水原 小夏 さん プロフィール

  •  
水原 小夏さん: 3本脚のトイプーぺこ
ハンドル名水原 小夏 さん
ブログタイトル3本脚のトイプーぺこ
ブログURLhttps://ameblo.jp/pekohime7191122
サイト紹介文肥満細胞腫で前脚を断脚したトイプーぺこ。 肉芽腫性髄膜脳脊髄炎(GME)で虹の橋に旅立ったヒメ。
自由文肉芽腫性髄膜脳脊髄炎(GME) 多病巣性で虹の橋に旅立ったヒメのこと。
ヒメの旅立ちから半年後、トイプーのぺこの肥満細胞腫手術で断脚。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2014/03/09 08:17

水原 小夏 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • あとどのくらい
  • とうとう坐位もたもてなくなった。どんどん出来ないことが増える。痲痺した体に電気が走るような痺れがいたい。あとどのくらい生きられるかなもうぺこちゃめと河原で遊んだり出来ないのかな。 [続きを読む]
  • 時間がない
  • 原発不明癌から見ても予後は数ヶ月から半年。原発癌が分かったとしても脳転移した時点でステージⅣやはり予後半年くらい?麻痺があり満足に動けない身体じゃ人生の終活する時間ないなあ、、、、T_T焦る。 [続きを読む]
  • 告知
  • 病理結果告知された。脳腫瘍だって。しかも良性では無いんだってさ。。ふうん、、、って感じ。あまりの衝撃に理解がついていかなくて、、ショックはあとから来た師長さんや仲良しの看護師さんが一緒泣いてくれた。わたしはどうなるのかな、、、 [続きを読む]
  • とりあえず・・・(#^^#)
  • 4月2日判明した縫合糸アレルギー。アレルギーの原因であろうと推察された皮膚縫合に使用したナイロン糸はすぐに抜糸。そしてステロイドの注射を打ち、毎日ステロイド入り軟膏を1日3回塗布。抗生剤は朝晩服用。ステロイドの注射が効いたのか翌日にはかなり良くなり毎日、ステロイド軟膏を塗り傷口チェック抗生剤も朝晩忘れずに・・・・・・皮膚表面のヒドイ状態は日に日に良くなるのが良く分かった。腫れが引くととともに中縫いの [続きを読む]
  • 2度目の想定外
  • 4/2土曜日の診察。 診察室に入り先生が 「どお?」 「んー。なんか漿液みたいなのが出てて腫れてきたみたいで・・・」 これは3/28 これが診察の前の日の4/1 「えっっ。どれどれ」 私が保定し先生が腹帯をといていく。 現れた傷痕に先生も驚愕。 「え゛――っ。なんで。これ、肉芽腫?いやいや、なんでだ!?」 私も腹帯を解いたお腹を見てビックリ。 前日の腹帯の交換のときより酷くなってる。 いっきに酷くなってる! 腫 [続きを読む]
  • 想定外なこと
  • 3/24に行ったぺこの手術。−−−−−−手術内容は●肛門嚢及び肛門嚢導管摘出●乳腺シコリ摘出●瘢痕ヘルニア整復●耳縁シコリ摘出−−−−−−・・すべて無事に終わりました。手術が終わったときにすべてのオペについて説明を受けました。それは前回も書きましたが瘢痕ヘルニアについては簡単に端折ってたので詳細を書きます。心配して下さってる方にもまた自分の備忘録としてもちゃんと記録したかったためご報告が遅くなってし [続きを読む]
  • オペしました。
  • 3/24のぺこの手術のことを書きます。 手術で摘出したものや傷跡の写真がありますので 苦手な方はスルーしてくださいね。 また長文になるため やはり苦手な方はスルーしてください。 ・ ・ 手術内容は4つあります。 急遽1つ増えました(;'∀') ・ ●肛門嚢左側 摘出 →閉塞した導管も探ってはみるがかなり細かい箇所のため導管すべては取れない可能性がある →肛門括約筋も一部切除する(排便困難にならないように配慮する) [続きを読む]
  • 診察
  • 昨日は院長先生に診て貰いました。結果を先に書くと「原因不明の導管閉塞」・・・・土曜日に副院長に診て貰ってからは1日2回、ステロイドと抗生剤の入った塗り薬をボラギノールのように肛門嚢開口部に向けて塗っていたものの良くなる気配は感じられず・・・というかなんか腫れてきたんだけど・・・(T_T)前回、ぺこのシャンプー及び肛門腺絞りをしたのは2/13。このときはほんの少しの液状のものが出ただけ・・・たぶん向かって右側 [続きを読む]
  • 肛門腺の話
  • 2/27ぺこの薬が無くなるので貰いに行ったときに気になっていた肛門腺をまた診て貰った。ぺこは昔から肛門腺が混合タイプ。サラっとしていてもその内容物にカスカスやドロドロが混ざっていた。肛門腺にはいろんなタイプの子がいるけどぺこのような肛門腺の子は“肛門腺が詰まりやすい”・・よく耳にする言葉で「肛門腺が溜まっている」というのとは違います。「詰まりやすい」ことと「溜まりやすい」はイコールではないです。肛門 [続きを読む]
  • 過去の記事 …