ジーザスガーデン777 さん プロフィール

  •  
ジーザスガーデン777さん: クリスチャンって???
ハンドル名ジーザスガーデン777 さん
ブログタイトルクリスチャンって???
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/jesusgarden777
サイト紹介文アメリカでクリスチャンになりました。信仰の事を主に書いています。
自由文それに加えてアメリカでの日常の出来事、子ども達のこと、その他色々書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供51回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2014/03/10 08:46

ジーザスガーデン777 さんのブログ記事

  • 少しでも多くの人たちが救われますように
  • [https://philosophy.blogmura.com/christian/ranking.html ]  私は兄弟姉妹たちの、霊と心を一致して異言で祈る、火曜の夜の祈祷会が大好きです。 私は異言を解き明かす賜物を持っていないので自分が何を祈っているのかわかりませんが、祈りのリー  ドをする牧師夫人がよく、今何を祈っているのか霊の中で見たものを途中で解説してくれたり、他に、 そういうことが見えたり聞こえたりする兄弟姉妹たちがフォローしてくれる [続きを読む]
  • 神様が下さったものを全て受け取る!
  • [https://philosophy.blogmura.com/christian/ranking.html ] 筋萎縮性側索硬化症と診断されて、体力がどんどん落ちていたSさんと出会ってから、3週間ほどになり ます。聖霊様の導きでSさんの10日間のアラスカ旅行前に、お祈りすることができて、本当に感謝で す。アラスカ旅行の目的の一つは91歳のお父さんに自分の病気を告知するためでしたが、つい最近Sさ んの兄弟が亡くなりお父さんが悲しんでいるのに、今度は自分が不治 [続きを読む]
  • メモリアルデー
  • [https://philosophy.blogmura.com/christian/ranking.html ] 今日はメモリアルデーでアメリカは休日です。 メモリアルデーとはウィキペディアで下記のように記されていました。もっと詳細を知りたい方は、ご 自分で調べてみてください。 戦没将兵追悼記念日(せんぼつしょうへいついとうきねんび、英語: Memorial Day、メモリアルデー)とは、アメリカ合衆国の連邦政府の定めた祝日で、5月の最終月曜日である。戦没将兵記念日 [続きを読む]
  • ペンテコステの日曜日に私たちの教会で起こったこと
  • [https://philosophy.blogmura.com/christian/ranking.html ] 20日の日曜日はペンテコステでした。 この日にふさわしい、神様の素晴らしい御業を私たちの教会で見ることができ感激しています。 私たちの教会は10年ほど前に立て続けに、多くのゲストスピーカーで来られた牧師や宣教師たちに 「あなたたちの教会は、癒しの家として人に知られる教会になる。」「多くの人々が東西南北、あらゆ る場所から癒しを受け取るため [続きを読む]
  • 癒しの祈りの信仰
  • [https://philosophy.blogmura.com/christian/ranking.html ] 私たちの町でバプテスト教会のメンバーたちがボランティアで、この町に住む外国人たちのために毎週 水曜日にいろいろなクラスを提供しているプログラムがあります。 私も、子どもたちが小さい頃、まだ仕事がなかった頃にこのプログラムに参加してお世話になっていま した。3時間のプログラムで3人の子どもたちにもいろいろな楽しいプログラムを準備していてくれ [続きを読む]
  • 母の日
  •  今日は、母の日でした。 教会ではチルドレンミニストリーのお手伝いをしていたので、礼拝には参加できませんでしたが、どん どん成長して大きくなっている私たちの教会には子どもたちもたくさん来ています。 牧師のメッセージが始まる前に、子どもたちのお母さんへのメッセージの動画が紹介され、幼稚園児か ら小学低学年の子どもたちが、会衆の中のお母さんたちに、教会が準備した小さなプレゼントを渡すと いうちょっとし [続きを読む]
  • 聖霊様の囁きにいつも敏感でありたい
  • [https://philosophy.blogmura.com/christian/ranking.html ] 先週の木曜日はNational Prayer Dayでした。 近所のクリスチャンブックストアーで、兄弟姉妹たちとお祈りをする時間が設けられていて、違う教会 の兄弟姉妹とも、ともに祈ってみたいと思い参加しました。地域のこと、教会のこと、家庭のこと、学 校のことなど、身近な所から行政、国家のことまで、聖霊様に導かれて参加者が口に出して祈りたい人 がいれば祈ってい [続きを読む]
  • 信仰が伴う言葉はパワフルです
  • [https://philosophy.blogmura.com/christian/ranking.html ] 信仰は、口に出して信じていることを公にします。 全ては、何かを口に出すことによって始まります。 大体、人は心に思っていることを口に出すし、行動すると思います。 思いもしないことを口には出さないし、行動しないものでしょう。 私たち、クリスチャンは神様の約束の良い言葉をたくさん知っています。 でも、知っているだけで口に出さずに使っていなければ [続きを読む]
  • 御言葉に従順ですか?
