理系ニュース さん プロフィール

  •  
理系ニュースさん: 理系ニュース
ハンドル名理系ニュース さん
ブログタイトル理系ニュース
ブログURLhttp://rikeinews.blog.jp/
サイト紹介文このサイトは理系に関する情報を様々な媒体から収集し、皆さんにご紹介するブログです。
自由文当サイトの管理人は、ただの一般人で理系に関しては全くの素人ですので、所々おかしな表現があるかも知れませんが、どうか生暖かい目で見て下さい。

また理系とはありますが、理系・文系関係なく様々な人に情報を発信し、科学等に興味・関心を持ってくれる人が少しでも増え、日本の科学技術の発展や理解に繋がれば幸いだと思っております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1982回 / 365日(平均38.0回/週) - 参加 2014/03/13 22:52

理系ニュース さんのブログ記事

  • チョコレート飲食、5300年前から 南米の遺跡に最古のカカオ痕跡
  • 1: 2018/10/31(水) 14:39:54.19 ID:CAP_USER 【10月30日 AFP】 人々が愛してやまないチョコレート。その歴史はこれまで考えられてきたよりも古い約5300年前にさかのぼり、発祥地も中米ではなく南米だったという調査結果を、国際研究チームが29日、英科学誌「ネイチャー・エコロジー・アンド・エボリューション(Nature Ecology & Evolution)」に発表した。南米エクアドルの遺跡の出土品から、原料カカオの最古とされる痕跡が見 [続きを読む]
  • ナメクジ、8年前にふざけて食べた20代男性が死亡
  • 1: 2018/11/07(水) 12:42:49.29 ID:CAP_USER オーストラリアのシドニーで8年前にふざけてナメクジを食べ、寄生虫が原因で昏睡(こんすい)状態に1年以上陥り、体にまひが残った20代後半の男性が2日に死亡した。地元メディアが6日までに伝えた。男性は家族や友人らに見守られ、息を引き取った。 男性は19歳だった2010年、屋外で友人らとワインなどを飲んでいる最中、現れたナメクジを見て「食べてみるか」という話になり、飲み [続きを読む]
  • 〈動画〉深海でかわいすぎる“ダンボ”タコに遭遇
  • 1: 2018/10/30(火) 14:14:48.02 ID:CAP_USER ■動画 Rare Dumbo Octopus Shows Off for Deep-sea Submersible | National Geographic https://youtu.be/pl4pqu5FTaI ■研究者たちも大興奮、「耳」を動かして優雅に泳ぐ貴重な映像  10月下旬、遠隔操作の無人探査機で海底を調査していた研究チームが、奇妙なものを見つけた。青白い皮膚、飛び出した目、半透明な翼のようなものをもつ、幽霊のような生物。めずらしいダンボ [続きを読む]
  • 見た目はマンボウ、謎の「世界一重い硬骨魚」漁獲されたのは「千葉」
  • 1: 2018/11/08(木) 17:52:02.91 ID:CAP_USER  千葉県のみなさん、聞いてください。ネットでネタにされやすいくせに、生態が謎だらけのマンボウ。そんなマンボウの仲間である「ウシマンボウ」が、このたび、ギネス世界記録TM で「世界一重い硬骨魚」に認定されました。認定されたのは、「1996年に漁獲された千葉県の個体」とのこと。マンボウを長年研究してきた研究者は「マンボウ界にとっては大ニュース」と語ります。どういう [続きを読む]
  • 九州を南北に分裂する地溝帯の構造を、東北大学が解明
