黒笛 さん プロフィール

  •  
黒笛さん: 黒笛工房のブログ
ハンドル名黒笛 さん
ブログタイトル黒笛工房のブログ
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/bcl2jp
サイト紹介文鉄道模型 16番(1/80) やその他 模型製作日誌です。
自由文鉄道模型 16番(1/80)やその他の模型製作日誌です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供11回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2014/03/11 08:36

黒笛 さんのブログ記事

  • RCハーフトラックを作る kfz7 編 その4
  • 今回はボディの工作です。ちょっと載っけて様子を見ます。持った時ポキっと折れるのは嫌なので、後部の籠やサイドミラーなど細い部品は全て真鍮線で作り直しました。次に着脱しやすいようにマグネットをとりつけます。後方にあと二つ追加します。パコッとボディがハマります。細かなディティールは後でまとめて行います。資料とお供を買ってしまった。 [続きを読む]
  • RCハーフトラックを作る kfz7 編 その3
  • 男のロマン!金属履帯の製作です。コツコツ一つづつ組み上げます。気分はドイツ兵です。取り付けはピンセットで、ゾロゾロゾロっと巻き、真鍮線を差し込み連結します。さて問題のステアリングの仕組みです。当初は前輪のステアリング用のサーボに連結したゴムバンドをギアに掛けていましたが、制動性が悪く後者のバージョンに落ち着きました。おそらく金属履帯でなければ、この仕組みはいらないと思いますが、連なった履帯が動くヌ [続きを読む]
  • RCハーフトラックを作る kfz7 編 その1
  • 単身赴任先の狭い住まいで夜、音も立てることなく、工作出来るものを考えた結果、ずいぶん前から戦車模型に手を出しています。ただ、鉄道模型やRCの船など手を出していたせいで、作ったものは動かしたい衝動が抑えられません。その上変わったものが好きな性分なのか、はじめに作るものは、あまり見かけないものが良いとわがままを決めこんでしまったのが、苦労の始まりでした...。作ろうと決めてから、色々調べてみると、この乗り [続きを読む]
  • 駆逐艦 雪風 1/200 その4
  • 12.7センチ連装砲を製作します。複雑な形状なので、プラの積層からの削り出しを選択しました。1/200というサイズのため、資料写真などに写っているリベットも表現したく、次のように進めました。材料はニトロセルロース系のニスやプラモ用の接着剤をたっぷりと染み込ませたケント紙を使います。1.まず、前述ケント紙をポンチで打ち抜きます。2.マスキングテープに整列させます。3.サーフェイサーを塗布した生地に仮置します。4.サ [続きを読む]
  • 駆逐艦 雪風 1/200 その3
  • 金属での船体製作は当工廠の経理 ・生産・設計・資材部門との会議の結果、生産中止を決定いたしました。男のロマンだけではダメだったようです。という訳で再協議の結果、プラ船体で出直す事となりました。図面はすであるため、切り抜き組み上げる作業からです。骨組に5mmにカットした帯材を貼り隙間をパテで埋め整形します。駆逐艦と言えどもデカイですね。12.7センチの連装砲が砲身除いて約30mm四方もあります。1/200というスケ [続きを読む]
  • 駆逐艦 雪風 1/350 その4
  • 舵とスタンチューブが完成しました。スタンチューブ写真では見にくいですが、今後のメンテも考慮して浸水防止用のグリスを充填できるようネジで開口部を作っています。舵舵は実用性を優先し4mm程長くしました。効いてくれるといいのですが…艦内レイアウト検討大まかなパーツが揃ってきたので、この辺で積載物の重量チェックを行いました。艦尾に金属製のパーツが集中するため、真ん中に電池を配置すると、尻がグッと沈み込んだ様 [続きを読む]
  • 駆逐艦 雪風 1/350 その3
  • なぜか その3からは、1/350になります。金属製は諦めた訳では無いのですが、ダ◯ソーで600円ラジコンがあることを知り早速ゲット。ローコストがモットーの我が工房。早速作業に入りました。事前検証とりあえず船体を組みRCユニットの重量チェック。うーんギリですが、良しとします。ギアBOXの設計と製作設計後、余ってる真鍮板で試作しました。軽量化の為プラ板で作り、仮置きしてみました。スクリュースクリューはプラのままでは [続きを読む]
  • スチームエンジンを作ろう! その8
  • 複動式2シリンダを設計しました。今回は逆転機にチャレンジします。これが上手くいくと、船でも機関車でも色々発展させることができます。設計はこれまで作った物を標準として作りやすい様改良しながら進めます。早速、メインの部品を切り出し、穴あけとタップ切りを行い架台は完成しました。逆転機を装備するためこれまでのものに比べ高く設計しています。全高は6センチ程度です。画像はシリンダがズレない様仮止めしている状態で [続きを読む]
  • スチームエンジンを作ろう! その7
  • 大きなミスを犯していました。写真一番手前のバルブピストンの蒸気管がキチッと半田されていませんでした。エア漏れです。指で回さないといけない事自体がエラーだったと気付きませんでした。3気筒では死点がなく正常な動きはエアを入れた瞬間回転するのが正解。早速半田で修正し恐る恐るエアイン!ダダダダダッ良い音を立てて小気味よく回転してくれました。めでたしめでたし。 [続きを読む]