  • [https://philosophy.blogmura.com/christian/ranking.html ] 前々回の記事で「什一献金」のことを書きましたが、御言葉を用いて補足しておきたいと思いました。 また、私が記事を投稿した次の教会のメッセージで牧師が言った言葉を是非、ここに書いておいたほう が良いと思いました。 什一献金のことは、このブログでもすでに数回にわたって書いてきましたが、反対意見も結構もらって いました。什一献金ができるというのは [続きを読む]
  • 絶対妥協したくないこと
  • [https://philosophy.blogmura.com/christian/ranking.html ]あることを記事にしたくて、メッセージの言葉や預言でいただいた言葉、いのりの時に啓示されたことなどなどを書き留めたノートを見ていたら、下記の書かれた言葉が目に留まった。去年の1月の水曜礼拝でのメッセージの言葉。「神の言葉に妥協して人を助けることは、その人を助けることにならない。神に従っていれば、神が全てをまっすくにしてくれる。」本当に、その通 [続きを読む]
  • 什一献金の効力
  • [https://philosophy.blogmura.com/christian/ranking.html ]  ゲストスピーカーDr. Barclayを招待した男性陣のカンファランス後、次の日曜日には女性陣も日曜礼 拝で彼のメッセージを聞けることができて大いに祝福されました。 http://www.marktbarclay.com/ バークレイ兄は、クリスチャンホームとはかけ離れた家庭で育ち、若い時に救われてから霊的にどんど ん成長して、神様に使われ、今があるのですが、やっぱりそれなり [続きを読む]
  • 男性のためのカンファランス
  • [https://philosophy.blogmura.com/christian/ranking.html ] 私たちの教会で開催される、男性のためのカンファランスのゲストスピーカーはDr. Mark T. Barclay です。 随分前から、祈祷会でこのカンファランスのことを祈っていましたが、かなりのものになりそうです。 霊で祈っていた時に、いろいろな言葉が与えられ、2回の祈祷会にわたっても、このカンファランスが  神様にとっても重要な会合になると言われていました。 [続きを読む]
  • もっと自分を愛そう
  • [https://philosophy.blogmura.com/christian/ranking.html ]「自分が嫌い」「自分を愛せない」という人が、結構いるようです。私も、時々「自分が嫌い」になることがあります。でも、最近の「愛」のメッセージシリーズで、「あ!そうだ!」「そうなんだよなぁ…」とひらめくというか思ったのです。神様は「私を、どんな状況でどんな私でも愛してくださっている」のです。そう宣言されているのです。神様がそう言われているのに、 [続きを読む]
  • 私たちは死の恐れに打ち勝てる
  • [https://philosophy.blogmura.com/christian/ranking.html ]『イエスは言われた。「わたしは復活であり、命である。わたしを信じる者は、死んでも生きる。生きていてわたしを信じる者はだれも、決して死ぬことはない。このことを信じるか。」』        聖書 ヨハネによる福音書 11章25,26節  新共同訳「死んでも生きる」ってどういうことでしょうか? なんか、よくわからない言葉ですね。「生きていて わた [続きを読む]
  • Good Friday
  • [https://philosophy.blogmura.com/christian/ranking.html ]今日は、Good Friday、キリストの受難日です。イースターの日曜日は、イエス様が蘇った復活の日として盛大にお祝いしたり、特別礼拝のように復活のメッセージに力が入りますが、今年は、イエス様が十字架に架けられ、私たちの罪のために想像を絶するような道を通られたこの日を感謝して礼拝をしようということでワーシップナイトの会が教会で行われました。日曜礼拝と同 [続きを読む]
  • イエス様が十字架にかかってくださった結果
  • [[img(https://philosophy.blogmura.com/christian/img/christian125_41_z_carnation.gif)]][https://philosophy.blogmura.com/christian/r
    anking.html ] 私のクラスを取っているP君は、先学期はとても頑張って、クラスのあとも質問があっ
    たりするとオフィ スにきて一緒に勉強することもよくありました。良い成績を取るために、一生
