空色 零 さん プロフィール

  •  
空色 零さん: 空の彼方
ハンドル名空色 零 さん
ブログタイトル空の彼方
ブログURLhttp://sorairo-rei.seesaa.net/
サイト紹介文空色零の宣伝にならない宣伝の為のブログです。Amazon、honto等にて電子出版しております。
自由文本当は出版物の宣伝のつもりで始めましたが、現在では手作りアクセサリーの紹介の場になっております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供381回 / 365日(平均7.3回/週) - 参加 2014/03/10 17:24

空色 零 さんのブログ記事

  • Vottacrino新作『妖精色のネックレス(ライトパープル)』VT-101217-02
  • 紫(ライトパープル)のルナフラッシュをメインに、繊細カットが施されたマルチカラーのガラスビーズで作った壁屋用作品です。まずはガラスビーズに一目惚れです。2?ですが、繊細なカットが、綺麗に輝く素晴らしい素材です。ルナフラシュは、試しにパープルとピンクを購入!似通った色彩です。今回はライトパープルという言葉が相応しい紫を使用しました。実は、今回のパープル、ピンク、ブルーの3兄弟(姉妹)?になる予定でした [続きを読む]
  • Vottacrino新作『ローズ・ホワイティア』VT-101217-01
  • 真っ白なホワイトシェルの作品です。白、というとホワイトオニキス、ホワイトジェードを思い浮かべますが、私はホワイトシェルです。何故なら、オニキスは若干ですがベージュっぽい。ホワイトジェードは真っ白ですが染色です。となると天然色で真っ白は、このホワイトシェルしかないのです。今回はメインに非常に繊細な細工が施された16?の大きな薔薇カット。サイドには、水晶でちょっとだけ演出。全体を真っ白なホワイトシェルで [続きを読む]
  • Vottacrino新作『カオリンNO.3』VT-011217-03
  • 鮮やかなブルーのカオリンをメインにした壁屋用作品です。非常に美しいターコイズブルー、買って見ないとわからないものです。定番のマグネサイトよりも美しく感じるのは、私だけ???水色とベージュの模様が、本当に美しいです。これから、夏色はマグネサイトから、こちらに変えようかしら?そう思うほど美しいブルーです。全体的にマルチカラーに染色されたカオリンを使い、不思議&芸術的な感じに仕上がっています。このシリー [続きを読む]
  • Vottacrino新作『カオリンNO.2』VT-011217-02
  • カオリンの第2弾です。今回は紫メイン、全体的に怪しい感じの色彩が魅力です。まるで絵画、抽象画のような色彩は私のお気に入りです。紫のカオリンを初めて購入しましたが、なんかヤバイくらいの怪しい感じ、例で言えば、安スナックのマダムのよう。「お客さん、若いねえ、手なんかすべすべしている」(実話です)そんなケバイ(いや、失礼)お化粧が濃い感じの色彩なのです。それでは、その怪しい色彩を動画で確認しましょう!! [続きを読む]
  • 壁屋に行ってきました。2017年12月2日
  • あらら、今月もヤバイみたいね。売り上げは、東京の常連さんのみになりそうです。とにかく、お寒い感じが続きます。さて、壁屋な実はちょっとブームかも?2日と前回に出かけた時にも出店の申し込みをする人がいました。あっ、ブームは買う方ではなく、出店する方です。ガラ空きだった奥のほうも現在は一杯です。多分、待ちなのかなあ。そう言えば、上の画像のように約60?×約30?が1区画です。月額2500円、安いとみるか、高いと見 [続きを読む]
  • Vottacrino新作『カオリンNO.1』VT-011217-01
  • 美しく染色されたカオリン(カオリナイト、ハロサイト)です。あまり日本では使われていないようですが、海外では色々な作品を見ることが出来ます。特に日本はアクセサリー後進国ではないでしょうか?それは妙なパワーストーンとか、わけのわからない不思議な力がある。なんて信じている人がいるものだから、売るほうも、そんな感じです。ところが、世界中でそんな国は日本だけ。よく言えば、アクセサリーの新しい選び方。悪く言え [続きを読む]
  • シミ最終決戦!カソーダの活躍
  • 実は、顔が酷い状態です。かさぶただらけです。以前より気になっていた顔のシミ、テストも兼ねた自作カソーダを使用して、最終決戦の途中です。まず、カソーダの原理。薬品名?は重曹です。しかも、お掃除用ではなく、化粧品用のもの。アルカリ性の粉で、ヒマシ油で混ぜて使います。前にも書きましたが、重曹2:ヒマシ油1が理想的みたいです。作り方は、まず、カップ(弁当のおかず用紙製)にヒマシ油を適量、そこに重曹を加えクリ [続きを読む]
  • 天然石問屋の難しさ
