はちどりプロジェクト さん プロフィール

  •  
はちどりプロジェクトさん: はちどりプロジェクト現地だより
ハンドル名はちどりプロジェクト さん
ブログタイトルはちどりプロジェクト現地だより
ブログURLhttps://ameblo.jp/hachidori2013/
サイト紹介文NPO法人「はちどりプロジェクト」現地駐在員による日々の記録です。
自由文教育を受ける権利。自由に遊ぶ権利。毎日ぐっすり眠る権利。これは、「子どもの権利条約」といって、当然守られなければならない権利です。そんな当たり前のことが、ある事情によって出来ない国があるならば、行って最善策を考えなければなりません。私たちは現在、カンボジアの子どもたちを守るために、活動しています。
http://hachidori2011.jimdo.com/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供67回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2014/03/11 15:54

はちどりプロジェクト さんのブログ記事

  • 今月のはちどり会員さま☆ご紹介 増川拓さま
  • 代表の恵です。 はちどりの活動を会員、村民、そして正会員という形で支えてくださる皆様がいます。 今回は、私の故郷 室蘭で弁護士をされているはちどり正会員の増川 拓さんを紹介させて頂きます。はちどりグッズをおいてくださっている「フェアトレードショップほしのおくりもの」さんと同じ東室蘭駅のすぐそばのビルに事務所があります。 増川さんのご厚意で 「北海道みらい法律事務所」さんの会議室を室蘭の学生団体「めぐみ [続きを読む]
  • あげて終わりの支援
  • 代表の恵です。海外出張から帰国して4月のカレンダーを昨夜めくって気がつきました。毎月のカレンダーを紹介すると宣言していたのに、すっかり忘れていたいことを・・・。大変申し訳ございませんでした。 1月しか紹介していないので、2月〜4月のカレンダーも、今月中にお伝えしたいと思いますが、まずは5月です。 2011年11月からの学校建設中にみんなで掘って、ペンキ塗って、はちどりデザインして「微力だけど、無力じゃない」 [続きを読む]
  • 母の日に、雫ピアスをプレゼント?
  • 代表の恵です。まもなく母の日ですね。昨年父を亡くしたので、父の日の分まで、母の日に想いを託そう。なんて、思って今年は、プレゼントのひとつに「はちどり雫ピアス」をプレゼントしようと思っています。60代の母は、私よりオシャレさんです。きっと、気にいってくれるはず。実は、私の手元に静かのピアス&イヤリングか60個ほどございます。色は、青&緑の2色です。発送は5月6日より、郵送させて頂きます。ご注文はmegu.hachid [続きを読む]
  • おうちに眠っている古本をカンボジアの子どもたちに繋げよう♪
  • 代表の恵です。 誰かの想いが届いたとき。 そんなとき、嬉しくなりますね。 私の地元 北海道室蘭市に星蘭中学校という素敵な名前の学校があります。私の母校 御前水中学校は、統廃合で今はくなってしまいました。調べてみると、成徳中学校から昭和37年に分離し、平成18年に成徳中学校と統合して星蘭中学校になったようです。なので、星蘭中学校は私の後輩たちが通う学校になるようです。 実は昨年、星蘭中学校で講演をさせて頂き [続きを読む]
  • 楽書き×オークンコー
  • 代表の恵です。昨日は、はちどりの大人気ポストカードのイラストを描いてくださったよっしーとミーティングでした。カンボジアに行ったことがない彼に、アンコールワットの作品をお願いしました。昨日、話を伺ったところ、2年前「楽書き」を初めたばかりで、最初のオーダーだったそうです。注文頂いて、すごく嬉しかった。と言って頂き、こちらまで嬉しくなりました。注文といっても、ボランティアで、つまり無料でお願いさせて頂 [続きを読む]
  • つ・つ・ついに!オークンコー名刺誕生
  • 代表の、恵です。はちどりカレンダーでお世話になっている書家のkotobabito SHOこと渡辺尚子さんが、オークンコーで名刺をつくってくださいました。あまりの素敵さに感動。オークンコーって、カンボジアの綿と井戸水で漉いた紙なんですが、印刷が難しいんですね。印刷機を通すと、こまかな紙がでてしまい、印刷機が壊れてしまいます。カンボジアで一軒だけ、オークンコーを印刷してくれるところがありますが、ハガキサイズのみで [続きを読む]
  • 初めてのボーナス
  • カンボジアより、代表の恵です。皆様、カンボジアには年に3回お正月があるのは、ご存知でしょうか?私たちと同じ1月1日、2月の旧正月。そして4月のクメール正月です。出稼ぎにでていた家族も、クメール正月には村に帰ってくることが多く、家族みんなでお寺に、行きます。プレイキション村には、お寺がないので、バイクで30分弱のアンコールチョムの町に、オシャレをしてお出かけします。アンコールチョムは、電気も通っていて、市 [続きを読む]
  • カンボジア現地スタッフのご紹介!!!