    懸命勉強しているのが わかりました。でも、今学期は、先学期のP君とはまるで別人にようになっ
    てい [続きを読む]
  • パウロの祈り
  • [https://philosophy.blogmura.com/christian/ranking.html ]  メアリー・フランス・バレロ姉のデボーションの本は本当に力強く、霊を奮い立たせてくれます。ペー ジの最後に送られる姉妹の私たちへの宣言の言葉にいつも励まされます。 メアリー・フランシス姉が自分が愛して感謝をしている人たちにその意を明白に表すことができること の一つに下記の祈りがあると書いていますが、このパウロの祈りは本当にパワフルだと思い [続きを読む]
  • 自分が何者であるかを把握しておくこと
  • [https://philosophy.blogmura.com/christian/ranking.html ] 神様は、私たちのことを「高価で尊い。」と言ってくださっていますね。(イザヤ43:4)これは、 神様を信じていない、神様を自分から遠ざけている人にも言われている神様から人間への愛の言葉で す。御言葉を知らないノンクリスチャンの人には響かないこともあるかもしれませんが、救われたクリ スチャンは、この御言葉をもっと自分の心の中にしっかりと納めて [続きを読む]
  • 3人の子どもたち
  • [https://philosophy.blogmura.com/christian/ranking.html ] 先週は、子どもたちの大学の春休みでキャンパス近くに住んでいる次男と娘が家に帰っていました。 中学生の頃は、喧嘩が激しく手に負えないことも多かったけど、最近娘は次男と仲良しのようで、携帯 でショートメッセージのやり取りもしていると言っていました。また、休み中に二人でランチの外食を したりもしていました。今は私たちの若い時と違って友達との交流 [続きを読む]
  • どこにいても同じでいられるように
  • [https://philosophy.blogmura.com/christian/ranking.html ]先週の聖霊充満集会から早くも1週間が過ぎました。金曜と土曜の夜に集会があったのですが、日曜日のメッセージの前半に話された、特別集会についての牧師のフォローアップはとても良かったと思います。私のように、長くこのような集会を経験している者にはわかっていることですが、ベビークリスチャン や、聖霊様の臨在に完全に乗って進められる集会を初めて経験する人 [続きを読む]
  • 聖霊充満集会
  • [https://philosophy.blogmura.com/christian/ranking.html ] 先程、教会から帰ってきましたが、聖霊で思いっきり酔ってきて気分が最高です。 金曜、土曜、つまり今日と明日と聖霊充満集会の特別集会があるのですが、今日は一日目です。 長い賛美のあと、牧師はメッセージを始めようとしたものの、神様の臨在が重く、しばらくこの油注ぎ をみんなで思いっきり味わいましょうと、会衆の周りを歩き回り、兄弟姉妹たちに頭を置い [続きを読む]
  • イエス様の御名
  • イエス様が十字架にかかって血を流して人間の罪を贖ってくださったから、引き離されていた神様と人間の関係が回復されました。 イエス様を御名を通して、私たちは全てのことを祈ることができるのです。どうあがいても、神様に繋がれることはなかった私たち人間は、イエス様を救い主として心に受け入れるだけで、神の子になれるのです。イエス様ありがとう! [続きを読む]
  • 日本語スピーチコンテスト
  • [https://philosophy.blogmura.com/christian/ranking.html ] 今日は、日本語スピーチコンテストの審査員として、日ごろの学生たちの勉強の成果を拝見させてもら いました。 高校と大学で、レベルは1−6までありました。 レベル6は、かなり高くて参加者は一人でしたが、本当に流暢にアクセントもほとんどなく、ネイティ ブと言ってもいいくらいの上手さで、感心しました。 その大学生は、中国から来た留学生で、留学2年 [続きを読む]
  • クリスチャンとして
  • [https://philosophy.blogmura.com/christian/ranking.html ]私は、去年の8月からカーブスという女性専用のフィットネスクラブに入って、毎日身体を動かしています。そこで、時々、御言葉に限らず神様に関わるようなロゴやフレーズが入ったTシャツを着たりしていますが、3人の人たちに「私、そのTシャツが好きよ。」と声をかけられました。その声をかけてくれた人たちはやっぱりクリスチャンで、そのTシャツをきっかけに話をする [続きを読む]