ハーツラス さん プロフィール

  •  
ハーツラスさん: 大地を駆ける北の颯
ハンドル名ハーツラス さん
ブログタイトル大地を駆ける北の颯
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/yt1991_619
サイト紹介文北海道各地とたまに道外を走るバス達の撮影記録です
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供303回 / 365日(平均5.8回/週) - 参加 2014/03/08 23:31

ハーツラス さんのブログ記事

  • 斜里バス ・341
  • 斜里バスさんが保有するエアロバスです、登録からすると1998年頃の登録でしょうか?スタンダードデッカータイプの乗合車でトランクが1スパンである事から短尺仕様と見られ、サブエンジンの横に給油口が2つ並んで配置されていますのでWBが5.75mのN尺車のようです。側面窓はメトロ窓、乗降口は折戸が選択されています。車内は4列シート・縦12列の正席49席、ボディが短い上に詰め込み仕様ですから多少窮屈かも知れませんね。     [続きを読む]
  • テーオー運輸 ・303
  • 2018年春に導入された新型エアロクイーンです。このところガーラHDの導入が目立っていた同社ですが、ここに来てAMTミッションのクイーンを複数台投入されました。車内は4列シート・縦12列の正席49席で定員重視の内装のようで補助席数と後部サロンの有無は不明です。またこの303号車はヘッドランプ周りをLEDランプで囲む形でデイライトが取り付けられています、こういうちょっとしたところに拘りを見せて来るデコレーション、個人的 [続きを読む]
  • GROW企画 4980
  • 南幌バスことGROW企画(グロー企画)さんが2018年春に導入したセレガGJです。エンジンリッドの形状と写真はありませんが公式側ROHに小さいルーバーを確認しましたのでKC-規制と見て間違いなさそうです。何と言っても特徴的な濃色グリーンガラスを配している個体、グリーンと言うよりもブルーと言った方が正解に近いかもと思ってしまうような青みがかったグリーンガラスが独特な雰囲気を醸し出していました。2018/8/5 小樽市内にて所 [続きを読む]
  • 北都交通 3511
  • 2013年夏に導入されたガーラHDです。当時の銀嶺バスが長距離都市間向けに導入した車両でしたが、導入から1か月後に同社が北都交通に吸収された事により以降は北都交通さんで運用されています、ですので銀嶺バスとして使用されていた時期はほんの僅かでした。編入後も主に稚内線で使用されています。北都交通さんも同時期に2台の長距離仕様のガーラを投入しており、登録上は3509から連番となっています。しかしながら北都交通で入れ [続きを読む]
  • じょうてつ 4646
  • 2017年に導入されたエアロスターです。東急バスから系列間移籍でやって来たもので2005年式のPJ-MPになります、灯火規制以前のロットと言う事でフォグランプの形状はKL-規制までの物と同一、そしてリフレクターもありません。移籍の際に側面表示機を窓1枚分中ドア寄りに移設、そのため中ドアより前方の公式側側窓は全て嵌め殺しというスタイルになっています。車内はワンステップ低床、シート配置は都市型ラッシュ仕様で乗車定員重 [続きを読む]
  • 睡蓮観光 5055
  • 睡蓮観光さんが保有するクイーンⅡです。同社が保有するクイーンⅡは複数台在籍していますが、この車両はドアにガイド窓が付いており、側面窓はブロンズガラスという特徴があります。元は関東の事業者で使用されていた物と言う事で年式は不明ながらKC-規制と見られる個体で4列シート・縦11列の正席45席と補助席8席の53人乗り、後列2列は回転式サロン仕様と見られます。                          2018/8 [続きを読む]
  • 北桜観光バス ・888
  • 北桜観光バスさんが保有するセレガHDです。各部特徴からPKG-代のようで、オーナメントライトとアクセントピラーから標準仕様車ですね、桜のデザインがこの車両では従来の車両と比較して趣が変わっており、派手さはありますが綺麗なデザインだと私は思いました。やはり桜をイメージしているのかピンク色のデイライト、ドアに付いたフラッシャーがクリアレンズ化が施され、ナンバーは字光式が選択されているなど、各部カスタマイズも [続きを読む]
  • ヒルズレジャー観光 ・100
  • 2016年か2017年辺りに導入されたクイーンⅠです。元は首都圏の事業者で使用されていたもので、バンパーの形状からU-規制であることはお分かりいただけると思います。車内は4列シート・縦11列と見られ後部サロンの有無は不明、側面窓は全て開閉式でブロンズガラスとの組み合わせ、ホイールは住金製8穴アルミを履いていました。オプションパーツであるリアスポイラーが取り付けられているのも良いですね。前事業者のカラーリングを踏 [続きを読む]
