はなかご さん プロフィール

  •  
はなかごさん: 竹の籠そして山野草
ハンドル名はなかご さん
ブログタイトル竹の籠そして山野草
ブログURLhttp://hanakago.hatenadiary.com/
サイト紹介文北海道は旭川市郊外の比布町で根曲り竹を使った籠を編み、山野草を籠に入れて楽しんでいます。
自由文最北の竹工房で寒い冬はロケットストーブで暖を取っています。春には近くの突哨山のカタクリなど、山野草が咲くのが楽しみ!
庭に300種類の山野草を植えて、増やすのに忙しい。
春からは旭川市内で竹工芸教室が始まる。工房の教室と共に竹工芸の仲間を増やしたい。そして、地元の根曲り竹を広めたい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供79回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2014/03/10 20:26

はなかご さんのブログ記事

  • 遅い・遅い初雪
  • 今年の初雪は3日前の14日でしたが、30分ほどチラリと舞っただけなので初雪と呼ぶには大層だなと感じたのだったが、今日は午後から湿った雪が薄っすら地表を覆った。明日以降雪が続くようなのでようやくやってきたのかな。既に冬囲いなど準備は終えている。千島笹は日照りが少なく、まだ青いものも多い。雪が積もっても晴れた日には晒が続く。夕方、スキー場に照明が入ったが、これはテストなのだろう。営業できるのはまだまだ先に [続きを読む]
  • 白いリンドウが最後の花となり
  • 開かない花弁のリンドウ、オヤマリンドウか、一輪挿しに入れてみた今花が見れるのはこの一株のみで、今年の花の最後、このまま花を付けたまま雪の下に。春から赤い葉のノムラモミジ、降り積もって見事!イチゴも紅葉がきれい本日の最低気温と最高気温 7℃ 15℃  28年ぶりの初雪の記録後もさらに記録を伸ばしている。来週も降らなければ132年ぶりの記録が見えてくる。何か大きな天変地異でも?にほんブログ村ラン [続きを読む]
  • セッコウボク
  • 白い果実がマシュマロのようにフワフワ、中に種が入っています。セッコウボク(雪晃木)は日本名、シンフォリカルポスの仲間で北米原産。低木で大きくもならず、増えもせず、春の花は地味で秋の実が特徴的。赤いノギクは株が年ごとに大きくなっています。もうこれから咲く花はないかも知れない。セッコウボクとノギクを荒組の掛け花籠に入れてみる。本日の最低気温と最高気温 0℃ 15℃ 今日の大雪山ほとんど雲が見当たら [続きを読む]
  • タカネハンショウヅル
  • 一株だけのタカネハンショウヅルですが、年ごとに根が充実してきて蔓を長ーく伸ばしています。今頃の開花なので種が実るのは無理。来年は挿し芽をしたい。もう花もほとんど終わりです。掛け花籠にはシュウメイギク、コハクジョウロウホトトギス、キク、ナガホノアカワレモコウ、紅葉したエゾミソハギとタカネハンショウヅルが入りました。本日の最低気温と最高 4℃ 14℃ にほんブログ村ランキングに参加しています [続きを読む]
  • 初氷
  • 今朝はこの秋一番の寒さとなり強い霜が降りました。紅葉もそろそろ終わり雪のシーズン近し初氷も車のガラスも露が凍っています晴れた日でも朝晩はストーブを入れています漸く刈り終えた田圃を霧が覆っています山に上がってみましたら大雪山は中腹まで白く見えます川沿いに霧がまだ残っています。遠く十勝岳や夕張岳が望めます収穫が終わった上川盆地、中央を横切る山は突哨山当麻町方面本日の最低気温と最高 −2℃ 13℃にほ [続きを読む]
  • 今年最後の竹伐り
  • 今年も数回山に通い千島笹を伐り、下処理の最中となっている。用途別に分け、保存するものは晒し、又は燻煙窯で燻製にする。若い竹は直ぐにヒゴにして保存する。今年は晴れ上がる日が少なくきれいな竹になるか心配だ。本日の最低気温と最高気温 3℃ 15℃ 冷え込んできましたが来週には雪の舞う日もありそう。雪が次第に下に降りてきました今日午後の大雪山です。旭岳は姿見の駅辺りまで白く見えます。来週には全山雪に覆 [続きを読む]
  • ジョウロウホトトギス
  • 霜も降りて葉が痛んできたホトトギス、これはキイジョウロウホトトギストサジョウロウホトトギスコハクジョウロウホトトギス掛け花筒にホトトギス、イトススキ、ムクゲが入る本日の最低気温と最高気温 8℃ 18℃ 今度は25号台風が明日津軽海峡辺りを通って東に進む予報、台風が過ぎれば寒気が入ってきそうで、雪虫が飛び始めた。そろそろ雪が舞いそうだが、稲刈りが未だ終えていない所も見かける。今日の大雪山、帯状のうろこ [続きを読む]
  • アケボノソウ
