96-yamashina さん プロフィール

  •  
96-yamashinaさん: 京阪大津線の復興研究所
ハンドル名96-yamashina さん
ブログタイトル京阪大津線の復興研究所
ブログURLhttps://ameblo.jp/96-yamashina/
サイト紹介文京都と大津を結ぶ京阪大津線。その活性化策を考えることが、当ブログの目的です。
自由文当ブログは、大津線だけで閉じられた内容ではありません。京阪線や他社の例も積極的に取り上げます。
その第一弾として、電子書籍「京阪大津線の復興計画」を執筆しましたので、こちらもあわせてご一読ください。
本書は、大津線の活性化策について、運賃・ダイヤ・車両・観光開発など、あらゆる角度から迫ったものです。ブログで概要を紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供146回 / 365日(平均2.8回/週) - 参加 2014/03/11 15:08

96-yamashina さんのブログ記事

  • おおさか東線の課題
  • JR西日本のおおさか東線は、片町線の貨物支線である城東貨物線を旅客化した路線であり、片町線と接続する放出から大和路線に接続する久宝寺までの9.2kmが2008(平成20)年に開業しました。将来的には放出から新大阪までの11.1km(鴫野―放出間1.6kmは片町線との重複区間)が加わり、さらに梅田貨物線を介して大阪駅北側の「うめきた」地区に設置される北梅田駅(仮称)までつながる予定です。 おおさか東線の前身である城東貨物線 [続きを読む]
  • 河内磐船駅と河内森駅
  • 片町線の河内磐船駅は京阪交野線の築堤をアンダークロスしてすぐ東側の地点にあります。しかし、交野線の駅はそこにはなく、約300m南へ進んだところに河内森駅があります。 第二次大戦中の京阪は阪急と強制合併させられて「京阪神急行電鉄」を名乗っていましたが、当時はその社名を冠した「京阪神磐船」駅が片町線との交点付近に設けられていました。ところが、営業を休止していた隣駅の河内森駅が1948(昭和23)年5月1日に使用再 [続きを読む]
  • [各駅停車がローカル線を滅ぼす]のストア配本
  • [各駅停車がローカル線を滅ぼす]のストア配本先を増やしました。下記のストアで入手できます。詳しくはリンク先でご確認ください。 楽天<kobo>イーブックストアKindleストアBOOK WALKERSony Reader StoreKDDIブックパスiBooks紀伊國屋書店BookLiveebook japan なお、楽天<kobo>イーブックストアとKindleストアはアフィリエイトに対応しています。「ブログを書く」画面の右上の楽天またはアマゾンのボタンを し、本書の [続きを読む]
  • 京田辺駅と新田辺駅
  • 片町線は阪奈間で迂回路をたどるので、「学研快速」を設定しても所要時間の面では「大和路快速」や近鉄奈良線に比べて不利です。ただ、京橋が始発駅で着席率が高いことと、祝園で近鉄京都線に接続し、近鉄奈良・橿原神宮前方面へ連絡できるのが強みです。これはJRの奈良駅の立地条件の悪さを補うものであり、「大和路快速」には真似できないことです。 30分毎に京橋―同志社前間と京橋―奈良間を交互に走らせれば、前者は3本、後者 [続きを読む]
  • 都市間電車への脱皮
  • かつての片町線の末端区間は4両編成までしか対応しておらず、京田辺(さらに以前は松井山手)で分割併合を行っていましたが、現在は全区間で7両編成が運行されています。これによって手間と時間が省かれた反面、同志社前−木津間の供給過剰が顕著になり、昼間時はまさに空気を運んでいるような状態です。 ここは、区間快速を長尾折り返しに変更し、4両編成で京橋―同志社前・奈良間を直通する「学研快速」(仮称)を別に設定して、 [続きを読む]
  • 各駅停車がローカル線を滅ぼす
  • [各駅停車がローカル線を滅ぼす]を刊行しました。 近年、ローカル線の衰退に歯止めをかけるため、各駅停車の増発や新駅の開設によって乗客を集める試みが各地でなされています。しかし、これは本当に正しい方法なのでしょうか。 どんなにきめ細かい集客を試みても、鉄道は自動車に敵いません。対抗するには、鉄道が特性を発揮できる拠点間の輸送を展開する以外になく、その際に各駅停車が邪魔になることは否定できないのです。本 [続きを読む]
  • 片町線の輸送実態
  • 片町線の輸送上の問題点は、大阪への通勤通学需要に偏った片輸送であることと、大阪から遠ざかるにつれて輸送量が先細りすることです。そうした影響もあって、片町線は旧関西鉄道の中でクロスシート車が走らない唯一の路線となっており、快速以下全列車に四扉ロングシート車の207系と321系が使用されています。 2015(平成27)年3月14日のダイヤ改定直前の片町線は、昼間時にJR東西線直通で松井山手折り返しの各駅停車と、同じくJR [続きを読む]
  • 片町線と並行私鉄の関係