  • 宮本バス 1178
  • 宮本バスさんが保有するガーラSHDです。他社からの移籍車として2代目ガーラがお目見えするのはこれが初めてですね、所々に前事業者を思わせる名残が残っています。ADG-規制車と見られる個体で既に製造から10年以上は経過してはいるものの、フロントにPCSが無いだけでほぼ変わらないので、旧い車という印象はありませんね、もっとも私の中ではKL-規制車ですらそこまで旧いという印象は受けないのですがね…車内は4列シート・縦11列 [続きを読む]
  • 悠創 2020
  • こちらもKL-規制と見られるクイーンⅠです。赤い車体がとても鮮やかな個体ですね、よく見るとミラーまでボディと同色に塗り上げられています。車内は4列シート・縦11列の正席45席と補助席8席の53人乗りで後部2列は回転式サロン仕様、側面窓は両端固定で中3枚が開閉式、濃いスモークが何ともカッコイイです。前々から人づてに聞いており、個人的に一度お目に掛ってみたかった車でした。と言うのも、ボディやホイールはまるで新車・ [続きを読む]
  • 悠創 1000
  • 悠創さんが保有するクイーンⅠです、札幌200か1000というナンバーは抽選対象番号なので払い出しではありません。最後まで残っていたクイーンMVも今は除籍されてしまっているようで、現在の主力はMS8系のクイーンとなっています。U-規制やKC-規制が多い中で最近はKL-規制と見られる個体も少しづつ増えてきていまして、1000はそのKL-規制と見られる個体、カラーリングは前保有者の物にアレンジを加えた形で使用されているものと思い [続きを読む]
  • 明日萌観光バス ‥28
  • 2018年に入ってからの導入と見られるガーラHDです。画像センサーは付いていますが、取り付け位置からして年式は不明ながらQ*G-規制車と見られ、他社からの移籍車両のようです。サービスボックスの化粧板と薄っすら見えている壁掛け、シートカバーは特徴的な赤系で纏められています。車内は4列シート・縦12列の正席49席と補助席11席の計60人乗り、内装は定員重視ですが端々に拘りが見られる一台です。               [続きを読む]
  • 士幌交通 ・・52
  • 士幌交通さんが保有するセレガHDです。375・376に続いて大型フルサイズは3台目との事で、年式は不明ながら10%達成車なので高出力のQRG-規制車の模様、先んじて導入された2台は置き換えた車両の番号を引き継いでいるようなので52もKC-規制のセレガを置き換えたと言う事になるのか、そうではないのかは不明です。車内は4列シート・縦11列の正席44〜45席、補助席と後部サロンの有無は不明、側面窓は最前が固定である他は開閉式、グリ [続きを読む]
  • 根室交通 ・345
  • 根室交通さんが保有するエアロバスです。元は道内の別事業者で使用されていた物で1997年式のKC-規制車です。後部にトイレが設けられている事からもお分かりのように、前事業者時代も乗合車として使用されていた物で車内は4列シートとなっています。移籍後は主に釧路線(ねむろ号)で使用されていましたが、新たに導入された車両へと任を譲り、現在は中標津空港線などで使用されています。                    20 [続きを読む]
  • シノヤマ観光自動車 ・・66
  • 2017年に導入されたものと見られるクイーンⅡです。トランクが3スパンであり、非公式側中間部に窓が付いている事からもお分かりのようにWB間にトイレが設けられています、新聞記事によると66の他にもう1台導入されているようで、そちらも早く記録したいものです。車内は4列シート・縦11列の正席41席と補助席6席の47人乗り、後列3列は回転式サロン仕様のようで、居住性を重視したシート配置と設備になっています。側面窓は最前と最 [続きを読む]
  • ウイングサービス 6699
  • ウイングサービスさんが保有するセレガGDです。7799と共に導入されたものと見られるKC-規制車、フロントのナンバーがオフセット配置となっている特徴的なスタイル、元々はトラフィックアイが装備されていましたが現在は撤去されたのか埋められています、一方で相方の7799にはまだ残っているので、違いが楽しめると思います。車内は4列シート・縦11列の正席44〜45席と見られ、補助席と後部サロンの有無は不明、側面窓は全て開閉式で [続きを読む]
  • KOO企画 4740