  • 毎年こぼれる種で消えることがないアケボノソウ株が増えたサワギキョウ白花のエゾノオヤマリンドウエゾリンドウは大型のリンドウ、元気で株も増えてきましたナガホノアカワレモコウナンテンハギシュウメイギクは八重もあり増えすぎる2色のカリガネソウトリカブトはアブラムシでほとんどが早くに枯れる。この一株だけが残った本日の最低気温と最高気温 9℃ 22℃ 周りでは稲の刈り取りが始まったが、今年は作業が早いよう [続きを読む]
  • センニンソウ
  • センニンソウが蔓を四方八方に広げて満開となりました。同じ仲間のボタンヅルに比べると白さが際立ちます。本日の最低気温と最高気温 5℃ 21℃ 段々と朝夕が冷え込んできましたが、日中は秋晴れの良い天気。今朝の冷え込みで大雪山の旭岳などで初冠雪が見れました。平年より5日早く去年より7日早いとのこと。田圃も色づいているが刈り取りはもう少し先、早い所では今日刈り取りを始めた農家もあり。お昼過ぎに見た時には [続きを読む]
  • カノコユリ
  • 去年鱗片挿しをして残った球を植えておいたところ、背は低くなりましたが花が咲きました。これは去年鱗片挿しをした時の写真で上の写真の上の方のプランターが1年経っての球根です未だ鱗片が残っているののもあるが、殆どは球根のみで、栄養分になってしまったのだと思う。小さいが3球も生まれたのがあった。これはピンクの花の分で上の写真で下のプランターのほうは白花。ピンクに比べ球根が小さい。元の鱗片が小さかったためでは [続きを読む]
  • タマアジサイ
  • 紫陽花の季節から遅れて咲くのがこのタマアジサイ、白花もあるがこの薄紫の花は何とも言えない。アジサイは土の成分により色が変わるがこの花は安定していていつも同じ色の花を咲かせる。一枝切って掛け花筒に入れてみる本日の最低気温と最高気温 13℃ 22℃ 今日はこれだけ停電はほぼ解消したようだが、影響はまだ残っているようです。毎週届く生協の宅配が今日はこの卵ひとつのみ、20点ほど注文していたのだが他は揃わなか [続きを読む]
  • フウロ
  • ビッチュウフウロは淡いピンク、花弁には血管のように見える柄がアサマフウロはビッチュウフウロより大型の花で色も濃いこちらは同じ仲間のゲンノショウコ、周囲で見るのは白の花のみで紫色のものは見当たらない。花はこの写真の本州のもののほうが大きく見栄えする。本日の最低気温と最高気温 15℃ 27℃ 蒸し暑くこの後雨の予報にほんブログ村ランキングに参加しています昨日の道南が震源の地震にお見舞いをいただき、お [続きを読む]
  • フシグロセンノウ
  • 数ある山野草の中でもこの橙色は遠くからでも見つけることが出来る。名前の通り、節の部分が少し膨らんで色が濃い。実生で育てた白のフシグロセンノウ、花が開いて2日も経つとやはり花弁が内側に巻いていた。本日の最低気温と最高気温 8℃ 23℃ 朝の気温が下がってきました。色付いてきましたが、やはり出来が悪いようです。日照不足で穂が少ないように見えますし、株の本数も少ないようです。雑草のオモダカは除草剤に [続きを読む]
  • タムラソウ三種
  • タムラソウは棘が無く切り花に使いやすい材料です。背丈は150センチにもなり、年々株は大きくなります。こちらは地植えしても大きくはならないヒメタムラソウです。葉もちょっと違いがあります。本種に比べ増えずらい感じがする。ホソバタムラソウ(ホソバノヒメタムラソウという名で20年ほど前に入手)北海道に持ってきたらタムラソウ並の背丈となる。葉は細く花も小さめなのが特徴。本日の最低気温と最高気温  15℃ 21℃ [続きを読む]
  • セラティフォリアが満開
  • ハンショウヅルのセラティフォリア(オオワクノテ)が次々と咲き出しました。沢山の花をつけるこのハンショウヅルが畑一面に広がっています。倉庫の中にまで蔓を伸ばして入り込んでいます。とにかく一度根を張ると強い花なのです。種が飛ばないうちに刈り取らなければなりません。千島笹の大きな籠とセラティフォリア本日の最低気温と最高気温 13℃ 17℃  小雨が一日中降り続くスモモの木に去年から実がなりだして、今 [続きを読む]
  • レンゲショウマ三種
  • レンゲショウマが咲き揃いました。標準の花、軸は泥色と呼ばれています。白花種の軸は標準のものより薄い泥色青軸と呼ばれるもので花は標準花に近い本日の最低気温と最高気温 14℃ 22℃ 雑草地の草刈りの後、種を直播するためにスコップで畑を起こし始める薪小屋の屋根が傷んできたので張り替える。下地のコンパネを新しくして、その上に防水シートを張り、トタンの波板は錆びてはいるが再利用することに、10年もてばOK!に [続きを読む]
  • エゾルリトラノオ
