理系ニュース さん プロフィール

  •  
理系ニュースさん: 理系ニュース
ハンドル名理系ニュース さん
ブログタイトル理系ニュース
ブログURLhttp://rikeinews.blog.jp/
サイト紹介文このサイトは理系に関する情報を様々な媒体から収集し、皆さんにご紹介するブログです。
自由文当サイトの管理人は、ただの一般人で理系に関しては全くの素人ですので、所々おかしな表現があるかも知れませんが、どうか生暖かい目で見て下さい。

また理系とはありますが、理系・文系関係なく様々な人に情報を発信し、科学等に興味・関心を持ってくれる人が少しでも増え、日本の科学技術の発展や理解に繋がれば幸いだと思っております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供2157回 / 365日(平均41.4回/週) - 参加 2014/03/13 22:52

理系ニュース さんのブログ記事

  • AI開発でアメリカが中国に負けている4つの理由
  • 1: 2018/01/26(金) 16:00:18.21 ID:CAP_USER 筆者の1人は、アフガニスタンの国際治安支援部隊(ISAF)で司令官を務めた。 もう1人は、エネルギーや金融、国防システムで使われるAI(人工知能)技術を開発している。 AIが戦争をどのように変えつつあるのか、私たちは文字どおり目の当たりにしている。 軍事だけではない。社会と経済の大半の分野で、AIが最大の競争優位性を手にする日は近い。 アメリカはAI誕生の地であり [続きを読む]
  • 犬の「うんちを食べる行為」の謎がついに解けた!?
  • 1: 2018/01/24(水) 15:37:38.72 ID:CAP_USER <病気になったオオカミのうんちを、健康な仲間が食べる。 うんちに潜む寄生虫が引き起こす感染症のリスクを回避する行動の名残か> 愛犬との楽しい散歩中、何か食べていると思ったら、うんち――。 犬を飼う人なら、悩んだこともあるであろうこの問題は、諸説あるものの原因が特定されていない。 そのため効果的な対処の術はなく我々の頭を悩ませてきたが、先ごろ、獣医学の [続きを読む]
  • ハエの集団にも多様性が大切 実験で生産性最大に
  • 1: 2018/01/19(金) 04:23:31.03 ID:CAP_USER 性格が異なる2タイプのハエを一緒に飼ったときのほうが、同じ性格のハエだけを集めて育てたときよりも元気な個体が多くなることを、千葉大などのチームが実験で突き止めた。 集団全体の活力を高めるうえで「多様性」が大切なことを示す成果だという。17日付の英専門誌で発表した。  キイロショウジョウバエの幼虫には、エサを探すときに活発に動き回る「せかせか型」と、あま [続きを読む]
  • 肌は浅黒かった 英で発見の1万年前の男性 DNA分析
  • 1: 2018/02/09(金) 17:49:29.97 ID:CAP_USER ロンドンにある自然史博物館などは、イギリス南西部で発見されたおよそ1万年前の男性の骨のDNAを分析した結果、肌が浅黒かったことが判明したと発表し、ヨーロッパ北部の多くの人たちの肌が白くなったのは、これまで考えられていた時期よりもっと最近であることを示すものだとして注目されています。 この男性の骨はおよそ1万年前のものと見られ、イギリス南西部のチェダーに [続きを読む]
  • アフリカ以外で最古の現生人類化石、イスラエルで発掘
  • 1: 2018/01/26(金) 14:12:20.21 ID:CAP_USER 【1月26日 AFP】 アフリカ以外で最古の現生人類化石がイスラエルで発掘された。 現生人類がアフリカを出て移住した「出アフリカ」の時期をめぐっては、過去の遺伝学的研究で従来考えられていたより約5万年早かったことが示唆されており、今回の発見はこれを裏付ける証拠となり得る。  今回見つかったのは、顎骨と数本の歯を含む顔の骨片の化石。 発掘現場は、イスラエルのカル [続きを読む]
  • 太陽黒点「1月から消失続く」 NASA「活動最小期への前兆」
  • 1: 2018/02/09(金) 23:58:40.07 ID:CAP_USER 太陽黒点「1月から消失続く」NASA「活動最小期への前兆」 2018年02月09日 12時04分 米航空宇宙局(NASA)の太陽観測研究チームは、「1月半ばから、太陽の黒点がほとんどない状態が2週間近く続いている」と発表した。昨年夏には、最強クラスの太陽フレア現象が発生したことは記憶に新しいが、太陽の活動サイクルは停滞期に移行しつつあるという。 太陽の活動を継続観測してい [続きを読む]
  • 東大 世界最高磁場の大幅記録更新985テスラを達成
  • 1: 2018/02/01(木) 03:16:43.19 ID:CAP_USER −電磁濃縮法により、物性測定に実用可能な超強磁場を発生− 〈発表のポイント〉 ・電磁濃縮法(注1、図1)という超強磁場発生方法で985テスラという強力な磁場を発生させ、それを高精度に計測することに成功しました。 ・1000テスラという超強力な磁場が発生可能であること、また、今後、1000テスラ領域での極限的な超強磁場環境での物性計測が可能であることを示しまし [続きを読む]
  • 米大チーム 銀河系外に初の惑星 38億光年先
  • 1: 2018/02/04(日) 21:57:51.63 ID:CAP_USER 38億光年先の銀河に惑星が存在することが分かったと、米オクラホマ大のチームが4日までに天文学の専門誌に発表した。 太陽系がある「天の川銀河(銀河系)」の中では、これまでに3000個以上の太陽系外惑星が発見されているが、別の銀河で存在が示されたのは初めてとしている。 続きはソースで 画像:約2000個の惑星がある銀河(中央)と、重力レンズ効果で周りに四つあ [続きを読む]