茶壺 さん プロフィール

  •  
茶壺さん: 自転車ときどき世界1周
ハンドル名茶壺 さん
ブログタイトル自転車ときどき世界1周
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/tyatsubou/
サイト紹介文自転車で走れば、世界中のビールが最高に美味しく飲めると思うの
自由文自転車で世界中の色んな場所を走ったり、走ってなかったり。言葉が通じなくても現地の人と仲良くなれるもんだ、ということを最近理解した。みんなありがと〜
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2014/03/07 23:04

茶壺 さんのブログ記事

  • 適当に進むと大当たり
  •  アルゼンチン121日目 トレンケラウケンの町〜ロサリオから南西に378km地点 キャンプ場 天気予報見てたので予想はしてたが雨である。7時のアラームはテントを叩く雨音により「煩い不快な音」以上の意味をなさず、そのまま2度寝を決め込む幸せよ。 むしろ9時になって雨が止んでしまったことの方がガッカリというか、別にそんなに走ることが嫌ではないんだけどさ。突如訪れる休みって嬉しいじゃん? まず誰もこない空 [続きを読む]
  • 経験も予測も当てにならん
  •  アルゼンチン120日目 グアミニ郊外〜ロサリオから南西に約390km トレンケラウケンの町 ここ数日は朝起きると天気が悪いというか空一面を雲が覆っており、午後になるに従って天候回復していくというパターンを踏襲している。日本に梅雨があるように、ここら辺の今の時期はこうした天気が多いのかもしれない。 そしてこの事実は気温の落ち込む朝において放射冷却現象が生じないことを意味しており、むしろ凌ぎやすくて有 [続きを読む]
  • 完璧は気まぐれにやって来る
  •  アルゼンチン119日目 サーベドラの町〜ロサリオから南南西に480km地点 グアミニ郊外 こんな小規模の町でしかも郊外では誰も来やしない夜でしたが。その割に物音にビビって2回ほどテント周りをウロウロしたりと小心者の性格です。 それくらいが良いのだと思いたい そういえばこの公園には中央部を小川が流れており、昨夜は久しぶりに行水していたり。まだ夜中は気温も5度以下まで落ち込む気候だが、基本的に水の中入 [続きを読む]
  • 英語って楽勝・・・ではないけども
  •  アルゼンチン118日目 バイア ブランカ郊外〜ロサリオから南南西に約560km サーベドラの町 朝起きてテントから這い出ようとしたら、ついにテントのチャックが壊れた。私のテントにはフライシートも含めて4つのチャックがあるのだが、これでついに全てのチャックがぶっ壊れたのであり、ちくしょうこれからどうしよう。 騙し騙しやるにも限界が それはともかく出発準備。どんな状況であろうともとりあえず自転車が無事な [続きを読む]
  • 事前確認意味ねーな
  •  アルゼンチン117日目 バイア ブランカの町〜バイア ブランカ郊外 散々キッチンが無いとのたもうた私だが、チェックアウト直前にキッチンがあることを教えてもらう大馬鹿野郎。というかね、最初に確認しとけって話ですよ。 何か聞き辛い雰囲気のスタッフだったので、つい でも既に自転車パッキング終えてしまったし、ここで引き返すのも悔しいので出発しますが。最後の1日だけキッチン使っても何だかなぁという気持ちもあ [続きを読む]
  • 髪切れるポイントって割と貴重
  •  アルゼンチン116日目 バイア ブランカの町 休息日。そんな日に限って雲1つない天気なのが悔しいが、それを知ったのも10時過ぎてベッドから這い出してきたからこそ。結局動くならば晴れてることに文句はない。 ベッドって暖かい  やたらと蟻を押してくるホステル エクアドルのスンバ村にも蟻のモニュメントあったな 第一陣の洗濯物を収納し、入れ替わりに第二陣の洗い物を干す。まだ寒い地域のためか、部屋にストーブ [続きを読む]
  • 予定は洗濯物で決まる
  •  アルゼンチン115日目 湖畔〜ロサリオから南南西に約660km地点 バイア ブランカの町 ラ・サラダ湖と称されるこの湖はフラミンゴも見ることができたりと、周辺の一大観光ポイントとして賑わいを見せているらしい。しかし今は真冬のシーズンオフ。観光地のオフシーズンほど寒々しいものはないというか、人の気配すら漂わせない光景は哀愁を誘う。 そんな場所だから野宿は楽だけど 綺麗に整地されてる 夏には賑わいを見せ [続きを読む]
  • 玉ねぎ国道
