度とか表示されてるのにどれだけ温度変わるんだよ。Tシャツ1枚からTシャツ1枚まで幅広くウェアの着用が求められる。 この時はまだ寒かった 出発時には汗ばむほどの暑さとなり、とにかく自転車で走り始めることに。 [続きを読む]
  • 携帯ポンプ2代目(AIRSPEEDMAX)
  •  私が空気入れに求める要素として「足で押さえられる」という点がある。自転車旅行という性質上、携帯ポンプで小型であることも基準となっているのだが、この小型という要素は空気入れとしての性能差をモロに受けるのが悩みどころ。 特に海外で空気入れを探すとハンドポンプ、いわゆるスポーツタイプのバイクに付ける小型緊急用のタイプが主流となっており、メーターとかそういう余計な部品は極力減らしている物ばかり。簡単に言 [続きを読む]
  • 更新情報8
  •  サンティアゴで色々道具購入したので・使用道具一覧(全体)で幾つかの道具の情報を更新・使用道具一覧(現在)も一応更新 更新してるけど一気作業なのでリンク外れとか色々不具合があるやもしれない。こういう作業は暇で仕方ない宿とかでやるべきだとは思うのだが、そういう時ってやる気が出なくて作業せず。 そんで忙しい最中に限って作業し始めるんだよね。テスト勉強の頃から全く成長していない。  [続きを読む]
  • パンク確率変動中
  •  チリ23日目 サンティアゴ〜サンティアゴから南に64km地点 ガソリンスタンド ここサンティアゴより南は徐々に先細っていく南米の最南端へと向かう雰囲気がありワクワクする。じゃあ普段はワクワクしないのかといえば、まぁ大概他の理由でワクワクしてるのだけども。 遊び心有る 朝食にサンドイッチなんて珍しい というかこのサンドイッチはお昼用に保存するつもりだったのに、思ったよりプレス機がしっかり使えなくてお [続きを読む]
  • マット2代目(メーカ不明)
  •  私はマットは圧倒的にウレタンマット支持派である。一応エアーマットも合わせて持っているものの、これを使うのは猛烈に寒い環境か、地面がボコボコでウレタンマット1枚では背中が痛くて眠れないときのみ。 とにかく収納状態の大きさに対応できれば一瞬で広げられるお気軽さも相まって、調理に使う座布団から物置にまで本来用途でない使い方にも大活躍する逸品だ。 しかしウレタン製だけあってヘビーな使い方を続けるとヘタっ [続きを読む]
  • スプロケット外し(UNIORポケットスポークレンチ)
  •  自転車旅行が長期になると故障が頻発してくるイメージなのがタイヤのスポーク折れである。場所でいうとタイヤの中心から放射状に広がっている小さな棒がスポーク。 まぁ自転車旅行的にはパンクほどではないにしても割とメジャーなトラブルであり、私もこうした事態を予測して大量の交換用スポークを準備してきた。 しかしこのスポーク交換。前輪は全く問題ないのだが、後輪の場合は問題が生じる。というのも後輪にはスプロケッ [続きを読む]
  • 放っておくとすぐサボる
  •  チリ21・22日目 サンティアゴの町 朝食用にと昨日購入していた6パック玉子が朝になったら2つしか残っていなかった。よくまぁ未開封の食材をそんなに持っていけるもんだ。私のフレンチトーストどうしろと? でもまぁ居心地は良いホステルである 遊び心もある  とりあえず自転車ショップに預けていた私のロシナンテ号が修理完了するのが今日である。さっさと取りに行っても良いのだが、昨日と違って場所が遠いわけでも [続きを読む]
  • 一点特化型モール
  •  チリ20日目 サンティアゴの町 さてチリの首都であるサンティアゴ。この町より南下する場合、もうアメリカ大陸最南端のウシュアイアまで本格的なアウトドア用品を入手する機会がないのであり、自転車以外にも色々限界を迎えている私のアイテムの数々。色々と調達するためお買い物である。 ホステルにミキサーあるのが嬉しい ちな午前中は寝てましたよダラダラと 私のような一部の人にはサンティアゴ郊外にある「モールスポ [続きを読む]