  • 旧関西鉄道の各路線にとって、並行私鉄と言えば何をおいても「近鉄」です。そして、大和路線の王寺などごく少数の例外を除いて輸送量で圧倒されていることは、これまでに見た通りです。 片町線も京田辺から西木津の手前まで近鉄京都線とぴったり並走していますが、隣接駅の乗降人員は以下のように大きく離されています。 京田辺 12,132人:新田辺25,881人同志社前 8,844人:興戸 10,227人JR三山木1,610人:三山木 4,441人下狛 [続きを読む]
  • ダブルデッカーの車内事故で京阪を提訴
  • 京阪のダブルデッカー車の階下室入口の補助椅子に座っていた女性が、酔って階段の上から転落した男性と激突し後遺症を負ったとして、京阪と男性に損害賠償を求める訴えを大阪地裁に起こしたというニュースが飛び込んできました。 京阪は「ご本人、ご家族にお見舞い申し上げます。補助席が危険な状態とは認識していなかったが、詳しい主張は差し控えたい」とのコメントを発表していますが、裁判では男性と共に争う構えです。京阪が [続きを読む]
  • [軌道系都市交通の復興計画(後篇)]のストア配本
  • [軌道系都市交通の復興計画(後篇)]のストア配本を開始しました。下記のストアで入手できます。詳しくはリンク先でご確認ください。 楽天<kobo>イーブックストアKindleストアBOOK WALKERSony Reader StoreKDDIブックパスiBooks紀伊國屋書店BookLiveebook japan なお、楽天<kobo>イーブックストアとKindleストアはアフィリエイトに対応しています。「ブログを書く」画面の右上の楽天またはアマゾンのボタンを し、本書 [続きを読む]
  • [軌道系都市交通の復興計画(前篇)]のストア配本
  • [軌道系都市交通の復興計画(前篇)]のストア配本を開始しました。下記のストアで入手できます。詳しくはリンク先でご確認ください。 楽天<kobo>イーブックストアBOOK WALKERSony Reader StoreKindleストアKDDIブックパスiBooks紀伊國屋書店BookLiveebook japan なお、楽天<kobo>イーブックストアとKindleストアはアフィリエイトに対応しています。「ブログを書く」画面の右上の楽天またはアマゾンのボタンを し、本書 [続きを読む]
  • 片町駅の流転
  • JR西日本の片町線は木津―京橋間44.8kmの路線ですが、一般的には沿線の「関西文化学術研究都市」にちなんだ「学研都市線」の愛称で知られています。京橋の0.5km先に存在した元々の終着駅「片町」が廃止された影響もあって、「学研都市線」が正式名称だと思っている人も少なくないようです。ただ、ここでは旧関西鉄道の一路線としての長い歴史に敬意を表し、「片町線」の呼称を用いるものとします。 片町線の四条畷―片町間は1895( [続きを読む]
  • 和歌山線の観光輸送
  • 和歌山線の沿線には目立った観光地はありませんが、吉野口で近鉄吉野線、橋本で南海高野線に接続して吉野や極楽橋(高野山)へアクセスすることができます。 その近鉄では、通勤車両を改造した「青の交響曲(シンフォニー)」と称する観光特急を2016(平成28)年9月10日から運行しています。3両編成で1・3号車は横3列のデラックスシートを配し、2号車は各種のスイーツやアルコール類、軽食などを提供するラウンジ車両となっており [続きを読む]
  • 和歌山線の車両置き換え案
  • 和歌山線の王寺―五条間は終日にわたって大和路線との直通快速を走らせることが望ましく、その場合の使用車両は必然的に221系電車やその後継車両ということになります。輸送需要からすれば、昼間時は4両編成で十分です。 五条―粉河間はとりあえず現状維持で105系電車2両編成を使用するとしても、粉河―和歌山間は電化設備の撤去を前提として気動車に置き換える必要があります。ここは、電化設備の移設先である関西本線のローカル [続きを読む]
  • 「直接吊架式電化」の功罪
  • 和歌山線のうち、王寺―五条間は1980(昭和55)年に、五条―和歌山間は1984(昭和59)年に電化されました。ただし、前者が一般的な「シンプルカテナリー式」で電化されたのに対し、後者ではごく一部の区間を除き、「トロリ線」のみを吊した「直接吊架(ちょうか)式」が採用されました。 「直接吊架式」のメリットは、設置費用が安くて済むことです。財政が悪化していた国鉄末期に電化されたことが、そのことを物語っています。た [続きを読む]
  • [高加減速車と多扉車の復興計画]のストア配本
  • [高加減速車と多扉車の復興計画]のストア配本を開始しました。下記のストアで入手できます。詳しくはリンク先でご確認ください。 楽天<kobo>イーブックストアKindleストアBOOK WALKERSony Reader StoreKDDIブックパスiBooks紀伊國屋書店BookLiveebookjapan なお、楽天<kobo>イーブックストアとKindleストアはアフィリエイトに対応しています。「ブログを書く」画面の右上の楽天またはアマゾンのボタンを し、本書の書名 [続きを読む]