  •  アルゼンチン114日目 ストロエデルの町〜ロサリオから南南西に747km地点 湖畔 猛烈に寒い朝は1日おきに訪れるようで、今日は寝袋から出るのすら難儀した寒い朝の日。ここの職員のニイちゃんがわざわざ水道水の場所を教えてくれたため、朝食後のコッヘルを流水で洗ったのだが指が冷たすぎてしばらく動くことすらままならない。 天気の言い日は寒い朝 こうした場合、大抵は走り始めればすぐに気温も上がり凌ぎ易くなる [続きを読む]
  • 川向こうは似ているようで別世界
  •  アルゼンチン113日目 ビエドマの町〜ロサリオから南南西に約820km ストロエデルの町 このガソスタ裏だが、最初に「キャンプして良い?」と確認取った時には簡単に許可してくれたのに、後になってから「ここでキャンプしちゃ駄目だ」と言われてしまい、しかし私が完全にテント設営して夕食作ってる途中だったのもあってか「今晩だけだぞ」と再度許してもらった経緯がある。 南米らしいっちゃ南米らしいエピソード そう [続きを読む]
  • サヨナラだけがパタゴニア
  •  アルゼンチン112日目 廃墟脇〜ロサリオから南南西に約900km ビエドマの町 寝袋無かったら明け方には凍りついてるわ・・・とか思う程度には冷え込むけども、ある意味余裕があるとも言える。これが良いことなのかどうかはよく分からない。 アホなこと考えられなくなったら危険水域 昨夜はほとんど星も見えないような夜空だったというに、明けてみれば空一面が青色である。もう自転車旅行4年もやってるけれど、未だに空 [続きを読む]
  • 素晴らしい道には花も咲く
  •  アルゼンチン111日目 ガソリンスタンド〜ロサリオから南南西に908km地点 廃墟脇 ウシュアイアからここまで既に2000km以上を走ってきたが、ここでようやく「選べる分かれ道」の登場である。どちらを選んでも目的地へ向かうという道路が出てくるなんて、なんて贅沢なのであろう。 なんて贅沢な野営地だろう ちなみに方角としては北上ルートと東進ルートに分かれており、北上する方が若干距離が短いらしい。別に国道 [続きを読む]
  • 食事量を減らすという考え方はない
  •  アルゼンチン110日目 農家〜ロサリオから南南西に945km地点 ガソリンスタンド 馬小屋の中で朝を迎えるとか、ただ自転車旅行やってるだけで貴重な経験が増えて行く不思議。こんなの貴重でもなければやりたくもないと思う方は大平原の中にテント張れば良い。 馬小屋は風もなくて素晴らしいぞい 小屋出て早々囲まれる お世話になりました 農家から昨日のT字路まで逆走すること4km。リオネグロ州の数少ない「ちゃんとし [続きを読む]
  • 飲み方ヘタクソ
  •  アルゼンチン109日目 シエラ グランデの町〜ロサリオから南南西に971km地点 農家 シエラ グランデは小規模とはいえ、チェーン店スーパーもある程度には規模の大きな町という表現もできる。そんな町中で道路から見える位置にテント張ったのは失敗だったなと思ったのは眠る前になってから。 目の前の交差点で車が曲がる度に一瞬ライトが眩しく照らされるし、元ガソスタの敷地ということで大型車が休憩のために停車するこ [続きを読む]
  • シエスタ「昼間は働かないってば」
  •  アルゼンチン108日目 道路脇〜ロサリオから南南西に約1050km シエラ グランデの町 パッと見では変化のない大平原だがウシュアイアから1500kmも北上すれば、そりゃあ植生も色々変わってくる。私にそうした知識が全くないのが残念なところだが、とりあえずこの数日で自転車の大敵である「トゲトゲ草」の発生率が飛躍的に増加した。というか路肩はこの草ばかりでパンクが怖い。 オマエの事だ 故に草地にテント張るの [続きを読む]
  • 1956年経済白書が初出らしい
  •  アルゼンチン107日目 プエルト マドリンの町〜ロサリオから南南西に1101km地点 道路脇 やっぱり中2日休むと体が軽いというか、全身に力がみなぎってるような気がする。気がするだけで寝坊したけど。 ガソスタの裏手はゴミ捨て場かよ 次の町までが約130kmと半端な距離のため、無理せず分割して走ろうかと思う。しかしそうすると距離短すぎて時間が余ってしまうのも事実。そんなワケで出発前にカフェスペースでネッ [続きを読む]
  • 如何にガソスタが有難い存在かという話
  •  アルゼンチン106日目 プエルト マドリンの町 一応マドリンでの休養は中2日を予定していたのだが、このキャンプ場アルゼンチンの一般的なそれと違ってややお高めということもあり、本日中の脱出を図る。 そんでもって町郊外のガソスタにて野営し、明日から本格的な走行をするというのが本日のプラン。最近こうしたパターンで宿泊費を節約することが増えてる気がする。その浮いたお金は肉とアルコールに注ぎ込まれるワケで [続きを読む]
  • タイヤを回す理由