  • このエゾルリトラノオはもう20年ほど増えずとも消えずに花を咲かせている。同種のエチゴトラノオはよく増えるのだがクサノオウ春から咲き出しまだ次々と花を咲かせていますヤマハギアキノキリンソウミズオトギリソウエゾオヤマリンドウコンポストに貼りついているアマガエル、蓋の隙間からコバエが出てくるのを待ち構えているのです。多い時には2,30匹もこのコンポストに登ってきます本日の最低気温と最高気温 19℃ 28℃  [続きを読む]
  • 倒木処理
  • 近くの農家で庭(林?)の松の大木が根元近くで折れて隣の作業小屋の方に倒れてしまいました。小屋からは逸れた位地だったので被害は無かったのですが、大木は私の30センチバーのチェンソーでは力不足。下には堀があり足場も悪い。5回往復してあと1回で処理が終わりそう。短く切らないと積み込めないほどの重さ、これを燻煙窯にそのまま突っ込みます防雪のために植えたのはイチイの木、種がこぼれて生えたものを進入路沿いに植えて [続きを読む]
  • 黒岳に初雪とは
  • 今朝は肌寒く感じていましたが、なんと黒岳頂上付近ではひと月も早い雪が見れたとのこと。すぐに雨となり消えてしまった様子。1週間続いた雨が午後から上がる。去年の今頃は稲も色づいてきたと思ったが、今年はまだ青い。去年より早く田植えしたのにね同じイネ科のエノコログサを瓢籠に今年は沢山花が咲いているエンビセンノウ、何故か倒れてしまっていた。この株ひとつなので増やしたいのだがこれも一株だけの白花のフシグロセン [続きを読む]
  • サンカヨウの種プレゼント
  • 5月頃白い小さな花が大きな葉の上で開くサンカヨウ果実が熟してきました果実の中に紫色の種が10粒ほど入っています採り蒔きしますと来春に二葉が出てきます冬でも用土を乾燥させないようにすると発芽率はいい方です種はあまり深くすると出てきませんので種が隠れる程度の深さが良いでしょういつもこのブログをご覧の皆様に、このサンカヨウの果実を2つ、先着5名様にお送りいたしますコメント欄から送り先をお知らせください(コメ [続きを読む]
  • 久しぶりの雨・オニユリ
  • ほぼひと月ぶりに雨が降り、花にとって恵みの雨となりました。すっかり干しあがり、枯れ始めたもの多数、雑草までが元気なくだらりとしていました。小ぶりのオニユリを一輪挿しに挿してみましたオニユリは性質が強くムカゴが落ちてよく増えますピッチェリかヴィオルナかキングスドリームか、確率が高いのがキングスドリーム、クレマチスの種類はいつも難しいナツロウバイの木に絡みついています本日の最低気温と最高気温 16℃  [続きを読む]
  • タチギボウシ?
  • コバギボウシかもしれないがほぼタチギボウシと思うこれは兵庫時代に湿地で見つけたものだったと思う特別湿地でなくても育っているミズギボウシなど近い種類があるが葉を見るとタチギボウシ今年発芽した苗は結構成長が早い感じ道道縁にこの春掲げた小さな看板、表札替わりなので車では見つけにくいと思うが、先日自転車旅行で道内を周っている方がこの看板を見て立ち寄ってくれました旅で出会った人に差し上げているのだとか竹で [続きを読む]
  • ホタルブクロを引き抜く
  • ホタルブクロの花も終わりとなり、花殻が見た目に汚く、種が落ちないうちにと、今年咲いた茎をすべて抜いてしまう。数百本はあったようだ。重ね咲きホタルブクロ来年の苗が親株から伸びて沢山出来ている。ツルニンジンが蔓を伸ばして開花始める下向きに咲くバイカアマチャキレンゲショウマも咲き出すが、今年もまた黒ずんだ花となる白花ジャコウソウ本日の最低気温と最高気温 21℃ 33℃ もう少し我慢の日々にほんブログ村 [続きを読む]
  • 夏から秋へと
  • .日差しが強くて、暑くても花には季節の移り変わりが感じるのでしょうねキキョウの仲間が開花してきましたソバナ葉は広め秋に蒔いたものオオバナヒメシャジンと言う花ソバナによく似ていますが葉はソバナより細く秋に蒔いたもの、毛が目立ちますヒメシャジン、白く見えますが僅か青みがあります葉は細いシデシャジン葉は細いがギザギザは少ない一番成長が早いシデシャジン本日の最低気温と最高気温 21℃ 32℃ 今日は少し風があ [続きを読む]
  • 夏一番!
  • 焼けるような暑さが北海道にもやってきた。管内の東川町で猛暑日となり真夏日はもう5日ほど、朝5時に始めた雑草刈は2時間ほどで終える。室内で35℃では寝ることもできず、エアコンがあれば籠でも編めるのだが、年に5回ほど使うのにわざわざ買うこともあるまい。団扇を扇いで冷たいお茶を飲むのがせいぜいか。ハンゴンソウと大雪連峰先日の竹工芸教室にはクガイソウ、ヌマトラノオ、キレンゲショウマ、トモエソウ、ワレモコウなど夏 [続きを読む]