  • 1: 2018/11/01(木) 12:24:56.29 ID:CAP_USER 東北大学の趙大鵬教授らの共同研究グループは、2016年熊本地震の震源域をターゲットとして九州全域を調査。「別府-島原地溝帯」周辺の3次元地下構造を、初めて高分解能で解明した。これにより、これまで謎であった九州が南北に裂けるメカニズムと、2016年熊本地震の発生要因が明らかになった。  2016年4月16日に発生した熊本地震(マグニチュード7.3)は、熊本県・大分県を中心に [続きを読む]
  • 京都 大型掘立柱建物跡が出土、皇族の離宮か 長岡京市
  • 1: 2018/10/26(金) 13:45:51.15 ID:CAP_USER 京都府長岡京市の病院建設予定地で、長岡京期(784〜94年)に建てたとみられる大型掘立柱建物跡が見つかったと25日、市埋蔵文化財センターが発表した。南北約21メートル、東西約6メートルの区画で、西側に庇がある構造だった。専門家は皇族が使用した離宮の可能性が大きいとしている。 「右京六条三坊三町」に当たる位置で、建物跡は南北に細長く、柱穴の大きさは一辺1 [続きを読む]
  • アライグマ、都心で増殖か 感染症懸念、専門家「計画的に駆除を」
  • 1: 2018/11/05(月) 14:14:26.62 ID:CAP_USER  在来の生態系に影響を及ぼすおそれのある「特定外来生物」に指定されているアライグマの目撃が都心で相次いでいる。10月中旬には東京・赤坂の繁華街に出没し、深夜の捕物劇を繰り広げた。環境適応能力が高く、餌が豊富にある都心でも増殖している可能性がある。かわいらしいしぐさで子供たちにも人気の動物だが、野生のアライグマは感染症を引き起こす恐れもあり、専門家は計画的 [続きを読む]
  • 恐竜時代の琥珀からカタツムリが体ごと見つかる
  • 1: 2018/10/17(水) 20:14:21.10 ID:CAP_USER ■9900万年前の琥珀の中で化石化した陸生巻貝。発見されたものでは最古だ  琥珀の中で化石化した9900万年前の小さな陸生巻貝――いわゆるカタツムリの頭部と足、目(体からつきでた部位「眼柄」という)が発見された。この標本は直径5ミリほどの大きさしかないものの、恐竜時代に生きた陸生巻貝の姿をはっきり確認できる。  カタツムリはミャンマー北部で採取された小さな琥 [続きを読む]
  • 鳥取の青谷上寺地遺跡の人骨 弥生時代後期に渡来か DNAで判明
  • 1: 2018/10/19(金) 16:14:12.08 ID:CAP_USER 鳥取市にある青谷上寺地遺跡で出土した大量の人骨は、1世紀から2世紀の弥生時代後期になって新たに大陸から渡来した人々だった可能性のあることが、国立科学博物館などのDNA分析でわかりました。まとまった数の弥生人のDNA分析から渡来人の集団の実態に迫る研究は初めてです。 青谷上寺地遺跡は鳥取市にある弥生時代の集落跡で、平成12年に国内で初めて当時の人の脳が出土 [続きを読む]
  • 天の川銀河、100億年前に小銀河をのみ込んだ
  • 1: 2018/11/03(土) 12:43:02.48 ID:CAP_USER ■現代の銀河を逆向きに動く星々、実は衝突した銀河の名残だった  今から100億年前、私たちの太陽系を含む天の川銀河(銀河系)に、小さな銀河が衝突した。最近になって、銀河系の星々の中に、この矮小銀河の名残が発見された。高性能の望遠鏡があれば、地球から見上げる夜空にその矮小銀河の星々が輝いて見える。この星々は現在、太陽からそう遠くない、銀河を包むハローの中に [続きを読む]
  • 〈動画〉深海タコの大群が見つかる、世界最大
  • 1: 2018/11/01(木) 12:35:45.51 ID:CAP_USER  水深3200メートルの深海底を遠隔操作の無人探査機で調べていた科学者たちが、これまで誰も見たことのない驚きの光景に出くわした。  米国カリフォルニア沖にあるダビッドソン海山のふもとに突き出た岩場に、数百匹のタコが集まっていたのである。Muusoctopus robustus と呼ばれる、ミズダコの仲間である。 「小さな丘の東側を降りていくと、突然数十匹のタコの群れが現れま [続きを読む]