  •  アルゼンチン105日目 プエルト マドリンの町 アルゼンチンでも有数の観光地にて何もせずにダラける贅沢さ。そうはいっても別に1日中ゴロゴロしていたワケではない。ホステルじゃないテントだし、何時までも寝袋に包まってばかりもいられないのでして。 では何をするのか? そりゃ当然、掃除に洗濯なのである。旅行してたって日々の生活を維持してくためにはそうしたファクターが欠かせない。というかいい加減汚れたフリ [続きを読む]
  • 完璧を求めなければ好きになれる
  •  アルゼンチン104日目 トレリューの町〜ロサリオから南南西に約1160km プエルト マドリンの町 ちょっと地面に小さな木の枝などが多い場所だったのだが、いつぞやにグラウンドシートを吹き飛ばされた私にとってこうしたトゲトゲはテント床を破られる危険性のある危険植物。いいから芝生を持って来いや。 まぁ整備されてないのだから仕方ない ガソスタ2件隣り合わせにすればそりゃどっちかは潰れるよね フィッツ ロイ [続きを読む]
  • 素晴らしきパタゴニア
  •  アルゼンチン103日目 廃墟〜ロサリオから南南西に約1210km トレリューの町 狼もコヨーテも現れなかったが、深夜1時にトラックが休憩のため建物近くに停車して驚く。獣も怖いけど深夜に現れる人間の方がもっと怖い。 無事に迎えた朝にホッとしつつ ちょうど良い休憩所だもんなぁ 一応今日いっぱい走りきれば町へと辿り着ける計算なのであり、それと同時にパタゴニア地域における長期無補給区域である最後のポイント [続きを読む]
  • 気にするポイント違わないか?
  •  アルゼンチン102日目 ガソリンスタンド〜ウシュアイアから北に1229km地点 廃墟 先日とは違って冷え込みの弱い朝。もう何が原因で寒くなるのか分かんねーなと思いつつ、とにかく暖かくなってくれれば構いません私は。 芝生だけど結構ゴツゴツしてた 朝にもう1度水もらってから出発 人口過疎地帯とはいえ、基本的に200km以上全く何もないということは少ないルート3号線。そうした場所にさえ辿り着ければとりあえ [続きを読む]
  • 何もない場所だし電線伸ばそうぜ
  •  アルゼンチン101日目 レストラン脇〜ウシュアイアから北に1133km地点 ガソリンスタンド ここ2日ほど夜になっても強烈な寒さとならず「これはいよいよ暖かい場所へと突入したのか」とか思ってたのだけれども。 これは海岸線に位置する場所では冷え込みが緩やかである・・・というヤツではないだろうか?多少北上するよりも海沿いにいる方がよっぽど暖かいのだとしたら、何というかやるせないが。 テント凍りついてた [続きを読む]
  • パタゴニアで都会を出されても
  •  アルゼンチン100日目 ラダ ティリの町〜ウシュアイアから北に1053km地点 レストラン脇 今日でアルゼンチンも100日目。1つの国で100日を超える滞在をしたのはオーストラリアに続いてアルゼンチンが2カ国目であり、改めてこの国の大きさに驚くというか。私がやたらと回りすぎなのだというべきか。 でもまぁこの国好きだし ちょっとした高台だったので町の景色がよく見える このラダ ティリの町は北側に位置す [続きを読む]
  • 時々やらかす飛ばした日の保管
  •  アルゼンチン96日目 フィッツ ロイの町  予想通りではあるが朝になっても雨である。このフィッツロイの町は人口にしてやっとこ4桁に乗るような町であり、町中歩いて1周しても30分とかからないような規模。 不動の構え  とはいえこのガソスタにはWi-Fiあるし、やたら親切な店員が朝からコーヒー出してくれたりと居心地良いので1日くらい滞在することには何の問題もない。 とりあえず午前中をネット作業の時間とし、放 [続きを読む]
  • 車は旧道走ってな
  •  アルゼンチン99日目 カレタ オリビアの町〜ウシュアイアから北に約990km ラダ ティリの町 見晴らしの良い野宿地は朝の天気も相まって、素晴らしい気分で朝を迎える。自転車旅行に限らず早朝ってのは晴れてナンボだと思う。 起きた時にはまだ真っ暗だったけど 眼下のガソスタを眺めつつ こうした素晴らしい環境で自転車走らせることが出来るのが嬉しいのであり、ワクワクの気分で準備整え走り出す。そしてあっという間 [続きを読む]
  • 日曜日には働くなかれ
  •  アルゼンチン98日目 フィッツ ロイの町〜ウシュアイアから北に約930km カレタ オリビアの町 予期せずフィッツロイの町にて3泊もしてしまったワケだが、それだけ待てば天気も回復するというもの。素晴らしい晴天の青空に、私も待ってた甲斐があったというものだ。 かなり暖かい 連日お世話になったガソスタにてお礼を言うべく出発前に立ち寄るのは礼儀として至極当然のことだと思うが、一方でそうするとまた無料でコー [続きを読む]