  • 入院措置となる
  •  チリ19日目 レストエリア〜チリの首都 サンティアゴの町 そういえばこのレストエリア、管理人兼警備員みたいな人が各種掃除などの作業をしてくれてることもあり、綺麗だしトイレットペーパー等の備品も常に補充されている。こんな施設の使用を無料でできるのがチリという国なのだ。 感謝しかないわ そんな場所だったせいか、普段通りに出発準備したつもりで普段より30分も遅れてのスタートとなってしまう。もうサンティ [続きを読む]
  • 当たり前のことが面倒でちゃんとやれない
  •  チリ17・18日目 ビーニャ デル マルの町〜サンティアゴから西に69km地点 レストエリア 休養日ということで魚を食べようかとも思っていたのだが。しかし案外お安くなかった魚を買いに30分の距離を歩くのが嫌で、早くも魚介類終了宣言である。撮影失敗したのもあり、ただの1枚も記録に残せなかったけども。まぁ美味かったという記憶は残ったので良しとしよう。 ということで汐見荘内にて小説読みながらコーヒー飲んだ [続きを読む]
  • 魚は本当に実在したのか
  •  チリ16日目 ビーニャ デル マルの町 休養日・・・の割には宿泊者の中で1番遅くに就寝し、1番早くに活動始めているのだが。せっかくの海外旅行という体験だし、寝てるの勿体なくて必死に元を取ろうと思ってしまう気持ちってあるじゃん? そんな旅行も早や4年目 月曜日は漁師が船出さない日であるらしく、市場に取れたて新鮮な魚貝が並んでいるかは怪しいとのことだったが、とりあえず歩いて行ってみることに。しかし、地 [続きを読む]
  • 自転車メンテナンス履歴2018年編
  •  自転車の掃除とか整備とか出会いたくないトラブルとか、これらの出来事をひとまとめにしたメンテナンスの履歴2018年版。今年の目標はパンク回数を10回以下に抑えることです。 2015年版 2016年版 2017年版 暇があるとき定期的に更新しているページでもある。2018年◎1月13日(土)    72256km地点 サルタホステル 自転車整備&清掃を実施 バーテープ・チェーン・チェーンリンクを交換  [続きを読む]
  • チリゾート
  •  チリ15日目 ガソリンスタンド〜サンティアゴから西北西に約100km ビーニャ デル マルの町 その南北に細長い形から、国土の多くを海に面しているチリの国。それは海産物が豊富に採れるということを意味しており、実際チリの国では豊富な漁獲量を背景に水産資源の輸出も世界有数である。ワインだけじゃないですよこの国は。 そんな魚まみれのチリにおいて最大の輸出港となるのがバルパライソの町であり、私はこのバルパラ [続きを読む]
  • 他の道を通させないスタイル
  •  チリ14日目 ロス ビロスの町〜サンティアゴから北北西に112km地点 ガソリンスタンド チリにおけるガソリンスタンドはトラックドライバーに対する配慮なのか、やたらと敷地が広く設備が整っているスタンドが数多い。その恩恵にあやかる形で私もシャワーやFreeWi-Fiに加えてテントまで張らせてもらっていたりする。 ありがたいことですわ本当に トラックの運ちゃんたちは車内で仮眠できるもんね まだ休み入れて4日目で [続きを読む]
  • 変わる自然と変わらぬガソスタの使い方
  •  チリ13日目 道路脇〜サンティアゴから北北西に約190km ロス ビロスの町 やっぱり陸橋の下なんかで野営するもんじゃなかったと実感する朝。別にメッシュを掻い潜って蟻が何匹がテント内に侵入するくらい問題ないけれど、朝食用に仕込んでいたお米に100匹単位で蟻が群がってたりするのは勘弁してほしい。私の朝ごはんがー 変な場所で野宿しちゃダメですね 景色だけは最高だったが 昨夜目を覚ました際には星が綺麗に見 [続きを読む]