  • 代表の恵です。明後日より、シェムリアップに向かいプレイキション村に行きます。3泊5日の短い日程ですが、添乗員の仕事をしながらの活動のため長期休暇をとるのも厳しい状況。ですが昨年11月に現地スタッフが辞めてしまったので私が2ヶ月おきに現地に行くことでカンボジアの活動をカバーしています。 次のスタッフは?恵さん大丈夫? と、心配してくださる方も多く、ありがたい限りです。 実は、次の現地スタッフがもう決まっ [続きを読む]
  • 幸せの黄色いレシートを室蘭とカンボジアにつなげて
  • 代表の恵です。春分の日なのに雪が降っている神奈川事務所より、カンボジアとまだまだ寒い室蘭事務所に想いを寄せて書かせて頂きます。 室蘭では、室蘭東町イオンさんの「黄色いレシートキャンペーン」に参加させて頂いてます。このキャンペーンは、「イオン」さんが社会貢献活動を行うイオンデーを毎月11日とし、イオンで購入したレシートをその日は黄色いレシートにし、登録団体のBOXにそのレシートを入れて頂くとそのレシート [続きを読む]
  • カンボジアから、手すきの紙の良さを伝えたい
  • 代表の恵です。はちどりプロジェクトでは、学校を建てたプレイキション村でタイに出稼ぎに行く両親に連れていかれ学校に通い続けることができない子どもたちのために村に働く場所をつくろうと、紙の産業をおこしました。はちどりの紙の師匠は、かみこやさんのロギール。http://kamikoya-washi.com/ はちどりの村での産業は、何がいいのだろうかと学校建設中から考えていた。学校に通う理由のひとつに、「働くため」というのがある [続きを読む]
  • だから暴力は、嫌なんだ!
  • 代表のめぐみです。暴力をふるわれて、帰ってきたなんて哀しすぎる。はちどり工房で、はじめて働いてくれたのはリアンでした。何をするのかわからない。本当にお給料もらえるのだろうか。大変なんじゃないだろうか。農業以外したことのない村人にとって決められた時間に来て、通い続ける経験はほぼない。日本人スタッフが、村じゅう訪問して説明し続けて、やっと働くと言ってくれたのがリアン。2014年春のことでした。従業員が、2 [続きを読む]
  • トマイ村小学校訪問
  • 代表の恵です。昨年建設した、トマイ村小学校に行ってきました。昨夜は、乾季なのに雷ゴロゴロのあと雨。朝、シェムリアップを出発したときはやんでいましたが、トゥクトゥク移動中寒いくらいでした。学校まで2時間。ようやく青空が顔をのぞかせジリジリの暑さが戻ってきました。そして、学校に到着し子どもたちが元気に勉強している様子に元気をもらいました。先生は、教室の掲示物も学校の予算では、まかないきれないらしく、自 [続きを読む]
  • 大好きなカンボジアでの活動
  • 代表の恵です。昨年も、はちどりスクールを訪問してくれた明治学院大学のボランティアサークル「ポケット」さんがプレイキション村を訪ねてくれました。村までのバンの移動の2時間は「なんのために」をテーマに語り合いました。誰かのためにしている活動が、自分のためになっている。のは、いいと思うんですが「自分のための活動」になっては支援活動ではなくなってしまう気がします。訪問連絡のときから、「問い」を投げかけまし [続きを読む]
  • やれば、カンボジア人だってできる!
  • 暑い、暑いカンボジアから代表の恵です。今回はちどり工房に行って驚いたのは今までで、一番きれいな工房だったこと。リーダーのトムが、かなり頑張ってくれたようです。ほめたら、ニコって嬉しそうに、はにかんでました。12月の工房再開時にわたしは現地スタッフがいなくてもみんなはもう大丈夫。信用してるからね。任せたよ。と、何度も伝えた。トムには、昨年からリーダーになってもらい勤怠表のチェックだけでなくお給料の計 [続きを読む]
  • カンボジアの太陽よりも熱い想い!