  • KOO企画さんが保有するセレガGJです。元は道内の別事業者で使用されていた物でカラーリングに面影が残っていますね。車内は4列シート・縦12列の正席48〜49席、補助席もある乗車定員重視の内装と見られます。シートモケットは特徴的な赤系、サービスボックスの化粧板も少々特徴的な色合いとなっています。年式は不明ですがS尺とのWBととエンジンリッドの形状からするにKC-規制車ですね。                      [続きを読む]
  • 三和交通 3477
  • 2016年に導入された物と見られるセレガSHDです。かつてはセレガGTが同社のフラッグシップとして君臨していましたが、現在のフラッグシップはセレガSHD、2代目セレガはSHDのみに留まらずHDやHD-Sも導入されています。カラーリングは2013年式のセレガより採用されているブロンズベースとアクセントピラーにオプションと見られるピンクを採用した独特のカラー。このカラーは今や大型からジャンボハイヤーに至るまで採用されていますが [続きを読む]
  • ジェイ・アール北海道バス 2389
  • 2009年に導入されたBRCハイブリッドです。2008年に続いて導入されたBJG‐規制車で札幌営業所に配置されています。大きくは前年の車両と比較しても変更点はありませんが、中ドア付近の車外スピーカーがこの車は円形の物が取り付けられています、通常は角形のようですのでどこかのタイミングで交換された物かも知れません。余談ですが61系統と言うものが設定されてから初めての記録となりました。                  [続きを読む]
  • ジェイ・アール北海道バス 2641
  • 2010年春に導入されたBRCハイブリッドです。琴似営業所に配置されている個体でBJG-規制車としては最後に導入されたグループとなると思います。車体長やシート配置、シートモケットなどは前年までの車両と変わりなく、都市型のシート配置となっています。                         2015/7/26 五天山公園にて所有…………ジェイ・アール北海道バス所属…………琴似営業所登録…………札幌200か2641シャシ [続きを読む]
  • ウイングサービス 5000
  • ウイングサービスさんが保有するセレガHDです。シンガポールの旅行社「CHAN BROTHERS」の契約カラー車。オーナメントライトがありませんのでベースはリミテッドエディション、セレガHDは正席45席と49席の2タイプが在籍しているとの事なので、何れかと言う事になります。中国・台湾・韓国に加えて近年は東南アジアの契約車も見られるようになってきました。                         2018/7/8 北広島市内 [続きを読む]
  • じょうてつ 3146
  • 2012年に導入されたエアロスターです。元は首都圏の公営事業者で使用されていた物で1998年式ですが、排ガス基準をクリアしていたためKL-規制を取得しています。と言うのも前事業者時代は蓄圧式ハイブリッドシステム(MBECS‐Ⅲ)を搭載した低公害車両として使用されており、これによってH11年度長期排出ガス規制をクリアしているようですが、移籍後はハイブリッドシステム自体が廃止されており、通常のディーゼル車として使用されて [続きを読む]
  • エムワイ観光 1188
  • 2018年春に導入されたクイーンⅡです。ここ最近はJ-BUSやMFBMの現行モデルの導入が盛んだった同社では久しぶりの他社移籍車でしょうか?年式は不明ですがマフラーが右出しでしたのでおそらくKL-規制車と見られる個体で行灯レス仕様、デンソー製サブエンジン式エアコンが特徴でしょうか?側面窓は両端固定・中3枚が開閉式でブロンズガラス、ホイールはアルコア製8穴アルミです。車内は4列シート・縦11列の正席45席と補助席、後列2列 [続きを読む]
  • 宗谷バス ・805
  • 2010年に導入されたエアロスターです。LKG-規制に移行されてから初めて導入されたグループで805〜808の4台が導入され、主に長距離の郊外路線で使用されています。車内はワンステップ低床でハイバックシートが配置されており、この辺りで郊外線向けと言うのを感じ取れますね。ボディは標準尺であるM尺ミッションはLKG-規制車ですのでATですね、オプションとしてコーナリングランプが取り付けられており、前照灯はロービームのみLED [続きを読む]
  • 阿寒バス ・515
  • 阿寒バスさんが保有するレインボーHRです。中標津に配置されている車両で2018年に入ってからと見られる新しい登録を受けていますが、503号車という前例がある通り各部特徴から標津営業所からの転属による再登録車と見られます。年式は不明ながらPB-規制と見られる個体で転属・再登録に合わせてカラーリングも伝統の丹頂カラーに改められています。最近の車両は丹頂の頭部をフロントまで延ばさずに側面で止めているのが多くなってき [続きを読む]