  • 自転車に優しさを
  •  チリ12日目 道路脇〜サンティアゴから北北西に283km地点 道路脇 朝起きたら空が青色じゃなかった驚き。チリの北部は基本的に砂漠地帯であるため、勝手に毎日晴天が続くものだと思い込んでおりました私。こういう天気もあるワケだ。 立体交差点の隙間 んじゃ出発 この手の海沿い道路って海側からの横風が吹くものだと相場が決まっているのだが、実際にはかなり北側からの追い風模様となっており、これ幸いと条件良いう [続きを読む]
  • 夏が終わる前には
  •  チリ11日目 ビクーニャの町〜サンティアゴから北北西に367km地点 道路脇 早くも1月が終わってしまった。別に「この調子では1年過ぎるのがあっという間だ云々〜」とか言うつもりは全くなくて、単純に南米における夏の期間中に最南端まで行かないと、寒い時期に寒い場所を走る羽目になるという問題から少々焦っているだけです。 じゃあ寄り道すんなよ そんな意見もあるかもだが、私としては「行ってみたい場所を走る」 [続きを読む]
  • 自由ソロキャンプ
  •  チリ10日目 ビクーニャの町 特に何するでもない休養日は、他の日と合わせて1記事にしたりと普段にも増して手抜きが激しい私だが。そういう意味では1日ぼさっとダラけてた今日も日記を書いてるなんて僥倖だと思う。自らハードルを下げて飛び越えたいタイプ。 10時前起床 標高下がったので暑くて寝苦しい夜かと目論んでいたのだが、アルゼンチンよかよっぽど寒いのはどうしたものか?チリの北部地域は砂漠が多いらしいの [続きを読む]
  • ものすごく楽な(ハズの)道
  •  チリ9日目 道路脇〜サンティアゴから北に約360km ビクーニャの町 「楽な行程」というのは主に2つのパターンがあって、1つは「下り坂」もう1つは「追い風」の場合である。さすれば今日みたいに2000m以上のダウンヒルが確約されていて、なおかつ東からの強烈な追い風が吹く本日の道は「ものすごく楽な道」ということではないですか。 もう今日は勝ったも同然 と思ったらパンクしてやがった後輪 出発こそミソ付いた [続きを読む]
  • まだ症状は軽い方だと
  •  アルゼンチン44日目&チリ8日目 道路脇〜サンティアゴから北北東に358km地点 道路脇 流石に3500m超えると夜中はそれなりに冷え込みまして。久しぶりにNANGAのシュラフを使って眠る夜のなんと快適なことか。そしてそれは朝起きるのに強い精神力を要するということでもある。 結構寒かった 完全に日が当たってしまえば一気に暖かくなるのだが、こうした山間部だと山の向こう側から太陽が顔を出すのはかなり遅い時間 [続きを読む]
  • 黒水峠
  •  アルゼンチン43日目 ラス フローレスの町〜メンドーサから北北西に293km地点 道路脇 アルゼンチンって何処にテント張っても割と寝心地が良く、しかしアリとハエがウザい・・・というのが私の感想なのだが、今回は芝生の上で就寝とあって最高の寝心地と虫や騒音に邪魔されないノンストレスな夜であった。でも寒くて夜中に目を覚ましたけども。 1800mではちと寒くなってきた 9時に出発してその5分後には町外れに位 [続きを読む]
  • 夜は短し騒げよアルゼンチン
  •  アルゼンチン41・42日目 サン ホセ デ ハチャルの町〜メンドーサから北に約290km ラス フローレスの町 明日から始まる峠越えに備えて休養日。というか私もいい歳のオッさんなので、1週間とか走り続けると疲れが抜けなくなってくるのです。休める時には積極的に休むし、そうでない場合でもアグレッシブに休んでいきたい今日この頃。 ダラダラ寝てた 特に管理人がいるわけでもない無料キャンプ場なので、テント張りっ [続きを読む]