  • 私のPCには、日本を含め30くらいの天然石問屋が、登録してあります。それを毎日チェックして、新しいもの、同品質で値段の安いものを探しているのです。それは、株をやっているのと同じ、良いものは買い。悪い店には行かない。当然ですよね。不味い食べ物屋や不潔なところには行きません。10年ほどやっていると、その問屋は変化し、やめていく者、新しく開く者が交錯しております。それだけ、問屋で生活するのは難しいわけです。最 [続きを読む]
  • Vottacrino新作『ハイブリッド』VT-201117-04
  • 2つの石が交じり合う。何と贅沢で、レアな感じでしょうか。今回、私が使用したものは、アメジストと水晶が半分づつ入ったものと、時々目に付く、フローライトシリカです。フローライト(グリーン)と石英(水晶)が混じったもの。ちょっと形状が怪しいですけど、白とグリーンの感じが好きです。このアメジストの素材は、数年前に購入、それから見ていませんね。今回、蔵だししました。では、その共存とも言うべき素材の作品を動画 [続きを読む]
  • Vottacrino新作『オトナキラリ』VT-201117-03
  • コンセプトは「オトナ」です。派手な色彩も、レアな素材でもありません。ごく一般的で、ちょっとカットが良いものを選択しました。色々な意味でのオトナ。シックなブラウン系の色彩は、落ち着いて見えますが、こちらのスモーキークォーツは、上質は64面カットです。安価なスターカットより綺麗に輝きます。実はローズクォーツも上品な色合いのものをチョイスしました。オーソドックスな素材だけど、その素材選びは長年の経験で最良 [続きを読む]
  • Vottacrino新作『春想う』
  • 季節感ゼロの作品です。春の暖かさ、ほんわかした感じをイメージして作った壁屋用作品です。グリーンは、フロストグリーンジェード、アマゾナイトのようなブルーが少し入ったようなグリーンです。ピンクホワイトジェードは、道端の草花のよう。小さくて、踏まれてしまいそうな感じです。自分の好きなようなものを作るので、このように季節感の無いものも出来てしまうのです。では、その春のイメージの作品を動画で確認しましょう! [続きを読む]
  • Vottacrino新作『ホーリーホワイティア』
  • 神聖なイメージ、結構作ります。何故かしら、自分が邪悪なのかもしれませんね。今回は十字架に優しい色彩のホワイトジェードです。実はこのホワイトジェード、本当はクォーツァイトです。商品名?が何とかジェードです。今回は無着色のクォーツァイトを使用しました。ホワイトジェードは、真っ白で透明感の無いものは、多分、染色です。ホワイトオニキスの様な感じです。薄っすらと透明感のあるものは天然です。まるで、雪のような [続きを読む]
  • Vottacrino新作『パープルインパクト』VT-201117-01
  • 紫好き、アメジスト好きの私が、最高のアメジストを!「美」をお届けしたいと考えた作品です。画像のようにアメジストも非常に発色が良く美しいものです。それに繊細なカットが宝石のように輝きます。素敵です。それに対抗するのが水晶、それも通常とは違う高レベルなカットが施されたものです。まるで、宝石のように輝く!これをイメージしました。また、ほとんどの人に綺麗と言われる、そんな美人的な作品でもあります。紫好きだ [続きを読む]
  • Vottacrino新作『グレイジャスパーのポリゴンカット』
  • お気に入り素材、グレイジャスパーのポリゴンカットです。実は結構探していましたが、香港で見つけました。グレイジャスパー自体は、安価な部類の素材です。色合いもグレイ、シックでオトナ、地味です。しかし、よ~く見るとグレイに黒の模様が美しい素材なのです。地味な色合いで美しい。これが本当の自然美ですね。パッと目をひく、赤や青ではなく、グレイです。灰色、地味ですねえ。最近はラウンドや128面カットがネットで購入で [続きを読む]
  • シミとの闘い最終章
  • 顔のあるシミって嫌ですよね。大きなシミがあると、そこに手が行ってしまう。只今、シミ取り実験中です。ですから、顔がとんでもない感じになっております。私が、使っているのは「自作カソーダ」です。カンタンに言ってしまえば「重曹」のアルカリ性と、肌の弱酸性を反応させ、ピーリング効果を出すものです。勿論、全て自己責任です。痣になっても、自分のせいです。だって、自作ですから。ネットで調べると、重曹とヒマシ油を混 [続きを読む]
  • Vottacrino新作『エスニカル・ワン』VT-101117-04
  • イメージは、ミクロネシアやバリ島です。行ったことが無いので、あくまでもイメージです。とにかく、ジャスパーはエスニック系かな。そんな感じのノリで作った壁屋用作品です。茶色、赤茶、青、信号機のようですが、エスニック基本色?です。シルバー色の金属パーツはアクセントです。イメージが貧困なので、こんなものしか作れませんでした。では、その貧困なイメージの作品を動画で見て見ましょう!!Vottacrino新作『エスニカル [続きを読む]
  • シン・ゴジラ、やっとVTR見終わりました。