  • 代表の恵です。16日深夜シェムリアップに到着し17日プレイキション村に行ってきました。はちどりスクールの子どもたちが勉強している姿は、いつ見ても感動。学校建ててよかったと、心から思う瞬間です。隣の教室では、英語の、授業が行われていたようです。生徒たちは、学校裏で先生と一緒にサッカーをしていたので、英語の授業を見れず残念。今回、一番感動したのは本棚。こんなにきれいに整理整頓されているなんて。涙。以前は [続きを読む]
  • カンボジアの教育事情
  • 代表の恵です。いよいよ明日カンボジアに向かいます。 今は、はちどりスクールの小学生たちよりも中学生たちが心配です。 彼らのなかには、16歳や、17歳で中学校に入った生徒もいて両親に、働いてほしい。と言われたら、断れないから・・・。 カンボジアの教育事情はかなりよくなってきているとはいえ中学校の進学率が56%高校への進学率が25%というのが現実。 田舎は、もっと低いことでしょう。だけど、はちどりプロジェクトで [続きを読む]
  • カンボジア学校建設報告会@大阪
  • 代表の恵です。昨日は、久しぶりに大阪で報告会を開催させて頂きました。昨年引き継いだトマイ村の学校建設は、せいじくんが住んでいた関西を中心に寄付を募り土台までつくってました。関西での報告会は、すべきなんじゃないかと思い、はちどりをいつも支援し続けてくれている西川さんに協力をお願いし開催させて頂きました。会場を提供してくださったのは西川さんの弟さんが住むシェアハウスにご協力頂きました。ありがとうござ [続きを読む]
  • 司会が素敵すぎた長岡講演会@新潟
  • 「あおーれ」とは、長岡の方言で逢おう!!!という意味だという。新幹線の駅がある人口27万人の町「長岡市」の駅に直結している「アオーレ長岡」が報告会の会場。長岡に到着して、真っ先に会場視察をさせて頂いた。あまりに素晴らしい会場で心が躍った。http://www.city.nagaoka.niigata.jp/shisei/cate05/ao-re/file/pamph2013.pdf 手前の男性が副代表はち。眼鏡の女性が主催者kotobabitoSHOさん。オレンジのマフラーが私、はちど [続きを読む]
  • 勝負名刺!
  • 代表の恵です。とうとう、お嫁に出すときが来た。名刺サイズのオークンコー。ほんとはね、紙の産業興すとき名刺用の紙作って企業に売り込もうとか。ウェディングの名札にしてもらおうと結婚式場に営業に行こうとか素人販売戦略を立ててた。だけど、思い描いていた紙はできなかった。今でも、できていない。残念ながら、まだまだ販売するに至らない紙たちが多い。だけど、オークンコーで名刺をつくりたいって、今日連絡頂いて。実 [続きを読む]
  • 長岡@新潟での報告会が素敵すぎました!!!
  • 代表の恵です。 書道パフォーマンスからスタートした長岡報告会。 主催して頂いたのは、長岡在住のkotobabito SHOさん。師範の母の影響で書をはじめた彼女は4年前はちどり工房を訪ねてくれて以来「オークンコー(カンボジアの綿と井戸水で漉いた紙)」のお得意様。定期的に購入し、自分の作品として使ってくださっています。はちどりカレンダーの文字を書いてくれたり、グッズを購入してくれたり、支援をしてくれたり。彼女にと [続きを読む]
  • はちどりの救世主!!!
  • 代表の恵です。 現地スタッフ不在のまま2ヶ月半が過ぎてしまいましたが、現在は、元現地スタッフの岡田君が3週間シェムリアップに滞在し、はちどりの活動をサポートしてくれています。 大学を卒業して、新卒で1年間「はちどりプロジェクト」のカンボジア現地スタッフとして今年3月まで働いてくれていた岡田君。 工房のみんなとはもちろんのこと、村の人たちとの久しぶりの再会。いい時間を過ごせたようです。ちなみに、写真に写 [続きを読む]
  • はちどりトートバッグ♪
  • こんばんは。代表の恵です。 今日は、はちどりグッズのなかでも大人気のトートバックをご紹介させて頂きます。 私は、仕事のときも、旅行に行くときもこのトートバックをカバンに忍ばせています。 買い物したときは、いつもこのバックに入れちゃいます。荷物が増えたときも、大活躍。大きさがわかりやすいように文庫本と一緒に写真撮ってみました。最近すっかりはまった「君の膵臓をたべたい」読みましたか?映画もいいけど、本は [続きを読む]
  • 【初日の出よりも熱い場所】
  • おはようございます。はちどりプロジェクトで経理をお手伝いさせていただいている藏園 由貴(くらぞの ゆき)です。みなさま、2018年幕明けました‼?それぞれ思い思いの素敵な年末年始を迎えられたことと思います。私は、シンパシーを感じる場所カンボジア????で、年末年始過ごしました。カンボジアの歴史ある聖なる場所『アンコールワット』で、初日の出。は、迎えておりません。むむむむ?何故?カンボジア行ってなぜ?と [続きを読む]
  • 1月のはちどりカレンダー
  • 代表の恵です。新しい年を迎え、皆様いかがおすごしでしょうか? 2018年も、どうぞよろしくお願いいたします。 今年は、カレンダーの物語を、月の初めころに紹介させて頂きます。 1月は、カンボジアの世界遺産のひとつアンコールワット。 このカレンダーをデザインしてくれたはちどり理事でもある「まいまい」こと西舘がアレンジしてくれました。この写真からは、見ずらいかもしれませんが、写真の上に、はちどりの物語が書かれ [続きを読む]