  • 和歌山線の「三分割」
  • JR西日本の和歌山線は関西本線(大和路線)の王寺から和歌山までの87.5kmを結ぶ単線電化路線で、旧「関西鉄道」の中では関西本線に次ぐ長さです。高田で桜井線、吉野口で近鉄吉野線、橋本で南海高野線、和歌山で紀勢本線・阪和線および和歌山電鐵と接続します。 桜井線と同じく、和歌山線も区間によって出自が異なっており、王寺―高田間は1891(明治24)年に大阪鉄道(初代)が、高田―五条間は1896(明治29)年に南和鉄道が開業 [続きを読む]
  • 桜井線の「四分割」
  • 桜井線で問題なのは桜井―高田間の9.7kmです。この区間は繰り返し述べているように輸送需要が少なく、また近鉄がこれを買収する動機もありません。逆に言えば、近鉄大阪線という代替交通手段が存在するということなので、将来的には廃止もやむを得ないでしょう。 かつて近鉄に合併された伊賀電気鉄道の伊賀神戸―西名張間や伊勢電気鉄道の江戸橋―大神宮前間は、一旦は存続したものの、大阪線や名古屋線・山田線との並行ルートであ [続きを読む]
  • [軌道系都市交通の復興計画(後篇)]を刊行しました
  • [軌道系都市交通の復興計画(後篇)]を刊行しましたのでお知らせします。 路面電車の発展形であるLRTがこれからの軌道系都市交通の一翼を担うことは間違いないですが、選択肢はそれだけではありません。様々な新しい交通機関を例に挙げながら、それぞれの適性を見極めるのが本書の目的です。 販売価格は、電子本が324円(税込)、紙本が670円(税込・送料別)です。(会員様が紙本を購入すれば、電子本は無料になります。) ご購入 [続きを読む]
  • [軌道系都市交通の復興計画(前篇)]を刊行しました
  • [軌道系都市交通の復興計画(前篇)]を刊行しましたのでお知らせします。 環境問題が叫ばれる昨今、建設費が比較的安く、適度な輸送力を持ち、排気ガスを出さない路面電車が再び見直されています。本書では路面電車の現状を踏まえた上で、LRT(Light rail transit)へと進化させる方策を探ります。 販売価格は、電子本が324円(税込)、紙本が670円(税込・送料別)です。(会員様が紙本を購入すれば、電子本は無料になります。) [続きを読む]
  • 桜井線の有効活用
  • 今後、桜井線を有効活用するためには、各区間の特性に応じた柔軟な取り組みが必要です。 奈良―天理間9.6kmは、京都からの「みやこ路快速」を各停運転で30分毎に直通させて利便性を高めることが望まれます。実現すれば、京都―天理間は近鉄の急行と同等の約60分で結ばれます。運賃は近鉄の750円に対しJRは970円(奈良で分ければ950円)と不利ですが、転換クロスシート車の221系を使用するので、車両面では優位に立ちます。 天理― [続きを読む]
  • 路線区分という弊害
  • 関西本線が「大和路線」区間とJR東海区間、その中間のローカル区間に事実上三分割されているように、桜井線も奈良―天理間、天理―桜井間、桜井―高田間を分けて把握する必要があります。 路線区分という硬直した枠組みが仇になった例として、かつて兵庫県に存在した「鍛冶屋線」があります。鍛冶屋線は、加古川線の野村駅(現・西脇市駅)から13.2km先の鍛冶屋駅までを結んでいた路線で、国鉄時代末期に特定地方交通線に指定され [続きを読む]
  • [高加減速車と多扉車の復興計画]を刊行しました
  • [高加減速車と多扉車の復興計画]を刊行しましたのでお知らせします。 鉄道の高加減速車と多扉車は、各駅停車を速達化する切り札です。ただし、本当の存在意義は、それによって間接的に優等列車をスピードアップさせることにあります。本書ではこれを踏まえた上で、高加減速車と多扉車のあるべき姿を探ります。 販売価格は、電子本が324円(税込)、紙本が670円(税込・送料別)です。(会員様が紙本を購入すれば、電子本は無料にな [続きを読む]
  • 桜井線の実態
  • JR西日本の桜井線は関西本線(大和路線)の奈良と和歌山線の高田を結ぶ29.4kmの単線電化路線であり、途中の天理で近鉄天理線と、桜井で近鉄大阪線と接続します。奈良―高田間は王寺で大和路線と和歌山線を乗り継いだほうが26.9kmと短く、早着するケースが多いため、桜井線を全線乗り通す需要は限定的です。 歴史的にも、桜井―高田間が1893(明治26)年に大阪鉄道(初代)の手で開業したのに対し、奈良―桜井間は1899(明治32)年 [続きを読む]
  • 奈良線複線化の優先順位
  • 現在の近鉄京都線は、20分サイクルに「改悪」されたため分かりにくいダイヤになっていますが、拙著【「復興計画」の時刻表集(完全版)】 で述べたように、15分サイクルに戻せば利便性が回復します。JRにはない強みである京都市営地下鉄烏丸線との直通運転も、ダイヤを改正すれば15分毎の設定が可能であり、実現すればさらに近鉄が有利になります。 JR奈良線がこれに対抗するには、残された単線区間の一部または全部を複線化して [続きを読む]