  • 録画して、あとから見る。早送り、見ないものもある。シン・ゴジラ、色々とネットで出ていたので、やっと拝見しました。評価?娯楽映画としては、意外に面白かったです。酷評の意味が分からない。エヴァ風ゴジラ、いや、ゴジラでエヴァの再現。何れにしても、エヴァとほぼ同じですね。安心して拝見しました。カット割り等、初期のエヴァそっくり。監督の頭の中には、エヴァが固定されているんですね。これは強みでもあり、弱みでも [続きを読む]
  • Vottacrino新作『フローラ』
  • 色々な天然石を使って、インスピレーションに従って作った作品です。イメージは私の感性。ただ感性のままの作品。手法は、手元にあった天然石。オンリーワン作品です。では、勝手に作った作品を動画で確認しましょう!!Vottacrino新作『フローラ』ゼブラ調のグリーンは、ロシア産アマゾナイト。追跡できないような天然石ばかりです。何故か、西洋の神聖系の曲がお気に入りです。きっと、本人が邪悪なものの生まれ変わりだからでし [続きを読む]
  • Vottacrino新作『B級レッドジャスパー』
  • ただのレッドジャスパーのブレスです。実は以前からレッドジャスパーを持っていますが、日本での購入は、上物でしょうか、赤茶色一色です。しかし、ご覧の通り、ベージュや黒の色彩が入った天然感あふれるもの。このままで十分魅力的なので、ブレスにしました。ご存知のようにジャスパーは水晶系(石英質)の石です。透明な水晶が、こんなに…。汚れてしまった。汚れたのではなく進化なのです。この素材は香港直輸入。日本では、安 [続きを読む]
  • Vottacrino新作『風景画』
  • フロスト加工されたピカソジャスパーと水晶の壁屋用作品です。ピカソジャスパーは絵画のような模様が魅力的。その魅力をフロスト加工が、かさ上げしています。艶消しと反対のキラメキを水晶のボタンカットで入れました。スパイスですね。私としては、この色彩が好きです。模様もステキ、天然の芸術と言う感じです。ずっと見ていても飽きがきませんね。しかし、全体的には地味です。秋色、茶色系ですから、どうしても地味。10代、20 [続きを読む]
  • Vottacrino『ルナフラッシュ・バングル』
  • ルナフラッシュのバングル形状です。2本購入して、バラシて長さを調整。あまりを壁屋用にしました。とにかく、物凄いシラーです。黄金か、電池が入っているかのようです。また、ルナフラッシュのフィルムが見えません。何処に入っているのでしょうか?透明などこに入っているのでしょう。そういう意味でも凄い素材です。では、その輝きを動画で確認しましょう!!Vottacrino『ルナフラッシュ・バングル』どうですか。物凄い輝きで [続きを読む]
  • Vottacrino新作『ゴルゴダの奇跡』
  • インスピレーションのまま天然石で作った作品です。自由に作ると、こんな感じに…。これからの私のスタイルのひとつになると確信しました。私的には、こういうのも好きです。本当の自由を感じるものです。そもそも、アクセサリーの法則はありません。自由に好きな素材を身に付ける!そんな基本的なことを忘れていました。もっと自由に!それが、私の作り方です。自由な発想で作った作品を動画で確認しましょう!!Vottacrino新作『 [続きを読む]
  • 壁屋の画像を更新しました(2017年11月10日)
  • 昨日、壁屋に行って来ました。特に売れている訳ではなく、何本かの作品の入れ替えです。お寒い感じですね。私の場合、ブレスがメインですので、残念ながら、これからの季節は冬眠です。まあ、壁屋自体、お客様がそんなに多くなく(非常に少なく)かつ60代がメインの場所ですから、無理もないかと…。少しは売れていると、創作意欲や素材購入に貢献すんですけど、なかなか難しいですね。基本的に2か月、出展料に達しなければ、撤退 [続きを読む]
  • Vottacrino新作『ドラゴニア』VT-101117-03
  • 画像ではわかりにくいですが、レアな色彩のドラゴンアゲートです。血のような紫とグリーンが入った色彩です。それをメインにラヴァ(溶岩石)で周りを固めた作品です。ドラゴンの卵は、険しい火山の奥にあった。と言う感じの妄想作品です。今回ラヴァを初めてしようしましたが、軽石です。軽石にコーティングがしてある感じ。ちなみに50%は人工石です。ハートとかクロスとかは、ほとんどが人工です。私には関係ありませんが、一応 [続きを読む]
  • Vottacrino新作『フロスト・ソーダライト』
  • お気に入り、ひとめ惚れの素材です。ソーダライトにフロスト加工してあるだけのものです。元々、ソーダライトが好きですし、いや、その前に青が好きです。青と紫が好きです。そのソーダライトにフロスト加工してあり、白の石英(水晶)部分とのコントラストが非常に美しいです。ちなみに、この青はラピスの青です。実はラピスの青はソーダライトなのです。しかも、石英質の石、つまりは水晶の仲間なんですよね。ソーダライトに金粉 [続きを読む]