  • スチームエンジンを作ろう!その6
  • 蒸気管を取り付けて試運転しました。結果は一発合格です。単動式3気筒蒸気エンジンが完成しました。設計したものが、形になって動いてくれること程、嬉しい事はありません。動画はこちらです。次は複動式2気筒逆転機付きに挑戦です。これができれば、船や機関車などなど、用途が広がります。 [続きを読む]
  • スチームエンジンを作ろう!その5
  • ピストンとピストンバルブを作りました。4mmの棒からピストンバルブを削り出します。次に9mmパイプからピストンを作るのですが、外径が0.5mm大きいようでスムーズに動くよう少しずつ削っては様子を見ながら調整しました。最後に#1500の紙やすりでツルツルに仕上げてクランクシャフトに取り付けます。仮組み注油後軸を回してクランク運動でホッコリしようと思ったのは 束の間。ガガ ガシガシ!!????!!急いでバラシて点検。 [続きを読む]
  • スチームエンジンを作ろう!その4
  • 次は3気筒に挑戦です。設計方針を立てました。1.工数が少なく作りやすいこと。2.分解組み立てが容易なこと。簡単に言うと「シンプルな構造」ですね。方眼紙にイメージを描いてみた結果、1気筒を3つ120°ずらしたものになってしまいました。イメージが固まったので製作に入ります。まずは1mm 板をカットしてシリンダを差し込む穴を開けます。次にΦ4の真鍮棒19mm 、Φ10とΦ5パイプを23mmでカット細-太1組でハンダ付けし、Φ1mmの穴 [続きを読む]
  • スチームエンジンを作ろう!その3
  • クランクとシリンダを工作して試運転です。動いちゃいました。まだボイラーは作ってないので、小さなコンプレッサーが動力源ですが、元気よく回ってくれました。やった〜これはかなり嬉しいです。次はボイラーと2気筒エンジンの設計を行います。改良点や次のアイデアをまとめておきたいと思います。 [続きを読む]
  • スチームエンジンを作ろう その2
  • ピストンを作りました。シリンダーの内径より0.5mm太いパイプを使って少しずつ現物あわせで絞り込んでいきます。旋盤があれば、随分楽なのでしょうが、うちにはボール盤とリューターしかありませんので、これらを駆使して引っかかりなく、スムーズに滑る丁度いい加減を探るのに大変苦労しました。少しずつですが、パーツが揃ってきました。ちょっと仮組してタバコを一服。至福の時間です。作っていくと あーこうした方が良かった。 [続きを読む]
  • スチームエンジンを作ろう!その1
  • ホームセンターやア◯ゾンで気軽に入手できる素材でスチームエンジンを作ろうと思います。設計はア◯ゾンで検索できる素材をリストアップして書き起こします。手書きの図面をPCに入れようとしましたが、早く作りたくて印刷物に手書きで寸法をメモ後で清書します。そしてスマホで原料を発注。全部エンジンになるとアホみたい個数ができそうです。早速フレームとシリンダを切り出しました。次はシャフトとクランクです。 [続きを読む]
  • 朝倉軌道 単端 3号機
  • ペーパーと木片でボディを作ってみました。塗装はウエザリング用塗料の茶色を何度も重ね塗りしました。均一な塗膜でなくいわゆる古ぼけた木製の風合いが表現できればと思います。動力を検討しなければ!ID:dr3mte[http://railroad.blogmura.com/railroad_mokeihogauge/ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 16番(HOゲージ)へ(文字を )] [続きを読む]
  • 朝倉軌道 単端 3号機
  • ペーパーと木片でボディを作ってみました。塗装はウエザリング用塗料の茶色を何度も重ね塗りしました。均一な塗膜でなくいわゆる古ぼけた木製の風合いが表現できればと思います。動力を検討しなければ!ID:dr3mte[http://railroad.blogmura.com/railroad_mokeihogauge/ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 16番(HOゲージ)へ(文字を )] [続きを読む]
  • 協三 15t機関車製作日誌 その6
  • こちらも随分更新をサボっているうちに生地は完成し、仲間が増えています。貨車や客車の台車枠はペーパーですのでとてもコスパよく、当工廠のスタンダードにしたいと思います。ID:dr3mte[http://railroad.blogmura.com/railroad_mokeihogauge/ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 16番(HOゲージ)へ(文字を )] [続きを読む]
  • 協三 15t機関車製作日誌 その6
  • こちらも随分更新をサボっているうちに生地は完成し、仲間が増えています。貨車や客車の台車枠はペーパーですのでとてもコスパよく、当工廠のスタンダードにしたいと思います。ID:dr3mte[http://railroad.blogmura.com/railroad_mokeihogauge/ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 16番(HOゲージ)へ(文字を )] [続きを読む]